スポンサーリンク



  • 従業員数が10名以下の中小企業。
  • 代表?社長?がいつも現場にいる

これだけなら、認められるために頑張ろうと思える職場かもしれない。

しかし、この上司がもし俺様キャラだったら?

  • 職場でいつもイライラしている
  • 言っていることがコロコロ変わる
  • 気分屋だと周囲は怯えている

こんな状況では、従業員が精神的に疲れてしまう。

中には、精神的にまいってしまって、うつになる人もいるかもしれない。

上司についての悩み関連記事

仕事辞めたい上司との人間関係対処法

スポンサーリンク


仕事辞めたい人間関係原因が上司なら?パワハラ見極め方とやるべき事

会社仕事を辞める理由に嘘

仕事を辞める理由【女性におすすめの上司への相談対策法

今回の記事では、上司が不機嫌になることがめんどくさい、疲れると思った時の対処法を以下の目次で解説します。

朝から上司の顔色をうかがう

上司のイライラの原因

誰の責任でも関係ない

自分の身を守るための行動


スポンサーリンク






朝から上司の顔色をうかがう

朝から上司の顔色をうかがう

「今日は機嫌よさそう?」

「また朝からご立腹?」

こんな会話が従業員同士で毎日のように聞こえてくる。

職場の雰囲気は上司次第

職場の雰囲気は上司次第

出社して、気持ちよく周囲と挨拶する。

掃除を済ませて、開店の準備。

でもこの時に上司はいない。

上司が来た!

たったこれだけで、みんなの表情が一変する。

「私何かしたっけ?」

お茶出しをした子からの第一声がこれだ。

「空気が重い」

「いつも午後になるとみんな上司の機嫌の話ばかり」

こんな毎日が続いている。

自分の心の整理が難しい

自分の心の整理が難しい

「ミスをしたなら、はっきり言ってほしい」

こんなことを考えていたら、実は違った。

 

上司のイライラの原因

上司のイライラの原因

上司の機嫌の悪い原因は何?

「久々にお気に入りの店に行ったら、お気に入りの子が休みで」

「はぁ?」

公私混同とはまさにこのこと。

自分が原因だと思っていた自分があほらしい。

ミスをした時の未熟さを反省しているのが従業員。

上司は自分のプライベートな時間の出来事にイライラしている。

こんな関係がいつまで続くのかと思ってしまう。

 

誰の責任でも関係ない?

誰の責任でも関係ない?

「いつまであなたは仕事以外のことでイライラしているの?」

もし自分が上司や同僚なら、こうはっきりと言ってやりたい。

でも相手は上司だ。

当然、そんなことも言えないまま時間だけが過ぎていく。

ミスの度合いよりも「人」

ミスの度合いよりも「人」

自分がミスをした時に上司は、些細な内容でも激怒する。

他の子がやらかした影響の大きいミスにも「まあ仕方がないよ」で音沙汰なし。

こんな光景を周囲が認識するとどうなる?

「上下関係って何?」

「現実問題として、この問題をその程度の対応で許していいの?」

こんな声が聞こえてきたら、その会社はヤバい!

心の境界線も限界ラインがある

自分の身を守るための行動

自分が気をつかうのは、仕方がない。

気疲れするのも仕事。

まあ仕方がないと気持ちを切り替える人は多い。

しかし、日本社会において、人間関係をぎすぎすさせる職場は優秀な人ほどいなくなる。

辞められたら困る人や優秀な人材ほど辞める会社の特徴

 

自分の身を守るための行動

自分の身を守るための行動

自分がつぶれるのが先か、周りがつぶれて退職するのが先か?

いずれにしろ、あなたの精神的なゆとりはない。

いつまで我慢するべきか?

いつまで我慢するべきか?

  • 正直、もうついていけない。
  • もう無理。
  • よくやっていけますね。

こんな会話が聞こえてくる職場は、離職率が高い。

ありのままの自分で生きる方法

ありのままの自分で生きる方法

その会社にいて、自分が何を達成できるのか?

この先、何をキャリアとして築けるのか?

この2つの答えが見つからないなら、辞めることも考えたほうがいい。

  • 給料も人並み。
  • 別に業績が上がっても給料に反映されることもない。
  • 媚びるのがうまい子だけが生き残る

こんな職場にいるなら、あなたの生き方そのものを見直したほうがいい。

もっと自分が成長できる環境を探そう。

スポンサーリンク