スポンサーリンク



看護師の仕事を続けるべきか?

今の職場はもう長く続けるのは無理!

病院、クリニックなど看護の求人は転職サイトがいくつも存在する。

エージェントがサポートをする登録サイトも複数存在する。

しかし、実際にはどんなサポートを受けられるのかも不明。

紹介してくれるとなっていてもどんな求人が出てくるのか不安。

こんな人におすすめの選び方をご紹介していきます。

私自身も医療現場でずっと仕事をしてきた業界経験者。

看護師や医療事務等の人材コーディネーター。

面接対応や求人依頼を行う人事担当者。

求人サービスへの広告を出稿する担当者。

さまざまな形で医療現場を支える仕事をしてきました。

その中で、現場から見た光景とエージェントとしてサービスを提供する側で見た内容から感じることをご紹介しています。

この他にも看護師の仕事における悩みは以下のような記事を書いています。

夜勤行きたくない看護師

スポンサーリンク


夜勤行きたくない看護師女性急増中の理由|人事管理相談体験記

看護師二度とやりたくない

看護師を二度とやりたくない声が急増!資格者が異業種転職する理由

看護師やめてよかった

看護師やめてよかったが多い現場の実態

ナース派遣会社の選び方

ナースが派遣で働くメリットデメリット|現場担当者の感想

非公開求人があるサイトを知るためには自分の情報を登録しなければいけない。

もっと手軽に簡単に探せる方が良いのか?

それともキャリアの生かし方を含めてエージェントに相談した方がメリットが多いのか?

転職活動をする時には、今はたくさんのサイトがあるからこそ、どこから応募や相談するべきか迷ってしまう人も多い。

そうした中で、安易に個人が公開しているランキングなどを鵜呑みにしてはいけない。

もっときちんと今の自分の住まいのエリアや状況、転職活動の履歴などを含めて考える事が大切です。

今回の記事では、ナースの転職サイトのおすすめを現場経験から以下の項目でご紹介しています。

ナース転職サイトおすすめ2019

ナース転職サイトおすすめの根拠

ナース転職サイトおすすめと比較

今のお仕事をしながら、職場にばれないように転職活動をスムーズに行うためにはどうすればいいのか?

これから先の仕事する職場の情報は他の人の口コミを見れば大丈夫なのか?

自分で電話して聞くべき?

こんな悩みを持つ人にも各種転職サイト運営の趣旨やメリットデメリットを比較するポイントをご紹介していきます。


スポンサーリンク






ナース転職サイトおすすめ2019

ナース転職サイトおすすめ

キャリアのある人もない人もいる。

これから自分が新しく働く場所を探す時、まずは見ておくべきポイントはどこなのか?

私がおすすめする転職サイトを中心にご紹介していきます。

ナース転職サイトおすすめ1.医療ワーカー

マイナビ

ナース人材バンク

ジョブメドレー

たくさんの会社でナースの求人を掲載している。

以下のような会社が運営している主な会社名。

ディップ株式会社。

株式会社エス・エム・エス。

株式会社リクルート

株式会社クイック

レバレジーズ株式会社

株式会社マイナビ

上記のような会社が運営するサイトが代表的な存在。

これだけ数はたくさんあっても実際にどういう違いがあるのかわからない。

この中で、最大の特徴から徐々に絞り込むべきポイントをご紹介していきます。

 

ナース転職サイトおすすめの根拠

ナース転職サイトおすすめの根拠

結論で言えば、ほとんどの会社が同じような仕組み。

求職者の面倒を減らす。

キャリアアップに親身になるよりも手数料が先。

紹介料がサイトによって違う。

このくらいの内容が内部事情として異なる点。

転職をする側にとっては、正直どこの会社も同じなのか?

これはちょっとずつ違いがあります。

しつこい電話のラッシュ

転職する希望者側の都合は関係ありません。

転職する希望を持つ人をどんどん探す。

ひどい人の場合は、登録したらすぐ電話が鳴って、質問攻め

その後もしつこい電話に悩まされて着信拒否。

こんな状況になるケースも多いのです。

東京を中心とする首都圏だけではありません。

東海、関西、中国、四国、九州など本州どこのエリアでも同じような内容。

さらに、

パートなどの非常勤も同じ。

いくら転職を目的としているとはいえ、時間を問わずグループの最寄りの事業所からひっきりなしの電話。

これでは、さすがに気持ちが悪いと思ってしまうケースも多い。

さらに、対面しての面談がほとんどない。

ほとんどが電話だけ。

あとは本人が面接に行き、その結果を報告させる。

こんな状況なのに、医療機関側には手数料を請求する。

求職者もお金稼ぎの道具にされた感じになっているケースさえある。

きちんと以下の点を確認する事が重要。

  • しつこく電話はしてこないか?
  • 担当はきちんと現場の知識を持っているのか?
  • 医療に特化したサービスを行っているのか?
  • 履歴書や職務経歴書の添削なども行っているのか?
  • 面接の際には同行などもきちんと行うようになっているのか?

このように、なぜ仲介で入っているのかを理解して会社を選ぶ必要があるのです。

ナース転職サイトおすすめのポイント

実際にナースの転職サイトというのはどういう特徴があるのか?

この答えは、人材紹介サービスが主となっております。

病院やクリニックをお客様とする。

看護師を紹介することで人材紹介の手数料をいただく。

看護師は自らの希望する条件や勤務先のエリア、雇用形態などを担当者に伝える。

この3つの仕組みにより、実際に求職者の味方となって、転職のサポートをするのが情報の趣旨。

では、そのサービスを行う担当者は誰なのか?

さまざまなサイトで、以下のような表現が使われている。

エージェント

コンサルタント

コンシェルジュ

キャリアアドバイザー

こうした人たちが存在する。

彼らは、結局何者なのか?

この答えは、全く現場を知らない素人の集まりであることが多い。

そして、人材を紹介するのはあくまで、面接を受けさせるための営業。

こんな視点で求職者の力になるという発言をしている事も多い。

だから私は実際に紹介を受ける医療現場にいた際には、次のような質問をしていた。

「あなたはこの現場の経験がありますか?」

「この業界がどんな人材を求めているのかをイメージできていますか?」

この質問には何も答えが返ってきません。

だから次から次に新しい人を紹介するという考え方になって、当たればラッキーくらいにしか考えてくれない。

結局、登録者を使わせてもらっている。

こんな感じの対応だったのがストレスでした。

この中で、どういう会社がきちんと力を入れているサービスと言えるのか?

その答えは、支援する担当者がずっと変わらないかどうか?

特に、リクルートやエス・エム・エス。

この2社はかなりコロコロ人が変わってしまうのが特徴。

結局離職率が高いんだろうなぁと思っていました。

実際多数の名簿があっても、募集の条件に見合うような人をチェックする力がなかった。

結局直接応募してくれた方が速いという言い方をするほど多くの不満を感じていたのです。

この点を個人が最後まで一担当者制で対応してくれる会社があったのです。

それが、医療ワーカーでした。

最初は印象がいまいちだった。

でもきちんとこちらの言うことの趣旨を考えるようになってきた。

特にこれが現場で働く中で一番うれしかったですね。

その変化を知り、意味もなく人を出してくるようなことはなくなった。

きちんと事前に話をした内容をきちんとまとめて問題に対する答えも用意してくれるようになった。

こうした担当制度があると、未経験の人にまた1から要望を伝える面倒も減る。

こうした経験から私は医療現場サイドから見ても医療ワーカーをおすすめします。

 

ナース転職サイトおすすめと比較

ナース転職サイトおすすめポイント

都市部でも地方でも関係ありません。

入社祝い金などを対処するところはかなり人が来ない典型例。

そういう場所は、現場も少し変わっている事も多い。

パワハラを把握していても放置されている。

人間関係で職員同士の好みの差が出やすい。

職場の雰囲気がどうしても年齢や年数で左右されている。

このような状況になっていることが多い。

こういう内容をきちんと把握した人がサイトを紹介しているのかがポイント。

アンケートという時点で怪しい

口コミや評判みたいな内容を掲載している時点でその人はほとんど現場を知りません。

以下のような表現を使い、掲載しているのは素人が中心。

  • 1位、2位、3位というランキングを掲載しているサイト。
  • 勝手に5つ星などの評価をしているサイト。
  • 同時に複数のサイトを登録するべきと紹介しているサイト。

上記の3つは避けるべき典型例。

きちんと現場とサービスのやり取りを知っている人なら、こんな紹介をする事はしない。

あくまで上場企業でもベンチャーでも関係ない。

きちんとサービスの質を重視して掲載しているのか?

これが情報を見る時のポイントになります。

具体的な情報がないのに、当たり前のようにランキングを掲載してアピールしている。

こういう情報は、職場環境なども一切知らない人がコンテンツを作っている可能性が高い。

見ていればわかる部分ですから、早めにそういうサイトからは離れておくことをおすすめします。

地域差が心配な地方の方へ

転職サイトの中でもエージェントタイプには事務所が近いかどうかが重要なポイント。

最初から具体的に自分の住むエリアの担当はどこにあるのか?

この点をきちんとリサーチしておく必要がある。

特に結婚して、引っ越しを伴った女性は要注意。

土地勘のない状態。

これでは、その地方のどこが良いのかも全くわからない。

そういう時に、その地方に事務所を構えていない会社に登録したらどうなる?

当然、さまざまな情報でリサーチのずれが出やすい。

あくまで最新情報は事務所から近いエリアが中心となる傾向もある。

まず最初には、自分の働く希望エリアと事務所の位置。

これがサイトに個人情報を登録する際にチェックしておくべきポイント。

この点を先に調べて上手に絞り込みをしてみてください。

スポンサーリンク