スポンサーリンク



40代のメンズファッションってどんな感じ?

おしゃれなシャツ着てブランドを入れたら大人の雰囲気?

40代男性はブランドアイテムが必須?

40代男性ファッションの中でもカジュアルという分野について、このページにご訪問いただきありがとうございます。

カジュアルとビジネス。

男性のファッションやコーディネートの中で紹介されてる主な2つの存在。

しかし、このカジュアルという言葉が気になってしまい、プライベートな時間にわざわざ高い服を選ぶ価値が分からない。

こんな考え方の男性も増えてる時代。

40代男性ファッションについては、以下のような内容もご紹介しています。

40代男性ファッション夏ユニクロ

スポンサーリンク


夏メンズファッション40代男性ユニクロ活用法画像付|デートコーデ注意点

40代男性デートファッションの誤解

40代デートファッション男性服のよくある誤解と自分らしさの探し方

40代男性ファッションコーディネート夏猛暑

40代男性ファッションコーディネート気温35度以上のモテ要素

40代ファッションメンズ秋コーデ

40代ファッションメンズ秋デートコーデに女性にウケる色選び

40代男性デートコーデファッション冬

40代男性ファッションメンズ冬要注意3アイテムと1万円台成功法

40代男性ファッション太め

40代男性ファッション春夏秋冬太めの強みと弱点を使いこなす

40代ファッションメンズブランド

40代ファッションメンズブランドを選ぶ基本と注意点|個性の演出法

40代guメンズ

40代guメンズコーデ!デートでもダサいと言わせないコツと注意点

40代ファッションメンズバッグ

40代ファッションメンズバッグに多い誤解やデート用失敗注意点

40代ファッションメンズ

40代ファッションメンズ婚活もビジネスも自分が似合う服を選ぶコツ

40代ファッションメンズデブ

40代ファッションメンズデブ体型も簡単!デートコーデのコツ

デブファッションメンズ夏

夏デブもメンズファッションを個性を活かして楽しむコツと失敗原因

40代ファッション男性ダサい回避と女性目線

40代男性ファッション日本人がハマるダサい典型例と回避策優先順位

40代男性へのプレゼントという視点からも年代向けのアイテム選びをご紹介しています。

40代のプレゼントの悩みについてもご紹介しています。

クリスマスプレゼント40代男性は何が嬉しい?失敗原因ベスト3

40代男性プレゼントブランド人気や定番選びも失敗?よくある誤解

40代男性プレゼントキーホルダー

40代男性プレゼントにキーホルダー失敗注意点|革好きのおすすめ

40代男性プレゼント手袋

40代男性へプレゼントで手袋選びの失敗後悔注意点とおすすめ

40代男性向けプレゼントマグカップ

40代男性プレゼント用マグカップ選び方成功と失敗の違い

40代男性プレゼントでゴルフグッズ選び方注意点とおすすめ3選

40代男性プレゼントマフラー

40代メンズプレゼントマフラー選び失敗注意点とオススメブランド5選

40代男性プレゼント腕時計の無難な選び方(彼氏,旦那,上司共通)

40代男性プレゼント名刺入れ5000円から1万円代日本製おすすめ

40代男性プレゼントされた財布で金運仕事運アップ成功体験記

40代男性プレゼントボールペン選び方女性に多い失敗後悔注意点

40代男性が好きな人への態度やサインという視点もご紹介しています。

40代男性好きな人態度

40代男性は好きな人に態度で出す?サインを見抜くコツと信用する注意点

私は父の影響により、着る物に対して非常に選び方も選ぶ基準を明確にするよう教えられてきた。

TPOが分かってこそおしゃれは伝わる。

自分の体型や肌の色、スタイルなどを活かせない服を着ても意味が無い。

まとめ方を意識しない高いアイテム購入は意味もない。

とにかく人気とかそんな事より、女性と会うなら、しっかり女性をエスコートできる服を選びなさい。

このような事を教えられてきた。

私のサイトは、40代の仕事と人生を軸に、ファッション,髪型,恋愛,結婚と同様に個性を活かし、自分らしく生きるための考えたかをご紹介したいと思い、運営しています。

人は、苦しい、切ない、つらい、悲しいと思う時にも以下の4つの中で優先順位を意識していると私は思う。

「人、モノ、お金、時間」

まずは人に対しての意識が高い状態でなければいけないのがファッション。

モノの価値を質と価格のポイントで意識ができるのも大人のおしゃれ。

お金をどう使い上手にまとめる選び方ができるのもコーデのポイント。

時間に合わせるオシャレの着こなしができてこそ印象は高まる。

シンプルにむやみにアイテムを多く使わず、オシャレに演出する。

これが着こなしだと強く言われました。

サイズが合っていないけど人気アイテムだから挑戦しよう!

印象は違うけど女子に人気の着こなしだったら!

こんな選び方をしても女性から見たら、単に雰囲気をチェックされて似合う人とセンスの無い人で分けられて終わる。

このような現実から、服を選ぶということを着こなしに焦点を絞り、個性を活かすという考え方を伝えていきたいのです。

この記事では、40代男性ファッションでカジュアルを意識する時の注意点とコツについて、以下の項目でご紹介しています。

40代男性ファッションカジュアルの基本

40代男性ファッションカジュアルの誤解

40代男性ファッションカジュアルの王道

まずは、雑誌のモデルの人が着てる服を見て真似るよりも女性にもおしゃれ感が伝わるポイントを知る。

その方がシルエットを含めて似合うなぁと思ってもらうのが簡単になる。

ぜひあなたの印象や雰囲気に似合うカジュアルファッションを見つけるために参考にしてください。


スポンサーリンク



40代男性ファッションカジュアルの基本

40代男性ファッションカジュアル
服は今の時代は多くのサイズも種類も雰囲気もいろいろ存在してる。

チェックする人からすれば、単純にどれが自分に似合うのかわからない。

これが最初の印象になってる事の方が多いと思う。

普段はスーツにワイシャツ又は制服。

このようなビジネスでの生活をしている人が、オフの日になってジーンズ、デニム、チノパン。

春夏のボトムスやパンツだけでも男の選べる服にはいろいろな種類がある。

秋冬になれば、素材もアウターまで入れたらキリがない。

さらに、バッグや財布、マフラーに手袋。

着るだけでも多すぎると思う中で、さらに見た目に爽やかな男の演出の為にアイテムを新しく見て回る。

ショップに行っても何から買えばいいのかすらわからない。

このような方もカジュアルのコーデ相談には多いのが現実。

40代男性ファッションカジュアルの基本1.靴

他の記事でも必ず私は伝えてるのが、日本人は着る服より靴に意識が向いてなさすぎるという考え方。

この点、女性は、パンプス、ミュール、サンダル、ブーツなど必ずカジュアルの中にも同じ靴をずっと合わせるようなことをしない。

最適化という言葉の先のスタイルを合わせるためには、服の色を考えるよりもまず商品として靴を見るのが最優先。

上記画像のスタイルでもブーツスタイルであり、濃茶を合わせる事で秋冬の雰囲気が出ている。

白やグレーのtシャツが多い男性ファッション。

こうした色は、ビジネスのシーンでのワイシャツなどでもきれいに見せる印象の良いカラーの典型例。

つまり、ビジネスとカジュアルの大きな違いは、着る服よりも靴の選び方をどう回していくべきか?

この視点からm図は始めなければ、いくらランキングに入った人気アイテムを買っても合わせるスタイルが決まらない現実がある。

40代男性ファッションカジュアルの基本2.シャツ

2016年2017年2018年と時間が経過しても必ず人は季節を問わず着る服がある。

それが、インナー。

シャツが落ち着いて見える定番のアイテムがあれば、何にでも使いまわすことができる。

例えば、スーツに使うワイシャツでも丈が短すぎなければカジュアルにも当然使える。

仕事終わりのスーツでデートに行く事が営業の男性に多いのは、決して何も考えていないということではない。

年齢としても、服装としても全体的に店に行っての打合せが必要な時でも無地などで全体をまとめた時、デートもビジネスも使えるからだ。

利用する店の情報をしっかりリサーチして、相性のよい足元の靴の裏の素材を確認する。

これだけで、TPOに合ったコーデが出来上がる。

こうした感覚から、自分の体型やスタイルに合ったシャツを1枚しっかり選べるのが大人のおしゃれ。

メンズコーデに無理をしてまでブランドでコーディネートをする価値は低くなった。

その根拠は、東京銀座での40代男性を含めたおしゃれを意識する世代が良く使う店を見ても納得できる。

インナーで最も売れてるのが、ユニクロより低価格帯のguである。

このような時期が実際にあった。

高級ブランドもひしめく百貨店の売り上げよりも着こなしを気にする都心部でおしゃれに通販でもなく、惜しみなくファストファッションを上手に活用する。

こうした変化が都心ほど進んでいる。

上手に、メンズコーデで着こなしをするということは、基本となる再現基準を明確化する事の方が大事であることを意識してみてください。

40代男性ファッションカジュアルの基本3.最新

日本人の多くは、なぜか最新アイテムをプラスする意識が少し高い気がする。

しかし、この時、自分が持っていなかったアイテムを無理に取り入れる服装にはムダや失敗の感じも多い。

例えば以下のようなアイテムはその典型例。

  • 春夏に来たことも無い柄のシャツやtシャツを選ぶ。
  • 秋冬にイメージもわかないニットに挑戦する。
  • トレンドシューズと言われてデザイン性にあこがれを持つ感じで購入。

別に新しい事に挑戦することは問題ではない。

しかし、そもそも別のデザインや柄を取り入れる際に購入する先にネットという環境が多い事が失敗の原因となっているケースが多い。

モデルが着てる感じがカッコよかった。

コートを基本として仕事に使っていたから、ニットなら合わせる事も簡単だと思った。

これらの選び方は、単にウケを狙うだけの考え方を持った選び方。

そもそもそのアイテムをどう使ってカジュアルを演出するのか?

これがファッションアイテムを買って終わりではなく、使いこなすという意味になる。

カジュアルと言う普段使いである上で、価格の高い安いが優先ではない。

私服で人の前に出るという事に対し、色合いや重ね方はあくまでサイトにあるのは照明の質も場所も分からない完成された状態。

これでは実際に自分が着る環境に抜群の相性と言われても何の説得力も無い。

もし最新を採用したいなら、必ずイメージしやすく、色合いも似た感じの濃い淡いを基準に最初は選ぶ事が重要。

 

40代男性ファッションカジュアルの誤解

40代男性ファッションカジュアルの誤解

なぜか毎回センスが無いとまわりからいっつも言われてしまう!

リュックが流行していたから、意識もいらないと思って選んだのにダサいと言われた。

カジュアルになるとどこかで何かがかみ合わない。

こういった悩みを抱える40代男性は多い。

色合い、スタイル、完成されたモデルのコピー。

これなら大丈夫と挑む度に、実際の結果は評価が低い。

このような状況になってしまう人は何かを誤解している事が多い。

40代男性ファッションカジュアルの誤解1.意識

モテるスタイリングを目指したい!

その為にはファッションブランドのちょっと高いものを選べばコスパが良いのでは!

こういう意識の高い人はたいていどこかで品定めばかりに目を奪われてる事が多い。

春モノ、夏モノでも、テーラードジャケットやスラックスなどいつの時期も結果的に使える商品はいくつもある。

冬になれば、アウターを取り入れ、カーディガンを重ね、寒さ対策の為の配慮をした重ね着が生まれる。

こういうのは、もうある意味昔のカジュアルスタイリングになってきた。

何故か?

いくらカッコよくトップスを選んだつもりでも最近は、冬もヒートテックなどの機能性が良くなったおかげで重ね着の枚数も減ってきた。

カラーが増えた背景には、外国人が圧倒的に増えたことも影響しているという感覚が日本人には少ない。

ただ単にカラーバリエーションを増やす事が良い印象のきっかけになる。

こんな認識を持つ人が簡単に自分の知らない色のデザインや体型を選ぶようなストライプの種類を選ぶ。

こうなると、簡単に演出方法がダサいと女性からの消化も低下していくのです。

簡単に言えば、全身で見る!

ホワイト、ブルー、グレー、黒、ネイビー。

正直、この5色があれば、男性のファッションは簡単に出来上がる。

それ以上の色は別にあっても無くても良いのがシンプルコーデ。

40代男性ファッションカジュアルの誤解2.世代

20代でレザーにあこがれる。

30代でコートを着たがる。

40代はブランド?

それで財布はパンパンで角が欠け、表面がボロボロでも手入れも全くしないまま愛用品と言い張る?

これが誤解。

あくまで、休日コーデ。

大切にしてほしいのは、以下の3つ。

シーンに合わせたスッキリした印象。

店の上品さに合わせる事の出来る雰囲気。

年代を感じさせる若い人が持たない大人の貫録。

つまりは、着心地を自分でしっかり大切にした自分に合う服を着ている事がとても大切なこと。

差別化という言葉を大切に思っているなら、とにかくスッキリさせましょう。

着ぶくれ感が出る重ね着は、若い時で終わり。

上品さと言うのは、店の違いも知り、その場に合わせ、ストレッチ素材などを上手に活かし、動きやすい機能性を重視する選び方。

靴1つとっても、革靴でもダブルモンク、ストラップタイプ、紐靴、スリッポン。

店での履き替えもスムーズに対応できるからこそ、女性を上手にエスコートも出来る。

着こなすという言葉を自分で合わせるのが難しいと思うものを買うという認識にするは違います。

もっと他の世代にはない余裕を感じさせることぉお意識してくれた中で取り入れるアイテム選びを考えていきましょう。

 

40代男性ファッションカジュアルの王道

40代男性ファッションカジュアルの王道

上品にもなりたいし、年代としても男の色気を感じさせたい。

デートファッションを考える男性の多くは、ずいぶん難しい考え方をする人も多い。

もちろん、普段が仕事着だから何を取り入れるのも違和感がある。

こうした状況の方は日本全国どこにでもいると思いますし、それが男のある意味ファッションを悩む特徴の1つともいえる。

40代男性ファッションカジュアルの王道1.スーツ

まず第一に変にカジュアルという言葉の中で合わせるアイテムを探す視点を排除しましょう。

単純に上下セットを考えていく。

各種パーツを以下のような考え方に置き換えてみましょう。

アイテム項目 カジュアル ビジネス
インナー 春夏:tシャツや無地のシャツ
秋冬:高機能いんなープラスワイシャツ
年中:ワイシャツにジレ
ジャケット 春夏:不要でシンプル優先
秋冬:黒,グレー,ネイビーからテーラードジャケットを選択
春夏秋冬:各季節ごとの素材選びのみ
パンツやボトムス デニムで良い 年中:スラックス

単純に考えていくなら、これだけでいいはずなのです。

オシャレ感をビジネスで出したい人は、時計やカフスなど手首に工夫をしている。

ストールは手荷物感が強いため、おしゃれにはあまり使わない。

上手に女性が身にまとうモノや手荷物が増える事を想定し、対応力の高い服を着こなしエスコート。

これが、実際のデートでは、サービス精神が届けられることにもつながり、モテる要素にもなる。

旬は難しい。

こんな気持ちは、全く必要ない。

40代男性ファッションカジュアルの王道2.個人

重要なのは、自分らしさがどう入っているか?

そして、大人っぽいというのは、1つ1つをだらしないように見せない事。

本当におしゃれな人は、アクセサリーなどの数も抑えて厳選している。

高級な靴で値段を聞けば驚くようなものをスマートに履きこなす。

それが自然に醸し出される大人の魅力。

もう若い時のようなアクセサリー任せの着飾った服装は卒業しよう。

新しいものをあれこれ迷うより、常に綺麗で襟や袖も手入れが行き届いてるのが伝わる。

これが、最強であり、デート後の得をスマートに勝ち取る女性のインパクトにもつながる。

ダウンは注目の最新トレンド。

だけど襟に見えるのは、汗ジミが出たワイシャツ?

よれたvネック?色褪せたベージュのカーディガン?

これでは何を言っても台無しだし説得力もない。

こうしたコーデの先にいくら誘われても即答しない女性がいても何も言えない。

だからこそ、まずはスーツをラフにした感覚を各パーツから考える。

そして、使う要素は出来るだけシンプルに見せる。

ここからまずは始めてみてください。

スポンサーリンク