スポンサーリンク



40代男性らしいファッションを目指したい。

自分の気になるブランドがある!

40代のコーディネートの服にはシャツやスーツの着こなしが女性の印象を高めるはずだ。

スールも色の選び方やサイズ感も気にしてしまう。

でもいざ全体的なまとめ方として日本人向けのスタイルを考えるとどこかが抜けている気がする。

日本人男性は40代に限らず20代30代も何故かブランド名に大人スタイルやおしゃれ感を感じる人が多い。

つまり、誰もが同じような雑誌やサイトを見て同じようなスタイルを着こなしと思い込んでる。

街中のスーツを見ると、みな同じようなスーツになってしまうのはなぜ?

こんな景色も少なくないと思いませんか?

デニムとシンプルに合わせる雰囲気でファッションは良いはず。

似合うというのは、サイズ感ももちろんですが、体型や肌の色、骨格、手足の長さ。

いろいろなパーツ的なポイントをどう自分らしい印象を相手に届けられるかが重要なのがメンズファッション名のではないでしょうか?

40代男性ファッションについては、以下のような内容もご紹介してきました。

40代男性ファッション夏ユニクロ

夏メンズファッション40代男性ユニクロ活用法画像付|デートコーデ注意点

スポンサーリンク


40代男性ファッションコーディネート夏猛暑

40代男性ファッションコーディネート気温35度以上のモテ要素

40代男性デートファッションの誤解

40代デートファッション男性服のよくある誤解と自分らしさの探し方

40代男性デートコーデファッション冬

40代男性ファッションメンズ冬要注意3アイテムと1万円台成功法

40代男性ファッション太め

40代男性ファッション春夏秋冬太めの強みと弱点を使いこなす

40代guメンズ

40代guメンズコーデ!デートでもダサいと言わせないコツと注意点

40代ファッションメンズブランド

40代ファッションメンズブランドを選ぶ基本と注意点|個性の演出法

40代ファッションメンズバッグ

40代ファッションメンズバッグに多い誤解やデート用失敗注意点

40代男性ファッションカジュアル

40代男性ファッションメンズカジュアルを意識する注意点と優先順位

40代ファッションメンズジャケット

40代ファッションメンズジャケットで女性受けの良い選び方と注意点

40代ファッションメンズ春コーデ

40代ファッションメンズ春コーデ|デートにダサいを防止する注意点

40代ファッションメンズ秋コーデ

40代ファッションメンズ秋デートコーデに女性にウケる色選び

40代男性ファッション靴

40代男性ファッション靴選びでダサい失敗典型例や注意すべき点

40代ファッションメンズ

40代ファッションメンズ婚活もビジネスも自分が似合う服を選ぶコツ

40代ファッションメンズデブ

40代ファッションメンズデブ体型も簡単!デートコーデのコツ

夏に着痩せ狙いなんて女子みたいな事考えていませんか?

デブファッションメンズ夏

夏デブもメンズファッションを個性を活かして楽しむコツと失敗原因

40代男性ファッションコーディネート夏猛暑

40代男性ファッションコーディネート気温35度以上のモテ要素

私の父は本当に服が好きでオーダーシャツ1枚も海外の職人指定でフルオーダーにてサイズだけでなく、カフスからボタンの素材まで全て全体的に自分のスタイルを作っていた。

そんな父を見ても私は同じ世界観を感じる事が当時の子供の頃は思えなかった。

しかし、今回の40代というサイトを作り、ファッションに悩む日本人というキーワードを見て、本来のまとめ方やおしゃれ道って何?

この時女性がチェックしている部分を父が教えてくれたことぉお思い出し、何か伝えられたらと思いご紹介をしています。

どこかで似合う服を選ぶというチェックの仕方を優先する方が多い日本人のファッションに対する思い込み。

他人にダサいとかセンス無いと言われたり、思われることをどこかで恐れる思いを抱いてしまい、結果的に通販より店頭のサービスで言われるがまま購入。

こんな形での買い物にどこか金額を出せば見立ても良く、自分に合ってる服装になったと思う人も多いはず。

私のサイトは、40代の仕事と人生を軸に、ファッション、恋愛、結婚、髪型等と同様に個性を活かし、自分らしく生きるための考え方をご紹介しています。

人は、人生が辛い、苦しい、切ないと悩む時も必ず下の4つのバランスを意識している。

「人、モノ、お金、時間」

ファッションは、その人の個性に合わせ演出されるパーツにすぎない。

私自身もアラフォーになり、もうじき40代になるまでに購入してきた服は総額2000万円ほどになるかと思う。

しかし、今は子供もいるパパとして家族を引き立てる似合うを見るようになった。

どこかで自分本位だった服装がどこかで注意する先が変わる。

清潔感、素材、カラー選び。

いろいろなまとめ方があるが、基本の見え方は大きくは変わっていない。

それより、多くの方が持つ価格の高い=価値という考え方をまずは徹底的に排除したい。

そして、カジュアルでもビジネスのスーツでも着こなしを考える時40代男性という今と50代になった時のイメージになじむアイテム探し。

そんな視点から今回の記事では、以下の項目でご紹介しています。

40代男性ファッション日本人の誤解注意点

40代男性ファッション日本人の最優先事項

40代男性ファッション日本人の私服と女性

多くのアイテムがある。

tシャツ、チノパン、デニム、カーゴパンツ、ハーフパンツ。

それを自分の年齢や体型という情報の中でどうデートやプライベートな休日に合わせるのか?

こんな視点で簡単なはずがどんどん難しくしている自分の今見えていない事等をチェックするつもりでご覧ください。


スポンサーリンク



40代男性ファッション日本人の誤解注意点

40代男性ファッション日本人

女性はデートのたびにワンピースやチュニック、ボレロにカーディガンやアウター。

それぞれのアイテムで年代や今年の流行に合わせてアイテムの見せ方を考えてる。

しかし、男性は?

なぜか40代という男性でも私服に高い金額もそう使ってこなかったという方も多いはず。

どうして?

その理由は、制服の仕事を続けていたとかファッションにうるさい友達が周りにいなかった等様々な事情を抱えてるはず。

しかし、婚活や恋活を30代をすぎ、40代に近づくアラフォー当たりになり、少しずつどうにかした方が良いと考える者も増えてる。

40代男性ファッション日本人の誤解1.取り入れ方

本来はココそれぞれが単体として自分の重視するパーツを決めて合わせ方を組み合わせるのがファッション。

しかし、40代男性のファッションに日本人向けと言うと何故か以下のような点に意識が向かう。

  • 白、グレー等最新アイテムとわかる感じの色や柄が欲しい。
  • 婚活に合わせる感じだから、小物もいくつか持ってオシャレに見えるポイントを増やそう。
  • トップスもジャケットをしっかり使い、トレンド感や仕事のできるおじさん風になっておこう!

こういう意識が重視されていく。

でも、こんな考え方にわたしはこう質問したい。

あなたの今選んだ服の世界観について、その服装の理由やコンセプトが相手に伝わりますか?

つまり、いくらランキングにあるような最新トレンドアイテムを入れても、結果として購入した小物そのものに価値があるわけでもない。

購入したショップがセレブや紳士が多い店でも持っていく人のその雰囲気が店に合うかどうかの方が重要。

40代男性ファッション日本人の誤解2.満足

服は購入することに満足してはいけない。

よく私は父にこの言葉をずっと聞かされてきた。

パンツやボトムスを日本人として日本製を買うなら、岡山デニムをまずは知っておくべき。

40代男性ファッション日本人向け

センスのあるおじさんと思われるシルエットラインや最新という技術を取り入れた一段上のブランド志向とは違う仕立てにこだわったデニム。

こうした見える内容が何を意識して使っているのかが伝わるのが素材選び。

定番のバッグで十分なのは、そのパーツはあくまで店でのスマートな会計を行えるために必要なアクセントに過ぎない。

このような扱い方が若い30代の頃にはできない。

意識はなぜかモテるとか女ウケという文字にひかれて、必死にトレンドを使いまわす事に疲れていく。

これでは、何に満足したのかという視点で見られたら、店でもショップでもデートでも単なるファッション知らない人の最新モデルかぶれ。

まずは失敗を意識することに神経を使っていくなら、あまり変にブランドやショップを軸にした選び方をしないことが必要です。

 

40代男性ファッション日本人の最優先事項

40代男性ファッション日本人注意点

オシャレとは何か?

この答えに父は、こんなことを常日頃から言っていた。

TPOをしっかり意識した事が伝わる事。

持ってる事がすごいと見えるのはただの衣装持ち。

出すべき場所をわきまえて、必要な時にその場に最適なものを出せるのがオシャレだ。

このように、あくまでボトムスを使って人前に出る時なら、どう洋服のスタイリングを周りがまとめているのか?

周りの利用する雰囲気や色合いを重ねた時、あなたの選び方が周囲から見ても認知されていくことが本来合わせるという意味であることを知ってほしいのです。

40代男性ファッション日本人優先順位1.体型把握

40代ファッション男性ダサい回避の条件

日本人の体型にはいろいろな表現を使われるときがある。

中肉中背

やせ型

細身

細マッチョ

体育会系

なぜか20代のときは、ただ単に細い人がシックな色合いを合わせるだけでオシャレと言われていた。

しかし、40代男性にもなると少し言い回しも変わってくる。

大人スタイル。

この表現に全身がどう表現された選び方をしているのか?

この時、着心地を含めて自分の体型の特徴をしっかり知らなければどの服を着ていてもしっくりくる感じはない。

最新の商品を価格を抑えた購入術で手に入れて合わせるとしても単純に好きと似合うは少し違うというコメント付きで返されてしまう。

あなたらしい雰囲気が伝わってくる。

この全体的なイメージをしっかり最近自分の周りの言ってくれる事や家族がちょっと気付いて、しれっとつぶやいた言葉。

このような内容に耳を傾ける事が無難コーデにたどり着く鍵と言えます。

40代男性ファッション日本人優先順位2.視線

本当に洋服のオシャレを観察する人は、必ず最初に足元から見上げる見方をしている。

これは、どの国でも同じ。

最初から顔をずっと見るのは失礼。

少し胸元あたりに視線を持ちながら、足元からスラックスなどを見てどの程度のたしなみを好まれるのかをチェックされている。

最近はフェイスブックなどで上半身の自分の写真を使う人も多いが、本来この視線はビジネス向けでしかない。

黒やネイビーなどスラックスを魅せるよりシルエットとして伝われば良い場合に靴よりジャケットをきれいに見せる組合せに注目が集まる。

襟はいつもキレイか?

組合せのデザインとしてインナーと柄同士が喧嘩していないか?

主張するパーツを絞り込み、シルエットにあったラインを選んでいるか?

こおうした目線は、あくまで婚活パーティーの個別面談の組み合わせ最中がせいぜい見てる対象だろう。

本来は足元や素材の生地がどんな商品なのかを見れば、買い物になっれてる人には十分良く伝わる。

生地や素材のバランスがおかしいのが典型的なダサいと見られる注意点なのです。

40代男性ファッション日本人優先順位3.系統

自分がいったいこれから先他のサイトや雑誌を見てもどう組み合わせるのかを考えるなら、まずは商品をどんな系統に絞り込むかが重要。

メディアには一つずつ必ず品を出すターゲットが決まっている。

そして、それぞれの衣装に合うモデルを起用し商品を価格以上に感じさせるように出している。

丈や無地の色合いむ必ず会社にはコンセプトがある。

その商品を使ってほしいと思って出す足元の演出法。

商品を買う人をより良く魅せる為に試みるべき上品と伝わるターゲット層。

このような認識を持ってるからk曽於、カッコいいと多くの方が感じて旬のアイテムに意識を向ける事になる。

しかし、あなたの体型や自分より若いカッコいいと思う子が上品に実際着まわした画像なら、当然あなたが着たら大きくコンセプトがずれやすくなってしまう。

結果的に興味のある格好という意識を軸に取り入れると、自分がいくら大人っぽい時計と思ったものも腕の太さ1つで質がダウンする。

必ず自分が取り入れるのは、体を基準として、自分の体格や格好に合う商品をなるべく自分と同じような肌の色や髪型等性質が似てる物を選ぶ。

これが、新しいに目をつける上で大切な要素になっていくといえるのではないでしょうか?

 

40代男性ファッション日本人の私服と女性

40代ファッション男性ダサい回避と女性目線

春夏なら、メンズの新しいを取り入れる大人っぽいアイテムなら、ポロシャツ。

秋冬を意識した質感と上品さ。

そんな視点から20代30代より40代と思ってくれる要素に役立てるなら、実際にジャケパンスタイルが鉄板。

崩しのポイントとして、デニムなどでジャケットを合わせるのもあくまでスーツスタイルのジャケットだけを活かす格好も受け入れやすくなる。

40代男性ファッション日本人向けの女子目線

年下カップルを意識しながら、上品さをアピールしたいなら、女性の格好に合わせる事が大切。

変に話をしてる中でも目をどこに向けて話せばいいのかわからないようなトータルコーデでは時間をどれだけ向けても会話の質は落ちる。

もっと簡単にトータルではなく、目につく下の3つからスタイリッシュな的を絞る。

時計

vネックなどの襟元の工夫。

靴と靴下。

このように、手首、足首、襟元の3つのパーツに対して、目を向ければ体のくびれに沿った要素が伝わる。

やはり女性に対して男性が胸に目が行くとかヒップラインに目を向けるのと同じように女性もくびれや引き締まったパーツに目をつける。

しかし、露骨すぎると思われると写真で十分見たいな要素になってしまい、イメージダウンが必須となってしまう。

見せるパーツは最小限。

そして、流行を使うのも1ヶ所。

このようにメリハリをつける事が見た目にも印象を惹きつけやすい。

40代男性ファッション日本人向けの女子最強

やはり日本人の40代でも見せる要素としてとても簡単であり、もちろん印象に関わるのが髪型。

ぼさぼさの頭。

手入れが行き届いていないヘアスタイル。

このような人ん写真はいくら体に魅力がたくさんあったとしても、なかなかプラスの要素に変わってこない。

常に何か変わった部分が本当に人はとても気になってしまっているのが現実。

ほくろやひげの剃り残しなどの1つの存在が気になってしまうというような事も女性には、本当に多い。

いくらいいスーツを着て素敵な色のコーデで全体的にまとまった大人スタイルでおしゃれ感もばっちり。

こうした意識にも、やはり着こなしだけでなく、40代男性だからこそファッションに合わせる髪型も大事になっていく。

このような意識をまずは持って、自分にとってのオシャレを見つけてみてください。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク