スポンサーリンク



結婚する人はやっぱり顔が大事。

男性でも女性でも恋愛や結婚の相手に求める理想がある。

自分の今の気になる相手もやっぱり顔や容姿がカッコいいとか可愛いと思ったことがきっかけ。

この感覚は別に不思議な事ではない。

しかし、もし自分が今付き合っている相手が容姿として妥協しているとしたら?

本当にその人と結婚しても自分はこの先後悔しないのか?

性格が良い。

人柄が好き。

育った家庭環境が良い。

仕事が安定している。

年収が高い。

背が高い。

いろいろな利点はある。

でも実際に、顔はタイプではない。

そんな人と本当に一緒になって毎日を共に暮らす生活は幸せなのか?

こんな疑問に対して、初婚と離婚、その後の再婚を経験した体験からご紹介していきます。

これまでにも結婚と妥協という考え方については、以下のような内容を書いてきました。

結婚と容姿の妥協しない男性体験記

スポンサーリンク


結婚に容姿は妥協?妻が言った現実感のある言葉

容姿と結婚は関係ない

結婚に容姿は関係ない時代?婚活成功思考における男女の差

結婚の妥協と再婚

結婚相手の妥協は顔?年収?離婚経験者が語るポイントや注意点

結婚きっかけ性格と容姿

結婚は容姿より性格?もっと違う事が大事?離婚と再婚から学んだ事

前の彼女と今の彼女は全く性格も容姿も異なるタイプ。

まさに私の妻も同じような状況でした。

でも別に何か好みが変わったという事ではない。

むしろ、私は再婚の相手に対して、高嶺の花と思っていた存在でした。

自分のような容姿の人間を男として相手をしないだろう。

こんな先入観を持っていた。

しかし、一緒になることができた。

今でもやっぱり好きになってよかったと思っている。

結婚相手に何を求めるべきか?

何か妥協をしたらその後に後悔をするのか?

この点を自分の過去の夫婦生活や今の関係を含めた体験からご紹介していきます。

容姿で結婚して後悔しない人

容姿で結婚して後悔する人

容姿と結婚後の後悔の関係性

付き合いだした時と毎日を一緒に夫婦で暮らす時は違う。

恋愛と結婚は正直全く違う。

これを私は初婚で学んだ気がする。

彼女や彼氏が欲しいと思っている時と実際に婚活を前提とした恋愛は全く別だと思う。


スポンサーリンク






容姿で結婚して後悔しない人

容姿で結婚決意と後悔

男と女では容姿における価値観が大きく異なる。

結論はこうだ。

男は容姿で妥協をするべきではない。

女は容姿で妥協しても後悔しない。

私の今の妻の反応を見てその答えが出た気がする。

容姿で結婚して後悔しないのは男

何故そう言い切れるのか?

この答えは、男は結局何を見て女を選んでいるのか?という事を考えると想像がつく。

例えば、身長。

自分と目を合わせる時に視線の高さとして理想があるはず。

さらに、細かい部分なら以下のような点も注目しているはず。

  • 顔立ち
  • 胸のサイズ
  • ウエストのくびれ
  • ヒップライン
  • 脚の太さ

そう単純に男は女に美を求めている。

そういう目で女性を見てしまっている。

別に下心だけではない。

こういう女性のためになら、自分が毎日つらい事があっても家族のため、子供のためと思った時やる気になる。

旦那となった時にもそう感じたいからだと私は思っている。

事実、私も今の奥さんがいるから仕事がつらい時にも耐えられたと思っている。

結婚相談所でもサイトでもアプリでもパーティーでも街コンでも合コンでも同じ。

一目惚れ。

この対象になるのは、たいていが男性が付き合ってみたいと思う女性を選ぶ時の気持ち。

だからこそ、男は容姿で結婚を決意して成功すると私はよく周りにも言っている。

 

容姿で結婚して後悔する人

容姿で結婚後悔した

男でも容姿で選んだ彼女と結婚した後に離婚する。

なぜ?

問題が多い女性の扱い方

でもいくら容姿が理想的でも以下のような原因で離婚をするケースもある。

  • わがまま。
  • 自分勝手。
  • 金銭感覚がおかしい。
  • 育児を放棄する。
  • 他の男と不倫する。

このようなケースで離婚をする場合もある。

なぜこういう事態になってしまうのか?

これは、結婚している時に、容姿にのみこだわりすぎた事が原因だと思う。

そこで大事なのが価値観の確認。

  • 子どもについての教育のあり方。
  • 将来性についての金銭感覚(貯金や貯蓄の計画性)
  • ファッションやコスメなどの好み(選ぶブランド等)
  • 誕生日、記念日などのプレゼントの話(選ぶ対象)

このような内容を付き合っている時間に客観的に観察しているかどうか?

この時の自分がその彼女と付き合っていると自慢するだけの気持ちでは現実が見えてこない。

でも本当にこの先も一緒にずっといようと思って見ていれば違う。

ある程度の段階でもうあまり高い買い物ばかりをしないように伝えることもできる時期もあったはず。

男遊びが多く、イケメン好き。

こういう兆候もすぐに周りが教えてくれていたかもしれない。

こういう時にあなたはどう対処をしていたのか?

あくまで見た目にこだわり過ぎていた。

この考え方を捨てきれない外見重視タイプは、結婚後に後悔をする事もあるから要注意。

女性は生理的に無理が寛大

例えば、以下のような表現がある。

  • ちび、デブ、ハゲは論外。
  • フリーターなん手絶対無理。
  • ある程度貯金がないと彼氏としてなんて想像できない。

いろいろな価値観がある中で、見た目にイケメン以外は無理!

こう言ってた女子に限って、全く違う外見の人と結婚している事がある。

その人を選んだ理由を女性に聞くと以下のような答えが返ってくる。

  • 面白い。
  • 一緒にいて楽しい。
  • 大事にしてくれる。

つまりは、一つも外見に対する特徴が出てこない。

自分に対して正直にまっすぐに向き合ってくれているのか?

これが結婚に対して大切だと判断している人が多い。

この傾向は、20代より30代。

30代よりも40代と徐々に年齢を上にしていくことで高まっていく。

別に年齢的に限界だったという事ではありません。

社会人生活の中でいつも疲れている。

その疲れた心と体をどうやって癒してくれたのか?

この答えが結果として、笑わせてもらう事や楽しめる時間を重視する意見に変わった。

価値観の変化と言えるのです。

年収は共働きをすれば何とかなる。

見た目の特徴は、所詮年をとればみんな変わっていく。

だったらどちらを優先するべきか?

こう考えた時に本当に結婚する上で必要なのは、心を癒してくれる存在という答えになっている。

こういう答えを出した人なら、別に容姿で結婚していない場合でも後悔をしないのです。

 

容姿と結婚後の後悔の関係性

容姿と結婚の後悔

既婚者となって子どもができても今の妻と結婚して本当に良かったと思える今がある。

過去の妻も容姿で妥協をしたわけではない。

でも本当の意味で理想とは違うタイプの女性だった。

男と女では結婚の意味も価値も違うと思っている。

子どもは結婚と別と思うのが男。

子どもが欲しいから結婚をするのが女。

最初から全く違う価値観で結婚を意識している。

この両者がお互いに一緒に住んで支え合うわけですから、当然何か不満がある状況では将来で後悔することもある。

でも容姿って今の魅力が永遠に続くなんて保証があるわけがない。

もちろん歳を取れば衰える部分もあるはず。

それなのに、男はそんなに魅力を感じる必要があるのか?

これにはいろいろな意味があると私も教えられた。

自分の理想の美を守る

考え方として、男は女を守ることに生きがいを感じる。

人生で辛い時にもとにかく家族を守りたいと思える状態は理想的な家庭と言える。

会社がこれからどうなってしまうのかわからない状態。

そんな不安を多くの人は持っている。

でも今の家族がいるなら、なんでもやってやろうと思えるか?

この対象は、美の問題も含まれる。

今の妻が年齢に伴う肌の悩みや不安を抱えた状態を放置できるか?

この時、自分の理想通りの彼女だった頃を思い出す。

すると、多少高い化粧品や若返りのコスメみたいな中身がよくわからない商品でも彼女のためならと探す。

これが現実だった。

ずっときれいでいてほしい。

家事と育児で大変なのもわかる。

だったら、救いを求める声が出た時にはすぐに助けてあげたい。

ずっと一緒にいたいから結婚後もパートナーを大切にしたくなる。

かなり極端な言い方かもしれません。

でもそれくらい妻に対して協力を惜しまない気持ちが芽生える。

これは私の経験からも実感したこと。

家事もダメ

育児もダメ

掃除もダメ

美容関連にも全くこだわりなし

もしこんな妻でも理想の容姿なら、私は必死になるかもしれない。

私の場合はこの点はよくやってくれていると思っているのですが。

この位の苦労だけで乗り越えられるなら。

この先一緒にいて、やっぱり以下のような悩みが出てくるはず。

老けていく

太ってきた。

そんな時にもきちんとその時代に合わせた商品を使って悩んでいる事を解決してあげたい。

こう思える状態は、男としても満足できる。

恋はいくら歳が離れていても誰でもできるかもしれない。

でも愛は?

自己犠牲となる気持ちが強くなければ受け入れるのは難しい。

私は今まで妻と過ごし、いろいろな要望や願望を当たり前のようにかなえてきた。

我慢をさせることに自分のプライドが許さない。

全てを叶えるからこそ、自分の価値を感じてもらいたい。

こういう気持ちで今の結婚生活を送っている。

だから、少しずつ器も大きくなっていくのかもしれない。

何ごとにもまずは妻を中心とする。

そして、これまでと大きく違う悩みが出てきたら当たり前のように助けてあげる。

この感覚になるのは、やはり容姿で選んだことがきっかけになっていると思います。

スポンサーリンク