• 今の彼(彼女)と結婚するべきなのだろうか?
  • 長い付き合いだから今更別れるのもちょっと。
  • 今から新しい相手を見つけるのも面倒

出会いがない,良い人との縁がない等と言っている人もたくさんいる中で、自分には付き合っている人がいるだけ幸せなのかもしれない。

でも今後の一生に関わる大きな決断をしなければいけない。

こんな大きな問いに自分で答えを出すのは勇気も必要。

私自身は、結婚を早くしたいと思っていました。20歳21歳の頃に結婚して、23歳くらいで子どもを持ち、いずれ早く子育てを終わらせるのが理想の人生。

こんな風に人生を考えていたのですが、これは自分の幸せというよりも老後の自分が今より楽になっていたいという願望が強かったのだと今さらながらに感じている。

今回の記事では、自分自身のことは占いでやらないが、人の幸せのために実践したらよく当たると言われた経験から、占いによる答えを気にしている人向けに記事を書いてみたいと思います。

結婚するべきかを悩む時の占いの選択肢

 

占いには、いくつも種類があります。

  • 四柱推命
  • タロット
  • 手相や人相
  • 姓名判断

恋愛や結婚について、今の関係の「何について知りたいのか?」によって、占う項目も大きく異なる。

  • 不倫、浮気の関係から夫婦になれるかどうか?
  • 今の恋人との相性占い
  • 自分の結婚運
  • 相手の仕事運

結局自分の中で今好きな人に何を感じているのか?

この問いに対して、しっくりくる答えが今見つかっていないからこそ悩んでいるのではないでしょうか?

まず何から占うべきなのか?

占いをしているからこそ見えてくる事として、やはりすべてを時の流れてる中で整理してみるなら、易占いは最強です。

十二星座占いでわかる事

私は誕生日(生年月日)からその人の背負っている運を見ていく。

星座占いとは、太陽が十二宮のどの位置にあったのかという事によりその人の性格や相性、運命などを占う手法です。

米国では、国民の1/4が星座占いを信じているとされているほどなじみのある方法です。

ですから、あなたと相手との縁は、運命的な出会いだったと言えるのか?

その相手の金銭面や仕事、性格などにあなたは何をストレスや不安、不満を抱く関係になりやすいのか?

こうしたことを占うことが可能です。

 

結婚するべきかを悩む時の占いの注意点

 

占いの中でも最も注意しなければいけないのは電話占いです。

そもそも占い師というのは、自分の中でその判断ができているのかというのを自らの身近な生活の中で少しずつ人の恋の悩みや不安を聞きながら診断ができるようになっていることが多いです。

しかし、電話占いは少し違います。

規模の大小によっても異なりますが、1分から120分までお客様の任意で対応してもらいながら、1分単位で通話料を後で請求される。

これでは、聞きたかったことの答えを聞くというよりもあなたの情報を確認する作業の中でも料金が発生していることが多いのです。

業歴も短い会社が多い市場

占いは、日本国内においては、陰陽道等が古くから存在していました。

しかし、電話占いを見ていると、市場では4年、8年等まだまだ歴史の浅い会社も数多く存在します。

やはりベテランというのであれば、せめて10年ほどは経験を積み重ねている方が安心と言えるのではないでしょうか?

 

ズバリあなたに伝えます!恋の鑑定

私が現在提供しているのは、初回が無料の対応です。

LINEで無料音声により対応をしております。

その内容を少しお伝えしていこうと思います。

まず重要なのは、あなたの生年月日とお相手の生年月日。

この2つが主な情報となります。

それ以外はほとんど確認をしない状態でも十分鑑定は可能です。

その結果として、以下のような内容がこれまでの相談でも数多く答えとして出てきました。

  • お相手に直してくれと思ってしまうポイント
  • お互いが言い合いになることが多くなる本当の原因とは?
  • お相手の心の中には今結婚という文字はあるのか?

占う以上は、その人の心を透視するような情報が出てきます。

鑑定の結果と今後の人生

  • たくさんの心配が的中していると言われたらどうしよう?
  • この先お相手の方と交際を続けることも考えたほうが良いの?
  • やっていけるか心配だったら妊娠みたいなことがない今決断するべき?
  • 今の相手とは結婚を諦めるしかないの?

こんな心配は不要です。

占いとは、星座占いを含めて基本的に今と少し先の未来を伝えます。

でもそれは自分で何を気を付けるかを意識していれば、起こる前に対処をできるとも言っているのです。

可能な限り自分の今後をたくさん知っておく。

そのために活用するのが占いなのです。

占いを信じたいという気持ちがもしあなたの心の内にあるのなら、まずは一度じっくり相談だけでもしてみるとよいと思います。