スポンサーリンク



結婚の親への挨拶準備をする時、多くのカップルが話し合う内容。

その1つに今回のどっちが先?というネタがある。

そして、その答えとして以下のような考え方もある。

  • 近い方が先。
  • 相手の都合が合う方が先。
  • 特に順番なんて気にしなくても良いのでは?
  • やっぱり親への挨拶なら女性が先でしょ!
  • 相手の立場を考えた方が良いのでは?

嫁ぎ先という表現はもう古いのかもしれない。

最近では、婿になる人も増えている。

プロポーズを済ませて、結婚式の前に彼女の親に正式に婚約の報告をする。

こんな内容を実家に報告できる時には楽しみもある。

でも実家の親が相手となると、彼女の前では何も動じない人も行く事に戸惑うという話しも多い。

どちらも自分の両親が結納や婚約ということに対して、何か余計なことを言わないか心配する事もある。

その理由には、付き合う前や付き合っている時の話が何かの引き金になっているケースも多い。

40代30代アラフォー独身男性実家暮らし

スポンサーリンク


独身男性実家暮らし40代30代アラフォーは何歳が限界?独身女性の婚活恋活に多い悩み

高卒フリーター一人暮らし

高卒フリーター一人暮らしの厳しい現実と経験すべき理由

彼と彼女だけの問題だけではない結婚という流れ。

どちらかの親の実家に行くこと1つとっても今後の付き合いに影響を与える可能性もある。

きちんとお互いに問題がないように準備を行っておく事が需要になる。

マナー?

常識?

このような表現は、どこか地方によってのふうしゅうなんて事も含めて考えるのもポイント。

私が実際に経験した時の体験を含めて、以下の項目でご紹介しています。

結婚挨拶の順番の決め方

結婚挨拶の順番の注意点

結婚挨拶の順番の失敗例

自分の立場や仕事に行く予定などいろいろな事が関係する。

お互いの服装を含めて、きちんと顔合わせで結婚報告から入籍までをまとめ上げられる演出を含めてご紹介していきます。


スポンサーリンク






結婚挨拶の順番の決め方

結婚挨拶順番

夫婦になる前に行う最初の一歩は正しくはこの挨拶にあると私は考えている。

相手の親の意向。

このキーワードが非常に重要になる。

まずは自分の両親の意見を確認

私が最初に行ったのは、自分の親にとってのマナーはどう考えるのか?

この答えが双方異なる場合も必ず相手の親の意向をそのまま伝える。

あくまで、子供たちが決める問題ではない。

親同士の納得を先に考える。

これが成功をさせるための考え方だと思う。

スタイルも会場も服装も全て

正直、当日の流れは全てが1つになっていなければいけない。

会場のスタイルを決めることは、相手の職の好みや日常の服装にも関係する。

一般的?

この言葉はあくまで、両親の育った環境や自分たちの今の状況によっても異なる。

もちろん、お金の関係にも影響がある。

結婚式という内容に発展すると、以下のような内容が最初に浮上しやすい。

二次会は行う?

ドレス?和装?

海外?国内?

よって、すべてを両親の心の内を確認して相談をする事が本来もめ事を作らない対策になる。

子供たちは参加者

注意しなければいけないのは、あくまで新郎新婦という立場が主役になる場ではないという事。

今後の付き合いを始めるにふさわしい。

このようにそれぞれの親が乗り気になることが重要。

その先には、結婚式場や招待などを気にしている。

そして、それぞれの家で思惑が異なる事も多い。

どちらかに妥協してもらうということを飛鳥とした時にもきちんと良心的に相手の親に対して何か嫌な印象を抱かせない。

この配慮を会社の上司のご機嫌をうかがうように対応しておく。

こうすることで、伝える情報にもきちんと相手と自分の都合を含めて伝えやすくなる。

 

結婚挨拶の順番の注意点

結婚挨拶順番注意点

特に子ども側の立場が気にしてもらう必要があるなら何か?

この答えを私の体験からご紹介していきます。

結婚の挨拶から全てが始まる

正直最初が肝心という言葉の中で結婚の時には、親の挨拶がすべての始まりと言っても過言ではない。

親同士が了承した。

この時の内容に対して、不満を抱いた点はどうなる?

しっかりその後も終わっていない問題として心に残っている。

例えば、以下のような内容が出てくる。

結婚式当日が雨となったという話しがある。

この時、野外でのガーデニングパーティーを中心としたウェディングを希望する一方の意見。

しかし、室内を選んだ方が関係者の参加にも負担がないとした片方の意見。

食事も場所も全く異なる。

このような内容が両家の意見で違いがあった時には?

どちらか一方の意向がしっかり採用されてしまうと?

それだけでも終わった後にやっぱり!みたいな話が出てくる。

このタイミングで出てくるのが、挨拶の時にも我慢をしたみたいな話を永遠と持ち出す事がある。

承諾をした。

この言葉の意味が、どちらか一方の意見で決める選び方に納得をさせることが出来ない時には、要注意。

必ず決める時には、その内容を選びたいと何か物を申す可能性がある実の子どもが強く希望している。

こう伝える事で、大切なわが子の希望で決めたなら仕方がないと忘れようと思ってくれるきっかけになる。

あくまで彼氏と彼女とか嫁とか婿なんて言葉はおいておく。

それよりそれぞれの両親になっとくしてもらいやすい事情を用意する事が大切。

スポンサーリンク



結婚挨拶の順番の失敗例

結婚挨拶順番失敗パターン

どんなに時が経っても、親は子供が関係した事は忘れにくい。

これは実際に今の自分が親になって子供を育てている間を考えても確かにそう思える。

新婚旅行を済ませるまでの予定ですら、仕事で難しいと言われたなんて悩みもずっと忘れてもらえない。

きちんと覚えている。

こんな流れがあるからこそ、彼氏と彼女がお互いの事を親に相談するような内容も作らない事が重要。

概要の説明すら何度も伝えない

一度決められた内容は、もう修正や変更は認めない。

このくらいのきちんとしたスケジュール管理を徹底しなければいけない。

日程一つとっても、共働きなどが多い今の日本の社会では家族全員がスケジュールを調整する。

その日時を選ぶ上では一致団結が必要となる。

当然、この後の海外挙式でも国内挙式でもどこに行き、どのくらいの内容をやって安心してもらうのか?

このような内容もきちんと行き先の写真付きで資料を提示することが子供たちのある意味仕事になる。

話を進める上では段階としてきちんとその都度まとめる。

そして、その決定が付くが選らないように次の内容を上に重ねるようにしなければいけない。

だからこそ、きちんと最初の段階から順番が決まる段階的な内容も明確化して都度の連絡。

このくらいの事をしていないと話が進められない状態になる。

十分注意してください。

これはこうやっておけばいい!は危険

子供たちが考える流れや希望も当然あるかもしれない。

特に、会場の雰囲気や料理などを考えたら、こういう服装が好みのはず。

こんな憶測の上で考えるのは要注意。

親同士の問題。

親子のバランスの問題。

相手の親にとっても気を遣わせないという問題。

子供も自分の親もパートナーもパートナーの両親も全てがお互いのバランスを保つ関係が必要。

どちらか一方が目立つ事もあってはいけない。

どちらか一方が足を引っ張る状況も作ってはいけない。

このように考えて、行く場所もきちんと決める。

こう考えたら、男性が上手に相手の意見を尊重し、自分の両親を説得する。

これが妻として迎える場合には理想。

婿とするなら、彼氏側の親に対して、少しでもお礼みたいな配慮をしておくのも無難。

こうしておくのは、どんな地域に関係を築く時にもポイントになる。

これが1度ではなく、2度行ってきて感じた感想です。

あなたの家の敷居の高さ等がある場合も十分双方の親の威厳を傷つけないことを最初に考えてあげてください。

スポンサーリンク