結婚している男性女性の率が気になる。

未婚率が年齢とともに増えてるって本当?

東京でも40代の人は男性女性問わず未婚が多いの?

国勢調査で年度のデータを見て、驚いた。

今まさに未婚の男性女性が、なぜか40代という年齢になって、急に未婚率が気になりだす。

こんな光景も珍しくない。

40代男性の独身率という関心について、このページにご訪問いただきありがとうございます。

女性が未婚の40代の男の相手を誰かに紹介してもらうという選択を使用としても、実際に相手がいないなんて答えが最近は多い。

自分に理由があるから紹介ももらえないの?

それとも、男女ともに未婚の人は、仕事的に忙しいからなの?

人気者になるには、仕事で見かけだけでも良くした方がいいのかな?

もう結婚をしたいと焦りを持つと、男性も女性も関係なしに、結婚相談所やら出会いの調査やらサービス等にも関心を寄せる事が多い。

私のサイトは、40代の仕事,恋愛,結婚,ファッションをいずれも個性を活かす生き方を大切にしてほしいという願いを込めて、運営しています。

人は、つらい,苦しい,切ない,悲しい,つまらないと思う時にも下の4つのバランスを意識している。

「人,モノ,お金,時間」

この4つをどう自分らしくコントロールするか?

こんな視点から各記事をご紹介しています。

サイト管理人Mr.Dと申します。

私は、再婚組で、今は幸せな家庭を築くことが出来ていると思っています。

でも、離婚を経験した時、やはり同じように独身という立場の男性女性の割合などを気にしている時があった。

ネットがあれば、調査アンケートなども多い時代。

でも、このような視点を持つ時ほど出会いってないのも特徴なのです。

この記事では、40代男性の独身率という話について、私自身の体験を活かし、以下の項目でご紹介しています。

40代男性独身率データへの誤解

40代男性独身率データ確認方法

私自身が再婚を果たすまでに実際に自分で経験してきた事。

あなたにも今からの人生で自分らしい幸せにたどり着いてほしい。

この願いを現実という形に変える為にも考え方としてご覧ください。

40代男性独身率データへの誤解

40代男性独身率

人気のサイトから数あるサービスからいろいろなところで独身率や未婚率などのデータが出ている時代。

でも、私もこうした情報をスマホを使って理由もなく検索していた時がある。

そして、ふと男女の比率とかいろいろ見ていて決定的に足りないと思った事があった。

40代男性独身率のネット上にない答え

そもそも年収が多いとか低いとか私の周りでも今の仕事と独身を悩みの理由にしている男性も多い。

でも、そもそも独身男性の未婚率や独身率って出会いに対して考える姿勢も全く見えてない事が多くないですか?

以下のような内容を調査結果に出している事はあまり見たことが無い。

今の希望。

独身の自分に対する意識。

ただ単に、独身率と確率のみでくくってしまうと、数の配置による印象は生まれる。

でも本当に結婚や恋愛対象を探したい方にとってのポイントは数が重要なわけではない。

ポイントにしなければいけないのは、生涯独身で良いと考えているかどうかという考え方に対する意識。

この点は、相手を婚活や恋人の関係に求める女性にとっては、非常に重要な特徴といえるのではないでしょうか?

40代男性独身率上昇の背景

いかに、大手サイトのアンケートによる集計データだとしても、決して未婚と回答した人が、全て生涯独身を嘆いているわけでもない。

2015年以降の大型リストラやM&Aデータ等を見ても、今まさに40代以降がまとめて大規模人員削減対象になっていることも珍しくない。

この割合は、確実に10年以上前より、大手の会社になればなるほど割合は増えている。

こんな状況になれば、当然生涯の自分の仕事によるリスクの懸念も高まりやすい。

30代に感じた恋愛への感情を100%のトップとするなら、着実に40歳を超えて、意識が引いている人がいても不思議はない。

離婚への懸念。

東京等では、高い養育費関係の懸念。

生涯未婚率に独身男性が増えている可能性の話。

初婚への憧れを抱き続けている40代が減っている可能性もある。

こうした事情は、いかに時間をかけて独身率のデータを探しても、チェックできない。

でも最も先に読まなければいけないのは、こうした結婚希望者という数字ではないですか?

生涯独身をもう別に親も死別してるし、あまり世間を気にすることもない。

こうした環境的特徴の人を含んだ独身率では、あまりにも曖昧性が多い。

では、こんな細かい内容をどうやって調べるのか?

私は、実際に行動を起こした内容からご紹介していきます。

 

40代男性独身率データ確認方法

 

別に40代に限定した考え方をしなくても良い。

問題は、あなたの人生における住まいの条件や他の地域を含めた恋愛関係になりたいと先の計画に意識を持つ人が多いかどうか?

この点を知らなければいけないのですから。

そして、初婚、再婚等の経験条件も今は結果の一部として考える。

その先に、あなたがこの記事を見てから、まだ現実的な相手はいる。

変に独身率を意識し、過ぎる毎日の中で、いつかなんて考える事よりもしっかり成婚につなげる為の意識を高める方法。

この一歩を考え方としてご紹介していきます。

独身率を40代男性に絞らない現実直視

今の時代は、もう友人や会社の同僚などから紹介を受けるなんて期待はしないほうが良い。

もうそんな簡単に日本のどこに住んでいても、使えるチャンスがあるからとほいほい参加していく先は、結局友人止まりの人が多いのもわかっているはず。

これからの時代は、もう現実主義な考え方をしている人を見つけないとチャンスは事実上少ない。

ということは、今からの比較をしなければいけないデータは?

まさに今男性が本当に婚活や恋活を行っているデータを見つける事。

こうした情報をねっとでもちろんどんどん公開しているような経済事情なら、あなたが悩みを持つこともない。

それが無いから、結果的になんにも未来が見えないことになんとかしたいなと思っている。

実際に少子高齢化、晩婚化。

こんないびきの悪い言葉ばかりが増えて、40代を限定したら、地方に行けば行くほど、人口も減っている印象すら持つかもしれない。

パーティーに参加したら、1人か2人だった!

こんな地域も決してゼロではないと思っている。

街コンなどを探しても、結果的に費用を出してまでたどり着いた先に、40代男性がいない。

これではなんともむなしい時間でしかない。

ではどこにそのデータがある?

私が再婚にたどり着くきっかけにしたのは、結婚相談所の資料請求による情報収集が始まりでした。

結婚相談所における調査結果はすべて、お金を払った人たち限定にとられたデータ。

これって、全て積極的な婚活をしている人のデータですよね!

ここで勘違いをしてほしくないのは、年収も外見とかそういうことを知ってほ椎野ではない。

まずは、活動している人の数を知る事。

地域制。

年齢層。

こうした内容を実際にお金を出してまで活動している人を知ることが、独身率よりその一歩先の成婚の機会を知るチャンスになる。

私は実際にこういうデータを複数社から取り寄せました。

そして、実際にそのデータ内で最も私の住むエリアにおける活動の件数が多いところに本当に入会もして活動をしてしまった。

結果的には、この活動は、今の妻との出会いにはなっていないのですが。

でも、こうした一歩を踏み出そうと思えたきっかけになるほどの私にとっては価値がある情報だった。

勘違いしてほしくないのですが、私はかなり人を簡単に信じない性格です。

でも、何もしないままネットサーフィンしていても、やっぱりお金出してまで結婚しようとしている女性も男性も見つけられないですよ。

そんな覚悟持った人がまだいる地域なら、冗談抜きで、出会い系のサイトでも街コンでもパーティーでもどんどん行くべきだと思う。

そして、平日、土日、午前、午後等いろいろなパターンに参加する。

こうした中で必ず、自分の趣味や自分の思考に合う相手にたどり着けると私は思う。

今のあなたはただ単に、データに操られて一喜一憂をさせられている傍観者。

この記事を見た後からは、一歩踏み出して、独身率の先にいる独身を脱出したい人を探す人になっていただきたいと思います。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで読んでくれてありがとうございました。