スポンサーリンク



看護師の働き方も徐々に変わってきた!

安定している。

給料が高いからうらやましい!

引く手あまたでしょ!

業界を知らない知人や家族、兄妹、恋人からはいろいろな事を言われる。

しかし現実は違う!

  • もうナースの仕事をしたくない。
  • 職場の人間関係がめんどくさい。
  • 給料が高いのは夜勤がある場合だけ
  • 残業も当たり前の条件にもう疲れた!

私自身も医療現場で仕事をしていた一人。

だからこそ、ナースの苦労やストレスが多い環境については多くの悩みも涙も見てきた。

これまでにも看護師の仕事上のストレスについて、以下のような内容も書いてきました。

夜勤行きたくない看護師

スポンサーリンク


夜勤行きたくない看護師女性急増中の理由|人事管理相談体験記

看護師やめてよかった

看護師やめてよかったが多い現場の実態

看護師二度とやりたくない

看護師を二度とやりたくない声が急増!資格者が異業種転職する理由

仕事行きたくない時看護師

看護師が仕事に行きたくない!業界に多い時期と女性に人気の転職候補

相談をする人もいない。

業務のことを話せる人もいない。

将来もずっとこの業界で仕事をするのは考えたくない。

正直、正社員という条件で働く事に疲れている人は多いんです。

ではこういう時、勤務形態をパートや派遣という形式を選ぶとどうなるのか?

この点を派遣会社の人材コーディネーターとして現場の管理をして感じたことをご紹介していきます。

今回の記事では、派遣ナースのメリット、デメリットについて以下の項目でご紹介しています。

派遣ナースのメリット

派遣ナースのデメリット

派遣ナース他働き方選択方法

実際に病院や個人開業医のクリニックや医院、どちらで勤務するのかによっても大きく異なる。

そして、業務経験を今後のスキルとして生かすなどを考えたら?

正社員と違う面を含めてご紹介していきます。


スポンサーリンク






派遣ナースのメリット

派遣ナースメリット

社会人と言えば、正社員のほうがメリットが多いと考えるのは昔の時代?

正社員の条件でパートや派遣と以下の内容を比較する人は多かった。

  • 時給、月給。
  • 社会保険の加入等の福利厚生。
  • 年金問題。
  • ボーナスがある。

お仕事としては、同じ職場であまり変わらない。

なのに、給料が違う。

だったら正社員の方が条件が良い。

でもこの考え方はずっと長く続けてきた人が言えるセリフ。

最近の病院や開業医の現場の業務ってどうなの?

どんな人が利用しているの?

モンスターペイシェントやペアレンツ等の問題。

現場の医師や看護師長のキャラクター。

昔よりも経験が長い人との連携が難しいと思う現場が増えた。

気分転換を適度に行う

何より自分の人生は1度きり。

自分が働いている期間の中で職員との人間関係に悩む時間は何よりつらい。

  • 日勤の仕事に行きたくない。
  • 夜勤に行きたくない。
  • もう辞めたい
  • 働いていても楽しみがない

こんな状況になっても正社員には逃げ場がない。

周りからは、こんな声も多く、理解してくれる人がいない。

「働けるマシだと思うべき」

これではせっかく自分の人生なのに仕事に追われていく時間が増える。

「そういう時期って事」とポジティブに切り替えができる人もいるかもしれない。

でも背負いすぎるタイプの人もいる。

この人たちも気軽に次の職場に配置転換してもらうように相談できる。

内科から耳鼻科

小児科から循環器科

婦人科から精神科

企業と違い、同じ派遣会社に所属しながら、医療という中でさまざまなスキルを求める事が可能。

これが最大のメリットになる。

サポートスタッフがいる環境

現場で働く人の悩みの相談はどんな内容でも伝えにくくなってきた。

特に、部下、同僚、上司などスタッフの人間関係の悩みはタブーとされているような現場もある。

休みが取れない。

夜勤が偏っている。

残業分の時間外手当が支給されていない。

他にも多くの問題について、1つ1つサポートをしてくれている環境は少ない。

ほぼ全てが泣き寝入り。

この状況に対しても、きちんと労働時間に対して派遣先が管理をしてくれる。

時給だから時間外という内容はあまり考えなくて良いとも言える。

しかし、少しでも時間の超過があった日にはその分をきちんと加算してくれているのか?

このような点をあくまで第三者的な目線でチェックする必要がある。

だからこそ、無駄働きが発生しない。

こう考えたら、ボーナスがない分は違う内容でストレスをケアしていると思える事も多いはず。

では反対にデメリットは?

次の項目でご紹介していきます。

 

派遣ナースのデメリット

派遣ナースのデメリット

保険に加入できる。

過剰な時間外が発生しにくい。

嫌な事があったら配置を変えてほしいと相談ができる。

これなら何も問題ないはず!と思っている人もいるはず。

上記は全て仕事を職場の中として考えた場合。

デメリットは、あくまで労働条件などを外でチェックされた場合です。

ローン審査の問題

社会人になって結婚してその後には何がある?

人によっては、ローンを組んでいろいろなものを購入する機会も増えてくる。

  • 結婚する時の挙式の費用
  • 車の買い替え
  • 住宅ローン

上記のようなタイミングでもし自分で単発のローンを組みたいとなった時にはどうなる?

一般的にバイトや派遣、契約社員というのは、ローンの金利が余分にかかるケースもある。

あくまで借り入れをしない人には関係のない問題。

しかし、エステやショッピングなど出費が多い人は?

⇒自分のやりたいことを複数同時に申し込みが難しいと感じる事もある。

あくまで返済は計画的に!

正社員と比較すると慎重に対応する必要がある。

更新時期の迷い

派遣社員は一定の期間をもって更新という手続きを行う必要がある。

この点も正社員とは全く違う。

そして、この更新というのは、一方的な打ち切りの可能性がある。

一般の会社にリーマンショック後に増えた「派遣の雇用打ち切り」という表現。

自分自身はそのまま継続したいと思っているのに、働けなくなった。

次の仕事先を探すしかない。

せっかく自分の続けたい場所が見つかったのに!

こんな人には、相手の事情で一方的に雇用を打ち切られることにストレスを感じる可能性がある。

これが派遣と正社員の違う点として、デメリットになりやすい対象。

メリットとは少し違う視点が多い。

正社員では自らが退職を求めても受け入れてもらえない可能性を心配する人が新人の中にも多いのが医療の現場。

一方で、派遣は、自分が続けたいのに、打ち切られる可能性を心配する。

 

派遣ナース他働き方選択方法

ナース派遣会社の選び方

今後長期に同じ勤務先で働きたいと強く願う人はどっちが良いのか?

この点が重要になる。

少し嫌な事があったらその先は?

退職をするのと、派遣先を変更するのは違いがある。

あくまで別の場所に配置転換をするだけ。

これが新人にとってもあくまで異動というのも気が楽になる。

メンタルに合わせた働き方

別に周りにどんな人がいても気にしない。

そんな人は医療でなくても一般の企業にもいると思ってる。

まずは自分のやるべきことを終わらせる事しか考えない。

このくらいの強い気持ちを持てる人は、正社員で十分通用すると思う。

でもそう思ってる人は減ってきた。

1ヶ月という研修中でももう無理!と思うケースは増えている。

年収とか月収なんて関係ない。

もう看護師として今後は仕事をしたくないと思う人が増えているのも現実。

だったら以下のような考え方で選ぶのが簡単!

  • まずは短期
  • 夜勤なしの日勤なし
  • 土日休み
  • 年末年始や夏季長期休暇が用意されている

このように自分の時間がリフレッシュのためにも欲しいと思っているなら、派遣向き。

一生として考えたら?

看護師の時給なら、正直期間の定めがある仕事でも生きていける。

これが有資格者としての魅力だと思う。

1つの会社に入って継続するか考える。

これって想像以上にストレスを抱え続ける生き方になる。

それまでの毎日に比べても毎日朝がつらい。

こんな状態をそのまま放置している人生は幸せとは言えない。

月収や年収、休み、保険。

この3つをよく考えてみたほうがいい。

まずは派遣会社の説明を受ける

あなたの住まいのエリアにもたくさんの派遣会社があると思います。

中でも初めての人に知っておいてほしいことがある。

それは、選び方。

会社は多いけど、実際に何を比べればいい?

この答えは、医療分野の専門の会社かどうか?

キャリアカウンセラーと呼ばれる人たちの多くは、業界未経験者ばかり。

会社の教育のみで実際に現場で一度も仕事をした事がない人たち。

そういう人が人と企業のパイプ役。

そしてその規模が大きいと製造業や技術者など異業種も取り扱う。

いくらその会社が大きくても、知識も何もない人に悩みを相談してきちんとした答えがあるだろうか?

こう考えたら、きちんと医療の分野で介護、看護、PT、OTなどの分野を専門に扱う会社を選ぶ事が重要。

そして、面接では現場の悩みをより具体的に説明してくれる人を選ぶ。

これを繰り返すことで自分の目で確認しておきましょう。

今回の記事でご紹介したかった内容は以上です。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク