スポンサーリンク



既婚男性を本気で好きになった時、相手の行動が気になる人は多い。

  • 自分のことを本気で好きになってくれるのはいつなのか?
  • 今の過程よりも自分を選んでくれる兆しはどこで判断するべきか?
  • 奥さんとの関係的にはうまくまとまってくれる事ばかり考えている。
  • デートを何度重ねても今の相手の本心がわからない。

恋愛は自分だけが気持ちを持っていても成り立たない。

あくまで相手は毛痕している家族を持つ夫。

相手になんて言えば気持ちを落ち着かせてくれるのかなんてことは実際家庭を持っている人なら何となく察しているケースもあるのも特徴の1つ。

「今あなたが見せているのは本当の気持ち?それとも彼女の不安を取り除くための方法?」

こんな心をもっていると、相手の顔や目を見てしっかり言葉が耳に届かない。

こう心の中では常に不安を持っている人がいるのが不倫をしている彼女の気持ちの本音なのかもしれない。

これまでにも既婚男性の恋愛については、以下のような内容に触れてきました。

既婚男性離婚兆候の確認ポイント

既婚男性の離婚兆候を引き出す簡単な会話テクニック|もう恋に悩まない

40代既婚女性恋愛

スポンサーリンク


40代恋愛既婚女性が自分の幸せを手に入れる為に必要な原点

既婚女性との恋愛40代男性独身

40代独身男性と既婚女性の恋愛関係は結婚に至る?魅力と好きの裏側

40代男性プレゼント既婚者|妻から

40代男性プレゼント既婚者へ友達,妻,仕事立場毎女性のおすすめと注意点

40代男性恋愛既婚者の深層心理

40代男性の恋愛|既婚者の深層心理発見のコツ

40代男性恋愛キス

40代男性恋愛キスへの心理|彼女や女性婚活,恋活に多い悩み

今回の記事では、既婚男性が実際に離婚に向けた行動を起こしていると何も口にしなくてもわかるような行動を以下の項目でご紹介しています。

既婚男性離婚への行動最初の変化

既婚男性離婚への行動と言動変化

既婚男性離婚への行動と失敗状態

実際に、デートも彼からの誘いの連絡を待っているだけの人も多い。

家族に子供がいる時には、奥さんだけでなく、子どもたちにも不安をさせない行動を心がける事も問われる。

そんなハードルの高い話だからこそ、無理にとは言わない。

でも人の気持ちを大切にしていると言える状態ではないという事はどこかで今の関係の私の気持ちを察してほしい。

こんな状況を経験している状態の人になら、きっと会ってわかる男の心理と行動の話をご紹介していきます。


スポンサーリンク






既婚男性離婚への行動最初の変化

既婚男性の離婚行動

今回の記事でご紹介するのは、本当に私に相談があった人の実話の話。

相手の家族にバレない状態を貫くと言われていた頃と今なら幸せの度合いも全く別物。

自分の夫になった今になって考える彼氏だった時との違い。

一緒に暮らしてよかったのかを今でも考える時があると言っているようなある意味、後悔が尽きない事もわかってほしい。

しかし、出会いというのは、奇跡以外の何ものでもない。

出会いがあった中で本当に出会うべくしてあった二人なら、今の生活も必ず意味があるはず。

そんな最初の思い出話をご紹介していきます。

既婚男性離婚への行動は奥さんへの態度

別居を考える夫の行動はある意味ものすごくわかりやすい。

一言で言い表すなら、「冷めた」

この言葉が一緒に過ごす全ての時間の中で伝わってくる。

その内容には以下のような点が名アックになっていく。

  • 別れる前であることをイメージさせるように過ごす。
  • どこかに行ってみたいと言われる事に全て仕事を理由とする。
  • しっかり仕事はしてほしいと思う相手に対して、どこか適当に過ごす。

このように、男女の恋と違う仕事とお金の流れという点を徐々に変えて過ごすシーンが増えてくる。

これはある意味、将来を決意する兆候として非常にわかりやすい行動の一つ。

既婚男性離婚への行動は子供と過ごす態度も変わる

子供に罪はない。

結局、子どもの方が大人よりも大人の悩みについては敏感に感じる事も多くなる。

特に大人が悩みを抱えてるサインは、遊びたいと思った時の相手の態度ですぐ察する。

  • 相手をしてる風のサイン。
  • どこか心がここにないと感じる
  • 仕事とは違う何か違和感を感じる。

実際に今の私には子供がいる。

だからこのシーンのサインが伝わってる事は、特に私は仕事で悩みがある時ほど子供たちは敏感に感じるシーンがある。

例え、プレゼントを買いに行こうと誕生日やクリスマス向けの楽しみのための時間でもどこか優先するのがいつも違う何かに変わる。

こんな過去と違う優先する対象の変化に対する意識が付き合いの中でふとした瞬間で、彼女としても感じる事ができるようになっていく。

誰にでも優しいのバランスが崩壊

どこかもういつどうなってもいいと感じる状態になると、正直アプローチよりも今の自分の一番の置き換えをしようとしている時が増える。

わかりやすい事例を口コミからご紹介していきます。

付き合って2年経過する時、子どもさんの誕生日プレゼントを用意する時期になったとわかった。

当然そういうイベントシーズンになれば、変にごまかすよりもまずはきちんとやってあげたいと思っていると思っていた。

なのに、一番驚いたのは、誕生日当日に会いたいと言ってきたことだった。

二人きりになる機会を持つのは、別にその日だけは旦那さんであり父親であってよいという感覚が自分にはあった。

なのに、何度も「いいから」と口にされた。

このときの行動がある意味、今思うと本当に存在の価値が確認できたはじまりだったのかと思うようになった。

体裁や家族に対して対処を必要とする。

この行動を起こしている時には、二人とも大人であることから、これからも存在が家に怪しまれないために必要な事とどこかで未来のためと考える。

なのに、こんな大事な時なのに、家よりも不倫相手に時間とお金を使う時が増える。

こんな状況は、簡単に見えて、そうとうきちんと気持ちを整えることが出来ていないとできない行動でもある。

スポンサーリンク


既婚男性離婚への行動と言動変化

既婚男性の離婚行動と言葉

子供もいるからなかなか対処が難しいを口癖にしていた彼。

あの頃の存在が今は本当に懐かしい。

こう言える今の新しい家での状況や片思いだと思わされていた頃と全く違うと分かった心が伝わってくる言動の変化。

この点も重要なポイントがありました。

デートで会う時間の中で家族の表現方法が重要

自分の子供が大事というのはあたりまえ。

この認識が少し変わった瞬間があったそうです。

彼は常に自分の子供の存在については、名前で呼んでいた。

別に家族を名前で呼ぶのは普通なのかもしれない。

でも別れる事が決まる少し前から徐々に会う時に子供への表現が変わってきたのが分かった。

それは、「あの子」「下の子」という名前が全く聞こえなくなった状況だった。

そして、最初は大事にしているとわかるのが、「約束がある」という予定を教えてもらう時の表現。

この言葉はとても重要だと思うようにして、こちらも注意して聞くようにしていた。

まるで職場の上司が先のスケジュールを伝えてくるような状態。

でも別れる前では、「予定が」という言葉が出るようになってきた。

約束はなくなったの?というくらいに冷静に考えると、全くパートナーや子供との一緒に過ごす時の表現が変わってきたんです。

確かに、どこか仕事の中で使われているような表現になっていくのが、周りにも伝わるようになってくる。

これは、今後に自分が愛するパートナーが誰か家族と別に存在する可能性が強くなったと言える言動とも言えるのかもしれない。

ぜひずっと一緒にいる時間があるなら、会える時には少しずつこういう言葉の使い方に注意しながら進捗の状況尾を観察してみてください。

 

既婚男性離婚への行動と失敗状態

既婚男性の離婚行動上手くいかない

もちろん上手くやろうとして逆に周りにバレてしまったり、もう今後はうまくごまかすのも難しくなってしまったというケースもある。

明らかに失敗しているとか、上手く流れがつかめていないと感じる機会の事例もご紹介していきます。

既婚賛成の離婚行動の空回り事例

パートナーとなっている奥さんの方が一枚も二枚も上手。

もう今後は交際すら難しいのかもしれない。

これ以上彼を手に入れることを考えない方がよいかもしれない。

恋に疲れた。

こんなことを言うような状況になった経験者の相談事例をご紹介していきます。

会社もいつも毎日終わりが遅い事もわかっていたので、最初は2人でいる時にも疲れがうまく抜けないのかと思っていた。

しかし、彼の疲れはあくまで自分が別居をしたいなどの気持ちがうまくまとまらないという事が顕著になった経験がきっかけだと気がついた。

分かりやすいと思った話がある。

実際会話の中での一緒になった後の幸せという話の時の目線も声のトーンも一気に暗い声も小さいということから始まった。

今思うと、その時の気持ちが彼の中で男のプライドが傷つくような話だったとわかる。

会っているのがバレた程度なら、正直仕事の関係でも何とでも言えば良い。

分かりやすい態度は、言葉遊びという感覚になってる状況から明らかに表現の対象が変わってる。

こういうことをお互いの時間を過ごす時のきっかけとして参考にしてください。

スポンサーリンク