スポンサーリンク



看護師の仕事を辞めたい。

もう二度と看護の仕事をやりたくない(戻りたくない)

自分の人生で仕事を探すのに苦労はないと思えた看護学校時代。

しかし、現実は違った。

辞める人が多い。

病院,診療所(クリニック),など違う職場に移動すれば何か違うと思っていた。

でも実際に看護師として仕事をする職場はどこも同じ感じ。

もう疲れた。

こんな資格ならどうでもいい。

  • 夜勤に疲れた人
  • リーダーや院長との人間関係に疲れた人。
  • 給料に不満を持つ人。

ナースを退職する人の理由は他にもいろいろある。

これまでにも看護師を辞めたい人の悩みを書いてきました。

看護師が仕事を辞める理由

スポンサーリンク


看護師が仕事を辞める理由|人事担当者に寄せられた相談体験記

看護師辞めたい1年目の悩み|現場経験者が解説

夜勤行きたくない看護師

スポンサーリンク


夜勤行きたくない看護師女性急増中の理由|人事管理相談体験記

仕事行きたくない時看護師

看護師が仕事に行きたくない業界に多い時期と女性に人気の転職候補

看護師二度とやりたくない

看護師を二度とやりたくない声が急増!資格者が異業種転職する理由

看護師やめてよかった

看護師やめてよかったが多い現場の実態

結果的に、辞めて何か良かったと思った事がある?

私も実際に現場で一緒に働いたからこそ、辞めたい理由もたくさん聞いてきた。

しかし、その後の人生は大変だとかもうさんざんな事を言われていた現場のスタッフたち。

実際にナース以外の仕事をやったことがない。

今の自分でも将来何か仕事を探す事ができるのか?

こんな悩みを抱えた人ももう生活が安定していた。

その時間になって感じたことを綴っています。

今回の記事では、看護師を辞めた後幸せを実感する人の声を以下の項目でご紹介しています。

看護師辞めた後幸せになった実話

看護師辞めた後幸せになれるか?

看護師辞めた後幸せか戻るかの差

自分がもう嫌だと思ったはずの現場にまた数年後に復帰している人もいる。

もう無理、大変すぎると思った後本当に現場に戻らない人生もある。

その差は何か?


スポンサーリンク






看護師辞めた後幸せになった実話

看護師辞めた後の幸せ

ナースになった理由。

これがとても大きな影響を与えていると私は思った。

いくら大変な時間があったとしても耐えられる。

先輩から嫌な態度を取られたとしても嫌にならない。

本当に看護師を目指す道しか考えていない。

他の人生なんて自分の人生ではない。

こんな事を新人の時代に考える時間があったのか?

この答えが全く別という人の事例をご紹介。

本当にあった話

その人の悩みは人間関係。

  • 質の悪い患者の対応
  • スタッフ間の仕事のおしつけあい。
  • いつも同じ先輩からの愚痴

何か人生に役立つ事を教えてもらえたという記憶がない。

あえて言うなら、悩みが多い事くらいしか思い出せない。

そんな人がなぜ違う人生を歩んだ先に気持ちだけでなく、幸せを実感できたのか?

この答えはシンプルだった。

  • 病という文字からの解放
  • 女性として気を遣う日常
  • 日中仕事をして終わった後に友達と遊ぶ時間

結果的に、気を遣う事が大きく変わった。

何より女性らしく生きる人生になった。

この影響がかなり強かった。

 

看護師辞めた後幸せになれるか?

看護師辞めた後幸せなのか

看護から一度離れた人が結婚、妊娠、出産、子育てを経験する。

その後の事を考えたら、違う仕事に戻るのは大変。

もっと割の良い派遣等のスタッフとして働く。

こんな気持ちを持つ人も増えた時代。

これっていわゆる続けた環境が一番楽と思っている人の行動。

では実際に辞めた後の幸せを感じられるかについての視点で考えてみましょう。

辞め方が問題

辞める。

この一文字には、2つの意味がある。

続けられないと諦める人。

飽きた,もう良い等切り捨てる状態の人。

この2つは大きく意味が違ってくる。

人間は一度自分が続けられなかった事等はずっと覚えている。

悔いが残るという言葉とは違う。

とても働く環境とは思えないほどのストレスを抱えた毎日。

当然、戻りたいなんて二度と口が裂けても言わない。

こんな状態にまで追い詰められた先に出した答えは二度と変わらない。

これが切り捨ての感情。

しかし、諦めるというのは違う。

答えの出し方が本当にあの状態で良かったのか?

こんな不安を抱えている人がいる。

これはどんな会社のお仕事をしている人も同じ。

何も悔いがない状態なら、二度と戻らない。

ほぼ求人すら目にしないだろう。

しかし、どこかで迷ってる。

こういう人はいつまでも過去に在籍した職を探す。

この違いが後の幸せになれるかどうかの1つのぽいんとになってると私は感じた。

自分の中での切り替え

病棟、外来も関係ない。

就職先の診療科も問わない。

自分がその当時は好きもしくはやりたいと思ったから入社した環境や仕事の内容。

しかし、実際には好きでもない。

心が折れそうになる。

残業も多い。

疲れて何も手につかない。

こんな状況になったら、男性女性を問わず、こんな人生と思う。

かなり環境が悪い場合、心身共に疲れきっている人もいる時代。

当然、日々の中でかなりの人間が心も身体もボロボロにしながら仕事をしているのかもしれない。

でもその中で、どういう状況で会ったとしても以下の2つをしっかり体験できたかどうかが重要。

達成感を感じる。

もう良しという終止符を打つ気持ち。

この2つが健康な時にきちんと自分の中で感じられるかどうか?

たったこれだけで、色んなことがあったとしてもしっかり切り替えができるかどうかにつながる。

結果、自分に合っていなかった。

こう言い切れる人は、その現場を去ることに怖いとは思っていない。

むしろ、解放された。

こう感じられるのだともいます。

 

看護師辞めた後幸せか戻るかの差

看護師辞めた後戻る人の幸せ

ドラマや映画をきっかけに看護の世界に飛び込んだ人もいるだろう。

医者と結婚するために看護の勉強をした人もいるはず。

家族の老後のサポートをする知識と経験を培うために勉強した人もいるはず。

この目的と労働した給料の価値がひとつの決め手。

人,もの,お金,時間の条件

医療や介護の業界は異常なほどの人手不足。

介護の業界は、2025年問題なんて言葉も飛び出しているのも事実。

現場でいつも耐えている人がいる。

なぜそこまで不満を抱えていながら続けられるのか?

いつも笑顔でいるのが本当に不思議。

こんな人も多い。

もしこういう人が家族にいたら何て答えるのか?

この答えを私の知人の両親から聞くことが出来た。

その答えは、こんな感じだった。

何を求めているのか?

この答えとして、介護や看護ほど人を求めることはない。

入浴、身体介助、下の世話、病状のケア。

現場にいれば、遺族や患者の家族からこんなことを言われる。

「なんでそこまでやれるのか?と思う」

この言葉が自分の仕事への最大の褒め言葉と思っている。

辞めたい人が多いのはなぜ?

この答えが印象的だった。

それってつまりは、その仕事に対して結果として、何で働く意味を感じているかだと思う。

お金のために働くのか?

人気者になるために働くのか?

貯金をしたいから働くのか?

すごくシンプルだと思う。

主に女性が多い現場。

当然、主な稼ぎ頭として働く人にとっては、生活の基盤。

でも共働きで別に主な夫の収入も悪くない人は?

当然、同期、先輩や上司、部下などの人間関係に疲れる子のほうが多い。

結局人が足りないから当たり前のように採用してもらえる。

この現実が自分が何のために頑張っているのかの価値を下げているのかもしれない。

ご機嫌を取って、結局自分を押し殺すようになれば切なくなる。

その現場に入って、分からないことだらけでも目の前の仕事だけ見ていたら、本当の意味で仕事が好きになる。

これが現場に入ってからの違い。

時期なんて関係ない。

総合病院でも病院でも関係ない。

結果、やっていけるか否かはある意味、何を優先しているのか次第。

昨日今日でなんでこんなに苦労をしていると思っている人は周りと比べているはず。

でもその人たちは、結果プライベートの時間が多くてもその時に使うお金がないと嘆く。

なんでそれが見えないのだろうか。

彼女はもうこの道20年以上のベテラン。

でも別に看護師長等の立場ではない。

なのに、楽しんでいる。

もっと技術が欲しい。

もっといまよりも満足の声がきける対処があるはず。

ある種探求心の塊のような人だった。

いまでも常に学び。

これがずっと現場に残って働く人のいつも大切にしていること。

この言葉を聞いていると、確かに考えている事が全く違うと思えた。

いつも何かに不安を感じる。

本当に乗り越えなければいけないことは何か?

この答えを彼女は全く違う視点で見ていた。

でもそれにより自分の家庭がいつも本当に幸せに満ちているのか?

これが最後の問題点。

家族の理解なしに成り立たない

もし収入が急に必要になった。

月給の良い仕事を求められた。

こんな状況なら一度医療現場を経験した私たちなら医療現場が稼げると思ってしまう。

しかし、それには家族の応援やサポートが必須になる。

急な処置により残業を迫られる等プライベートの計画が立てられない。

家族の事情なんて言葉を簡単に口にできない。

これが最大のデメリットと言える。

この状況でも家族がサポートしてくれるのか?

この答えを何度も夫婦や家族で話し合う人は多いはず。

やはり戻るとか残るという人の背景には、その仕事を支える存在がある。

自分一人で苦しむ。

こういう人が増えている時点で、やはり現場で生き残るのは厳しい人が増えていると思う。

だからこそ、別に辞めることが不幸になる事にはならない。

もっと背負うことを減らす生き方を求める。

これも私は選択肢の1つだと思う。

今回の記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク