スポンサーリンク



  • 婚活ってこんなにめんどくさいものだと知らなった!
  • 疲れた、もういい!
  • やめたい

男性も女性も問いません。

20代から60代まで結婚をしたい人はたくさんいる。

でも自分の理想の相手に巡り合えるかどうかは正直誰にも分らない。

そんな時、今気になっている又は交際しているはずの相手が別の相手とも同時進行?

こんな悩みが最近のネット検索で増えている。

過去の婚活関連記事一覧。

婚活同時進行確認のコツ

婚活で同時進行を疑ったら試してほしい確認方法

婚活20代狙い成功法

婚活で20代狙いは失敗が多いのはなぜ?市場変化と思い込みのギャップ

婚活ノイローゼになりかけた

婚活の疲れがノイローゼの原因に?始める時の思考法体験記

マンションローンと婚活

マンションローンと婚活成功ノウハウとリスク|体験ブログ

婚活なのに人を好きになれない

婚活で人を好きになれない女性の悩みを解決する簡単な方法

中高年の婚活

中高年の婚活や出会いにおすすめと注意すべき点

婚活がしんどい男女の改善策

婚活がしんどい男女の共通点と簡単な脱出方法

婚活楽しくない体験記

婚活が楽しくない時どうすればいい?脱出法を成功者が解説

婚活向いてないを脱出した体験記

婚活に向いてないと悩む男女の相談対応体験記|克服するための考え方

婚活で会うのが面倒

スポンサーリンク


婚活なのに会うのが面倒と男に言われないための見極め方や注意点

婚活連絡頻度失敗注意点

婚活の連絡頻度は重要!追ったら負け!相手を虜にするためのテクニック

婚活1回目デートのポイント

婚活デート1回目で相手を見極めるポイントと嫌われないための注意点

婚活から結婚は恥ずかしいこと?

ネット婚活で結婚は恥ずかしいこと?周囲の目が気になる時の考え方

2回目の婚活迷う

二回目の婚活に迷う人の特徴|よくある相談と対処法

婚活スピード婚から8年目

婚活からスピード婚!交際2ヶ月で同棲して3ヶ月後にプロポーズ実践体験記

離婚後再婚はいつから

離婚後の婚活はいつから?新しい家庭と幸せにたどり着いた男の体験ブログ

アラフォー婚活悲惨な体験

アラフォー婚活で悲惨な経験をした人の残念な思い込み!

アラフォー婚活の勘違い

アラフォー婚活に多い3つの勘違い|再婚も初婚関係ない失敗者の共通点

アラフォー婚活の現実

スポンサーリンク


アラフォー婚活の現実|疲れてしまう男女が知るべきこと

アラサー婚活必死な男に要注意

アラサーで婚活に必死な男に要注意!現実が見えていなかった過去の反省ブログ

アラフォー婚活に多い悩みまとめ

アラフォーの婚活に多い悩みまとめ

40代後半からの婚活成功のコツ

40代後半からの婚活|初婚再婚女性共通の心構えと方法を選ぶポイント

バツイチ子持ち女性の婚活

バツイチ子持ち女性の婚活成功と失敗の決定的な差

バツイチアラフォー婚活成功の秘訣

バツイチ子なし男性婚活

バツイチ子なし男性婚活成功体験と失敗した反省点まとめ

今回の記事では、キープされてる時はどう対処しておくべきなのかをご紹介していきます。


スポンサーリンク





婚活でキープされてると思ったら

婚活でキープされてるかもと思ったら

でも相手に確認をしていないから確証はない。

今の自分の中では本命の相手。

恋は切ないですよね。

でもそんな時間の時にこそやっておいて損がないことがあります。

自分の行動をメモする

まず気持ちを落ち着かせるというのは難しいのはわかっています。

なので、何か行動をする事で自分の中の気持ちを整理する方法をご紹介していきます。

それが、以下のような行動。

  1. 出会いからの彼(彼女)の行動を全て思い出す
  2. 時間の特徴やデートの頻度、回数、感覚なども思い出す
  3. 気持ちを引き寄せられた瞬間を思い出す

まずは1度自分の中の相手への気持ちを考えるのではなく、メモをして残します。

その記録をいったんは何も考えることなく行動してみてください。

1週間後に見直す

最初に感じていたことを自分で複数思い出しながら記入した。

その記録を1週間経過して読み返してみるのです。

すると、以下のような点に気付くことが多い。

  • 自分の記憶と少しずれがある。(日付や時間等)
  • 抜け落ちている事項があった(感情や言葉、lineのやり取り等)
  • 少し自分の書いていることに違和感がある(好きなところなど)

この違いがなぜ起こるのか?

ここが非常に大切なポイントです。

状況で記憶が錯乱する

恋愛に限った話ではありません。

仕事でもプライベートな時間でも同じようなことは起こっていると思います。

例えば、自分が急いでいる時に、支度をしている中で、物を探すという行動。

この時、もう既にその前に気になったタイミングで全てを支度してあってもその内容を忘れていることってありませんか?

これと同じように、今目の前にある話にばかりとらわれてしまっている。

実はそんなに相手のことをそこまでしっかり覚えていない。

その相手に自分は真剣とか本気と自分の中で思い込んでしまっている。

こう考えるようになるわけです。

 

婚活でキープされてる時の心の整理術

婚活でキープされてるかもと感じた時の心の整理術

「自分の中で焦りがあるのはよくわかってる。」

こう話す女性は多い。

しかし、他の女に取られてよいわけではない。

これはある意味女のプライドが傷ついたと思うような感情。

実際に妻も過去の彼に同じようなことをされたという経験を持っていました。

年下が全てってことでしょ

当時の彼と妻が付き合ってる時には、付き合いとしても別にトラブルなどもなかった。

出会ってから頻回にデートを重ねて楽しい時間を過ごしていた。

しかし、ある日突然彼の様子が変わってしまった。

  • 会いに来なくなった
  • 連絡の頻度が減った

出会った頃とわかりやすい変化にそろそろ何かあった可能性が高いと思った妻はその後事実を知った。

年下の若い女性と会っていたというのを聞かされたのです。

情報の整理は必要ない

でもこの時妻は不安を感じたのではなく、こう思うようにしたそうです。

「若い子が良ければそれでよし。どうぞお幸せに」

言い訳?事情?

そんな感情が全くなかったそうです。

なぜか?

当時、妻はこう考えていたそうです。

  • 所詮は他人。
  • 結婚相手になる予定とか決まっていたわけではない。
  • お互いが今一番幸せになれる相手と一緒にいるべき。

すごい割り切り方だと思いますが、でもこれが一番女性が魅力的になれる行動だと私は伝えたい。

振り返るとか追いかける。

この行動に意味も価値もありません。

もちろん追いかけたいほど好きだったという気持ちもあるはず。

でも過去の失恋でも似たような思いをした上で今の恋をしているのでは?

この経緯から考えると、今のあなたの心をそれ以上汚す必要はない。

 

婚活でキープされてるだけマシ

 

婚活でキープされてるかもしれない

本命ではないサブなんてとても許せる状態ではない。

こう思っているなら、全く違うお相手の話を一つ紹介しておきます。

2回目のデートがない辛さ

男は勝手だ。女は自由すぎる。

出会った相手によっては、男女ともに振り回されて疲れてしまっているケースも多い。

しかし、それはあくまであなたが必要とされていたことが前提の悩み。

利用されていたという言葉のほうが正しいと思う人もいるかもしれない。

でも利用する価値もないと即別れを告げられる人の辛さをあなたは知らない。

まだそのほうがマシと本気で言えるでしょうか?

一番つらいのは、自分の求める気持ちすら、断り前提で対処されてしまう瞬間ではないでしょうか?

付き合う前に、もう初回でngを表明される。

意識する間もない。

食事を1回したのみ。

こんな状態で何人もの相手と時間を過ごしていたら、その後の自分に自信がなくなってしまう人もいる。

正直、こういう人の心理を相談された時のほうが本当につらいと思える。

積極的になってほしいとも言えないほどの過去がある。

こんな人の悩みに比べたらあなたはまだ幸せなのです。

キープされたことをアピール

同時に告白をしておきたいと思えた相手になっているだけマシ。

これが実際に浮気とか不倫という状態であったとしてもすぐに別れを告げられるよりもまだマシと思ってほしい。

もちろんあなたにもうまくいってほしい。

遊びのような対応をしたダメな相手にははっきり何か言ってやりたいとも思う。

でもそういう人は感覚が違う。

糠に釘。

何も届かない。

だったら、違う相手にアプローチをするほうが早い。

信じ続けて待ち続けて傷ついても誰も得をしない。

  • もしかしたら?
  • ある程度時間が経てば。

こんな「たら・れば」を考えるのはやめよう。

そんなことを考えるくらいなら、自分の過去を私のように時間が経ったら、笑い話のネタにするのが良い。

相手を見極めることは難しい。

でもそういう立場になった経験があれば、将来きっとその経験が役に立つときがくる。

そのことを教えてもらうために今の人とは出会ったのかもしれない。

こう思えるようになる日が来ると私は自らの体験から伝えたい。

スポンサーリンク