スポンサーリンク



  • どこでもやっていける人ってどんな人?
  • 仕事ができる人って何?
  • どうすれば「どこでもやっていけそうだ」と思えるようになるの?

漠然と「やっていける」と思うことは簡単。

でも実際に通用する人材になるには、スキルが必要です。

今回の記事では、どこでもやっていける人の特徴について以下の目次で解説します。

どこでもやっていける人の特徴

どこでもやっていけるスキルや能力

どこにいっても大丈夫と言われる人になる

どこでもやっていける人は業種も職種も関係ない


スポンサーリンク






どこでもやっていける人の特徴

どこでもやっていける人の特徴

どこでもやっていける人の特徴をご紹介します。

簡単にいえば、「通用する」

何が?

自分の能力を発揮することができる。

これが大事。

処理能力が高い

処理能力

別の言い方をすると、「要領が良い人」。

仕事ができる人は何が違うのか?

  • やりたいこと
  • やるべきこと
  • やらなくていいこと

この3つに分類するのがうまいのです。

優先順位を考える。

これができる人はやっていける。

人間関係に悩まない

職場の人間関係がしんどい辞めたい

どこでもやっていける人は、人付き合いがうまい。

人づきあいが苦手な人は多い。

人づきあいが苦手な人の特徴や原因|克服方法は一人になる時間を増やす?

人づきあいが上手い人と苦手(下手)な人の特徴。違いはどこにある?

簡単にいえば、「浅く広く付き合う」

これができるかどうか。

判断力

会社の仕事行きたくない時休む判断

どこでもやっていける人は、頭が柔らかい。

状況に応じてやることを変えられる。

一度決めたことはやり通すのは当たり前。

状況に応じて、対応を変えることができる。

 

どこでもやっていけるスキルや能力

どこでもやっていけるスキル

どこでもやっていけるようになるにはどうする?

この答えは、シンプルにスキルを身につけること。

専門知識

専門知識

コロナ禍でも仕事がないと嘆く人と仕事に困らない人がいます。

では仕事に困らない人とは?

答えは、専門職。

中でも機械で代用できない仕事が重要になります。

専門知識の中でも、より多くの業種に携わることができる職種もあります。

専門的で、業種は絞られますが、引く手あまたのスキルもあります。

質問する

質問する

分からないことをそのままにしない。

素直にわからないことは質問する。

大人になって、人に質問することが恥ずかしいと思っている人は多い。

しかし、その場でわからないことを質問できない人は先々でもっと困る。

今やるべきことをやるかやらないか?

その場で疑問を解消する。

これも一つの仕事のスキルです。

コミュニケーションスキル

コミュニケーション

人づきあいが苦手という人は、コミュニケーションを取るのも苦手。

  • 何を話せばいいのかわからない
  • 人の目が気になる
  • 職場の雰囲気が合わない

上記の悩みは、すぐ辞める人の特徴にも当てはまる。

コミュニケーションスキルのある人は、どこでも年齢、性別を問わずやっていける。

理解力がある

理解力

言われてからすぐ行動を起こせるか?

1の指示で5,7,10を理解する。

推測することができる。

結果、仕事が速い。

自己分析ができる

自己分析

  • 自分にできること
  • 自分にできないこと
  • 苦手なこと

良い面だけではありません。

悪い面や劣る面も理解している。

だからこそ、自分の能力を過信しない。

冷静に自分と向き合う。

できなかったことは反省し、その場で習得する。

これができるから、日々の成長が速い。

 

どこにいっても大丈夫と言われる人になる

どこにいっても大丈夫と言われる人になるには

自分もいつかそんな人間になりたい!

こう思ったらやるべきことはいくつもあります。

専門知識をつける

営業トーク勉強法

自分がどこにいっても通用する職人になる。

知識は、財産です。

やりたい仕事がない人は、やりたいことを見つけるきっかけにもなります。

とにかく、どんどん知識を吸収しましょう。

観察力を身につける

観察力

  • 相手は何を言いたい?
  • 何を求めている?
  • 何を期待している?

相手の期待に応えるには、相手の求めていることがわからないと行動ができない。

つまり、察する力をつけることが大切。

協調性

強調性

協調性とは、自分と異なる立場、意見が違う人たちと協力しながら同じ目標達成のために行動できる能力のこと。

大事なのは、利害を考えないこと。

とにかく、周囲の意見を鋭く察知する。

強調性とイエスマンは違う。

イエスマンは、その名の通り、自分の考えを捨ててしまう。

強調性は、周囲の意見と合わせながらも自分の意見をしっかり持っている。

つまり、「自分の考えをはっきりさせる」ことが大切。

ルールは守る

ルール

ルールや規則については、最低限は守る。

特に時間については守るようにしましょう。

向上心を持つ

向上心

どこでもやっていける人でも、環境が変わると毎回一人から始まる。

自分のやるべきことをやっていれば、そのうち認められる。

その上で、もっと評価されるために何をするのかを考える。

達成感と次の道をどんどん自分で考える。

これができるとやっていけるようになります。

 

どこでもやっていける人は業種も職種も関係ない

どこでもやっていけそう

どこでもやっていける人は、人と自分の距離を縮めるのがうまいのです。

  1. 自分でやるべきことを明確にする
  2. 自分のやらなければいけないことを早く終わらせる
  3. 全体でイメージする。
  4. ゴールを設定する。
  5. ゴールに向かって、優先順位を決める
  6. ひたすら結果にこだわって行動をする

たったこれだけのこと。

「当たり前のことを当たり前にこなす」

これができれば、徐々に周りに人が集まってくるのです。

楽をしたい人は、その心が透けて見える。

だから、敵が生まれる。

人間関係がうまく築けない人は、とにかく自分のやるべきことを最短、最速で終わらせることを心がけよう。

それだけで、世界は変わる。

スポンサーリンク