スポンサーリンク



  • 人としゃべるのが苦手なタイプだ。
  • 喋るのが苦手だけど発達障害ではなかった1
  • 喋るのが苦手だから面接で上手く話すことができない

コミュニケーションが苦手と悩む人はコロナ禍の以前から男女も年齢も問わず多くなっています。

ではコミュニケーションが苦手な人はどうすればいいのでしょうか?

今回の記事では、コミュニケーションが苦手な人の特徴やその対処法を以下の目次でご紹介しています。

日本人の7割がコミュニケーションに悩んでいる

コミュニケーションが苦手な上司の増加が問題?

コミュニケーションが苦手な人のよくある失敗行動

コミュニケーション改善のコツ|4つのポイント


スポンサーリンク






日本人の7割がコミュニケーションに悩んでいる

 

コミュニケーションに関する意識調査2020による回答を見ると、非常にわかりあy水点が出てくる。

コミュニケーションが苦手な人の悩み

下記のような悩みをお持ちではないでしょうか?

  • 人見知りだと思う
  • 何を話したらいいかわからない
  • 人に嫌われたくない
  • 雑談で話すことがない
  • 初対面の人(異性)と話しができない
  • 上司との会話が気まづい

上司との会話は社会人生活では必須。

学生時代でも先輩、同級生、後輩だけでなく、アルバイト先などの店長など目上の人との会話がぎこちないという人も多い。

結果、人と会話を楽しんだ経験がないという人は多い。

つまりは、あなただけの悩みではない事をまずは知っていただきたいのです。

コミュニケーションが苦手な人の増加原因

学校生活でさえ、オンライン授業になったコロナ禍。

LINEでは、女子高生が文字を省略して1文字で表現する時代。

こんな状況では、察するとか空気を読むというよりも暗号解読に近い。

つまり、会話が苦手と感じる人は、自分の生活の中で他人と接することが少ない経験をしている傾向がある。

 

 

コミュニケーションが苦手な上司の増加が問題?

学生生活は、小中高大学まで入れても12年余り。

高校を卒業して社会人になったら、その後の人生の方が長い。

つまりは、もし学生時代で周りとあまりしゃべらない人でも社会人になってから悩みを克服するチャンスはある。

でもそれはあくまで対象がきちんとコミュニケーションを取っていればの話。

ダメな奴と決めつける上司の増加

  • 仕事ができない
  • 覚えるのが苦手
  • ミスが多い
  • 積極性がない

こんな人に対して、上司となったものが最低限の会話や指導しかしない環境も目立つ。

  • 意思疎通を図ろうとしない
  • 責任を部下になすりつける
  • 指示も曖昧で中途半端

このような内容になってしまうと、結果的に一連のホウレンソウもきちんとできない人間の方が多くなるのは当たり前。

自分に自信がない人の増加

  • スキルがない
  • 資格なし
  • 中卒、高卒又は中退

別に今は資格も学歴も関係ない時代。

それなのに本人が自分自身にダメ出しを繰り返す人が増加しているのは残念。

  • 「何をやってもダメな人間」
  • 「いきているいみがわからない」
  • 「頑張れなくなった」

他人と接する以前の問題で、自分自身にブレーキをかけて消極的になっている人は多くなっている。

これが苦手意識を高める要因になっているのは明らかです。

 

コミュニケーションが苦手な人のよくある失敗行動

コミュニケーションが苦手な人はどうすればいいのか?

自己表現をしないで偽る

  • 臨機応変
  • その場の空気を読む

こんなことばかりを考えていませんか?

でもその時のあなたの気持ちに以下の感情はありますか?

  • 熱意
  • 情熱
  • 楽しみ
  • 喜怒哀楽

人は感情を持っています。

その感情を表情にも出さないまま言葉にもしない状態が当たり前の日常になれば当然その後の自分はさらに人と話せなくなっていく。

相手に質問することを恐れる

  • 警戒心が強い
  • 人を信じられない
  • トラウマがある
  • 騙された経験がある
  • いじめにあったことがある

一度過去に辛い経験をしたら、その体験が尾を引いているケースも目立つ。

結果的に、初対面の時相手に何を質問するべきかが分からない人が多くなった気がします。

「こんなことを聞いて良いのだろうか?」

「相手に失礼ではないのか」

常識やマナーという意識ばかりが先行して結果的に何も話せなくなっているケースも多い。

こういう人は、とにかく自分自身が話のネタになることを考えていない。

相手のことを質問するのではなく、自分について質問を受ける人間になるほうがはるかに簡単なのです。

 

コミュニケーション改善のコツ|4つのポイント

誰でも簡単に実践できる改善のコツを下記の4つでご紹介していきます。

  1. 自己分析
  2. 仕事への意識
  3. 相手への意識
  4. 恋愛への意識

自己分析が軸となる

人と話すことが苦手というタイプの人に得にやっていただきたいのが、自己分析。

特に大事なのは、以下のポイント。

  • 自分が楽しかった事
  • 自然に笑えたこと
  • 夢中になったこと

この対象は正直何でも良いのです。

アニメやドラマの一気見で一晩明かしたとか、オールナイトで遊び続けてどこまで行ったとか自分が人生の中で何か刺激を受けたことを思い出してください。

この時のあなたの表情は、イキイキしているはずです。

結局、楽しいことを考えていると人は表情が明るくなります。

まずはこの点をきちんとやってみてください。

仕事上での付き合い方

  • 苦手な人がいる。
  • 嫌いなタイプがいる。

職場の人間関係というのは、つまりは結果主義。

  • 仕事ができる人は気が楽になる
  • 売上が全国1位の営業マンは余裕がある

このように結果を出すことが自分の居場所つくりには大事になってきます。

つまり、人と話すのが苦手なら、その分黙々と目の前の仕事を正確にこなすことだけを考える。

これだけであなたの存在感も相手の心象も大きく変わるのです。

相手への接し方

  • 怒られた
  • しかられた
  • フラれた
  • 心が折れた

誰かと接していたら当然傷つくこともある。

でもそんな時ほど、ありがとうを意識しよう。

感謝の気持ちがあれば、相手の叱責も怒りも自然に静まる。

怒られたから見返してやろうはポジティブタイプの思考。

自分に自信がない人なら、怒られた時、今この人が言ってくれたから助かったと思うことが大事。

相手が嫌いと思えば、それは鏡となって返ってくる。

だったら、基本的に苦手なタイプに対しては、程よく感謝をする。

これが賢く生きていく上でおすすめしたい対処法。

恋愛への意識

恋愛では緊張すると人は以下のようなリアクションになるケースがある。

  • 声のトーンが高くなる
  • ボディランゲージが大きくなる
  • 顔が赤くなる
  • 人と目が合わせられなくなる
  • 黙ってしまう

こういう人におすすめしたいのは、動作をゆっくりにすること。

例えば、

  • いつもよりスローペースで歩く
  • いつもよりゆっくりあいづちをする
  • いつもよりゆっくり話す

スビードを相手のペースに乗せられたらその瞬間、あなたの気持ちは動揺や緊張に変わる。

「いつもより遅い」。

これが少し考える時間に余裕を与える。

そして、その反応を見ると相手も緊張をしているなら、ペースを合わせようとしてくれる。

この流れができればあなたのペースで会話ができるはずです。

本当に細かいことばかりですが、一つずつ試していただければと思います。

今回の内容は以上です。

最後まで記事を読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク