スポンサーリンク



「婚活の初デートって何を着ていくべき?」「男性の好みに合わせるべき?」「自分の好きな服を着ていけばいいの?」こんな悩みを持つ人は多い。

春夏秋冬と季節ごとの悩みがあります。

薄着になる季節の露出度への不安。異性からの目線が気になる。季節を問わず冷え性に悩む女性も多い。

でも意外と簡単に考えるほうがうまくいくのです。

婚活初デート関連記事一覧。

婚活初デート会話ネタの作り方

スポンサーリンク


婚活初デートの会話が続かない悩み!誰でも簡単にできる解消法!

このサイトは、40代男性女性が自分の個性を活かし、自分らしく生きていくための考え方をご紹介しています。

20代30代とは違う大人の自分を演出したくなる世代。

でもまだ気持ちの上では若い時から好きだった自分のこだわりを捨てたくない人も多い。

最新のトレンドや流行を取り入れるのも女性はたしなみの一つとなっている。

でも相手の男性には女性の流行なんて伝わることは少ない。

ではどうする?

今回の記事では、婚活初デートの女性の服装で心掛けるべきポイントを以下の項目でご紹介していきます。

婚活初デート女性の服装の選び方

婚活初デート女性の服装の注意点

婚活初デート女性の服装と個性

実際に婚活をしている女性へアドバイスをさせていただきました内容を含めて今の時代に沿った考え方をご紹介していきます。


スポンサーリンク





婚活初デート女性の服装おすすめ

何よりオシャレは楽しむもの。

自分らしくかわいいとかきれいを演出する。

女性なら、多くがトレンドや流行を意識したい!

だけど初デートのためにそこまでお金をかけたくない!

だったら、今の時代はレンタルでオシャレを楽しむ時代。

自分らしいオシャレをレンタルで楽しむ方法

 

婚活初デート女性の服装の選び方

婚活初デート女性の服装

春夏秋冬それぞれの季節に出会いや恋愛のデートがあります。

この先もし相手の男性と一緒に過ごす時間が増えたら?

「初デートでファッションセンスがないとか思われない?」

「やっぱり誰かのおすすめとかを参考にするべき?」

こんな悩みに個性を活かすポイントをご紹介していきます。

女性の服装は色が重要

最近は、ファストファッションが中心。ブランド品や高価な装飾品を身につける人は減ってきました。

立場や品位を求められるパーティーでも出席者の意識の高さ次第でかなり服は変わってきている。

お気に入りの一着を大量に購入する人も珍しくありません。

でもそういう人も必ず意識的に選んでいる対象があります。

それが、色。

パーソナルカラーという言葉を使い、自分の印象をどう伝えるのか?

これが非常に重要になってきました。

男性の好みは無視?

パンツ系でもワンピースでも同性同士のランチやディナーなら気にする事はありません。

しかし、異性と会うためなら?

この場合も特に選び方にあまり気を遣う必要はありません。

問題はあなたのその日のモチベーションや気持ち次第。

女性は体調にも変化が多い。

普段はスカートが多い自分でもその日はパンツのほうが落ち着くということも普通にありますよね。

この時に無理をしてスカートをはくことは自分を偽ることにつながります。

すると、どんなことが起こるのでしょうか?

 

婚活初デート女性の服装の注意点

婚活初デート女性の服装選び方注意点

自分に嘘をつく。

これは正直、これから先のことを考えるとng。

なぜかをご紹介していきます。

最初が全てを決める部分

「初めて会った時のあの感動はどこへ?」

1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年と出会いから時間を経過させて恋愛を楽しむ彼氏彼女になった時間。

この時に、最初の雰囲気で与えた印象で男性が自分のことを好きになったとしたら?

自分にとっては、服そのものが悩みになってしまうケースもあります。

第一印象が良かったのに今では・・・。

雰囲気的にあの格好が好きだったのに・・・。

ちょっと無理をしたら、少しでもイメージが変わったと思われてしまうことを恐れるようになる。

こういう失敗もかなり多いのです。

だからこそ、最初が肝心。

あなたが自分の好きな服を自分なりに着こなす。

これがとても大切なのです。

 

婚活初デート女性の服装と個性

婚活初デート女性の服装選び方と個性

実際に私は今の妻も娘たちの服装も全身カジュアルからパーティー用までコーデを考えています。

私は常に男性が女性を引き立てるパーツだと伝えています。

妻と出会った頃もこれはずっと同じです。

その自分がカジュアルが好きな女性にアドバイスをさせていただきました時の口コミをご紹介していきます。

丈と露出と見た目

彼女は見た目としてもボーイッシュな服装を好む方でした。

常にデニムばかりを好み、メイクも暗めの色を好んでいるのが特徴でした。

当然、婚活パーティーのような場所での活動は無縁状態。

何か自分にできるタイプはないかといろいろなコラムでアイテムを探していた。

でも全く自分が来た時をイメージできる対象がなかった。

そんな時に私が伝えたのが、カジュアルを活かすということ。

それは、以下のパーツを上手に活用すること。

  • 鎖骨
  • ヒップライン
  • 手首
  • 足首

男性が女性に対して見た目に魅力を感じるのは、単純にパーツです。

どう見えるかは好みに対して派手かどうかくらい。

これは色で判断されることが多いです。

白は清楚系?パステルカラーなら?原色系は?こんな感じにしかわかっていないのです。

だからこそ、パーツを活かすことが重要。

その結果、自分のどこが見えることなら問題ないのか?

この答えにこだわることが大切。

これだけで自分らしく見えるコーデが完成します。

初対面の時のポイント

時期に合わせた男ウケを狙う。

これって正直あまり私からはおすすめできない典型例。

もちろん、男性はAラインを好む人が多いです。

  • 女性らしいシルエット
  • 男性にはないパーツの強調

こうしたことを求めるのは季節を問わず変わりません。

しかし、最も無難なコーデをチョイスするなら、TPOのほうが優先。

時間は昼か夜か?

食事の場所は、ラーメン屋?サイゼリア?居酒屋?焼き肉屋?イタリアン等のレストラン?

たったこれだけのことでもかなり着ていく服装は変わるはず。

つまりは、場所ごとで悩むというのが一般的な考え方。

無難を目指すなら、1回目のデートでどこに行く?

この場所のインスタ等の画像を見ながら、どんな演出をしたいのかを考えるほうが正しいのです。

身だしなみの基本的な考え方

私がよく奥さんと一緒に出掛ける時意識するのは以下の要素。

  • 会話がしやすい服装
  • 移動の時に困らない靴
  • 汚れを気にしなくて済む素材

この3つを心掛けるようにしています。

もちろんその場に入った時に空間に合わせることが最優先。

なので、アクセサリーやバッグ等小物は、1つだけを強調。

こうすることで、自分自身がどこで会うとしても簡単に自分の事を管理しやすいのです。

女性の年齢を問わない身だしなみとは何か?

ファッションで言えば、その季節ごとのメインカラーを取り入れる。

たったこれだけで良いのです。

シンプルに考えて、別に男に好かれるとか嫌われるなんてことを考える必要はありません。

正直、結婚してからは、毎日きちんとしているなんてことはないのですから。

最初に思っていたのとまるで別人。

この言葉はお互い年を取れば同じこと。

自分が今大事にしているこだわりから選んでもらう。

このほうが初対面のお相手に対して自分らしく振舞えるのではないでしょうか?

スポンサーリンク