デブファッションメンズ夏

スポンサーリンク



デブになった!

とうとう夏が来た!

メンズアイテムも夏はtシャツにパンツくらいしかアイテムがない。

服は、春夏秋冬を問わず、皆に悩みをもたらす。

コーデ。

オシャレ。

メンズブランド。

トレンド(流行)

こんな響きにメンズファッションブランドもさまざまなアイテムを必死に夏もアピールをして、人気を集めようとする。

しかし、一方でサイズに悩む理由として体型を掲げる人も多い。

太った。

男性で言えば、以下のような言葉が典型例。

中年太り。

ポッコリお腹。

こんな響きに該当すると自分で自覚がある時には、夏のメンズファッションと言われてもアイテム選びが楽しめない。

コーデなんてどうでもいい。

誰も自分を見てカッコいいなんて思わないだろうし!

太った感が強すぎて人前に出る気力もない。

照りつける暑さもあって、どんどん着こなしもオシャレから遠ざかっていく。

所詮、服。

されど、オシャレを着こなしを必要とする時だけは、体型を問わず、サイズやアイテムを着こなして見えるではなく、魅せるに変える。

こんな考え方をご紹介していきたいと思います。

このサイトでは主に40代メンズファッション

40代男性ファッションについても、以下のような内容を書いています。

40代ファッションメンズ春コーデ

スポンサーリンク


40代ファッションメンズ春コーデ|デートにダサいを防止する注意点

40代男性ファッション夏ユニクロ

夏メンズファッション40代男性ユニクロ活用法画像付|デートコーデ注意点

40代男性ファッションコーディネート夏猛暑

40代男性ファッションコーディネート気温35度以上のモテ要素

40代ファッションメンズ秋コーデ

40代ファッションメンズ秋デートコーデに女性にウケる色選び

40代男性デートコーデファッション冬

40代男性ファッションメンズ冬要注意3アイテムと1万円台成功法

40代guメンズ

40代guメンズコーデ!デートでもダサいと言わせないコツと注意点

40代男性デートファッションの誤解

40代デートファッション男性のよくある誤解と自分らしさの探し方

40代ファッション男性ダサい回避と女性目線

40代男性ファッション日本人がハマるダサい典型例と回避策優先順位

40代男性ファッション太め

40代男性ファッション太めの強みと弱点|使いこなすのがオシャレ

40代ファッションメンズブランド

40代ファッションメンズブランドを選ぶ基本と注意点|個性の演出法

40代男性ファッションカジュアル

40代男性ファッションメンズカジュアルを意識する注意点と優先順位

40代ファッションメンズジャケット

40代ファッションメンズジャケットで女性受けの良い選び方と注意点

40代ファッションメンズ秋コーデ

40代ファッションメンズ秋デートコーデに女性にウケる色選び

40代男性ファッション靴

40代男性ファッション靴選びでダサい失敗典型例や注意すべき点

40代ファッションメンズブランド

40代男性ファッション向けブランドって何がおすすめ?

人気のブランドはランキングからチェックするべき?

女性ウケの良いビジネススタイルってやっぱり高級系?

こんなブランドに対して変な先入観を持っていませんか?

40代ファッションメンズブランドを選ぶ基本と注意点|個性の演出法

40代ファッションメンズデブ

40代ファッションメンズデブ体型も簡単!デートコーデのコツ

40代ファッション通販安い

40代ファッション通販安いし無難2018注目はどこ?

ぽっちゃり、おデブ、でぶ。

こんな響きにまずは惑わされることがないようにしてほしいと思っています。

服を着ることは、体型でオシャレが変わるのではない。

着こなしというのは、自分をどう見えるように外見を作るか?

女性で言えば、化粧と同じこと。

シャツ、パンツ、デニム、インナー等所詮は太っていようが細かろうが結局は、貧弱に見える服の着こなしもある。

男性が体型を気にし過ぎて、服を選ぶ事に気を遣う。

これはある意味、まとめ方を知らないだけの気がします。

私のサイトは、40代の仕事と人生を軸に、ファッション,恋愛,結婚,髪型等と同様に、個性を活かし,自分らしく生きるための情報をご紹介しています。

ファッションは、単純。

シルエットを問わず、カッコいい人は、自分の体型に合わせるというパーツの考え方を良く知っている。

肌の色

髪の色

骨格の癖。

自分の立つ、座る、歩く時の姿勢

こうした1つ1つを分析しながら、似合う人をモデルにしている。

だから、商品は、紹介されたそれぞれがカッコ良く見える。

インナー、トップスなどの商品は、それぞれカジュアル、スポーツ、ビジネス、ストリートなど場所ごとに色も素材もサイズ感も変わる。

さらに、2017.2018など年度ごとに、世代向けのアイテムも出てくる。

こうした全体的な服という業界をみれば、考え方も見えてくるはず。

今回の記事では、デブファッションのメンズ夏アイテム選びとして、世代を問わず伝えたい内容を以下の項目でご紹介していきます。

夏メンズファッションデブに多い誤解

夏メンズファッションデブの参考資料

まずはデブという言葉をあまり気にしない事を前提にしてほしい。

まとめ方と魅せ方。

この2つをまずは大きいサイズの商品を探すつもりでご覧ください。


スポンサーリンク






夏メンズファッションデブに多い誤解

デブファッションメンズ参考

日本ではデブとかハゲとかまるでどこかで人のコンプレックスの一部のように扱う言葉が非常に多い。

スポーツ選手や芸能界の人に対しても平気でハゲたとか激太り等とネット上に書き込むような人がいるのは本当に残念な国だと思ってしまう。

デブという言葉を今まさに悩む人が、必死に自分の体型をカバーするまとめ方を学ぼうとする。

この考え方がそもそもの誤解であることをまずは伝えたい。

夏もデブのメンズファッションと考えるな!

デニムコーデ。

パンツコーデ。

このような服装のまとめ方をカジュアルコーデで考える。

この時に伝えたいのは、あくまでカバーという考え方は気にしなくて良い。

なぜそう言い切れるのか?

実際に、スポーツで考えてみてほしい。

単純に印象的に残せるアスリートと言えば、相撲業界。

引退会見などに出た時。

大きいサイズ系のスーツを着こなす。

インナーもシャツも普通にビジネスで使えるような白のワイシャツ。

ネイビーや黒のスーツ。

このような合わせを多くの人がテレビなどで見ている。

この時の服装は、春夏、秋冬を問わず、使っている服がいくらオーダーメイドでまとめられたとしても、スーツとしておかしいと思えるだろうか?

あくまで定番のスーツスタイル選び。

こう簡単にくくった中で考えたら、着ている服の首回りが変でなければ、何も違和感がない。

トップスも肩に合うサイズ選びがあれば、問題ない。

つまりは、サイズ感で首、腰、腕などの身体のシルエットで見える部分があっていれば何も変な服装にはならない。

夏デブのメンズファッションを探すな

あくまで大きいサイズになった。

色が変わるわけでもない。

春夏に合わせるシューズは、定番で20代30代40代を通じて全体で考えても使ってる靴は、単にビジネスかカジュアルかの違い程度。

結果的におしゃれとは、自分の選びやすい色とサイズに間違いがなければ、合わせる意識は痩せてる時も変わらないのです。

 

夏メンズファッションデブの参考資料

デブファッションメンズ参考資料

春夏のアイテム探しで、自分にとって今年の夏は、前より太ったと明らかに実感をした。

この時、ネットを使ってどんなサイトから何の情報を選び参考にするのか?

この点は、非常に選び方としても実際に合わせる時にも大切にしてほしい点がある。

夏メンズファッションデブサンプルの探し方失敗例

まず参考にしてほしいのは、おしゃれスタイルを紹介するようなサイトではない。

何故か?

例えばショップなどに紹介されているスタイルは、ちょと別の視点が必要になるから。

具体的に言えば、デザイン。

先ほどお伝えしたように、ファッションの基本は、その人の体型のラインや歩き方、肌の色などが大切。

同じ黒を持っていてもどこかおしゃれに合わせる事ができる人もいる。

しかし、同じ色を合わせる画像でも完成とは思えない人もいる。

別に、おかしいということではない。

どこかしっくりこない。

このような印象を持ってしまうことがある。

特にボーダーやポイント系のイラストなどをあしらったデザイン系tシャツスタイル。

このようなメンズコーデの場合は、あくまで小物を持っているようなアイテム選びやスニーカーとの相性等も必見。

自分が持っていないようなパンツ、スニーカーとの合わせを使ったアイテム紹介では、いくらメンズコーデで紹介されていてもあまりイメージがあなたと重ならない。

夏メンズファッションデブサンプルの探し方成功法

特に私が新しいジャンルの服を楽しむ時、着こなす事ができるかどうかを考えた時に特に参考に使っていたのが、アジア系ファッションサイト。

そして、痩せ型から、太めの感覚のトレンド周りを一通りいろいろなコーデ術として見ていく。

ブラック系やストリート系等をただ眺めるのではない。

最適なタイプを探し出し、肌の色などが近い条件を探してる。

この様な感覚で私は毎回新しいジャンルの服を見ている。

トレンドでもキャップ1つでも同じ。

なぜこれが成功と言えるのか?

単純に今太った事を悩む人でも周りには少ないとしても、もっと広い世界観で見たら簡単に多くの俳優などでも体型の大柄な方はいる。

その中でもアジア系の肌の色は、比較的日本人にも近い。

よって、同じモノトーンをまとめるとしても、そこまでギャップを感じない。

その色合いが分かれば、カラーが似た感覚のコーデを採用する事も可能。

または、その人の太り方の特徴が似ているなら、そのシルエットをサンプルにして、ショップのページを閲覧する。

こうした考え方なら、失敗が出にくい。

スポンサーリンク