スポンサーリンク



  • 中途採用の面接って何を準備すればいいのだろう?
  • 面接なんて昔の話すぎて思い出せない。
  • 中途採用で求められる人材ってどんな条件があるの?

こんな悩みを解消します。

私もかれこれ10年ほど企業の人事や新人教育担当を経験。

その後、企業向けの人材育成や求人Web広告のコンサルティング活動をしています。

転職活動関連記事。

転職活動に疲れた

スポンサーリンク


転職活動に疲れたと嘆く人の特徴|落ち続けた時にまずやるべき事と注意点

転職活動は辛いし厳しい?難しい悩みの正体

スポンサーリンク


在職中の転職活動は辛いし無理?難しいと感じる理由とコロナ禍を生き抜くコツ

休職中転職活動がうまくいかない原因

転職活動うまくいかない人のやり方|在職中や休職中の悩みと解決法

転職活動期間目安

転職活動期間目安|20代30代40代年代別注意点と短くするポイント

今回の記事では、中途採用で企業が求める人材について、以下の目次でご紹介します。

企業が中途採用に求める条件

業種や職種による違い

求められるタイプと職種の相性

 

企業が中途採用に求める条件

採用試験【筆記試験の内容や目的】

企業側が何を見ているのかを知ることが合格を勝ち取る近道。

コロナ禍での変化

  • バブル世代
  • ゆとり世代
  • Z世代
  • α世代

生れた時期ごとにカテゴリで分類し、それぞれの世代の考え方や生き方を観察している。

昨今、日本経済では、以下のような問題が浮上している。

  • 規模の縮小
  • 経済成長の鈍化
  • 国際競争力の低下
  • 労働人口の減少

昔のような勢いがない。

ベンチャー企業は成果主義で体育会系スタイルを貫く。

こんな状況下では、「組織目標を達成するため」には、企業の犬になってくれる人を求めていることも多いと感じてしまう。

柔軟性とは

マーケットの変化についていけない企業も多い。

  • 今までのやり方に固執している
  • 新しいアイデアを生み出せない

こうした会社では結果的に、グローバル展開や他領域へのビジネス展開を目指すことは困難。

だからこそ、新しい風を入れたいと考える企業も出てきました。

外向性とは

「決められた仕事」にとらわれない考え方が求められている。

新しいビジネスの可能性をいち早く発見する。

その産業や市場でどうすれば勝てるのか?を考える。

つまり、広い視野と柔軟な発想を持つ人が求められている

 

業種や職種による違い

オンライン面接の回数

業種、職種といっても、さまざまな仕事があります。

  • 営業
  • 販売
  • 事務
  • 配送
  • 金融系
  • 医療、介護
  • サービス業

先ほどご紹介した「外向性」「柔軟性」以外にも「積極性」という言葉もあります。

積極性が求めらる業種の特徴

わかりやすいのは、個人成績に関係する職種。

例えば、営業職。

つまり、接客の多い仕事の中でも、個人が成績を伸ばせるかどうかで企業の業績が変わる。

こんな仕事で求められるのは、常に周りを蹴落とすくらいの覚悟と行動力。

機敏性とは

ビジネス業界には「アジリティ」という言葉があります。

  • 動作の素早さ

英語では、「素早い」を意味します。

つまり、判断から行動までの時間が短い人を意味します。

さらに、判断や動作が正確であるかどうかも重要になります。

機敏性が求められる仕事は、全体の中では、少ないように見えます。

中でも、金融系職種では、求められる傾向があります。

サービス性

サービス性とは、提供者が契約条件を満たす能力。

信頼性、保守性などを兼ね備えています。

個人向け、法人向けサービスを問わず、「人」と関わる仕事全般に求められる。

サービス性を求められる職種は、技術職や販売業、金融系、クリエイティブ系、アシスタント系に多い傾向があります。

 

求められるタイプと職種の相性

中途採用で求められる人材

今の自分には何ができるのか?

これまでの経験をどう活かせばいいのか?

こんな悩みを抱えている人は多い。

中途採用に求められる3大要素

  1. 積極性
  2. 外向性
  3. 柔軟性

上記の3つがほぼすべての業種、職種で意識されています。

まずはあなたの「やる気」を企業に伝えることが重要です。

 

未経験で異業種転職できる可能性

40代男性には未経験やゼロ多発!

これまでに経験がない業種、職種にチャレンジして人生が変わったという人は多い。

反対に、異業種に参入して、すぐに退職する人もいます。

仕事が続かない人の特徴と簡単にできる対策法体験記

適性検査を受けてみる

人間には、自覚していることと自覚していないことがあります。

潜在的な能力やうわべばかりの人を見抜くために採用されているのが、適性検査。

  • 行動
  • 志向
  • 情緒

などその便物の特徴を理解するために筆記試験に導入する企業も多くなっています。

他にも、能力適性検査という方法もあります。

  • 文章理解能力
  • 数的処理能力(計算能力)
  • 論理的推理能力

などを測定する試験です。

新卒採用と比較すると、職務経験やスキルを重視されるのが中途採用の特徴。

つまり、その人の本質を見抜くために客観的なデータを収集しているのです。

 

転職に有利な資格と無意味な資格

役に立つ資格と無意味な資格

資格取得は本当に将来の役に立つのか?

この答えは、需要と供給、今後の企業の成長の可能性次第。

昔からある資格の価値

大学を卒業し、専門の知識を求められるのは、一部の資格のみ。

国家資格のみは決して強みとは言えません。

なぜか?

例えば、クリエイティブや編集、企画、コンサルタント等の仕事の場合は、求められるのは経験から学んだこと。

つまり、有資格者だから即戦力になるとは言い切れないのです。

 

学歴と中途採用の壁

学歴不問も多い

学歴が関係する仕事は、ずばり専門知識が求められる職種。

学歴不問の意味

学歴不問となっている職種、業種は、まだ歴史が浅いものも多い。

具体的には、44%が大卒以上を求めているというデータもあります。

しかし、自頭力があっても「知的好奇心」「論理的思考力」「直視力」がないとついていけないという結果も出ています。

例えば、Webマーケティングなどの仕事が代表的。

専門知識や教育カリキュラムが存在していない時期が長かった仕事。

この場合、学歴よりもその人がその業種、職種にどれだけ積極性があるのかのほうが重要です。

スキル重視の仕事

技術系の仕事の中には、国家資格が存在しない業種もあります。

以前には、大卒の資格が不要で短大卒で資格取得が可能だった資格もあります。

つまり、資格よりも現場の経験や知見が豊富な人を採用したいというケースもあります。

このように、職種や業種によっても大きく異なります。

まずは自分のやりたい仕事はどういう人を求めているのか?

この点を素の企業のHPや退職者の口コミ等から推測することが重要です。

スポンサーリンク