スポンサーリンク



40代の女性を好きになった!

過去にとは付き合った事がない!

40代女性を恋愛の対象にする時って何か20代、30代とは違うのか?

女性に求められる男になりたい!

自分が好きになった年上の女性を彼女にしたいと思う年下彼氏候補。

久々の出会いから年齢的に初めての年代の彼女候補。

人によって同じ40代の女性を好きになるまでの恋愛の経験値も異なる。

これまでにも40代女性と付き合ったことがない。

私も実際にリアルな40代として生きている中で今これから新しい恋愛をする予定はない。

しかし、年齢的に同じ世代同士で相談にのってくれないか?

実際に悩みをうかがってきたからこそ伝えられる内容をご紹介していきます。

これまでにも40代女性の恋愛関連の記事は以下のような内容をご紹介してきました。

子持ちバツイチ40代恋愛女性

スポンサーリンク


バツイチ恋愛子持ち40代女性はもう遅い?離婚歴を魅力に変えて再婚を実現させる生き方

40代女性と30代男性の恋愛を発展させるコツと破滅させる注意点

40代独身男性と既婚女性

40代独身男性と既婚女性の恋愛関係は結婚に至る?魅力と好きの裏側

40代同士付き合い方デートテクニック

40代同士の恋愛や付き合い方|デートで自分らしさをアピールする方法

バツイチ子持ち女性の婚活

バツイチ子持ち女性の婚活成功と失敗の決定的な差

40代男性が好きな人への態度やサインという視点もご紹介しています。

40代男性好きな人態度

40代男性は好きな人に態度で出す?サインを見抜くコツと信用する注意点

私は40代の自分として、既婚者になった状況から回答をしています。

カップルになりたい。

出会いがない。

恋愛関連においては、正直20代30代40代と歳を重ねても同じことを悩む。

今の自分が大人としてどう見られているのか?

相手が年上というだけで大人の女性。

年下というだけで若い。

この感覚も正直曖昧になってきていると思います。

今回の記事では、地方で暮らす自分に寄せられた相談体験から以下の項目でご紹介しています。

40代女性が好きな男性に多い誤解

40代女性が好きな男性と地域格差

40代女性が好きな男性像相談体験

まだ自分の年齢をあまり意識していないという人もいる。

一方でもう既に自分がミドル世代だと自覚をしている感じの人もいる。

女子の好きになるタイプのランキングなんてどうでもいい。

そんなことよりも目の前にいる女子が一体何を考えているのか?

この答えを探す時のポイントや注意点として読んでみてください。


スポンサーリンク






40代女性が好きな男性に多い誤解

40代女性が好きな男性に多い誤解

自分の好きな人はモテる。

自分の好きになった人は恋愛経験が豊富だ。

相手を見る時、その人の過去、現在を周囲の噂や印象から勝手に想像する。

想像はあくまで何も根拠があるわけではない。

実際に相手からの言葉ですら、関係を築くための一過性の嘘なのかもしれない。

ではどんな行動をすれば相手の好みを知ることが出来るのか?

データに頼らない

あなたが男として自分の今持っている認識とモテる男の内容を見た時どう感じるのか?

よくあるのが、以下のような条件。

  • ルックス(顔、髪型、スタイル)
  • 仕事(職種や業種、役職等)
  • 年収(高い低いなど)
  • 住まい環境(一人暮らし、実家暮らし)
  • 貯金
  • 生活する場所
  • デートに選ぶ場所
  • 会話
  • 所持品(ブランドもの、ファストファッション等)

これらが本当に人気になれるポイントであるのか?

だとしたら、その店や場所にいる人は同じようにモテるのか?

この答えも一律ではありません。

統計的に見ればそう見えるのかもしれない。

しかし、実際には個人が何かの理由で選ばれない部分がある。

データにはない情報が削除法の対象。

この意識が足りないと結果として自分の弱点を知ることも難しい。

モノと人の価値

2018と2019の情報を比較しても以下のような内容は異なる。

  • デート情報に掲載される人気のスポット。
  • 甘え上手?褒め上手?
  • モテる男は草食系?肉食系?
  • プレゼントの予算や内容。

こんな1つ1つを解説しているページですら、結果がその年によって異なる。

これって本当に正しいのか?

人気のスポットが掲載されないようなエリアの人はどうすればいい?

こんな気持ちになる人も多いはず。

別にプレゼントの予算を落としても相手の手に届いた時に感謝されることもある。

人の心をつかむ。

相手は人。

それぞれが一緒にいる相手に求める対象は異なる。

だったら、データの存在よりも目の前にいる人のことだけを知る。

本来必要なのは目の前にいる相手からの本心。

 

40代女性が好きな男性と地域格差

40代女性が好きな男性と地域格差

東京都心、関東、関西、九州。

エリアで見る人の特徴は違う。

人柄、県民性。

男女それぞれが人生の歩み方や将来の設計を全く違う視点で考えている。

恋愛対象の相手の過去

1つ言えるのは、育った場所による影響力は強いということ。

過去の経験で彼はどんな人だったのか?

なぜ当時はその相手と付き合うことを決めたのか?

この点を知る事が非常に重要になる。

なぜか?

例えば、当時住んでいたエリアは、今存在する場所と違うエリア。

そのエリアでの婚活ではそういう男が多かった。

こういう中で付き合いが始まる時、相手の好みと言えるのか?

形としては、元彼と言っている相手。

でも今の本音は?

過去の彼を知る事がヒントになるというのもそもそもその人を必要とした背景のほうが重要。

価値観の変化

男女の出会いがある。

最初はお互いが全く違う職場というケースも多い。

もちろん同じ職場同士で知り合って付き合って結婚するケースもある。

自分の仕事柄、どんな人を求めたくなるのか?

この点も非常に影響力が強い。

例えば、事務職。

ちょっと好意を持った相手。

出も年収などは全く知らない。

その相手に対してちょっと質問したら?

その時にはそんな額を実際に身近に稼いでいる人がいるとは知らなかったとします。

この相手に対して、すごい人と思えるでしょうか?

そんなことはないのです。

これがその会社にいれば当たり前。

でもその人の環境からしたら生活していくだけでいっぱいの状態。

こういうケースも地域の生活水準の違いから簡単に起こる事。

つまりは、年収などのデータでさえ、環境と条件次第で大きく異なる。

これではその質問の意味も価値も変わってしまう。

 

40代女性が好きな男性像相談体験

40代女性が好きな男性

私は恋愛関連の相談を男女問わずよく受けている。

具体的な話では以下のような相談が多い。

  • 大人の色気って何?(女性から)
  • 内面で勝負って何?(男女不問)
  • 婚活していて結婚の可能性ってどうやって見極める?(女性から)

このような内容に質問を個別で対応している。

別に診断をしているわけではありません。

でもその個別の話の中できっと相手の事を考えるならどういう事を感じてほしいのか?

こう考えて答えるようにしているのです。

魅力的?男女の意識の差

メイクが上手。

ファッションセンスがある。

これらは外見から出てくるパターンの1つ。

落ち着いた話し方。

包んでくれるような存在感。

こちらは内面的な要素。

大人の女性と思わせるのは内面でも外見でもそれぞれが40代の女性は別だと思って見ている事が多い。

でもそれって別に40代という事に限定された話ではないと聞いていて感じることは多い。

むしろ、仕事柄そういう感じ方になってしまっているだけ。

このように感じることも多い。

素直に顔が可愛いとかキレイと思う感覚が男の選び方。

でも女性は、男性の声とニオイで判断している。

これが男女の違い。

つまりは、年齢以前に本能として女性が顔やルックスではない要素で選んでいる。

これが最初のポイント。

自分の年齢的な弱点

自分にはもう妊娠や出産を求められても体力がついていけない。

今の自分は独身だから、好きなことにお金を使ってる。

最近は貯金を残すことよりも今を楽しく生きるという考え方を持つ人も増えている。

よって、独身の女性でも貯金なしという言葉が増えた。

このような状況の中で、別に年齢的な強みがないと思ってる女性は多い。

だとしたら、この弱点的な部分をどう支えてくれるのかが重要。

上手に相手を認める。

これが年齢を重ねた女性が抱く安心感。

昔はngだと思ってた相手でもいつしか許容範囲に含まれてる。

こんなことは昔と今と価値観が変われば当たり前になる。

つまりは、男性は相手が好む部分を探るよりも相手のどんな部分を支えてあげられるのか?

これを意識した方が上手に信用や安心を与えることができるようになっていく。

認めるということが愛。

ただの恋愛相手探しをしているのは恋。

この2つをきちんと見極めて考える事が重要。

結婚相手?恋愛相手?

たったこれだけでも絶対的な違いがある。

まず相手を探すなら、その人の人生経験や今本当にその人が何を必要としているのか?

この2つに注目をしておくことが大切。

上も下もない存在価値

男女がお互いを求めあうのは当たり前の話。

その先に、出会った頃とは違う目線や考え方が生まれる。

やるべきことを済ませたら終わりの関係もある。

正直好みではなかった始まりから急展開して好かれるケースもある。

相手が喜ぶことは何か?

そのために自分がやるべきことは何?

こう考えている自分に正直どう思えるのか?

  • 楽しめる。
  • お互いの存在価値を高め合える。
  • 必要な存在。

正直にこう言える人は相手の喜ぶ顔を見たいと必死になれる。

しかし、与えることに疲れるタイプもいる。

正直、人間は使う者と使われる者に分かれていく。

いずれかのカテゴリで偏るとどうしてもお互いの意識的にやる事が似てくる。

しかし、双方が互いにやるべきこととやってあげたいことが異なると徐々に惹かれ合う。

非常にシンプルな考え方になる。

別に年齢的な意識は必要ありません。

むしろ、その年齢別のカテゴリに勝手に入れて考える男たちが勝手に相手の存在以上に価値観を押し付けてしまう可能性がある。

相手の求める対象を正しく知る。

この積み重ねがあれば、きっと相手は自然とあなたを必要としてくれる。

これが相談を受けていた中で感じた答えです。

スポンサーリンク