スポンサーリンク



職場に嫌いな人がいる。

名前を口にするだけでイライラする。

いっそ名前ではないあだ名で呼んでいる方が気持ちが楽。

職場の人間関係の悩みは多い。

もちろん職場によっては、あえて何か別の名で呼ぶ。

こうした配慮をしてほしいと伝えているケースもある。

例えば、以下のようなケース。

  • 苗字が同じ人が多い職場
  • 結婚や離婚して姓が変わった。
  • 名前で呼ばれる事が嫌い(自分の名前が好きではない)

他にも職場の関係。

上司に呼ばれる際に配慮してほしいこと。

等の相談も実際に出てくるケースがある。

もちろん、仕事に支障がない程度であれば問題になってるケースは少ない。

しかし、嫌いな人につけるあだ名。

これは社会人としては発想が幼稚すぎる。

これまでにも職場の嫌いな人への対処についてご紹介してきました。

職場の嫌いな人とストレス

職場で嫌いな人がストレスの元凶!どうすればいい?体験からの学び

嫌いな人と挨拶したくない

スポンサーリンク


嫌いな人に挨拶すらしたくない行動と結末!賢い生き方の選択方法

職場の嫌いな人と二人きりの体験記

職場で嫌いな人と二人きり!地獄の時間の過ごし方体験記

嫌いな人を職場から辞めさせる方法

嫌いな人を職場から辞めさせたい時の簡単でシンプルだけど成功率の高い方法

会社の嫌いな人を辞めさせる

嫌いな人や同僚を辞めさせる職場の典型的な手口や手段|上司のパワハラ体験記

嫌いな人にイライラしない方法

嫌いな人にイライラしない方法と効果

嫌いな人にイライラしない方法実践と結末

職場の嫌いな人を避ける最悪の結末

職場の嫌いな人を避けるデメリットやリスクと最悪のシナリオ

嫌いな人への対処法をまとめてご紹介しています。

嫌いな人への対処法まとめ

嫌いな人への考え方や行動で楽になるコツまとめ

私のサイトは、40代男性女性向けの情報を中心に配信しています。

メインは、自分らしく、個性を活かす生き方についての考え方。

20代30代40代50代と年代を問わず、みんな同じような悩みを抱えてる。

共通する悩みとして多いのが、以下のような内容。

仕事,退職,転職,恋愛,結婚,離婚,年収,貯金,プレゼント,ファッション。

多くの人が何か悩みを抱えてる。

そんな時、以下の4つのバランスを心のどこかでイメージしている。

人、モノ、お金、時間。

会社にいる時間は人生の中でも多い。

その中で、今人間関係に悩んでいるなら、注意してほしい情報。

人は名前がある。

あだ名は一歩間違えるとトラブルの火種になる。

今回の記事では、職場で嫌いな人にあだ名をつける行為について以下の項目で書いている。

職場で嫌いな人のあだ名付け問題点

職場で嫌いな人のあだ名とトラブル

職場で嫌いな人のあだ名は必要なし

今あなたが自分に対し、周りから何かあだ名がつけられたら気分はどうだろう?

ネット上でも匿名性によりやりたい放題やっている人が増えてる。

そんな時代に、今から自分がやろうとしている行動が何を意味するのか?

大人としての対応という言葉をもっと意識すべきではないでしょうか?


スポンサーリンク






職場で嫌いな人のあだ名付け問題点

職場の嫌いな人へのあだ名

  • 名前が長い。
  • 呼びにくい。
  • 間違えやすい。
  • 聞き取りにくい。

実際に発音の問題等から、呼びにくいから別の名前にしてるケースもある。

これは一種のニックネームという流れが定着する理由の一つ。

今の職場でも必要に応じてそういう環境があるというケースもあるはず。

しかし、前と今が違う。

これは全く意味も価値も変わってくる。

聞く相手は多い

名前は常に仕事の中でも呼び交わしがされる言葉。

  • 部下にそう呼ばれているという事が周知される。
  • お客さんにまでその情報が伝わるリスクがある。
  • 社内でも一人だけという感じになる。

こうした環境は、決して社内だけの問題では済まされない点が多い。

つまりは、あなたのやっている事が会社の信用を落とす可能性がある。

この会社はこんな感じで人を呼び、みんなが笑ってる。

程度の低さが露呈する。

つまりは、ビジネスとしての評価が下がる。

あなたがやっている事は、本当にその会社が組織的に必要としているのか?

この点をまずはしっかり考えてみるべきなのではないでしょうか?

された側の心象

今回のケースは、職場で嫌な相手に不快感を与えたいという悪意が込められたケース。

当然、つける側がいれば、勝手につけられた側も存在する。

その人の心はどうなる?

みんなが自分をそんな目で見る。

嫌な気持ちになる。

この人の仕事的にミスが増える。

ではこの先のフォローやしりぬぐいは誰がする?

結果、みんな自分たちに戻ってくる。

点に唾を履けばそのまま自分に返ってくる。

これと同じことをやっている状態になる。

正直、あだ名を使うとか使ったらどうなるのか?

こんなことを考えているあなた自身が大人として恥ずかしい。

あなた自身のストレスが解消されることもない。

まずは今のあなたの悩みが一体何か?

この特徴をきちんと自らで考える事から始めるべきだと私は伝えたい。

 

職場で嫌いな人のあだ名とトラブル

職場の嫌いな人へのあだ名とトラブル

あだ名を使う。

この行為そのものは正直リスクしかない。

なぜか?

首謀者もすぐ発覚

嫌がらせをしている人をちゃんと特定する事よりも簡単。

仕事の中でつい口を滑らせた。

これはすべて相手からしたら証拠を残せるビッグチャンス。

ニュースなどでも出てくる調査という文字。

単純に、その職場の数名があだ名でその人を呼んだ。

この対象は誰か?

結果、誰がその内容をこっそり提案したのか?

学校とは違う。

会社という組織単位で人間を管理する時には、原因が特定される可能性が高い。

結果、自分で自分のマイナス評価対象を提供しているのと同じ。

  • chat
  • メール

これらすべてが今はボイスレコーダーやIT機器により管理されている。

単純に、ひとつ出てくれば、その末端まで引きずり出すのは簡単なこと。

まずはその行動の結末をきちんとイメージしておくことが大切。

過去の経験は活かせない

時代は変わった。

昔はこういう事をしても誰も何も言わなかった。

でも最近は違う。

被害者が被害と声を発するようになった。

これは、大きな時代の流れになっている。

まず先に相手がどんな行動を起こす可能性があるのか?

その代償はどのような形で自分に悪影響を与えるのか?

毎日あだ名で呼んでるだけ。

加害者からしたら何も悪気がなかったというかもしれない。

一方で被害者はどう思ってるのか?

この反応次第で、その事象の価値は大きく変わってくる。

昔学校で流行ってる時期があった。

こんなことを話している環境があるなら、そのレベルの低さを考えよう。

人につけるあだ名を考える暇があったら、もっとやるべきことは多い。

 

職場で嫌いな人のあだ名は必要なし

職場の嫌いな人へのあだ名は無駄な行為

もし今嫌いな人に対して何かをしようと思ってるならどうすればいい?

この答えはいたってシンプルなんだと思う。

実力主義と人員削減

仕事ができない人は淘汰されている。

会社のトップを含めて、もう雇用を継続することに限界を示す企業も多い。

終身雇用は不可能と言われているような時代。

でもそんな中でも必死に働いてる人がいる。

それは、自分たちの生活のため。

当然、男性でも女性でも仕事ができると認められた人の名前は広がる。

一方で、仕事ができない人はどうだろう?

違った意味で広がる時代ではない。

むしろ、誰も何も言わなくなっていく。

つまりは、個人が何かをする必要はなくなったのです。

いるだけの存在。

でもその価値はいないのと同じ。

この状況に立たされた時点で、辞めたいと思う人は多い。

これはプライドの問題ではない。

居すわるにはそれ相応の覚悟も問われる。

新人にもいらないと思われる存在。

このような状況になっていたら会社は何かしら動く必要が出てくる。

つまりは、配置転換や転勤などの命令を下す可能性がある。

仕事で結果を残す。

これだけを考えている方が、はるかにリスクは少ない。

あなたは自然とその嫌な人と向き合う機会も減っていく。

あだ名をつけられる人と付ける人が同じ職場にいる。

この現実にしっかり目を向ける必要がある。

社会的には、この2つは同じ価値である。

つまりは、お互いが何かを思っているとしてもどうでもいい問題。

その程度のことに頭を悩ませている自分がいる。

こう考える必要がある。

人と仕事と職場

今の自分は何のために会社に行っているのか?

それは究極的に言えば、お給料をもらうため。

ではそのお金はどうすればもらえるのか?

仕事をすることで対価を受け取る。

誰もが何も言わなくてもこの流れは把握している。

でもその仕事に直接的には関係のない事に必死になってる人がいる。

これは、かなり多くの職場に存在する。

このタイプの人は正直いらないと私は考える。

こういう人がいるから、職場がややこしい事に巻き込まれる。

真面目に仕事してる人からしたら、迷惑な存在。

人の名前だとかそんな事を話す暇は本来ならないはず。

それだけ暇を持て余すということはいかに仕事をしていないのか?

この答えとして評価される。

好きでない人がいるなら、それをどうやって好きになるのか?

こんなことを考える必要はない。

ただ単に、みんなその時間は対価を受け取るための仕事をしなければいけない。

ただこれだけを考えたら、その中の一人の呼び名に固執する意味がわからない。

正直、そんなことを考えている人をまわりが見たらどう思われる?

レベルの低い。

程度の低い。

友達ごっこ。

こんな言葉が先に出てくる。

つまりは、あなたがやっていることは社会人の仕事ではない。

アルバイトやパート、派遣社員でもない。

そもそも仕事をしに来ている人の考えている事ではない。

そのくらいのことをちゃんと頭で考える事ができないことに気付くべき。

何をどこに投稿するとかそんなのも次元が低い。

相手に面と向かってきちんと話ができないレベルの人の行動。

こんな人たちに影響されてはいけない。

もっと自分自身が将来子供を持ち、育てる時何をどう教えるのか?

この時、自分の過去をきちんと話ができる毎日を送る方が大事なのではないでしょうか?

スポンサーリンク