スポンサーリンク



  • 結婚は人生の墓場だ。
  • 結婚は諦めと妥協の連続だ。
  • 結婚する相手の条件はきちんとポイントを決める必要がある。

今の生活より結婚をしたら?

絶対にもっと厳しい状態になる。

男性の多くはこの未来を見据えている。

だからこそ、結婚相手を探す気にはなれない。

反対に女性は?

彼を見つける。

恋愛をして、デートや誕生日、イベント、旅行などを楽しむ。

その後の告白等のアプローチの末、結婚をする。

最後には、子供が生まれ、幸せな結婚生活を送る。

こんな理想を描く人もいる。

しかし、現実はそううまくいかない事も多い。

実際に友達を見てどう思う?

結婚した友達が自分の生活を幸せだと思っている人は多いのか少ないのか?

この答えに、日本全国どこのエリアでも、大変そうという声が聞こえてくる。

仕事がないと悩む。

収入が増えないと貯金もできないという人。

本当に将来子供を育てていけるのか?

自分たちの老後の年齢には本当に安心の未来があるのか?

年齢を問わず、今は不安が先になる。

これがこれから結婚を考えている独身の男女の本音ではないでしょうか?

でも自分が将来ずっと孤独に生きることを望む人も少ない。

どうせなら、自分が本当に大切だと思う人と一緒に過ごしたい。

海外と日本では収入の流れも年齢に応じた将来設計も大きく異なる。

だからこそ、今の時代にはどうやって妥協をするべきかを考える人が増えている。

これまでにも結婚について、近年の婚活市場に多い悩みをご紹介してきました。

バツイチ男性から告白

スポンサーリンク


バツイチ男性から告白!結婚成功体験記|女性が後悔しないためのポイント

結婚と容姿の妥協しない男性体験記

結婚に容姿は妥協?妻が言った現実感のある言葉

結婚と容姿の釣り合い

結婚前容姿の釣り合いで悩みは不要?再婚経験者の実体験

容姿と結婚は関係ない

結婚に容姿は関係ない時代?婚活成功思考における男女の差

結婚きっかけ性格と容姿

結婚は容姿より性格?もっと違う事が大事?離婚と再婚から学んだ事

今回の記事では、結婚の妥協をする注意点とポイントを以下の項目でご紹介しています。

結婚の妥協は顔?年収?

結婚の妥協ポイント成功法

結婚の妥協ポイント注意点

年齢に伴い、仕事も年収も収入も増えてくれれば何の心配もないのに!

少し前の時代に生きていた人は消費税すら払っていない時期がある。

多少金利が高い住宅ローンを返済していたとしても退職金などがあれば十分やっていけたかもしれない。

でもこれからの時代は違う。

だったらどうすればいいのか?


スポンサーリンク






結婚の妥協は顔?年収?

結婚の妥協と顔や収入

婚活をする前にはいろいろな理想がある。

  • 年収は500万円以上。
  • 勤め先は一流企業または公務員等安定しているのは最低限。
  • 子どもができたら一緒に子育てに参加してくれる人。
  • お互いに助け合うことを面倒と思わないで協力してくれる人。

いろいろ考えてくれて、さらに行動も積極的にしてくれたら理想だ。

確かに顔やルックス以外にもたくさんあります。

でもそれぞれの条件が全てクリアされた人はやっぱりほとんどいない。

これが現実。

だったら、どんな情報が優先されるべきなのか?

結婚の妥協と顔の関係

自分の子どものことを考えると、顔に悩みを抱えてほしくない。

顔がキレイとかかっこいい人は、それだけで得をする。

他の点が多少ずぼらだったり、浮気をするような人でもやっぱり顔は譲れない。

確かにこの考え方は間違いではないと思います。

ルックスに自信がない人やコンプレックスを抱える人は多い。

男も女もかっこいい,可愛いなどと思われる人はその存在だけで一緒にいたいと思う人も寄ってくる。

でもそれってその人とのつながりで何を求める?

将来一緒になって子どもが欲しいためだけ?

この問題で考える時、こんな疑問が出てくる。

「出会いの先に相手があなたと夫婦になりたいと思ってもらえるの?」

相手の趣味や好み。

これはいくら相手を決めたいと一方的に思ってもどうすることもできない部分。

相手はもしかしたら、○○専タイプを好きなのかもしれない。

人を好きになることはあっても夫になることは考えていないかもしれない。

結果的には?

人気度高いから、いくら行動をしても実際には相手が見つからない。

こんな意見が出てくる。

結婚を顔で妥協した人の体験記

実際に私の周りにも自分の好みの顔を選んでいないという女性は多い。

その他の内容として、何を優先して選んだのか?

この答えとして多いのが、性格で人を選ぶという答え。

旦那がイケメン。

こう言われるのは気持ちの良い事だと思う。

付き合い始めた頃から、結婚した後にも同じことを言われるはず。

でも周囲の反応が良いのはあくまで旦那であって自分ではない。

自分はどうなる?

この答えが妥協のポイントになった。

旦那さんという存在を選ぶ方法として容姿で選ぶことに疑問を持った。

自分が美人ならこの言葉も美男美女カップルなんて言われる。

でももし違ったら?

もっと別の似合う相手がいたのでは?

何の魅力があるのか?

こんな声が聞こえてくる未来への不安。

自分が押しつぶされそうになる恐怖。

見た目の魅力は重要。

でも彼氏を顔で選ぶと言っておいて、自分は中身も外見もそこそこ。

こんな自分が毎日一緒にいたら、周りはどう思う?

いくら大好きでも周りの目を意識するのはつらい。

だから、現実と理想は違うと判断した。

こんな意見もありました。

結婚の妥協と年収の関係

今の仕事や役職などを見て安心する。

確かに好きになる時にはそうかもしれない。

でもその相手が精神的にストレスを抱えている状況だったとしたら?

表面的なデータはあくまでも「今なら」という限定の条件。

将来もずっとお金を稼ぐことが可能なのかと言えばとても難しい。

会社を辞めたいと将来も言わない保証なんてどこにもない。

  • 上司が変わった。
  • 体制が変わった。
  • 価値観が変わった。
  • やりたいことが変わった。

人は生きていく中で、自分が本当にやりたかったことが変わってくる。

でも今上手くいっている時には決してそんなことは言わない。

だとすると、その年収の価値、本当に将来の安心材料になりますか?

公務員でも退職をして、会社員になりたいと行動を起こす時代。

本当に大切なのは今だけではない。

これが注意するべきポイントになってくると思います。

 

結婚の妥協ポイント成功法

結婚の妥協と再婚

私は一度離婚をしています。

子どもは前妻との間にはいません。

バツイチ子なしという状況でした。

その後、結婚歴のない初婚女性と再婚をしました。

今は本当に幸せだと思っています。

今回の再婚を決める上で何か妥協したポイントがあったのか?

夫婦でチェックしていたポイントをご紹介していきます。

結婚の妥協ポイント1.時間

仕事人間。

実際に休みが少ないどころか会社が休みの日も仕事の関係で家にいない。

こんなタイプの男性もいますよね!

  • 家族そろっての旅行なんて計画すらしたことがない。
  • 子どもの参観日などは絶対にいない。
  • 家族でお出かけした時の写真がほとんどない。

ある意味、なんのために結婚したのかと思われてしまうかもしれない。

こんな状態になっても、結婚をして良かったと思えますか?

これが結婚観として、私が独身の時に今の奥さんに話した内容。

この返事は奥さんは即答でした。

「仕事第一なのはわかった。」

たったこれだけ。

その話の中で一番伝えたかった事が伝わっていたと今の生活を見ても感じる。

一度でも既婚者として生活をしているならやはり仕事が一番でなければいけないことを男は考えてしまう。

でもその結果に対して、妻が何を口にするのか?

「仕事と家庭」

この比較は難しい。

わかってあげたくても今の結婚生活で楽しくやって将来に苦労するのは辛い。

この価値観が男女の差になってしまう事が多い。

だからこそ、時間を何に使うべきか?

この答えが非常に大切だと私は考えている。

結婚の妥協ポイント2.お金

今の収入で何ができる?

この先どんな未来を実現することは可能?

結婚生活で大切なのは、未来の設計。

今やっていることが何のためなのか?

この答えが見えていないまま今を過ごしていると現実が辛くなる。

しかし、今が大変でもその先にやった分だけの楽しみが待っているなら?

これが人生の中でより多くの楽しみを見つけ出すための考え方だと私は思っている。

今苦労をしない人が将来も楽はできない。

将来のためには今を犠牲にすることも多いかもしれない。

お金の使い方に関する価値観。

これが私にとっては大切だった。

一生を一緒に過ごす。

当然この時間の中にはいろいろな必要な物がある。

  • 車を買い替えたい。
  • 家具や家電が必要。
  • キッチンをもっと便利にしたい。
  • 家にいる時間を楽しく過ごしたい。
  • ファッションを楽しみたい。
  • 人気のコスメが欲しい。
  • 子どもを大学に行かせるべきか?

ライフスタイルは変わっていく。

親として考えることは、たくさんある。

子どもの悩みを解消するための投資。

こういう時、本気でその内容をきちんと考えてあげられるか?

少ない家計でもどうやったらうまく乗り切れるか?

こういうことを共通の価値観で生きているとストレスが少ない。

全てを1つ1つ相手の口から言わせるのは難しい。

だからこそ、最初の妥協ポイントとして、相手の人生設計とお金の価値観を確認することも大切。

結婚の妥協ポイント3.決断

働きながら家事も育児もこなす女性。

ほとんど外で働き、家の中では手を動かす事が少ない男性。

こんな関係の中に、新しい子供が生まれてくる。

付き合っている時に、既にもう相手の考え方を知っておく。

そして、一方の決断に対しては、信じる。

これが暗黙の了解となるか?

よくあるのが、一度相手が決めた決断で失敗したことを責める行動。

なぜ?

どうして?

口が開くたびに相手のことを非難する言動が聞こえてくる。

これでは、もう何もその人のためにしてあげたいとは思えない。

これは会社の組織でも同じことが言える。

ワンマン経営者が社員の行った結果に褒めない。

なのに、責めることだけは必ず口を開く。

こんな人が社員をまとめていると勘違いしている。

その結果は?

周りはみんな悩み苦しんでいく。

そして、最後にはついていけないと離れていく。

せめて、相手が専門でやっていることは任せる。

これが安定した家庭を築くためには必要な事だと私は伝えたい。

 

結婚の妥協ポイント注意点

結婚の妥協注意点

近年は友達の結婚生活や結婚相手についての話を聞く人が増えている。

lineなどのSNSの中で今の相手についての恋愛相談をする。

結婚相手についての不満を口にする。

このようなシーンが増えている。

でもこの意見の中で恋愛や結婚についての考え方はどう変化している?

他人の情報を鵜呑みにするのは危険

まだ結婚をしていない人が聞く結婚生活の愚痴。

既婚者同士が話をするママ友の愚痴トーク。

これって大きく価値観が違う。

なぜか?

独身の場合、子供もいないし、結婚の具体的な苦労を味わっていない環境で聞く話。

既婚者は?

今の生活の中で、感じている内容を子どもの幸せを考える上での近所の意見と思って聞いている。

これって、左右される内容も価値観も大きく異なりますよね?

あくまで、他人の意識を聞きたい既婚女性。

将来の結婚に対しての自分の心構えを用意したい独身女性。

自分の気持ち的に影響を受けやすいのは?

当然友達から結婚話を聞いている独身女性。

でもそれはあくまで友達がその境遇に立たされた時の価値観からの認識。

愚痴をこぼす理由も内容もあなたが経験した時とは違う可能性がある。

これは本当に難しい問題。

いくら本音で話せるような関係でも、要注意。

その話題に出てきた内容は結婚生活の悩みとして参考にするべきなのか?

心のどこかで客観的に考える必要があるのではないでしょうか?

妥協して失敗した。

この言葉をどうとらえる?

あなたの価値観を簡単に変えてしまうことの方が怖い気がします。

まずは自分の求めるポイントをきちんとまとめる事が最も大切。

他人の悩みはそれぞれの家庭環境や条件があって出てきた。

悩みの裏にはその対象を口にしたい理由がある。

この理由や背景を知らないまま表面的な言葉だけで考えてはいけない。

あなたはこの先どんな人と関係を築きたいのか?

この答えは、彼女として思う事なのか?

それとも、既婚者として?

もしくは、離婚経験者として?

それぞれの立場も考え方も気になるポイントも違う。

こう思ってネットの情報や相談を受けていないと流されてしまう可能性があります。

十分注意してください。

自分の本当に求める理想は、あなた自身が作るしかないのです。

この言葉を最後に記事を終わりたいと思います。

若い時と今のモテる点の違い

10代20代の頃は若いだけでモテる。

パートナーもある程度の自分の好きなファッションやメイクで手入れをしていたら寄ってきた。

prなんてしなくても連絡先を教えてほしいと言われた。

なのに今は?

美容に手入れをしたいのに時間もお金も大変。

このまま結婚後の状態を迎えたら?

自分が出産したら体型の維持も無理かもしれない。

こんな体験談は珍しい話ではない。

スタイルに自信がない人も実家暮らしの人も若さは最大の武器になる。

でも経済面はおんぶにだっこ。

実家がなければ貯金なんて無理。

そうして、31歳という年齢を迎えた時、結婚に対して考え方が大きく変わってくる。

  • 恋と愛は何が違う?
  • カップルになった後は相性が気になる。
  • 年下、年上などのいまの相手をチェックするポイントも変わる。
  • 結婚後の自分の住みたい場所や親の世話や介護も気になる。

自分で働いて給料も少しずつ高くなってきた時はなおさら迷いも増える。

結婚した際に、家庭も仕事もどっちも大事かな。

若い時に比べて、寿退社が幸せと思っていたことにも疑問を持つようになる。

出会った後のことよりも出会う前の条件が今までと違う。

こう感じる人が増えた。

2人だけの仲が良いだけでは難しい時代。

もちろん相手の親ともうまくやっていく必要がある。

でも自分の親の面倒も見ておきたい。

友人とあまり距離を置きたくない。

昔は結婚イコール次の人生の幸せのスタートラインだったはず。

でも今は、それでいいのかな?という声が増えた。

だったら、何を切り捨てるべきかのか?

この答えを環境という面からも考えておく必要がある。

スポンサーリンク