スポンサーリンク




ファッションアイテムは年齢に応じてオシャレのセンスが問われるのか?

サイズ感が合わないのは見せるコーディネートになっていないのはメンズもレディースも同じ。

過去に愛用していたアイテムでも明らかにサイズアウトしているのに、お気に入りのブランドやジャケットだからと着てしまうのは間違い!

でもだからと言って今のファッションアイテムを見たり、着こなし術をブランドのサイトから見てもよく分からない。

人気アイテムやブランドなんて記事も仕事で家と職場の往復生活をしている男性にとっては、イメージができないのも無理はない。

中年太りをした後のオシャレってどうしている?

これまでにもデブとかがっちり体型のメンズファッションコーディネートについてご紹介してきました。

がっちり体型ファッションメンズ冬モテる

ガッチリ体型ファッションメンズ冬のダサいとモテる決定的な差

40代ファッションメンズ春コーデ

スポンサーリンク


40代ファッションメンズ春コーデ|デートにダサいを防止する注意点

夏メンズファッション40代男性ユニクロ

40代男性ファッション夏ユニクロ

夏メンズファッション40代男性ユニクロ活用法画像付|デートコーデ注意点

40代ファッションメンズ秋

40代ファッションメンズ秋コーデ

40代ファッションメンズ秋デートコーデに女性にウケる色選び

40代男性ファッションメンズ冬

40代男性デートコーデファッション冬

40代男性ファッションメンズ冬要注意3アイテムと1万円台成功法

40代guメンズコーデ

40代guメンズ

40代guメンズコーデ!デートでもダサいと言わせないコツと注意点

40代男性デートファッションの誤解

40代デートファッション男性のよくある誤解と自分らしさの探し方

40代男性ファッション太め

40代男性ファッション太めの強みと弱点|使いこなすのがオシャレ

40代ファッションメンズブランド

40代ファッションメンズブランドを選ぶ基本と注意点|個性の演出法

40代男性ファッションカジュアル

40代男性ファッションメンズカジュアルを意識する注意点と優先順位

40代ファッションメンズジャケット

40代ファッションメンズジャケットで女性受けの良い選び方と注意点

ジャケットメンズ着こなし40代

ジャケットメンズ着こなし40代

ジャケットメンズ着こなし40代が難しい?簡単にそろえるコツ

40代男性ファッションカジュアル冬

冬40代男性ファッションカジュアルでダサいとオシャレの決定的な差

40代男性ファッションジーンズ誤解や注意点

40代男性ファッションジーパン選び方失敗注意点と成功のコツ

春夏秋冬の季節感。

見せるオシャレって何?

ブランドをいしきしなければいけないの?

色に気を使えば、痩せて見える?

スーツでもジャケットでもコートでも太っている人がお洒落を楽しめないというのは間違い。

ダサい男の特徴は何か?

tシャツやシャツを使ってもデニムを使っても結局はダサい人とかっこよく見える人には何が違うのか?

リアル40代になる自分がシルエットという言葉にとらわれ過ぎない簡単にまとめあげるポイントをご紹介していきます。

私のサイトは、40代男性女性が個性を活かし、自分らしく生きるための情報をご紹介しています。

20代30代40代と世代を問わず、多くの人が気にしているのは共通点もある。

仕事、恋愛、結婚、ファッション、プレゼント、貯金。

周りの人からの印象やイメージを気にし過ぎてせっかくの自分の個性を活かしきれない。

そんな悩みの典型例は、ファッションだと思う。

人、モノ、お金、時間という4つのバランスで、自分の印象をどう相手に届けるのか?

白、黒、ブラウン、グレー、ネイビー、ブルー、ピンク、ブルーなど男性が参考にする色はある程度まとめる上でも偏りがある。

そうした中で中年太りを気にしないファッションコーデを以下の項目でご紹介していきます。

中年太りメンズファッション春のコツ

中年太りメンズファッション夏のコツ

中年太りメンズファッション秋のコツ

中年太りメンズファッション冬のコツ

自分の今の悩みは体型だ。

こんな人には、まずは何を意識しておくことが大切なのか?

人のスタイルを気にするよりも今の自分の全身をどう活かすか?

こんな視点でアイテムではなく、思考を取り入れてみてください。


スポンサーリンク






中年太りメンズファッション春のコツ

中年太りファッションメンズ春

春のシルエットは、私が思う中で、1番シンプルさの中にデザインやまとめ方に差が出やすい季節だと思っています。

春の雰囲気をどう伝える?

秋の涼しくなった時と違う難しさは何か?

こんなポイントを含めてご紹介していきます。

中年太りメンズファッション冬のダサい典型

特にまとめ方で中途半端な典型例になってしまうアイテムがある。

それは、以下のリストにある商品。

  • スニーカー
  • コートやジャケット、カーディガン
  • 細身を選ぶ人

上記の内容には何がダサいという雰囲気を漂わせるのか?

ポイントは以下の通りです。

スニーカーの柄やデザイン、厚みが明らかに秋冬のバランスになっている人。

コートやジャケットが肩から胸、腹にかけての着用した時のシルエットがサイズアウトしているのが分かる状態。

細身を無理に選部事で太った部分が丸わかりになる着用方法。

さらに、この系統にインナーをあえて黒など着やせを感じさせようとしている人はさらにセンスが悪すぎる方向に向かっていく。

これって、まさに選ぶというよりも、結局は前に持っていた物をラインが変わったのを承知で着ているとしか女性からは見られない。

女子はこういう時にこう心の中で感じている事が多い。

「春先用のアイテムなら冬のボーナスや初売りで新しいモノ少しは買わないのかな?」

明らかに少し前には、選びやすいボーナスセールも新春セールもあったはず。

この期間にも何も購入した様子がないというのは、やっぱり女性はトレンド向けを中心に意識しているからこそ、せめて少しは替えようよ!というイメージを持ってしまう。

 

中年太りメンズファッション夏のコツ

中年太りファッションメンズ夏

夏は見せる体でもない人にとっては、着るものが少ないことがリスクと思われているケースも多い。

しかし、単純に選び方一つでアイテムなんて簡単にイメージも変えることが出来る。

夏に差をつける部分は何?と言われたら私は間違いなく、手首、足首、首の3パーツに注目をする。

夏に中年太りメンズファッションが注意するポイント

夏は単純にパーカーを着るのも難しいような重ね着ができない季節と思い込んでいる人も多い。

しかし、徐々に気候だけでなく、エアコンや室内環境も気温差がおおきくなりがちになった。

結果的に、必要以上に服を減らすことで、ちょっとした女性の寒さ対策にも何も準備ができない状態になっている男性も多い。

単純に、何か簡単に羽織れる物を持っているだけでも手持ちのアイテムで差をつける事が可能。

さらに、持ち合わせるアイテムには、素材に注意を向けて購入するのもオシャレの差が大きくなる部分。

  • 綿100%を使ったら、次は麻混を使う。
  • 手首や足首にアクセサリーを選び活用する。
  • 夏の風物となるような涼しげな帽子(ハット)を選ぶ。

このようにちょっとしたアイテムの差が多く出せる。

しかし、何もかもをやってしまうと、20代30代のやんちゃな子供と同じになってしまう。

あえて、中年太りというちょっとした体型が大きくなったラインをごまかす演出。

そのパーツに一番細くなった部分に目を向けやすくする。

これがポイントになります。

 

中年太りメンズファッション秋のコツ

中年太りファッションメンズ秋

春の服ももう使わない。

デブと思われないようにカバーするようなこともしない。

秋冬の今年のトレンドを色、柄、デザインなどから特徴を学ぶ。

ダイエットを無理に考えない。

このようなポイントを意識しながら、定番を活かすコツを秋のポイントでご紹介していきます。

秋は大人の手入れで差をつける

秋に使うアイテムは、冬の準備も兼ねている。

40代で紳士に見える人の合わせの多くは、チャラチャラとブランド名を見せつけるような持ち物を持参していない事。

  • 財布、バッグ、靴、ベルト、シャツもブランドロゴは基本出さない。
  • 洋服は基本スッキリ見せるために素材感でシワ感が出にくい物を選ぶ。
  • 体型カバーを考えるなら、テーラードジャケットから大きめで冬の重ね着も対応できるようにしておく。

このような内容を意識するのがコツになります。

単純に秋冬は、首にもストールやマフラーを使うような季節。

足元にもブーツなど足の形よりも靴が目立つような時期になる。

当然、この時に細く見せるという事はある意味、チョイスとしてngパターン。

より自然にアイテムをプラスできるコーディネート。

この感覚がないと、重ね着や寒くなってきたときの対応に戸惑いを出すような服装ではとてもモテるコーデとは言えないのです。

 

中年太りメンズファッション冬のコツ

中年太りファッションメンズ冬

冬本番となって、寒波が訪れるような季節。

イベント関連で人が外出を好み、さまざまなスポットに足を運ぶ季節。

こうした季節は実際にかなりかっこいいと思う人とダサいと格付けされる男性が女子の中でも明確化される。

その根本は何か?

冬こそブランドを捨てた大人がかっこいい時代

いつの時代にもいますよね!ビジネスもプライベートも関係なしにブランドモノぶら下げて歩き回る一人の中年。

こういうタイプの人を見ると、以下のような特徴もある。

  • 体型は細目で高身長
  • なのに靴からストールからあからさまに目につくブランド志向。
  • 似合わないとかの問題の前に年齢考えたら?と思われる感覚。

人目を少しは気にした方がよいのでは?と思うような場違いな服装を独りよがりにおひとり様で悠々と歩いている。

こういうタイプを見ても女子はもうあまり近づきたいとは思わない時代。

より、年齢を感じさせないどこかミステリアスな貫禄。

ウエストもあえてそのままできちんとベルトもそのサイズに合わせたベルトやパンツ。

派手ではない、王道な通年いつでも見慣れた色。

このような当たり前をスッと着こなす人こそが、かっこいい大人。

別に年齢が40代から50代になっても同じなんです。

別に痩せる事が好きならダイエットしてカッコよくなりたいのも止めない。

しかし、冬は逆にきちんと食べるという習慣が女子にとってもデートやイベントで楽しめる。

こうした時にあまり気負いさせるような空間を作るようなスタイルはかなりダサい。

変に似合わないかもと考えたり、ぽっこりお腹を隠すタイプに変えるのは間違いなんです。

ただ単にその分をサイズを上げる。

正直、ビジネスでもプライベートなカジュアルでもほとんどオシャレの基本は、太っている人も痩せている人も同じ。

あまりにも痩せている人の方が最近は不健康な感じにも見られやすくなっている。

体型。

この言葉にどこかコンプレックスを抱くような感覚があるなら、もうそれは古い。

2019年、2020年と東京オリンピックが近づくに連れ、色々な国や地域の人が訪れる。

日本人との差は何?

この答えは、別に体型なんてことよりもそのサイズに合った服を自然に着ている事がかっこいいんです。

隠す、体裁を整える。

この意識がある選び方をしている人は、永遠に見せるコーデは出来ないと私は伝えたい。

スポンサーリンク