スポンサーリンク



  • 看護師の転職サポートサービスを受けてみたい!
  • ナースジョブって会社はどうなの?
  • 評判,口コミが悪いって本当?

全国で約3万件の公開求人数があること。

美容求人も掲載している。

対応年齢は、20代,30代,40代,50代と幅広い。

正看護師、准看護師、保健師、助産師等医療業界に特化した転職支援サイトに見える。

しかし、実態は?

看護師転職サイト関連記事。

ナースではたらこ口コミ,評判

スポンサーリンク



ナースではたらこの評判,口コミは悪い!現実を知る現場担当者が解説

スーパーナース

スーパーナース評判は悪い?【利用者口コミやとサービスの特徴 】

今回の記事では、ナースジョブの口コミ,評判について以下の目次で解説しています。

ナースジョブの特徴

ナースジョブの口コミ,評判

ナースジョブのメリット

ナースジョブのデメリット

ナースジョブの利用は得か?

看護師が転職サイトを選ぶポイント


スポンサーリンク






ナースジョブの特徴

ナースジョブ評判

ナースジョブの特徴について解説します。

会社概要

会社名 株式会社メディカルジョブセンター
設立 2009年6月25日
許認可 有料職業紹介事業
許可番号 01-ユ-300203職業紹介優良事業者
認定番号 台1803001
特徴 (多くが看護師ではない)キャリアアドバイザーが対応
利用料金 無料

 

ナースジョブの口コミ,評判

口コミ

電話がしつこい

しつこい営業

出たら切られる

看護師転職サイト

見極め方

不満

一人ふたりの問題ではありません。

とにかく、看護師の紹介事業は、ほとんどが電話営業。

  1. 登録者の希望を確認
  2. 事業者へ人材の紹介(FAXやメール送信)
  3. 事業者にアプローチ(面接依頼)
  4. 面接対応可能と返事が来たら、求職者へ連絡
  5. 面接日時をセッティング

この流れで、採用が決まったら、年収の20%~30%程度の手数料を事業者側に請求する。

こんな流れになっているのです。

しかし、この紹介先についての仕事内容はほとんど知りません。

つまり、就職先は、お金の支払いが速い事業者に偏りやすいのです。

ナースジョブのメリット

メリット

ナースジョブを使うメリットはあるのか?

楽ができる

楽しい仕事はあるのか

  • 自分で探し出す必要がない
  • 先方の返事を待つだけで面接を受けられる
  • 書類作成のサポートを受けられる

対応エリアが広い

対応エリア

  • 北海道
  • 東北
  • 北陸
  • 甲信越
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国
  • 四国
  • 吸収
  • 沖縄

全国で求人を探すことが可能です。

ナースジョブのデメリット

転職エージェントの実態、デメリット

では有料職業紹介を利用するデメリットは何か?

採用基準が上がる

採用されない

  • スキルを求められる
  • 前職の経験を細かく聞かれる
  • 経験が浅い,スキルの無い人は落とされる可能性が高くなる
  • 紹介先には、離職率の高い病院や診療所も多い

自分で施設情報等と照らし合わせて回避する必要があります。

ナースジョブの利用は得か?

看護師求人紹介サービス

ナースジョブに登録するべき人としない方がいい人の違いをご紹介していきます。

登録をおすすめできる人

オススメできる人

  • 見知らぬ地で新しく職場を探す人
  • 身近に知り合い等がいない人
  • 初めての転職をする人

どうしてか?

土地勘がない人にとっては、そのエリアの情報がない。

つまり、企業情報をゼロから集める必要があります。

こういう人にとっては、少しでも楽をする環境としておすすめできます。

登録をおすすめしない人

おすすめしない

  • 地元のクリニックや病院の情報を知っている
  • 紹介事業のカラクリを知っている(紹介料が高い等)
  • 使えない新人を紹介された現場経験がある

こういう人は、マッチングやニーズの理解がないことを知っている。

つまり、自分で探すほうが効率が良いのです。

 

看護師が転職サイトを選ぶポイント

看護師転職サイトの選び方

看護師が仕事を探す際には、基本的には自分で探すほうがおすすめです。

人材紹介は手数料が高い

いくら人手不足でも採用一人あたりに、100万円以上を毎回支払うことを許容する施設は減少しています。

  • 使えるかどうかわからない
  • すぐ辞めた場合でも全額返金期間は短い(1週間以内)
  • 採算が合わないリスクがある

このようなことを人事サイドでは懸念しています。

結果的に、自分で応募したほうが採用されやすい人も多いのです。

キャリアアドバイザーは医療経験ゼロ

そもそも看護師の求人紹介をしている担当者の多くは、無資格者。

さらに、医療現場で働いたことのある人材はほぼいません。

病院とクリニックの違いも知りません。

臨床と言われてもさっぱりわかりません。

この程度の知識量の人が、有資格者である人材を紹介するのです。

つまり、手数料が払われるかどうかしか考えていない。

よって、自分たちの利益を優先して案内をするのが仕事になっている。

結果的に、求職者の本当の望みなんて考えてくれないことも多いのです。

だからこそ、しつこい電話や対応が不十分と感じる人が増えるのです。

現場を知っていれば、早番や夜勤などシフトの希望に合わせて連絡をすることくらいは当たり前のはず。

そんなこと関係ない。

これが多くの会社のスタイルです。

過信をしないで適当に使っておくことをおすすめします。

スポンサーリンク