スポンサーリンク



結婚した相手と離婚した自分。

もうこの先誰かとまた結婚する年齢が訪れるのかな?

もう恋愛も結婚もしばらくはいいかな!と思っている人がいたはずの男女。

しかし、時間が経つと徐々に将来の孤独な人生を可能性を考え始める。

そして、今の自分には年齢的にも難しいのかな?なんて気にしながらもサイトやアプリを登録する。

人によっては、婚活や恋活、街コンのパーティーやイベント参加。

結婚相談所などに足を運ぶ人もいる。

でもいつも自分がバツイチであるというデータに自信を持てない。

出会いを期待してもいい年齢なのか?

こんな言葉を常に意識している男女に私自身が実際にバツイチから再婚を達成した体験をご紹介していきます。

これまでにもバツイチ男性の恋愛や結婚については、以下のような内容をご紹介してきました。

アラフォーバツイチ婚活

スポンサーリンク


バツイチアラフォー婚活成功の秘訣|30代再婚成功体験ブログ

離婚後男性再婚

スポンサーリンク


離婚後男性が再婚した出会いのきっかけから決意までの体験まとめ

バツイチ男性が選ぶ女性

バツイチ男性が選ぶ女性の特徴|30代再婚成功体験記

バツイチ子持ち恋愛

バツイチ子持ちと付き合う男性20代

バツイチ子持ちと付き合う男性心理で遊びと本気を簡単に見極める方法

バツイチ男性恋愛臆病

恋愛に臆病なバツイチ男の理由で女性はチャンス!

バツイチ子持ち恋愛別れ

バツイチ子持ち恋愛で別れに女性が向き合う心の整理術

バツイチ子持ち恋愛年下

バツイチ子持ち年下の辛い切ない心情を幸せに変える恋愛思考と失敗対策

20代女性バツイチ子持ち恋愛

スポンサーリンク



バツイチ子持ち20代との恋愛を進める男のマナー

バツイチ子持ち恋愛デート

バツイチ子持ち恋愛デートに必要な心とカタチ体験記

40代女性恋愛バツイチ子持ち

バツイチ子持ち40代女性の恋愛はもう遅い?離婚歴を魅力に変える生き方

40代シングルマザー恋愛

40代シングルマザー恋愛始める準備と成就に必要な覚悟

40代男性恋愛バツイチの活用法

40代男性バツイチに多い誤解|恋愛に離婚経験を活かす再婚成功法

40代男性バツイチも未婚も独身恋愛

バツイチも40代独身男性は恋愛諦める?再婚で意識を続けたこと成功体験記

バツイチ男性恋愛心理

バツイチ男性恋愛心理の特徴|独身との違いや経験の差|再婚体験記

40代男性婚活時バツイチはチェック項目?

40代男性婚活バツイチの方が印象が良い?体験記

バツイチ男性恋愛観

40代男性バツイチも未婚も独身恋愛

バツイチも40代独身男性は恋愛諦める?再婚で意識を続けたこと成功体験記

バツイチ男性からのアプローチ

バツイチ男性からのアプローチ?女性婚活に多い悩み

バツイチに限らずどこか恋愛に慎重になる期間や年齢でもある40代男性

40代男性恋愛は慎重?

40代男性恋愛は慎重?臆病?告白後アプローチ等女性の見極め方

40代男性恋愛の傾向と女性の対策

40代男性は好きな人に態度やサイン|見抜くコツと信用する注意点

40代同士の付き合い方で自己アピールに多い誤解や注意点もご紹介しています。

40代同士付き合い方デートテクニック

40代同士付き合い方|デートで自分らしさアピール方法失敗注意点

私は正直、婚活や恋活での成婚率や結婚の平均年齢なんて調査をしているデータは一度も見ていない。

その理由も含めて、再婚年齢と男の考え方について伝えていきたい。

私のサイトは、40代男女が自分の個性を活かし、自分らしく生きていくための考え方を伝えるために運営しています。

仕事、転職、恋愛、結婚、子育て、貯金、プレゼント。

20代30代と年齢を重ねても結果的に人は同じようなことを悩み続けている。

今の年齢とか立場とかそんなことを勝手に特徴にして、今の自分の気持ちを偽って生きていませんか?

もっと自分がどうしたいのか?

これから先どんな人生を歩もうとしているのか?

この点をきちんと自分の中でしっかり意識することが大切だと私は思っている。

サイト管理人Mr.Dと申します。

今回の記事では、再婚年齢と男の恋活や婚活の特徴について、成功する人とうまくいかない人の差を以下の項目でご紹介しています。

再婚の年齢と男の婚活成功者の特徴

再婚の年齢と男の婚活挫折者の特徴

再婚の年齢と男の婚活と気持ちの差

今の妻との関係を築くために何をしてきたのかを紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク






再婚の年齢と男の婚活成功者の特徴

男の再婚年齢

今の妻と気持ちが通じた。

相手が初婚の女性。

自分は子持ちでもないけど、あえて初婚のタイミングで、自分のような人を夫として認めてくれるのか?

こんな不安を抱えた中での婚姻にたどり着いた自分がいる。

でも相手は外見としては、自分の理想通りのこと。

歳下とは初回のタイミングが重要

特に独身の女性が不安を抱えている。

20代30代の中には、あえてバツイチの男性を選ぶ傾向も強くなってきた。

彼氏は欲しい。

初婚の相手は相手の方がいろいろ知っている方が安心。

少なからず結婚した後の生活を経験している事がまった事情も分からない彼女たちの中には安心の要素にもなっている。

しかし、いくらバツイチを求める女性が相手でも初回のアプローチで間違えると次はない。

  • 離婚の理由も曖昧。
  • 金銭感覚も不明だけど派手な傾向がうかがえる。
  • 子供や養育費等の事情も質問しないと何も語らない。

このように聞かれないからあえて言わなかった。

この対処は、当然相手の立場からしたら、信用を失うきっかけにつながっていく。

こうしたことをきちんと自分から説明できるようになれば、また次のチャンスを作る事ができるようになる。

仕事を言い訳にしない男になれ

家族やパートナーへの扱い方が次のデートの機会を作るかどうかの見極めポイントにもつながる。

デートする時間を作る事が仕事が忙しすぎてありません。

例えこれが真実だとしても結果的に仕事を効率化させて時間を作るのが歳上世代という認識も少なくない。

結果的に、若い人と何も変わらない。

こう思われた時には、もう他の男性に目を向けられる可能性も十分にある。

結婚のみ経験者との違いをきちんと見せる。

これが本来相手の抵抗感を少しずつでも和らげるきっかけになっていくのです。

最近は、バツイチ子連れが次の結婚相手を求めての婚活イベント等に参加する傾向も高まっている。

初婚と離婚経験者どちらの方がメリットがあるのか?

この答えとして、どこで差をつけるのか?

当然、たくさんの要素が出てくるはず。

でも単純に相手に自分の良さを見つけてほしいと思うなら、より単純な事を積み重ねる事のほうが大切になる。

こうしたことを意識して行動をすれば、年齢なんて大した問題ではないのです。

年齢を言い訳にしない人ほど勝てる

若さが武器?

年齢が40代50代になって出世している事が武器?

年収が高いから低い人ほど有利?

意外とわかりやすいところで自分の長所を出そうとする男性は多い。

しかし、女性の結婚への価値観も大きく変わっている時代。

働く事、子育ての視点、マイホーム購入や住宅ローンへの不安。

老後の準備の始め方。

いろいろなことを友人を通じて話しを聞いたり、実際ネットで検索している事が多い。

そうした中で、年齢に対しての意識とのギャップも安心感の中で大切になる。

例えば、

  • 自分の会社にいる40代上司の印象から見る世代への先入観。
  • 父が40代の頃と照らし合わせている感覚。
  • 周囲の年上との結婚で旦那さんの事を聞かされたイメージ。

こうしたたくさんの内容で出来上がったイメージとどれだけ近い存在になれるのか?

意外と身近な人と近い印象の人ほど次の機会を作りやすい。

この感覚も大切にしている人ほど、自分の年齢をあまり気にしないできちんと相手の持つイメージを見つけ出そうとしているのです。

 

再婚の年齢と男の婚活挫折者の特徴

男の再婚年齢と失敗原因

再婚の年齢を理由に相手を見つけ出すのを諦めてしまう人も多い。

20代30代までにたくさんの話をもらえたのに、結果的に最近まで何も進展が期待できる出会いがなかった。

こんな体験をしている男性は、徐々に自信を失い始めるのも40代付近のアラフォー世代には多い。

勢いの参加が止まらない

仕事でもプライベートな恋愛でも結局自分のことばかりを考える人も多い。

カップルになっても相手の事を気に掛けるよりも一緒に楽しむことばかりを考える人。

部下に仕事を押し付けるような仕事を日常的に行っている人。

こういう人はの考える次の結婚相手の理想もやはり自分中心。

あくまで男女の価値観を軸に考えるという事を一切しない。

ただ単に恋愛をしたいから婚活イベントの方がリアルに人を見られるから効率的だ。

こんな感覚で生きている人は見た目としても中身がない事を印象付ける内容が出てくる。

当然、若さを考える事は大切。

でもそれはあくまで自分の年齢相応にいろいろな事を経験している人が今の自分を考える事で良い方向につながる。

ただやみくもに相手がいれば、とにかくチャレンジあるのみ。

こんな感覚の人は別にバツがある人でもない場合でも価値は変わらない。

むしろ、何も学ぶべきことを学んでいないという人としての品位を疑われる事も多いのです。

 

再婚の年齢と男の婚活と気持ちの差

次の結婚相手に求める条件は前回の妻と一緒になった時よりも多いか少ないか?

この答えは、単純に成功する人ほど少なくなっていく。

年齢と出会いの確立を比例して考えない

離婚をしたのが、20代前半。

再婚を希望するようになったのが、アラサー世代。

こうなった時時間的には男性として仕事もプライベートも趣味もいろいろ特徴があるはずの世代になっていく。

なのに、年齢に見合う特徴が何もない。

このような場合は、相手の女性からしたら、結婚する相手としての安心が何もない。

相手を思いやる心と自分自身の確立。

このバランスをきちんと考えることが出来ていない人ほど年齢が何歳になっても出会いがなくなっていく。

反対に、きちんと客観的に自分の事を分析したり、今の自分の理想の高さなどを考える人ほど固定観念にとらわれない。

自分の幸せよりも相手の幸せを気にする。

このような対応がないと、ただ結婚したい!という気持ちばかりが先になってしまう事もある。

20代よりも30代。

30代よりも40代。

徐々に年齢が高くなるにつれて、出会いの数は少ないとしてもその中できちんとチャンスをつかむことが可能になっていく。

気持ちとして焦りを先にしない。

これがとても大切になるになるのではないでしょうか?

スポンサーリンク