スポンサーリンク



仕事に行きたくない時、人はどうするべき?

看護師として働く自分がまさか職場に行きたくないないと思うなんて想像もしていなかった。

今は相談にのってくれる人も働いてる環境にはいない。

何か言われる事はあっても自分と同じような環境の人はもうほとんどいない。

看護師仕事行きたくない

スポンサーリンク


医療現場は、看護も介護も受付も今、転職者が非常に多い業界の1つとなってる。

紹介予定の会社が増えすぎた事により、少しでも気持ちが揺らぐとすぐに相談にのってもらって新しい自分の行き先を探してもらう。

もう前の仕事の内容とか働いていく上での理由も失いかけるほどの気持ちを持つ人も多い。

私のサイトは、40代の仕事と人生を軸に、恋愛,結婚,ファッション,髪型と同様に自分らしく個性を活かす生き方に対する考え方をご紹介しています。

人は人生でつらい,苦しい,つまらないと思う気持ちを抱えた時にも以下の4つの優先順位を働いてる時も考えてるはず。

「人,モノ,お金,時間」

人は誰かに関わり、相談したりする相手。

モノは、その仕事内容に関わる今の自分が欲しいと感じる物欲」

お金は、求人から思った通りの給料等今の現実とのギャップ」

時間は、労働時間や夜勤,日勤等の今のシフトに何を求める?」

看護師仕事行きたくない悩み

このように、対象を看護師の仕事と想定しても、転職の理由に関わる要素は、同じように上記4つのバランスに集約されると思っている。

サイト管理人Mr.Dと申します。

私自身も元は、医療系人材コーディネーターとして働いていた一人。

当然現場の声としての相談も紹介前には数多くの方からいただいた。

その気持ちの中で、必ず個人それぞれが今の気持ちの中で譲れない条件を言われてる。

この価値観は人によりナースという同じ職場の中でも大きく選択方法は違う。

何を理由に辞めるのが良い転職を考えるきっかけになる?

今の働き方に何を内容としてメリットとすべき?

もう誰も信用できない。

患者と向き合い激務をこなすだけがもう私の日常となっているだけ。

看護師仕事行きたくない要因

このような悩みが多い。

この記事では、看護師が仕事に行きたくない時にすべきことや考える必要があることを以下の項目でご紹介していきます。

看護師が仕事に行きたくない時に悩む課題

仕事に行きたくない時看護師の取るべき行動

まずは、自分がどんな感じの職場にいたとしても働くのは本人。

この環境が何より良いと思う人もいれば、人間関係や勤務状況の条件にもう限界と思う人もいる。

こうした同じ職場の感じ方が違う中、業務内容も含め、私のコーディネート経験も含めて働く職場を選ぶポイントをご紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク






看護師が仕事に行きたくない時悩む課題

仕事行きたくない時看護師

患者さんとはもう対応も慣れた。

何がそんなに不満でナースという有資格の専門業務に悩みを持つ?

世間では、今の時代に良い感じの給料もらってるはずなのに!

なんて偏見を持った家族からの意見に苦しめられる方も多いはず。

実際に、仕事を辞める事も意識してるくらいに悩みを抱えて、仕事に行きたくない時に多い看護師の方の悩みをご紹介していきます。

仕事に行きたくない時の看護師の悩みダントツの1位

看護師仕事に行きたくない時

結局勤務という言葉を考えると、どんな職場にもある悩みは働く労働者として同じことを悩んでる事が多い。

最も多いのが、業務ではない。

働く場所が病院等の場合、配属という勤務形態になることが多い看護師業界。

そこで必要なスキルを働きながら身に着ける事が出来るのが現場としてのメリット。

しかし、それは先輩たちと働く人間関係が良い感じにあるからこそ、働きがいも感じられる。

配置換えにより、新人と同じような環境になる。

この時、業務内容もポイントも大きく変わる。

これにより、人間関係において、これまでに経験したことが無いようなタイプの人との時間でやっていけないと感じる心を持つことが多い。

世間一般で言えば、上司との人間関係の対処が辛いストレスが原因。

  • みんな教えてくれるという言葉を使って、一番やりたくない事を押し付けるだけの関係になってる。
  • 今の病棟が一番人間関係が大変。
  • 患者に必要な事を考えるより、職場の先輩に気遣いを要することが悩みになっている。

このように、自分の業務はまるで一番下っ端の嫌な仕事の受け皿的に扱いを受ける人が多い。

ミスをしたら、教えてもらうどころか叱責の言葉しか聞こえない。

どんなに大変でも誰も少しも助けてくれるような言葉を効いたことが無い。

これでは、給料をもらっていても行く価値を感じられない。

次の新人がいつ入るかわからないし配置換えも要求を却下された。

もう先が見えない。

看護師仕事行きたくない時の理由

このような状況を言葉にして、資格を持っていれば、他の病院や医院でも仕事があるなら、もう行くのも嫌だから辞めたい。

このような声が圧倒的に多いです。

仕事に行きたくない時の看護師の悩み2位は条件悪化

看護師仕事行きたくない時の背景

自分の今の給料は過去の中で、一番条件的に合っていないと思う。

たくさんの病院があるし、夜勤なしを希望する看護師のニーズも増えてるように感じる。

いくら夜勤で稼ぐ事が出来ると思っても、1回の夜勤が4000円の手当に対し、ミスが多くなりやすい原因をたくさん抱える職場の実態。

こんな悪条件の中では辛いし、大変だから何とか対処を上に願う。

これも全て却下される。

もうこれ以上人員が増える事もないと感じる。

これでは面接で聞いていたような環境の条件とは全く違う。

こんな話は一般の会社でもよくある。

現実的に言えば、会社の運営方針が社員の悩んでる事も言うことも全く聞いていない状態の会社。

こうした会社も傍目からしたら人気だという噂などを聞いて、期待感を感じる人も多い。

でも、現場を見たら、想像以上にひどいと感じる。

こんな状況の職場に入ったのは初めてだ。

こうした人間関係以外の要素に悩みを抱えて、新しい職場を検討する人が多い。

仕事に行きたくない時の看護師の悩み3位はやりがい

看護師仕事行きたくない時苦悩

会社に行きたくないと悩む人の話も看護師の業界の話も決してそこまで違いはない。

生活に必要な給料を今現在の仕事で得る事が出来る。

そして、やりがいもあるし、ミスがあっても原因や次につながる解決の方法を先輩がしっかりサポートしてくれる。

この先で自分のスキルもやりがいも感じられれば、多くの方が毎日を楽しく出勤することも出来る。

なのに、1年目、2年目、3年目等の状況になると、未来の可能性はもう別にどうでも良いという気持ちにまでさせる者が必ず出てくる。

同僚、先輩、上司、管理責任者。

こうした人間関係により、会社と同じように、さまざまなケースをないがしろにされる。

言ってしまえば、現場の管理を全くしていないような状況を強いられる。

この状況に医療業界だからこそ、リスク管理もしっかり持って対応してもらって当然的意識が上乗せされる。

これでは、好きで入った業界でも、もらってる給料とやりがいが合わなくなっていく。

看護師仕事行きたくない時の事情

結果的に、毎日何か起こる可能性を出勤している時に現場に立ち理解しながらもなんとかやり過ごすようにしようと意識を持っていないと続かなくなっていく。

せめて働いているスタッフが安心できる環境を一緒に働く上司やトップも含めて管理してほしい。

この理解を求める意識と解消される気配さえない現実に、やりがいを持って働くことは出来ない。

これらが、実際に看護師が仕事に行きたくないという感情を生み出すところまで進んだ時に言葉として出る事が多い原因。

 

仕事に行きたくない時看護師の取るべき行動

看護師仕事行きたくない時

私もこういう声をもらえた時、何とかしようと介護や総合病院、個人開業医等での勤務経験も持ち、理解や共感が出来るからこそ伝えていたことがある。

実際に今自分がようやく好きな診療科に勤務できる環境をもらったと思った矢先にもう辞める事にしようと思ってしまう人がいるほど現場の状況は悪化してるケースもある。

こんな中で、今からどうやって仕事探しを行い、安心できる環境を探すべきか?

この考え方として、医療分野だけでなく、様々な業界での人材コーディネートをしたからこそ、見えた発想をご紹介していきます。

会社に行きたくない時看護師が知るべき世界

看護師仕事行きたくない時の行動

今の状況は苦手な上司もいる。

ちょっと変わった人も多い。

こんな投稿を個人がsnsで配信したくなるほどの状況も出るほど、医療業界の実際の環境は問題が山積みの状況。

最近、医療業界で看護師たちが今の悩みを解消するために、最初のアドバイスで出る言葉の中に、こんなケースがある。

勉強してきた範囲内でチェックをするだけでなく、いったんブランクを前提とした異業種転職を経験してみる考え方も良いと思います。

どういうことか?

実際、看護師が2017、2018と転職をしている中で、チェックする会社はどんどん変わってきている。

特に人気なのが、以下のような業種。

美容業界

夜のお仕事

工場などの勤務

スポンサーリンク


信じられないかもしれないですが、実際にキャリアを積み重ねた資格を持つ方も、女性の場合は結婚、出産等でブランクを有することが多いのも仕事。

結果的に、看護師の経験を積み重ねた先でも、女性が婚活、恋活、女性らしさを求める意識から異業種転職をする方も最近は増えてるのです。

出会いが無い。

いつか結婚もしたいし出産も考えてる。

このままでは、合コンくらいしかない。

このような悩みに少しでも、異業種での出会いを考えて今でなければできない仕事に携わり、看護師以外のスキルも持つことが今の時代の生き方とも言えるのです。

ぜひ色々な角度から考えてみてください。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク