スポンサーリンク



結婚して転職するタイミングはいつがいいのだろうか?

結婚と同時に寿退社をする女性も多い。

しかし、近年の再就職の難しくなった状況を考えると?

現在の仕事の待遇(産休,育休休暇)や正社員,ボーナスなどの面からできるだけ辞めたくない。

出来る限りい今の仕事を続けて社員であり続けることを願う人もいる。

正社員、派遣社員などの待遇の違い。

労働時間や月収や年収,家計の負担。

子供が早く欲しいなどの女性の妊娠、出産、子育ての人生設計。

仕事と家庭どっちを選ぶ?

この言葉が今は男性だけでなく、女性の方がむしろ働き方が難しい時代とも言える。

会社の職場で築くキャリアはその後の人生で転職に有利になるのか?

本当に結婚して同じように会社に勤める事が自分にできるのか?

そもそもそこまで働く必要があるのか?

子育てをしている時間では、できる限り子供が小さいタイミングでは一緒に過ごしてあげたいと考える人は多い。

自分の人生で限られた中でできる限り条件の良い方法を考えるポイントを今回の記事ではご紹介していきます。

これまでにも結婚に関する女性に多い悩みを以下のような内容でもご紹介してきました。

結婚指輪をつけるタイミングと人間関係

スポンサーリンク


結婚指輪つけるタイミング|職場と私用の違い体験記

40代同士の結婚と子供

40代同士の結婚は子供の希望が超重要なわけ!

結婚挨拶順番注意点

 

結婚の挨拶順番って男と女はどっちが先?体験記

仕事辞めたい転職できない

仕事辞めたいけど転職できない時の悩み解消法妻帯者体験記

結婚相手についての悩みについてもご紹介してきました。

40代30代アラフォー独身男性実家暮らし

独身男性実家暮らし40代30代アラフォーは何歳が限界?独身女性の婚活恋活に多い悩み

自分の人生を考える。

パートナーとの結婚生活を考える。

入社してから今どのくらいの期間が経過したのかを考える。

次の転職活動で成功するのかも未知数。

今後の妊娠、出産、子育ての期間はどの程度を予定するのかという問題は体調や子供の状況次第。

非常に難しい局面になった時、まずは考えておくべきポイントを整理する事が重要です。

私のサイトは、自分の人生を自分らしく生きるための考え方をご紹介するために運営しています。

多くの人が時代のせいにしたり、今の自分の状況を悲観的に考える人も多い時代。

でもむしろ逆に今が最大のチャンスだと思っている人も多い。

この違いは何か?

仕事、貯金、恋愛、結婚、子育て、老後。

私自身も生きている間にいろいろな事を考える。

でもとにかく自分の人生で今の生活は必ず必要な経験である。

家庭があってもなくても子どもがいてもいなくても今の経験は必ず将来に役に立つと確信してできるだけ人生を楽しむようにしています。


スポンサーリンク






結婚と女の転職タイミング1.生活エリア

結婚後女性転職のタイミングと出産

まず最初に客観的にデータを集める必要がある。

情報はネットを使えば今はいろいろな事が出てくる。

転職活動に成功するかどうかもエージェントなどを利用して少しでも面接で有利になる方法を見つけ出すという人も多い。

しかし、そもそもキャリアアップ以外の転職を希望する時に重要なのは、なにか?

それは、今の会社を辞めても次に勤務する希望候補の会社があるのか?

仕事と育児の両立。

この言葉を希望してもその状況を積極的に受け入れてくれる会社がなければいくら産休、育休の制度があっても意味がない。

まずは子供を持つ事に不安を抱えないために自分の住まいのエリアの情報を集めることが重要になる。

女性が人生を考えやすい転職タイミング

結局は、私の奥さんもそうですが、出産前が一番転職を考えるタイミングに適していると思います。

その理由はいたってシンプル。

  • 産休育休休暇を使えるタイミング。
  • 再雇用の声がかかるかをリアルに体験できる。
  • 無理に次の仕事を探す理由がない。

この3つの条件を確認した上で、本当に転職を必要としているのかを判断する。

これが最も簡単な見極め方だと私は感じます。

スポンサーリンク




 

結婚後転職女のタイミング2.出産後の人生設計

結婚後女性転職のタイミングと考え方

もし仮に、結婚後すぐに妊娠、出産を予定しているという人がいるなら、私は今の会社を辞めるべきではないと伝えたい。

なぜなのか?

転職後のストレスを比較する重要性

私自身も実際に子育てをしている一家の主。

当然、子供を持つ親として育児ストレスや将来の不安など子育て世代が抱える悩みを持つ。

でも、この悩みは、母親の方が多大なストレスを抱えていると実感する。

特に共働きを希望する女性に知っておいてほしいのは、やはり職種、業界を問わず、自分が慣れた環境を大切にしてほしいということ。

単純に独身の時に感じたストレスと子育てをしながら感じるストレスの対象は大きく異なる。

例えば、以下のような内容がその1つ。

勤務している会社の中での人間関係。

⇒守ってくれる人がいるという安心や子供がいる事が心の支えになる。

独身と既婚者という立場の違い

⇒変に飲み会などに気を遣って断る必要がなくなる現実。

このような違いは、あくまで子供の有無を問わず、確実に独身の時の働く環境と違ってくる。

価値観が変わることは、働きやすさにも大きく影響を与える。

よって、まずは働く場所があるなら、今の会社を大切にしておくほうが無難だと私は感じる。

夫の転勤や転職希望の有無

夫婦となって仕事をするのは、あくまで女性だけではない。

男性でも子供が生まれてから、もう少し収入を稼げる仕事をしたいとか働く環境を変えたいと仕事探しをする人も多い。

収入

勤務時間

有給の取得

年末年始やGW,夏休みなどの長期休暇取得

退職金の有無

このような条件を見直して、できる限り家族を優先できるような理想の仕事を求めたくなる人もいる。

このような考え方を全く確認しないままの状況で女性が転職や仕事探しをすると収入の予定が大きく変わってしまう。

夫婦それぞれができるだけ長く勤めやすくする。

この状況を考える上では、まず夫の意見の確認も重要になる。

スポンサーリンク



 

結婚後転職女のタイミング3.ストレス

結婚後女性転職のタイミング体験記

自分自身がもう今の会社の人材としてキャリアアップも望めない。

転職に優位になるような要素もこれといって存在しない。

働く状況も今後さらに悪化していくことを薄々感じている。

こんな状況の中に立たされているならどうだろうか?

結婚後の明確な人生プランを立てる

あくまで子供は後。

仕事が先。

こんな感じの生き方を望む女性も今は増えてきた。

極端に言えば、婚活で相手を探す市場の中には、女性が正社員で男がフリーターなんて不安も今は婚活関連の悩みで多い時代。

こんな状況で、相手には資格もないし、残業代で稼ぐくらいしか収入の安定はない。

年収としても稼ぐ力をしっかり持っているとは言えない。

このような状況になると、当然既婚でも家事だけに専念する専業主婦として生きていく計画は難しくなる。

むしろ、年齢が少しでも若い時にしっかり働くことを考えておく必要がある。

この場合は、実際に家族を持つということのタイミングをしっかり年齢とお金で計算をするのがコツになる。

  • 正社員の間に年間100万円の貯金を達成する。
  • パートになったら、給料が下がっても年間20万円の貯金は死守。
  • 夫が仕事を辞めた場合の失業給付などを考えてもしっかり貯金を先に準備する。

この3つをきちんと今後の将来のために辞める前にどんな選択も可能な状況を作ることが重要。

仕事、お金、時間、人間関係。

この4つのバランスが年齢とともに大きな影響を与える。

出産後に苦労をしないためには、自分が今できることではない、やるべきことは何か?と思って行動をする事が大切になる。

 

結婚と転職のタイミング|女に多い不安

結婚後女性転職のタイミング

結婚後に就職をするという時に、一般的に多くの人が子育てをしていて悩む事がある。

それは、自分の子供が育つ上での環境的な内容。

進級、進学という進路の悩み。

周辺の治安の悪さの問題。

交通の便や事故の多いエリアでの暮らし。

習い事や塾などの教育サービスの問題。

いろいろな事を学ばせてあげたいと思っても実際に自分の住む場所にはサービスがない。

こうなると、ある意味引っ越しを伴ってもきちんと教育を受けられるあ環境を用意してあげたいと思う人も増えている。

やはり子供ができた後の価値観は子供がいない夫婦の時とは問題にする内容が変わってくる。

せっかく才能があるかもと思っても、その段階で選べる対象がなければいざ行動を起こしたくても何もできなくなる。

出来る限り育住という子育ての環境として望ましいエリアでの暮らしを求める人は増えている。

この人生プランを考えたらどうするべきか?

子どもの教育が充実したエリアを求める考え方

今の夫に協力してもらえるかが事前に確認が必要なこと。

しかし、実際転居をすれば、たくさんの大手の学習環境や習い事が受けられる状況があるなら、早い段階からやり始めたい。

こう考えた時、もっとも簡単な考え方は、できるだけその周辺で待遇の良い派遣社員など長い期間の雇用が見込める会社があるかの確認。

現在の雇用形態が非常に良いとしても、子育ての面では充実しているとは言えない。

プライベートな時間があってもイベント等を経験する機会もない。

こうした事情を考慮すると、早めに転居を決断した方がいろいろ準備が整うとも言える。

あくまで自分の人生というよりも子育ての際の進路への影響。

この点について、早めの行動に出ることがより多くのアドバイザーとの意見交換を求める事も可能なうえ、計画が立てやすい。

どう産後を過ごすのか?

この答えを子どもの教育向けに考え方を変える。

このタイミングを子どもが幼稚園や保育園という時期になった頃から徐々に考え方が変わってくると思います。

実際に私たちもこの点は非常に考え方が変わってきた。

できるだけ身の振り方が自由な間に子供の教育環境にも配慮した仕事探しが重要な時代だと思います。

ブランクや未経験を含めた考え方の違い

正直子供にとって望ましい支援や教育を選べる環境があると分かってしまった後には価値観や迷っていた内容が変わる。

子どもに合わせた親の生き方を考えるようになっていくと思います。

せっかくその後の人生に可能性がある段階なのに、その状況を親の勤務先に近いかどうかでいざ行動をしようと思っても制限させた。

こんな状況から勝手に無理と言ってしまった決断は将来きっと自分の中で後悔する。

だったらある意味、子供の事を優先して答えを出して上げる方が正直雇用の事を考えるよりも重要になってくる局面がある。

 

家庭と仕事ではない新しい目線

 

家族を守るためには経済力が必要。

家庭を守るためにはそれぞれの人に必要な環境を選べることが必要。

得に結婚後の仕事は、タイミングが難しいのが最初の時間。

その後は、子供に必要な教育を条件とする。

この時、自分の仕事的にキャリアがどうとか雇用の勤め先の条件がなんて事を考えている人は少ない。

時間が優先される女性の生き方

一昔前のように、不要の範囲内みたいな仕事の探し方をしている女性は減ってきた。

可能な限り勤められる間に貯金を殖やす。

採用してもらえる会社があるなら、条件より先にまずは時間が合うなら期間を問わず働き始める。

このようにどこか潔い考え方を持つ人の方が就活に成功している。

いろいろな部分を考えすぎている人の方が成功するのは難しい。

結果、家庭を維持するための環境は生活に必要なこととして家事を分担できれば何とかなる。

仕事と家事の両立が難しいと悩む人は勤務する以外の方法を見つけ出すことも将来は検討しなければいけないかもしれない。

仕事プライベート両立成功体験記

40代が仕事と主婦を両立する簡単な方法

お金のことだけを考えた働き方はもう勤務という言葉に依存する必要がない時代になっている。

fxや投資を行う事で生活を送る事が可能になっている人も実際に主婦で増えている現実もある。

将来は何を必要としている?

この答えをきちんと内容を1つ1つ数年単位で計画をしている人の方がその場に適した判断ができると思っています。

これからの人生で自分が今まで築いたキャリアを大切にするのか?

それとも子供を持つ暮らしを先に意識して仕事を探すべきか?

こうした内容をまずは気にしながら、就活をしてみてはいかがでしょうか?

今回の記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク