会社を辞めるのは本来労働者側が雇用契約解除を申し出すれば、2週間で解除が完了する。

これは、民法上でも守られている内容です。

しかし、今はもうそんなことを言っていられないほど精神又は肉体的にボロボロになってしまっている人もいる。

  • もう無理!今すぐ会社を辞める方法があれば知りたい!
  • でも円満退職になることは絶対条件
  • 会社を辞める方法なんて経験がないからわからない

そんなあなたに今の時代に沿った第三者への相談方法をご紹介していきます。

即日OK!今すぐ会社を辞める方法

明日から会社に行きたくない!

こんな気持ちになりながらも、必死にこらえて毎日出勤しているあなたは素晴らしいと思う。

本来であれば、退職届を提出し、その日付に沿って退職をするのが筋。

しかし、そんなことをする気持ちの余裕もない人にはもう翌日から会社に行かなくて良い方法をご提案したい。

男性向け

退職代行ガーディアン

女性向け

【わたしNEXT】

退職代行サービスガーディアンが選ばれる理由

これまでの時代にはなかったサービスとも言える。この会社は、以下のような特徴があります。

  1. 日本初の「男性専門退職代行サービス」創業15年
  2. 即日退職が可能
  3. 退職成功率は、100%
  4. 転職した際には、転職お祝い金で最大5万円を受け取れる
  5. 退職できない場合は、全額返金保証付き

上記の5つが主な理由。

順にご紹介していきます。

日本初のサービス。

退職代行サービスとは、いったい何をしてくれるのか?

この答えは、以下のような対応をしてくれる会社です。

簡単には退職をさせてくれない、ある種の拘束状態に悩む方に対して、会社と退職届の提出や交渉を行ってくれるのです。

もちろん、法的な点をきちんと把握している必要があります。

即日退職が可能となるのは、交渉の部分です。例えば、有給休暇があるのにずっと使えていない人にとっては、有給をすべて消化する期間だけで、14日前からの退職届の提出も可能になります。

こうした退職時に知っておくべき内容を代行してくれるからこそ、労働者本人の精神的負担はありません。

費用はいくらくらい?

費用が高いと払えないと思っている人も安心。相場としても平均的には、2万から5万円程度。

この金額では、到底弁護士などに依頼するのは難しいということも多いです。

弁護士と非弁護士という違いだけで、できることはそこまで違う?

この違いは、会社があまりにも融通の利かない状況であればという話です。

一般的には、労働基準法や民法などの話をきちんとすれば、会社はもめ事を多くすることは望んではいない。

わたしNEXTが選ばれる理由

こちらは、女性特有のパート、アルバイトなどの社会保険未加入の方も対象となっています。

さらに、男性よりも賃金が少ないと悩む女性にも安心の料金一律プラン。

パート、アルバイト 19800円(税込)
正社員、契約社員、派遣社員、内定破棄 29800円(税込)
全額返金保証 対象
転職お祝い金 最大5万円

こうしてみると、男性向けサービスとほぼ同じで費用が女性向けサービスというのが特徴。

まずは一度、LINEや電話で相談をする事が最初の一歩!

上司と相談をするのが王道

本来は、退職代行を使わないで、上司に申し入れをするのが一番無難な辞め方。

でもこの場合は、以下のような問題が生じる可能性があります。(というよりも私自身が過去に経験しました)

  • 家の会社は、2ヶ月前に退職希望出さないと有給使えないからと初耳の内容を何の権限もない店長(支店長)レベルの人が話し始める。
  • 本社と支社では全く言っていることが異なる説明が出てくる。

このような内容が法律上の縛りの理解も何もしていない上司が担当すると発生する可能性があります。

この話に付き合っていると、正直無駄に疲れますし、辞めるまでのハードルが一気に高くなる可能性があります。

どんなにスムーズに進んだ場合でも民法上の2週間前という時期をさらには辞めるというのは難しいのが現実です。

 

今すぐ辞めたいと円満退職の関係

  • 次にやりたい仕事が見つかった
  • 給料が下がったままで労働環境が悪化している現状に耐えられない
  • もう肉体的にも精神的にも限界が近い

退職する理由は、人それぞれ異なりますし、その影響が本人だけでなく、配偶者や子どもまで多くの影響が出てしまうケースがある。

円満へのハードルは高い

今すぐ会社を辞めると言い出した時、いきなり上司が本人に電話やお宅訪問をするなんてケースがあります。

  • 辞める理由は?
  • 本心なのか?それとも気の迷いなのか?もしかして交渉したい事がある?

正直、都合の良い解釈ばかりをしてくるケースもあります。

書類でのやり取りは必須

退職代行ができることとできないことに関係しますが、個人情報の取り扱いという点ではやはり代行先に以下の書類を送られても困りますよね。

  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 健康保険被保険者資格喪失証明書

このような書類は、次の転職が決まった際にも必要になる書類です。

つまりは、書類のやり取りは嫌でも本人がきちんと郵送でのやり取りを行う必要が出てきます

近所の会社に就職した時

自分の勤め先が自宅と目と鼻の先という人にとっては、職場に行かなくても近所を散歩しているだけで、通勤中の同僚と遭遇する可能性もありますよね。

いつも使う電車が1本しか路線がない地方の私にとっても同じことを考えた時期がありました。

言いがかりをつけられる可能性

これはかなりレアなケースだと思いますが、会社によっては、勝手に会社を辞められたという事で損害賠償請求とかそんなことする人なら懲戒解雇にするとかわけのわからないことを言い出すこともあるとかないとか。

こんな事が起こっても不思議がないという時には、きちんと事前にどんな会社なのかを具体的に伝えておくことが大切です。

具体的な内容とは?

  • 雇用契約書は記入したか?
  • 会社に入社する際に誓約書などを書いた記憶は?
  • 労使間の規約などが渡されているか?

このように、1つずつきちんと確認をしたほうが、より無難な円満退職に至るのが早くなることを知っておいてください。

 

今すぐ辞めたい人の注意点

あなたがもしすぐ会社を辞めたいと思っているなら、今の状況をもう一度整理しておくことも大切です。

  • 現職を離職してもいずれまた再就職を検討する。
  • それまでの生活はどうする?
  • 転職できない,仕事が無いという時は?

それぞれについてご紹介していきます。

再就職への影響力

もし今の会社を辞める前にも複数の会社を離職していたとします。

この場合は、当然その後の就職に対して、個人の評価を下げてしまうリスクがあります。

転職回数=やる気がないということではありませんが、雇用をする場合、少しでも長く働いてくれる人を望むのは、企業側としても当たり前のこと。

会社を辞める理由という点については、注目しておきましょう。

関連記事:会社を辞める理由で悩む方への対策法まとめ

辞めた後に支払うお金

会社を退職した後で影響があるのは、以下のような支払い。

  • 市県民税
  • 国民健康保険料
  • 国民年金

こうした税金面は、基本的に自腹になった時、貯金がほとんどないという人にとっては、新たに生活に与えるダメージが深刻になる。

自分の状況として、きちんと再就職に対しての再就職までの流れを認識をしておくことも大切。

 

自分で交渉をする際のテクニック

もしあなたがお金がかかるなら、自分で何とかする道を選びたいと思うなら、私がお手伝いできる内容をご紹介していきます。

退職理由には嘘も真実もない

もう辞めてやる!というくらいにストレスや不満を抱えている方からは、理由は何でも良いと思う。

無難な生き方を考えるなら、「やりたいことができた」「新しい就職先が見つかった」などは何も言えない理由の一つ。

書面上は、基本的に「一身上の都合」が多いのもその理由を深くはつっこまない事がうかがえる。

しかし、病気や介護という嘘は、決して自分の将来にメリットがない。

関連記事

会社を辞める理由に病気はリスクが高い根拠!

会社を辞める理由は親が倒れた?病気や介護のウソに潜む怖さ

嘘は決して人を幸せにすることはないと思う。

よくある退職理由と対処法

会社辞める理由【試用期間】

会社を辞める理由|女性におすすめの上司相談対策

人事担当として、10年以上企業に在籍してきた私が伝える内容です。

 

円満退職をするのは難しいことではない

自分が今立場があるとか一定の責任を任せられているという状態でもある程度の準備ができれば円満退職は簡単です。

退職願は不要

退職願とは、会社に合意を得るための前置きですが、この書面は基本としてあってもなくても問題ありません。

そもそも、辞めたら困る、次の人が入るまでは辞めさせない!こんなことを思っていても、続いて、退職届を提出された時には私が人事担当として言えないのです。

退職の意思を伝えた。

これで、労働者は辞める前にやるべきことを終えた。

つまりは、退職願は、会社にとって交渉をしやすい材料にしかならないのです。

リモート勤務の時代

リモートワークを推奨する企業が増えたコロナ禍の経済。

この状況であればこそのメリットは多い。

  • 引継ぎの資料はすべてPDF,エクセル、ワードなどでまとめることも可能
  • オンラインで個別に申し送りを伝えることも可能
  • 困った時の対応としてもマニュアル作成をすることも可能

このように、あくまで後任が聞いていないという発言を防止する手立てはいくつも用意が可能になった。

辞めてしまえば終わりと思うなら、できるだけ引き継ぎ資料を早めに作っておくことも大事なことです。

他にも取引先で良い人間関係が構築できている場所には、可能な限り挨拶メールなどで対応するのも失礼にならなくなった。

時代が変わったことで、面談を前提としなくてよいというのは、辞める時のメリットがたくさんあります。

労働者側の我慢ポイント

辞めたいと言ったけど、じゃあ今残っている有給は使えるの?

この内容は、基本的な労働では、会社に時季変更権があって交渉が行われることはあります。

しかし、退職という時間が決定しているのですから、法的には有給申請を拒否することはできません。

退職時における未消化分の買取というのは、例外的にも認められていますので、この辺りは、退職代行の会社に相談するべきかを検討する材料だと思います。

ボーナスのある会社

夏、冬、決算期等の賞与規定がある場合、その会社にいつまでいるかという事もポイントになりますよね。

この場合は、あらかじめ周りに退職希望者がいるのかどうかを探っておくことも大切です。

退職を拒む会社にはどうすればいい?

退職の意思決定はあくまで労働者側の権利。

それを会社が拒否をする権限はありません。

このことを労働者が知っていても、それまでに見たことのない社内規定をいきなり持ち出すような悪質な会社も多いと聞きます。

ですから、こういうことがないかどうかを含めて、基本的には社内規定は一度目を通しておくことをおすすめします。

見たい理由は、結婚した時の育休などの規定についても知っておきたいから見たいな前向きな話でも良いと思います。

そこまでしてもいろいろ嫌がらせと感じることが起こった場合は、即退職代行の会社にまずは相談。

それ以外なら、以下の順で進めましょう。

  1. 労働基準監督署(厚生労働省HP
  2. 内容証明で退職届を代表取締役宛に郵送
  3. 最後は弁護士に相談

このように手間がかからない順に相談をしておくことが大切です。

あなたが新しい人生の第一歩に踏み出せるように願っています。