メンズファッション40代太め
40代になってしまった男性。

男性が選ぶメンズアイテムのコーディネートってシンプル過ぎて難しい!

40代男性ファッション悩み

こんな声も多い。

実際に40代男性ファッションのコーディネートでオシャレのポイントに悩むのは以下のような内容。

40代男性ファッション太め苦労

  • 細めとかデザインより服のサイズ感の合わせ方、まとめ方に困る。
  • 任期アイテムやコーデを見ても自分の持ち合わせのシャツやパンツに合うかわからない。
  • インナーまでブランドにするのが40代のオシャレ?どこまで金額をかけるのが妥当なの?

予算もセールなどの活用するのは多くの男性が実践してる。

でも、毎年変わる男性のファッションのサイズ感。

カジュアル感と言われても色も2017と2018で使い分けられるような人も少ない。

男性のジャケットなんて昔買ったデザインと分かっていても、着やすいからと気にせず使う人もいる。

こうした中で、tシャツをふくめて、全体的にぽっちゃりではなくてもおしゃれなスタイルの着こなしとして、ビッグサイズ系を好む人もいる。

ゆとりのあるファッションなんて最近のデザインの定番ではスポーツでさえ見たことが無い。

こんな悩みにどうおしゃれを40代男性が楽しみながら体型だけでなく、スポーツ後のべたつく感覚などの防止を含めて楽しむ方法をご紹介していきます。

私のサイトは、40代の仕事と人生を軸に、ファッション,恋愛,結婚,髪型等と同様に個性を活かし、自分らしく生きるための考え方をご紹介しています。

人はつらい、苦しい、切ない、悲しいと思う時も以下の4つの優先順位を大切にしていると私は感じてる。

人、モノ、お金、時間。

ファッションは、人をどう表現するかを着こなしや着てるセンスで魅せるパーツ。

モノの価値を定番とするかこだわりとするかによることで自分の満足度も達成感も変わる。

お金については、自分の仲の予算を以下に上手に大人の年齢に合わせる買い物方法を考え付くか?

時間は、そのオシャレを着こなし、大人に見えるし似合う服で30代と選ぶ差を効果で感じた時、満足のひと時を味わえる。

デート、プライベート、家族。

いろいろな時間で人は靴からトップスまでいろいろなパーツを組み合わせる楽しみをファッションから感じる事が出来る。

だったら、自分らしく着こなす方法をよりシンプルで簡単に白黒のモノトーンですらまとまりのある感じを演出する方法がきっとある。

シルエット感、アウターの感じ、デートに効果のある服装を選ぶ。

それぞれに対し、意味も価値もあることを選んでいく中で気にするのではなく、楽しい時間を過ごしてほしい。

今回の記事では、40代男性ファッション太めの選び方について、強みと弱点という2つを以下の項目でご紹介していきます。

40代男性ファッション太めの強み

40代男性ファッション太めの弱点

40代男性ファッション太めの注目

いろいろなサイトを選ぶ時、自分にはどれが最も効果的なのか?

こんな選び方を何を基準とした上で考えるべきか?

体の体型も身長もそれぞれが全く違い、コンプレックスを持つ悩みも違う。

季節を別に問わない女性の印象にも大きい影響を与えるポイントをご紹介していきます。


スポンサーリンク



40代男性太め春夏秋冬ファッションの強み

40代男性ファッション太め

スポンサーリンク


太めというカテゴリーから何を選び体のどのパーツを上手に合わせる事が大事なのか?

こんなことを考えてる方に、人気ランキングなどから選ぶ際にも通販サイトで素材などを選ぶ際にも活用してほしいポイントをご紹介していきます。

40代男性ファッション太めの価値1.春夏

40代メンズファッション春夏

季節の中で、夏はポロシャツやtシャツだけ1枚をサラッと着こなす。

別に苦労はしない。

ランニング等のスポーツウェアでも通気性の良い速乾性の高い素材に注目が集まる。

つまりは、スッキリさせるよりも、肌触りや汗が衣類を染めるような状況を考慮の上、服選びをしている人も多い。

この感覚は、40代も50代も30代も関係ない。

皆が同じような印象になる。

逆に汗ばむ時期に、首元をチェック。

あえて、首まわりまでタイトなタイプを選ぶ人もいないのは、スッキリより生活の中での快適さを求めるから。

足元も同じようにチェックしたら、春夏は足も素足にサンダル。

パンツはデニムを切るだけで顔を出したらスッキリした良い感じになる。

この服装に、おける太めの要素は単にこのざっくりとパーカーのイメージと同じような印象。

春なら、スポーツ系でバスケット用のユニフォームのような大きいサイズを着た感覚に近い。

この服装を着ることが多くの方が誤解している事がある。

それは、動きやすさという理屈に変わって、体のラインへの意識のせいではないか?と思われる恐怖感から着る事に迷う視点。

これは正直もったいない。

雰囲気として、多くの方がタンクトップのような服装で肩を出し、自分なりの体温調整をしている。

この感覚を自分の着るベストな体温調整の環境。

こう打ち出し考えていけるかどうかがファッションの使い方としても変に意識をしなくて済む考え方だと私は伝えたい。

こんなことすると失敗しやすい

変に特集やトレンドなどから使えるアイテムを取り入れようとしない。

  • 普段は使い慣れないアウトドアブランドにいきなり挑戦。
  • テーラードジャケットを着てみたいと思っても黒しかわからない。(季節カラー活用法のイメージができない)
  • スウェットを使ったラフな格好のモデルを見ても体型の特徴が似てるか不明。

正直、真似るというのは、かなりセンスよりも体型の類似感が重要。

ハットやキャップも結局は頭の形次第となる。

ブラック系アイテムも可能な限り季節感のあるインナーと合わせないと大人っぽくはならない。

検索して秋冬のwearから急に無理やりストリートを探すとかスキニー系のスーツに興味を持つ。

もちろん徐々に幅を広げて取り入れやすい部分を探すのは大切。

しかし、購入する前にどんなブランドコンセプトでどういう部分のボリュームにこだわりをもって作っているのか?

これがバッグ1つでも手の大きさとの相性でイメージが変わるものだと思うことが大切です。

40代男性ファッション太めの価値2.寒さ

40代ファッション男性太め秋冬

1年の後半にチェックするのは組み合わせ。

足の靴も種類が豊富になる。

デニム以外の服装でもカーゴパンツやジャージ素材など様々な素材を打ち出し、各種ブランドが必死にビジネスラインも意識して展開してくることが増えた。

こうした中で、寒い時期に太めを選ぶパーツとしてお勧めは、アウターだ!

  • マフラーよりも見える面積がある
  • 体系のカバーにも使いやすい
  • インナーをアクセントに使いやすい
  • 生地や素材1つで印象が変わる
  • ダウンジャケットよりも大人の雰囲気は出しやすい

ネイビーやグレーなど無難な色のほうが使いやすい。

最近は、細目なラインばかりが注目をされるが、やはりダウンやレザージャケットなどアウター関連の中には、太目のゆとりのあるラインを貫くブランドもある。

特に、アメリカ系の会社は、特別な理由もなく、昔も今も変わらないシルエットを落ち着いた感じと動きやすさに抵抗が無い感じを楽しむアイテムとして提供されている。

典型例は、ポロラルフローレン。

40代男性ファッション太めブランド

アメリカと言えば、ラルフローレン。

コート系でなら、欧州系なら、ダンケルド

40代男性ファッション秋冬コートおすすめ

英国系なら、マッキントッシュ

40代男性ファッション太め

細く見えながら、ボディラインは、程よいゆとりがある。

あくまで絞りすぎない。

太めとストレートはどう違う?

単純に太めの人は肩とウエスト、腕の長さなどにきちんとフィットするサイズ感を選ぶことが出来るのかが重要。

太めを着こなすスポーツ選手たちは、手足や首の長さと上手に衣類を合わせている。

これがお洒落に見える大人のコーデのテクニックに直結する。

見た目というのは、太めもタイトもラインの出し方ひとつなんです。

こうした違いが、安い商品とあっという間に見た目のシルエットと動きやすさから差が生まれる。

こうした差は、30代から40代、50代になれば、違いがさまざまな点から違ってくる。

デブな男しか太めなんて着ない!

この発言は、間違いだ。

落ち着いた男というのは、全身の動きにニットでもカーディガンでも関係なしに女子から見て太って見えるかではない!

合わせが初夏向け、1年後期向けの季節感を取り入れ、女子たちも一緒にいて違和感なく楽しめるカラーが入ってるか?

柄も使い方次第。

最新のトレンドを取り入れるなら、先ほどの千鳥柄などは、2018年にしゃれ感を見せる着用をしても年代問わず認知もされる。

春夏ならスニーカーに柄をプラスすることも参考にして着用した履き心地を確かめる事で見せる楽しみも出せる。

こうしたどこに太めを採用しようとして、その結果は何をプラスのイメージに結び付けられるか?

これが、40代が20代30代とは少し年代の差を見せるゆとりだと私は考える。

 

40代男性太め春夏秋冬ファッションの弱点

40代男性ファッション太め弱点

初夏には動きやすさを重視。

寒い季節にはちょっとアウターにゆとりをプラス。

この点を参考にしていただきたいと思いますが、太めをあまりやりすぎると、見せるではなく、女性から見て一緒にいるのが苦痛と感じる事もある。

40代男性ファッション太めの弱点1.私を見て!

メンズファッション太め注意点

女性の多くは、周りからの目線を意識して、常に爽やかな印象や機能性、vネックによる小物の演出など好きな何かを見せる事を選択してくる。

一方で好きになるかもしれないと思う男性がカットソーも何もかもを太めにしたらどうだろうか?

「太めでもいいからせめてどちらか一方好きな方にはできなかったのか?」

シューズとウエスト以外は、周囲から見た時、典型的なデブ型。

これでは、いくら痩せないという体型が横に広い悩みを持つ方でもカッコよく着こなすとは言えない。

まとまりを見せることを意識して、こういう方には、以下の点を注意してほしい。

40代ファッションメンズコツ

  • 無地でもいいからトレンドの色をどこかに選ぶ努力をする。
  • 大きめ専門の商品ばかりを選ばず、上下のメリハリを考える。
  • だらしないと思われるようなボーダー風を採用しない。
  • フィット感のある1枚をブルー、ホワイト等ワイシャツによくある色の季節感のある感じをを選ぶ。

このような商品選びをまずは1枚からでもいいからしっかり大きめと合わせるバランスの合った1着を新着商品などから1つ選ぶ程度の努力が重要。これができれば、海外で活躍中のトレンド感のある派手目なアーティストの一部を取り入れた感覚も出せる時がある。上手に、自分が思ってるイメージカラーを取り入れる。

男子にも女子にも必ず自分の中での定番の色があるはず。だからこそ、その色を年中使うという人も多い。しかし、この選択に、先取りした1枚をさりげなく合わせるだけで、大きくイメージは変わる。

女性をエスコートするためのファッションは女性のアイテムを引き立てるメンズのコーディネートを目指す事になる。インナーもタートルネックにして、ストールがっつりではただの寒がりな感じしか伝わってこない。しかし、vネックとストールにすれば、おしゃれなアイテム感に変わる。

たったこんな1枚のインナーの工夫だけでオシャレかダサいかは差別化されてしまう。

方法で大切なのは、上手な全体のバランス。

40代男性ファッション太めの弱点2.定番の難しさ

40代ファッションメンズ定番

やはり時代は細身を人が選ぶ事が多い。20年30年前のファッションの定番を良く知る女性であれば、40代男性の懐かしいおしゃれはわかってもらえることもある。しかし、最近の定番や体型も細めしか選ぶ事をしてこなかった人にとっては、存在価値が分からない。

だから、極端な事を言うと、似合うかどうかもわからないのです。シンプルで簡単なのはわかる。モノトーンの感じもわかる。

でもそのシルエットやサイズは何?

このように、何を軸に得r日、どんなカテゴリーのファッションをしてるのか?

こうした視点では、男性が思っている以上に、女性は男性のファッションを知らない事もある。

よって、いくら通販サイトをチェックしていたとして、雰囲気が自分なりにベストと思う掘り出し商品を見つけたとしても女性の前で着る時の反応は分かれる。

この点をよく意識しておくことを注意してほしいと思う。

 

40代男性太め春夏秋冬ファッションの注目

40代男性ファッション太め注目

40代で男性のファッションでも太めを好む。こうした方に、今のコーデを見直す意味でも注目してほしい事をご紹介していきます。

40代男性ファッション太めの注目1.配色

40代ファッション男性太めと色

今あなたが自分の持ってる服がほとんど太めで多すぎだろうと思っているとしましょう。

この場合、その中で何かを変えたい。こう感じたなら、まず最初に取り組むべきは、全身を2色ではなく、3色にする工夫をすることをおすすめします。

なぜ3色なのか?

単純に自然を意識してください。

40代男性ファッション太めの活用法

上の画像を見ると、景色の雰囲気もほとんどわからない。

イメージとしては、以下のような印象を持ちやすい。

  • 暗い。
  • 重い。
  • 雨が降る?

気持ち的にもテンションが下がる印象が強くなる。

ではもう1枚。

ファッション太め40代男性

この景色から感じられるのは、ブラウン系のコーデ。

  • ブラウン
  • グリーン
  • 空は白。

この3色なら、決して重くない。

自然の雰囲気内での景色感もイメージしやすい色となる。

こうした3色を活用するというのは、人の服でも同じ事。

幹を体幹。

枝葉を腕や脚。

空を首回りや帽子、アクセサリー。

このようにパーツ分けしてあげると、どこにどんな色が配色されているのが自然なのかわかりやすい。

色を3色にするということは、色々な場面の色になりやすい。

だからこそ、簡単に共感を得られるチャンスも出やすいのです。

40代男性ファッション太めの配色

私がこの記事でご紹介したかった内容は以上となります。

40代ファッション関連記事

40代男性のファッションについては、以下のような内容もご紹介しています。

40代男性ファッション夏ユニクロ

夏メンズファッション40代男性ユニクロ活用法画像付|デートコーデ注意点

40代男性ファッションコーディネート夏猛暑

40代男性ファッションコーディネート気温35度以上のモテ要素

40代guメンズ

40代guメンズコーデ!デートでもダサいと言わせないコツと注意点

40代男性デートファッションの誤解

40代デートファッション男性服のよくある誤解と自分らしさの探し方

40代ファッションメンズ秋コーデ

40代ファッションメンズ秋デートコーデに女性にウケる色選び

40代男性デートコーデファッション冬

40代男性ファッションメンズ冬要注意3アイテムと1万円台成功法

40代ファッションメンズ

40代ファッションメンズ婚活もビジネスも自分が似合う服を選ぶコツ

40代ファッションメンズバッグ

40代ファッションメンズバッグに多い誤解やデート用失敗注意点

シーンに合わせる考え方もご紹介しています。

40代男性服装冬同窓会選び方

40代男性服装冬同窓会センスの差が出る注意点と差別化正攻法

体型による悩みの解消法もご紹介しています。

中年太りファッションメンズ

中年太りファッションメンズのダサいと紳士の境界線!春夏秋冬着こなし注意点

夏に着痩せ狙いなんてしなくていいんです。

デブファッションメンズ夏

夏デブもメンズファッションを個性を活かして楽しむコツと失敗原因

40代男性が好きな人への態度やサインという視点もご紹介しています。

40代男性好きな人態度

40代男性は好きな人に態度で出す?サインを見抜くコツと信用する注意点

30代から徐々に自分の体型とビジネス用を選ぶ迷いや不安の声がネット上にも簡単に出てきます。

30代からビジネススーツに体型で悩む質問と答え(知恵袋)

じゃっかん太めでも着れるブランドを探す人のスレ(教えてgoo)

最後まで記事を読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク