スポンサーリンク



いつかは結婚したいと思っている人の中には、こんな意見も多い。

  • 紹介や職場など自然な出会い
  • 恋愛からのプロポーズされたい、したい
  • 結婚相談所やパーティー、アプリ、サイト等を使ってまではちょっと。

男性でも女性でも自分から結婚のために何か行動をすることに抵抗を感じている人は多い。

これまでにも婚活に多い悩みについて、以下のような記事を書いています。

2回目の婚活迷う

二回目の婚活に迷う人の特徴|よくある相談と対処法

婚活スピード婚から8年目

婚活からスピード婚!交際2ヶ月で同棲して3ヶ月後にプロポーズ実践体験記

離婚後再婚はいつから

離婚後の婚活はいつから?新しい家庭と幸せにたどり着いた男の体験ブログ

アラフォー婚活悲惨な体験

アラフォー婚活で悲惨な経験をした人の残念な思い込み!

アラフォー婚活の勘違い

アラフォー婚活に多い3つの勘違い|再婚も初婚関係ない失敗者の共通点

アラフォー婚活の現実

スポンサーリンク


アラフォー婚活の現実|疲れてしまう男女が知るべきこと

アラサー婚活必死な男に要注意

アラサーで婚活に必死な男に要注意!現実が見えていなかった過去の反省ブログ

アラフォー婚活に多い悩みまとめ

アラフォーの婚活に多い悩みまとめ

40代後半からの婚活成功のコツ

40代後半からの婚活|初婚再婚女性共通の心構えと方法を選ぶポイント

バツイチ子持ち女性の婚活

バツイチ子持ち女性の婚活成功と失敗の決定的な差

バツイチアラフォー婚活成功の秘訣

バツイチ子なし男性婚活

バツイチ子なし男性婚活成功体験と失敗した反省点まとめ

自分から行動を使用と思っている人はまだまだ少ないと思います。しかし、実際に出会っている人もいるというのがサクラとかやらせではなく実在しているんだと思うと戸惑っている人も多いのではないでしょうか?

私のサイトは、40代男性女性が自分の個性を活かし、自分らしく生きていくための考え方を自らの体験を軸にご紹介しています。

今回の記事では、結婚のためにネット等の婚活をするのは恥ずかしい事なのかと考える人に伝えたい内容を以下の項目でご紹介しています。

婚活から結婚を恥ずかしいと思った体験談

婚活から結婚は恥ずかしいこと?相談体験

婚活から結婚を恥ずかしいと思う時の考え方

自分自身がまだ誰ともきっかけがないという状況なら、これからの事を考えたら少しでも何かをしておくべきなのかを迷う時期があります。

そんな時に自分自身がどんな行動をしていたのかを含めてご紹介していきます。


スポンサーリンク





婚活から結婚を恥ずかしいと思った体験談

婚活から結婚は恥ずかしいこと?

確かに私もそういう時期がありました。その理由も含めてご紹介していきます。

私が婚活を恥ずかしいと思った理由

私が最初に結婚しようと決めた人との出会いはそういう恋愛を軸とした場所とは無縁の場所がきっかけでした。特に当時は10代でしたし、将来の結婚なんて全く考えていませんでした。

彼女が欲しいかなと思った程度ですが、実際に自分の周りには遊ぶ相手がいるからそれだけで十分だと考えていました。

こんな相手との恋愛の先にお互いの幸せのために結婚を決意したのが最初です。でもその結婚が離婚という形で終わりをむかえた。

この段階でこれまで以上に自分の立場が危ういと思ってしまうようになったのです。何より恋愛は、相手の印象次第。

  • 理想の相手
  • 何をマイナスととらえるのか不明
  • いくら気持ちがあってもプロフィールなどのデータを目にしただけで必要とされない可能性もある。

このようにどんどんネガティブになっていく自分がいました。この状況では、さすがに何をしても無駄なのではないか?結果、無料のお試しサービスを利用しても恥ずかしい思いをするだけなのでは?

こんな風に考えてしまうようになったのです。

でもそんな自分が勇気をもらうことができた体験もありました。

 

婚活から結婚は恥ずかしいこと?相談体験

婚活から結婚は恥ずかしい?相談体験

私は最初の結婚から離婚を経験した後に、人生の価値観を変える大きな出会いを何度も経験している気がします。つまりは自分にとっては離婚という経験が大切な事だったと今なら素直な気持ちで伝えることが出来るようになりました。

そんな自分を作り上げてくれたのも人でした。

自分のネガティブな考え方

20代の時に離婚をした。この経験が周りにはどう見えているのか?

この答えが異常なほどに気になってしまったのが当時の自分の状況。年収が多少人よりも高いという状況でも正直出会いを探すなんて勇気は全くなかった。どうせ自分の魅力は全てバツイチという言葉で消されてしまうのだろう。こんな風に考えていたのです。

同じ経験者が教えてくれたこと

しかし、20代半ばになると徐々に自分と同じような経験をした人を目にする機会も増えてきたのです。10代の恋愛からのとてもお似合いだったはずの二人が離婚した。

当時恋愛の相談を受けていたお二人だったので、とても驚きました。

この時に効かせてもらった言葉が私の気持ちを切り替えてくれたのです。

「もうバツイチとか当たり前の状況になってきたよ。そんなことを気にして出会うチャンスを逃すほうがもったいない」

その言葉は今まで私が異性から言われて一番怖いと思っていた内容をあっさりと否定する発言だったので驚きました。別に何かやってしまったなら、それも全て話をすればいいだけ。ほとんどのことがもう普通と思われ始めている。でも自分の周りにいないからその情報を知らない時に勝手に怖くなっている。

こんな説明を聞いた時、とても気が楽になりました。当時の彼女の相談をもらったはずが、自分のほうが勇気をもらってしまったという話。

でもこの意識は、男も女も正直関係ないと思います。

これと同じ考え方を以下のような言葉にも置き換えることが大切なはず。

  • 恋愛初心者
  • 交際経験ゼロ
  • 彼女(彼氏)いない歴=年齢
  • 婚活どころか恋活も経験ゼロ

こういう対象にそろそろみんな当たり前とおもえるようになってきたのが現実です。

時間がない人が多いから当然

学生ですら、バイトに勉強に就活に忙しい時間を過ごすようなじだいになったわけです。自分の好きなこともできないし、お金も少なくてやりたいこともできない。

こんな時期を過ごした先に一般の会社に就職しているわけです。その先にはパワハラやモラハラ、過酷な労働条件等に悩み続けているような人生。

これでは、いつまでたっても恋愛や結婚を前提とする付き合いなんてできる流れができないと感じる人間は多くなっていると思いませんか?

だからこそ、今の自分の考える事は別に特別な事ではないし、むしろ自分みたいな存在が当たり前と思うのが最初の一歩。

東京ならうまくいくとかそんなのも関係ないんです。まずは自分の持つイメージを一旦リセットして自分みたいな人はたくさんいると思う事が最初のスタートです。

 

婚活から結婚を恥ずかしいと思う時の考え方

婚活から結婚を恥ずかしいと悩んだ時の思考法

正直、何でもいいからきっかけさえあれば良いと思ってしまうのが大切なことだと思います。

仕事と恋愛は同じ

自分の得意なことや好きな事を仕事にしたいと思って職場を探す人は多いですよね。

でもそのイメージとは全く違う現実が見えてきたらどうなりますか?その後には二度とその業種や職種の情報を見たくないと考える人もいませんか?

これってまさに恋愛でうまくいかないだけでなく、傷つく経験をした時と同じだと思いませんか?

その会社の当たり前がおかしいと思うのは、好きになった相手の言動への違和感と同じこと。

似た人を好きになるのは、同業他社に目を向けることと同じこと。

こうして見ていくと、正直、エージェントを使った転職活動をするのと婚活サービスを利用するのは同じだと思いませんか?

仕事を探す人を求める企業。これと同じように人は恋愛で出会いを求めているという流れがあります。

そう考えたら、自分の希望通りの仕事を見つけるよりも恋愛は難しいわけですから、とにかく1つでも多くの内容を経験するしかないと思いませんか?

理由を探す人は進めない

行動する時の人間は、もし自分がこの先、望まない流れになったとしても受け入れる勇気を持っていると思います。

でも行動が出来ない人には、その心の整理が出来ていないのです。

  • 「ちょっと」「もし」こんなリスクやデメリットばかりを考える
  • データばかりを気にする

これでは何もできないのも当然ですし、そんなあなたに魅力を感じないという意見が聞こえてきても仕方がない事だと思いませんか?

自発的に行動することが恋愛でも仕事でも求められている時代です。その時代の生き方として、今の自分が何もしないことに理由を考える時点でもうこの先もないと考えることが重要なのではないでしょうか?

スポンサーリンク