スポンサーリンク




自分はまだ結婚も離婚もしていない初婚未婚の男性。

自分が今好きになった女性は、バツイチ。

子供がいるいないも関係ないと親に言われた。

子持ちのバツイチの人とはやめておけと言われた!

彼女にとっては再婚。

自分にとっては大切にしたい相手。

でも結婚は家族とのつながりを意味する。

こんな時、周りの人は気持ちをどう整理する?

バツイチ女性との結婚と親の対応について、このページにご訪問頂きありがとうございます。

バツイチ女性との結婚については、これまでにも以下のような内容をご紹介してきました。

バツイチ女性結婚願望なしの婚活

スポンサーリンク


バツイチ女性は結婚願望ない?婚活男性に多い悩みと注意点

バツイチ女性との結婚に必要な思考

バツイチ女性との結婚で初婚男性が失敗する原因や幸せになる思考法再婚体験記

自分と彼女の幸せなんだから別に何を言ってきても気にしなくていい!

反対されても押し切って今の彼女を大切にしたい!

確かにこの気持ちを大切にして勢いで行動する事も場合によっては大切。

しかし、その行動が将来失敗とならないかをしっかり彼として一家の主であるからこそ知っておくべきこともある。

私のサイトは、40代男性女性が個性を活かし、自分らしく生きるための考え方を伝えたいと思い、運営しています。

私自身もバツイチ子なしで恋愛をする前の葛藤や悩みを抱え続けた時期があった。

そして今の相手は未婚で私と知り合い彼女になってくれた。

その後初婚の相手として私との再婚を認めてくれた。

今は子供も生まれて、双方の親も別に反対の声を最初から何も言っていなかった。

むしろお祝いムードのことを言ってくれたことは一生感謝してもしきれない経験をしてきた。

しかし私もバツイチだった時の恋愛の中で子持ちの彼女を持った事があった。

この時にはまさに親は今と真逆に反対だった。

この気持ちには私は「問題の定義そのものが間違っている」と全面で否定した。

心の中で思っているだけでは伝わらない。

こういう時ほど、本音できちんとぶつかっていくしかない。

今回の記事では、バツイチ女性との結婚を親に反対されたという事例に対して、どう対応するべきかを以下の項目でご紹介しています。

バツイチ女性との結婚親の反対の意味

バツイチ女性との結婚親の同意ケース

バツイチ女性との結婚親の対応注意点

恋は盲目。

自分の気持ちのほうを優先したくなる心が生まれやすい。

でもあなたの親は結婚した時には相手の女性にとっても家族となる。

この意味と価値を本当の意味で彼女を守るという気持ちがあるなら、冷静に考えておく必要がある。


スポンサーリンク






バツイチ女性との結婚親の反対の意味

バツイチ女性との結婚親の反対

何を言っても1度上手くいかなかった人と息子が結婚するなんて認めるわけにはいかない。

気っと何か問題があるはずだ。

そんな人と結婚をしたいと言って何も言わない親はいない。

随分といろいろな事を初婚の彼氏の親は言ってくる事があると思う。

理由はどうであれ、一生を添い遂げると言っていても挫折した。

厳しい両親なら、原因なども関係ない結果のほうだけを中心に何かを言ってくる可能性もあるのが現実。

バツイチ女性との結婚と親の価値観

いわゆる親としては、体裁のほうが大事という事も十分に考えられる時がある。

特に以下のようなケースはその典型例と言える。

  • 親族で同じ条件で失敗した野を見たことがある経験。
  • 自営業など地元では名前が知られている経営者一家。
  • 過去の恋愛の時にも何か問題がある女性を連れてきた事がある息子。

このような事例に対して、とにかく別れてくれとしか言ってこないようなケースもある。

特に母親がこういう事は理解がまったくできないという事を言ってくる事がある。

この問題は非常に重要。

バツイチ女性との結婚に母親が反対の意味

結婚生活をうまくやっていくためには、結局は嫁姑の問題を息子は見なければいけなくなる。

何か問題があった時、板挟みになるのは常にあなたの父親ではなく、息子の役回り。

こんなのを毎回見せられることが過去の離婚の原因になっていたとしたら?

この時にはあなたがどう頑張っても相手の過去にも影響が大きいことで母親とは付き合いが難しいとなれば別れるはず。

この辺りは、あなたよりも離婚を経験している彼女のほうが一枚上手。

やはり人生の経験を積んだ分、その情報の意味と価値をうまくやるというやる気があればなんとかなる問題ではないことを理解しているのです。

 

バツイチ女性との結婚親の同意ケース

バツイチ女性との結婚親の賛成

親の中ではどこか不安のほうが強い。

うまくいってほしいと願うけどどこかで別れてほしいと思う気持ちもある。

このような中でも実際には上手く言っているケースもたくさんある。

その状況も息子次第と私は伝えたい。

バツイチ女性との結婚親が同意する背景

単純に相手に離婚歴があってもその点を息子が理解しているなら。

こんな感じに伝えられて、話しが進んでいく男は何が違うのか?

この答えは年上とかそういう情報が重要なのではない。

以下のような特徴を持つ男が連れてきていることがポイントになる。

  • 親が認めるほどの成功を達成している。
  • 人生に対してきちんと設計をしていると感じさせている。
  • 今はもう社会人として安心をもらえる情報が多い。
  • あまり不安にさせるような事はもうほとんどない。

このような状況になっていると親も含めて本人同士がしっかり話し合って決めた事なら親が意見をする事ではない。

いくつか質問をさせてもらうかもしれないけど、反対するような事を言うつもりはない。

こうした子を見守るという対応をしてもらえる事が可能な事もある。

最近の市場の流れをしっかり知っている

親として意見をする上では、世代が違うとか価値観が違うと言われてしまうことを恐れる親も増えてきた。

だったらきちんと婚活関連も最近の情報をしっかり知っておく。

このような性格を持つ家族がいる場合は、次のような理解を見せるシーンもある。

  • 再婚希望者の婚活市場。
  • 独身の婚活活動市場アンケート。
  • 親が交際を認めるポイント

こうした事を親戚を含めて意見を聞いてその相手の言うことを含めて検討しているケースもある。

このような家族が実家になっているというのは、交際をしているバツイチ女性にとっても子どもがいるいないを問わず聞いていて大きな安心要素にもなる。

結婚相手の親戚付き合いは重要。

この認識を離婚をs経験している人の方が強く持つ。

この現実をしっかり初婚や未婚の男性には理解してほしい。

 

バツイチ女性との結婚親の対応注意点

バツイチ女性との結婚親への対応

二人になっている時には、いろいろな夢も語り合える。

子供が娘、息子なんて事ももう結婚を考える頃の二人なら何も問題になっていないはず。

将来の夢は家族としてこの先一緒に旅行に行ってみたいね!

こんな言葉を語り合うほど好きで相手を大事にしたいと思うから、周りにもお願いしたいと思っているはず。

実際の現実は大変だというケースもある。

アドバイスというわけではありません。

でも簡単に考えてほしくないと思う内容をご紹介していきます。

あなたにとっての普通は通用しない

世間体を一番大事にしている場合は、一番に立場を優先。

誰であったとしても一度離婚をしたという人間を認めるわけにはいかない。

こんな親の考え方を知った時、相手の心理という点はもう論外になる。

結婚生活をイメージしてもらいたい。

もう相手がバツイチと知って、何か別の目で見られるという行動を摂るようになれば、一番苦しいのは誰だ?

この答えは最も嫌な気持ちになるのは、あなたの妻。

挙式をするしないもいろいろな説明を求められるし、解決する問題はいろいろ出てくる。

安易に認めてもらえたらもう公認みたいな友人の言葉をもらいたい時とは意味が違う。

だからこそ、彼氏がいかに自信がある人でも挨拶をするしないという環境なら考えて欲しい。

「二人でかけおちすればいい。」

こんな事を二人の生き方としてもし考えているなら、安易すぎると伝えたい。

やはり今の時代は今後の事を考えたら養育費を含めて全てを二人だけでやっていくのは大変な場面もある。

以下のような未来が来たらあなたは本当に1人ですべてを背負えるか?

  • 自分が病気になった時の状況は?
  • 会社への体裁を考えるような事態になったら?

一生という言葉を安易に使用してはいけない。

きっとその意味は親御さんやあなたの嫁にしたいと思っている女性の方が意識が強い。

お金も仕事もある意味いきなり自分の努力ではどうすることも出来ない事態が起こる事もある。

こういう時に経済的な面を誰が支えてくれるのか?

答えは、親御さんになるのではないでしょうか?

やはりいろいろな難しい事に対して今目をつぶって周りも見ないで自分たちしかいない環境で子供育てれば良いという考え方は通用しない事もある。

あなたにとっては、現実をどこまで受け入れる覚悟があるのか?

この答えを求められる期間であることを知ってほしい。

本当に努力をするべきは親を納得させる事。

親から理解されていないまま今後関わらない道を選ぶ子とは絶対に避けてください。

これは一緒になった先にも得はありません。

これが今回の伝えたい内容のすべてになります。

スポンサーリンク