スポンサーリンク




メンズファッションを冬からコーデに意識を向けるようになった。

シャツコーデやカジュアルスタイルにもアイテムが多いから合わせ方が難しい!

ジャケットとパンツの合わせ等春夏の服は全く意識していなかった。

大人感のある印象を与える男性の着こなしを知りたい!

秋から冬にかけて秋冬の服装に変わる。

夏とは別のアウターを合わせる事で冬を過ごす時の寒さ対策も考えて着こなす。

コーディネートとしては、実に楽しみが広がる季節である冬。

30代に購入した愛用のデニムを活用。

40代になって新しく興味を持ったニットへの挑戦。

このように、ポイントになるアイテムはいくつもある。

人気アイテムをチェックする人なら、秋冬には以下のようなアイテムにも意識が集まる。

チェスターコート

ダウン

カーディガン

コート

女性とのデートコーディネートにも上手にまとめられてる40代男性のファッションセンスはカッコよく見える。

でも、一歩間違えると、ブランドかぶれの気持ち悪い印象にもなる。

シルエットに合わない無理やり細身を選んだパツパツのサイズ感。

こんなみっともない姿になることも簡単に起こってしまう。

40代男性ファッションメンズアイテムの選び方について、以下のような記事も書いています。

40代男性ファッション夏ユニクロ

スポンサーリンク


夏メンズファッション40代男性ユニクロ活用法画像付|デートコーデ注意点

40代男性ファッションコーディネート夏猛暑

40代男性ファッションコーディネート気温35度以上のモテ要素

40代guメンズ

40代guメンズコーデ!デートでもダサいと言わせないコツと注意点

40代男性デートファッションの誤解

40代デートファッション男性服のよくある誤解と自分らしさの探し方

40代ファッションメンズ秋コーデ

40代ファッションメンズ秋デートコーデに女性にウケる色選び

40代男性デートコーデファッション冬

40代男性ファッションメンズ冬要注意3アイテムと1万円台成功法

40代男性ファッション太め

40代男性ファッション春夏秋冬太めの強みと弱点を使いこなす

40代ファッションメンズ

40代ファッションメンズ婚活もビジネスも自分が似合う服を選ぶコツ

40代ファッションメンズデブ

40代ファッションメンズデブ体型も簡単!デートコーデのコツ

40代ファッションメンズバッグ

40代ファッションメンズバッグに多い誤解やデート用失敗注意点

夏に着痩せ狙いなんてしなくていいんです。

デブファッションメンズ夏

夏デブもメンズファッションを個性を活かして楽しむコツと失敗原因

私のサイトは、40代の仕事と人生を軸に、ファッション,髪型,恋愛,結婚と同様に個性を活かし、自分らしく生きるための考えたかをご紹介したいと思い、運営しています。

オシャレも基本のポイントがずれてしまえば、いくら有名なハイブランドを身にまとっても台無し。

ブランドロゴを露骨に出したコーディネートをオシャレと勘違いしている40代の男性も多い。

一方で、上手に自分のシルエットに合わせて、柄も人気にとらわれず、時代の流れにカラーで取り入れた素材にもこだわったような紳士のような方もいる。

何を取り入れ、どうまとめる?

ランキングに惑わされるな!

金額が高い商品がコーディネートではない。

私自身が服にアラフォーまでに費やしたのは、1000万円以上。

ワイシャツは、常時50枚以上をストック!

スラックスも50本以上春夏と秋冬それぞれで用意。

こんなことをしてきた先にたどり着いたのはノンブランドでした。

そんな中で、やはり生地、製法等の細部までこだわった先に現代の洋服の作りなどを見て感じた内容を含めて、以下のような項目でご紹介しています。

40代男性ファッションメンズ冬の要注意

40代男性ファッションメンズ冬初心者向

40代男性ファッションメンズ冬崩しテク

自分がいつも取り入れてるカラー。

今後チェックしたいと思う柄。

こうした組み合わせもボトムスやパンツ、インナー1枚の細部が勝負。

自分に合う自分らしい服装を探すコツとしてご覧ください。


スポンサーリンク



40代男性ファッションメンズ冬の要注意

40代男性ファッションメンズ冬

まずは、40代男性がファッションとしてメンズ冬アイテムからオシャレを考える時、意識してほしい3つの注意点をご紹介していきます。

女性から意識されるようになりたい。

モテたい。

こう思う気持ちも良くわかる。

しかし、今から着る服を選ぶ時、気にしておくべきことは多くあるように見えて、実はオシャレは非常にシンプルなのがメンズコーデ。

40代男性ファッションメンズ冬の注意点1.雰囲気

まずは自分の雰囲気を良く観察することがメンズコーデの第一注意点。

よく、メンズコーデに気を付けたい人は、まず雑誌等を手にする事が非常に多い。

しかし、そこに掲載されたおしゃれなアイテムたちは、いくら40代男性でも、同じような肌の色や雰囲気を出している人とは言えない。

あくまで雑誌に掲載された人は、全てモデル。

そして、そのモデルは、各社のブランドが、そのコンセプトに合う人材をマフラー1本、ネクタイ1本から選ぶ。

腕時計を全てがモデルによる雰囲気の演出をしていないのは、シーンの固定観念を外したい狙いもある。

白や黒というモノトーン系の無地を選ぶ人も柄のバッグを扱う人も持ってほしい。

こんな狙いが見える。

そうした中で、ただデザインだけを見ると結果的に、今の等身大の自分が来ても何も着こなせていない。

このような光景が多い。

まずは、自分の雰囲気を以下のようなタイプ別に置き換える事が重要。

  • 細身の中でもやせ型と締まった細マッチョ系等の筋肉量の違い。
  • 体型は普通と言いながらもお尻が大きい,お腹が少し出てる等のシルエットの特徴。
  • 太ったと思っても首や手首、足首周辺の流れをどう見せる方が良いか?

今の自分がどんな服を重ねるかではなく、どんな形を使って自分を包み込むのが雰囲気とマッチするのか?

こういう視点で観察することが非常に重要。

自分の今の見た目の印象や身の丈に合う服装をまとめる事ができれば、女性の目も変わる。

とても簡単なんですが、いざ選び出す時には、多くの人が無視しがちな内容です。

40代男性ファッションメンズ冬の注意点2.シーン

店頭の販売員たちは必死に今の流行やトレンドを勧めようとする。

白、黒の明暗を使って、バッグを少し小物アイテムの外し感。

バッグに靴をキレイに合わせて、おしゃれな紳士風に仕上げよう。

ストール、マフラーや小物で差をつけろ!

こんな特集を冬はよく見る。

ダウンなのか、コートなのか?

こんなアウターの選び方的な悩みを持っている人も非常に多い。

しかし、この問題も、今の時代は情報の波に流されている人が老いと私は思う。

問題は、アイテムが何であれ、色がグレーでもベージュでも、問題はその人がどこでその服を使うのかが最大の問題。

  • デートシーンにより、風の強さや日照時間の違いもある。
  • 室内環境であれば、暖房の状況も違う。
  • そもそもその場所の色はどんな配色が主に使われてるのか?

こうした内容こそが本来のシーンだと私は思う。

ビジネスと言われても、この対象は同じだ。

ビジネス街と言われてはいても、金融、建築、デザイン会社等業種はさまざま。

当然ストライプや柄をご法度としている組織形態もある。

このような中で、スタックスを選ぶ事と同じような発想が必要になっていく。

つまりは、シーンという言葉を考えるときは、必ずその場所の色合いや雰囲気などの全体像を把握する必要があるのです。

40代男性ファッションメンズ冬の注意点3.夏との差

シンプルで無地の色として、秋冬の定番のカラーと言えば以下のような色が毎年必ず登場する。

グレー

ベージュ

ホワイト

ブラック

カーキ

どんなサイトのライターの記事を読んでも定番と言える。

カジュアルなスタイルで言えば、アウターよりデニムやパンツへの配慮も言われる。

チノパン

スラックス

カーゴパンツ

デニム

そもそもtシャツ一枚にスニーカーを男は夏に使い、演出をしている人が多い。

それが、いきなり、秋冬の雰囲気で選ぶ服では、一気にキレイとか落ち着いたとか全体のバランスを一変するようなものを選ぶ視点に変わる。

これでは、さすがに、トップスも爽やかさを演出したブルー等の色になれた人は、小物を含めて極端に動きが多くなるように見える。

そこで、相性が分からなくなってしまう。

しかし、落ち着いて考えてみると、ブルーという色は、春夏も秋冬もビジネスではワイシャツで当たり前に使用されている。

首元のネクタイの色をサックスブルーからネイビーにすれば、秋冬の相性も演出も可能。

何を見せるのか?

このパーツを絞り込み、作ることが本来のおしゃれの一番大事な部分。

特に、男性はその出し方が、20代と40代では体型も雰囲気も違う何かが出てくる。

この特徴を活かす自分に合う商品を選ぶ事が、ワンランク上の洋服をスマートに着こなすということにつながる。

 

40代男性ファッションメンズ冬初心者向

 

では秋冬にもあまり季節の変化に合わせる意識など何もしていなかったという初心者は何から取り組むべきなのか?

こんな悩みについてもご紹介していきます。

40代男性ファッションメンズ冬の優先順位1.靴

確実に、通販でも何でも季節ごとに情報が変わるパーツは、足元の暖気、冷気等から身を守る環境を作ることが大切。

冬の服を選ぶ時、多くの人は、上着や上半身ばかりを洋服選びで探す人が多い。

その典型例は、楽天等の通販でも圧倒的に人気になるのが、男性の場合は、レザージャケットなどのアウターに偏る傾向が強い事。

女性は全く反対に、秋が近づくとブーツ等に注目が集まる。

この差は何?

やはり流行とかそういう感じより、おしゃれの足元への影響をしっかりケアしようとする目線の違い。

そんな女性のエスコートを男性は本来デートで任される。

相手は、キレイなムートンブーツ。

じゃあ、男性の靴にはどんな配慮が必要?

この答えに男らしいという配慮が無い。

もう自分が高級なテーラードジャケットやスーツを着ていたら、注目や人の目の注意を惹きつける。

近風に考える人が悲しいかな男性には多い感じ。

そんなシャツのストライプやパーカーや襟に気を付ける位なら、しっかりした靴を持つべきだ。

例えば、以下のようなタイプは、vネックだろうが、タートルネックだろうが、スタイリッシュなアイテムだろうが、清潔感を求められようがしっかり相性抜群で答えてくれる。

ストレートチップの革靴

40代男性ファッションメンズ冬アイテム

モンクストラップというデザイン性重視ならダブルモンクスタイル

40代男性ファッションメンズ冬靴

ダブルモンクは4000円以下という格安の靴もあります。

40代男性ファッションメンズ冬ダブルモンクストラップ靴

決して、高いものではない。

ただ今回ご紹介したコチラのタイプは、あくまでも革靴の中でもビジネスでもカジュアルでも使えるデザイン。

きれいさ。

デザイン性

仕事としての性能。

モテる男のおしゃれなパーツ的要素。

こうした内容尾しっかり活かす対象物。

靴の選び方は、ほとんどの方がアクセントとしての意識が無い。

この点をダブルモンクデザインは、シックなパーツでさりげなく取り入れるような考案がされた靴のデザイン。

派手すぎない。

セットアップのスーツ利用から、ストレッチ素材のデニムまで、合わせて見せる事が出来る。

正直、年齢も関係ない商品。

着心地を服で考えて、バランス的にすっきりしたいコーディネートを提案するショップに必ずある要素の1つにこのダブルモンクの靴はある。

それほどまでに羽織るもの以上の価値がある。

40代男性ファッションメンズ冬の優先順位2.ボタン

アクセントパーツの使い方がうまいのは、非常にファッションの仕上げとしてポイントが高い。

その中で、プラスの評価に使えるのが、以下のような商品。

ダッフルコート

pコート

トレンチコート

ダブルジャケット。

このような仕上げに対し、カッコイイモデルは何が違うのか?

この最大の違いは、ボタンやホックの細かなパーツデザイン。

ストールを使うのは20代でも10代でもできる。

40歳を過ぎ、その年から50代を前にしても、もちろん強い印象を与えすぎないオシャレを示すのは、細かなアクセント。

簡単な例えなら、シャツのカフスボタンも代表的。

ネクタイピンも同様。

コーディネートタイプが広がりを見せる事に合わせ、それぞれに合う商品展開がされている。

これは、年代が変わってもなお、ずっと以前の年代の服も楽しみ続け、愛着のある服を楽しむというアイテムになる。

最新プレゼントとしても出る。

こうしたパーツが若者の単純なブランドによるダッフルコートやトレンチコートなどの憧れ意識とは違う最適なコーデを見せる大人たちの着回しにつながる。

ストールを使うくらいなら、上手にネクタイを組み合わせられる。

ネクタイの編み方1つ。

生地の質感。

これらが作っていく中で必ず色合いとして、レザーなのかダウンジャケットなのか合わせてほしいコンセプトが会社にはある。

足元をチャコールにして、メンズファッションコーデをカーキに染めるのは若い子も簡単に採用する。

しかし、その先の休日デートに求められる上品さは、チラッと見えるカットソー等から簡単にわかってしまう。

足元に力を入れた人は、a-1の昔の型を着ていても、たとえインナーがファストファッションのアイテムを使う体でもまとまって見える。

それは、保温も最近は、昔と違い、高性能化されているから。

つまりは、若い子が使う商品とは全く違う視点が生まれる。

スマートコーデの先に、さりげなく使うアクセントに気を遣う大人コーデ。

こうした部分が女子ウケに確実につながる部分。

クールぶった大学生がボリューム前回に身にまとった襟元を12月1月に見せる。

そのパーツとは全く違う。

もっと体のラインに沿ったシンプルにインナー、シャツ、アウター。

たったこの3枚で、足元の保温を確立した靴があれば、どこに行く服装にしてもやわらかい雰囲気や手の保温も簡単に手袋などをつける動作しやすいカジュアルコーデになる。

動きにくくなるほど、男のファッションコーデでみすぼらしく感じられることはない。

自分の保温に信頼できるシャツを一枚で良いから体のラインに合うものを見つける。

その魅力を最大化するために、あって欲しい抜け目ない重ね着。

その考え方は、フォーマルでも必ずダサいと言われるようなことはないと言って過言ではない。

初心者だからこそ、欠かさない情報。

そして、この情報を届け、一気に変身するという意味と価値をたくさんあるように見えて、とてもシンプルだということに気が付いてほしいと思う。

 

40代男性ファッションメンズ冬崩しテク

 

夏も冬もたくさんのサイトがあれやこれやとたくさんの商品を言ってくる。

topページを見れば、dおとても魅力的に感じる商品もあると思う。

しかし、私が見るときには、以下のような感覚がある。

これではイメージ写真の場所が明るいか?

今の気温では、自然な色気は出ない。

今の流行りがngな女性には色が濃い。

実際に、男子が女子の為に、何か気を遣って服を選びたいと考えるなら、やはり、その服をいつもどんな場所で使うのか?

その場所は日の出てる時間が長めか短めか?

実際の明るさはどの程度か?

こうした演出におけるパーツをじっくり、サンプルの例と比較していくことが大事。

40代男性ファッションメンズ冬崩し方1.素材

もし仮に、ギンガムチェックやらネイビースーツやらソックスへもこだわりを持ちたい。

こんなことを考えるとき、どうしてもお洒落に対するお金がかかりすぎると感じるなら、以下のような素材に注目してほしい。

スウェット素材。

この素材により、ジャケットやスラックスも誕生している時代。

ピーコートやスキニータイプもある。

スタイリングと季節感で考えると、スウェット素材は、いつの季節も使える。

そして、パーツの合わせ方次第で、簡単に大人っぽく見せる事も可能。

スタイリングへの意識を考える度、ボーダーは太って見える等と感じる人も多い。

それをどうカバーするかは、ボーダーをインナーに抑え、無地のスウェットで見える面積を減らす。

たったこれだけでカバー可能。

いつものスーツをスウェットに変え、軽くパイロットジャンバーを羽織るとミリタリー風も完成する。

このような考え方で、スウェットを活用することをお勧めしたい。

実際にスウェット系のテーラードジャケットとパンツであれば、予算は1万円程度で上下のセットも手に入る。

40代男性ファッションメンズ冬のおすすめアイテム

決して、ダサいと言わせない。

堅苦しいとも思われない。

安っぽいとも感じさせない。

このような配慮にデザインをテーラードにしているからこそ成り立つ。

上手に高いモノではなく、着回しのしやすい素材選びとして活用してみてください。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク