スポンサーリンク




メンズファッションを楽しみたいと少しでも思った時、今からいろいろなアイテムを探そうとしている人もいる。

夏と言えば、暑さ対策と少しでもシンプルな合わせ方で着こなしを見せる季節。

でも、20代、30代、40代と年齢を重ねた先にはこんな声も出てくる。

「自分の体型が少しずつ太り始めた。」

  • 自分の今の状態はぽっちゃり体型だ。
  • 中年太りを自覚しなければいけない。
  • 顔やあご、首周りにも肉がついてきた気がする。

お腹が出てきたビール腹だけではない。

上半身に徐々に余分な脂肪が付き始めたことで自分の体型がぽっちゃりだと思い始める時期が男性にも多くの悩みになっている。

でもオシャレは自分の個性を活かして楽しむもの。

決して、太ってきたからインナーでtシャツやシャツが似合わないなんてこともない。

パンツも短パンやデニム、カーゴパンツなどの種類を限定させる必要もない。

あくまでサイズの展開も幅広い。

そもそも体型をカバーするという発想そのものが間違いだと私はこのサイト内の記事で伝えている。

これまでにも男性ファッションの太めという悩みについて以下のような内容を紹介してきました。

30代ファッションメンズ太め春失敗原因

スポンサーリンク


春30代ファッションメンズ太めのサイズ選び誤解注意点と成功のコツ

40代ファッションメンズ春コーデ

40代ファッションメンズ春コーデ|デートにダサいを防止する注意点

夏メンズファッション40代男性ユニクロ

40代男性ファッション夏ユニクロ

夏メンズファッション40代男性ユニクロ活用法画像付|デートコーデ注意点

30代ファッションメンズ太め夏

30代ファッションメンズ太め夏のダサいを回避する節約コーデ術

40代ファッションメンズ秋

40代ファッションメンズ秋コーデ

40代ファッションメンズ秋デートコーデに女性にウケる色選び

40代男性ファッションメンズ冬

40代男性デートコーデファッション冬

40代男性ファッションメンズ冬要注意3アイテムと1万円台成功法

40代guメンズコーデ

40代guメンズ

40代guメンズコーデ!デートでもダサいと言わせないコツと注意点

40代男性デートファッションの誤解

40代デートファッション男性のよくある誤解と自分らしさの探し方

40代男性ファッション太め

40代男性ファッション春夏秋冬太めの強みと弱点|使いこなすのがオシャレ

40代ファッションメンズブランド

40代ファッションメンズブランドを選ぶ基本と注意点|個性の演出法

40代男性ファッションカジュアル

40代男性ファッションメンズカジュアルを意識する注意点と優先順位

40代ファッションメンズジャケット

40代ファッションメンズジャケットで女性受けの良い選び方と注意点

ジャケットメンズ着こなし40代

ジャケットメンズ着こなし40代

ジャケットメンズ着こなし40代が難しい?簡単にそろえるコツ

40代男性ファッションカジュアル冬

冬40代男性ファッションカジュアルでダサいとオシャレの決定的な差

40代男性ファッションジーンズ誤解や注意点

40代男性ファッションジーパン選び方失敗注意点と成功のコツ

がっちり体型ファッションメンズ冬

ガッチリ体型ファッションメンズ冬のダサいとモテる決定的な差

自分の体型を活かす。

これがまず前提としての考え方。

ブランドやアイテムがあなたの悩みをカバーするものではありません。

あくまで、ポイントはその人が自分らしいまとめ方をきちんと体の特徴だけでなく、カラーや素材、見える素材などをきちんと考えるから成り立つということ。

女性を男性がみて可愛いとかきれいと思うのは服が可愛いから?

違いますよね?その女性が自分の体型を活かして、綺麗に見える工夫をしているからです。

柄や黒、白、グレーなどのカラーにばかり目を奪われた選び方は、みんな同じになって見える。

結局は、その人らしさなんてどこにも伝わらない。

これがおしゃれの原点ではないでしょうか?

私のサイトは、40代男性女性に自分らしく、個性を活かす生き方を貫くための考え方を情報としてご紹介しています。

20代30代40代と歳を重ねても結局は人は同じようなことを悩みにしていると思いませんか?

仕事、年収、貯金、恋愛、結婚、離婚、ファッション、プレゼント。

自分の今の年齢に合わせた大人の雰囲気選びだとかアイテム、ブランドなんてことばかりを気にしていても結果的に自分らしさはそこにはない。

今回の記事では、ぽっちゃり男子の夏コーデについて、以下の項目でご紹介していきます。

ぽっちゃり男子夏コーデダサい典型例

ぽっちゃり男子夏コーデ誤解や注意点

ぽっちゃり男子夏コーデでモテる工夫

細い、がっちり、ぽっちゃり、デブ。

体型を気にする人は、多くが細目とか少しでも細い見た目になる事ばかりに意識が働く。

この思考が反対に春より暑くなり、季節感のカラーも変わる時期なのに、まったく季節を感じさせないアイテム選びになっていく事も珍しくない。

ファッションは簡単なんです。

選び方って何を気を付ければいいの?という考え方で参考にしてください。


スポンサーリンク






ぽっちゃり男子夏コーデダサい典型例

ぽっちゃり男子夏コーデ

ぽっちゃりをカバーしよう。

ぽっちゃりは色で細く見せよう。

今はアウターが使えないからできるだけ太い部分を隠すアイテムを選ぶぞ!

人気のブランドや最新関連のアイテムを活用すればモテるのかな?

はい、全てアウト!

こんな思考の中で自分に似合うアイテムを探そうとする人は正直多い。

しかし、このほとんどが失敗している。

なぜか?

ぽっちゃり男子夏コーデの失敗典型例

男のおしゃれって何?

この答えは、おしゃれは足元から。

この言葉を誰もが忘れている事が多い。

スニーカー、サンダル、革靴。

夏は意外と靴のパターンを選べる種類は一番多い季節になっているのを多くの人が注意していない。

いくらぽっちゃりになっても、足がむくんでサイズが合わなくなったなんて男性はかなり少ない

メンズコーデの中で、シルエットが太った悩みを抱えた時ほど注意するべきは何を見せるか?

この答えに、夏こそオシャレを足元の靴で表現する。

この思考が全くない人はたいていがただごまかしたい思考の上でしか考え方がまとめられない。

そうなると結局はデブ隠しみたいな事を記事を見てオススメコーディネートを真似るみたいな思考になっていく。

これがそもそもの失敗原因。

最新トレンドは誰のため?

芸能界やモデル業というファッションコーディネートを着こなすというのは、どこかブランドイメージの定着を目指す効果のため。

でもその情報を見てる人の中で実際に購買するのは、男女で言わせてもらうと、女性への効果が圧倒的に高い。

女子は日ごろの紫外線ケアや夏太りという悩みも抱えている。

チュニックやワンピース、スカートにショートパンツなど足をどう見せるのかも勝負のポイントになってる。

このような時期の女子向けのシルエットアピールを全く知らない男子が必死に自分の体に合わせる全体を女子の印象に気を使っている。

これって、ミスマッチもいいとこ。

正直、付き合う前でもカップルでも夫婦でも子連れのパパでも結局は男は一緒に居る人をいかにきれいに見せるかの引き立て役。

この存在に夏という季節をのせるなら、まずは色と素材を合わせる事に意識を必要とする。

簡単な実例では、実際に浴衣を相手が使った時あなたは何の靴を履く?

  • スポーツ用のスニーカー
  • ビーチサンダル
  • 下駄や季節の雰囲気がある風物系アイテム。

たったこれだけでもかなりイメージはそのアイテムを使ったことが原因で見える側の意識は変わる。

私なら、足を風物系アイテムを合わせて、スキニーのパンツでスッキリ見せる。

浴衣は素材が柔らかいし、色が鮮やかになるのが見せるポイント。

だったら、男性はシンプルなパーカーや白を基調にして、相手の色の選び方を邪魔しないパターンを着用する。

このように相手をよりビッグにするように何を選べばいいのか?

こういう思考を何も持たないままa-1とかなんとなくのデザインや知ったキーワードを使って検索をしても全く意味がない。

 

ぽっちゃり男子夏コーデ誤解や注意点

ぽっちゃり男子夏コーデ誤解や注意点

私も実際に一時的に太ったことが悩みになったこともある。

当然、腹が出て、まさに中年太りの印象まっしぐらになったような状態だった。

実際、即ダイエットをして、元の体型に戻した。

しかし、その体になった時に手にしていたアイテムへの配慮は何か?

そして、その時になぜそのアイテムが出てきたのか?

理由を含めて、誤解をしていると思われる点をご紹介していきます。

太った時に選んだメンズアイテム配慮

私はとにかくお腹が出てきた。

この時に真っ先に変えたのが、パンツだった。

そして、その時に手にしたのが、よりクラシックなラインを手にした。

なぜか?

細身、スキニー、ストレート。

こんな言葉が毎年何かのファッションアイテムで使われている。

テーラードジャケットのトレンドはハイウエスト?

こんな事を考えるよりも、まずはきちんと気にしている部分から繋がるパーツへの違和感を与えないのが先。

つまりは、お腹から続くラインに対してどこまで何を意識的にストレートに見せるかが勝負。

これを太った後の対処で間違いが強い人はこうしてしまう。

太った時に夏コーデでデブ感強調タイプ

なぜ首が短いのに、Uネックを選ぶ?

なぜ体型が変わった部分を隠すために必死に大きめ選んで腕の袖は合わなくなっている?

このように隠したい部分だけしか見ていないアイテム選び感が露骨に出てしまっている人がいる。

これではどんなにトップスをモテるためにトップブランドを選んだ男も周りからは、どう見える?

「見栄?アンバランス!ダサい!」

これで終わる。

太った時ほど隠すために必死

結局はカッコいい男とは決定的に違うのが、清潔感を演出するというモテ要素への配慮が出来ている。

その要素は服装の中でも小物などのアイテム程よく見られている。

夏に使うアイテムは以下のような対象が分かりやすい。

  • 傷んだ革小物の表面。
  • 錆びたシルバーアクセサリー。
  • 色褪せた色の黒やグレー。
  • 汗ジミが目立つ組み合わせ。

このような内容がいくらスポーツをしている場所でも周りから目をどこまで配慮するか?

こうした部分を常に基本をプラスの目で見ている人が着る服の使い方は、きちんとベースが出来上がっている。

別に、guやユニクロ,h&Mなどのファストファッションのアイテムを着る事には何も抵抗を感じる必要はない。

むしろ夏はこういう場所のアイテムが逆に良いケースも多い。

特にセットアップで意識を向けない

夏のデートでも大人のおしゃれで多くの男性が間違いと思ってしまうような取り入れ方をする典型例がある。

それが、爽やかというキーワードをなぜか痩せて見えるテーラードジャケット等を使ったセットアップで選ぶという思考。

ビジネスでも使うようなベースのファッションなら、体型も隠しやすい。

このように考えたのかもしれない。

確かに使えるアイテムはある。

でもその環境に女子の使えるアイテムは?

この点を先ほどの内容の情報で必須の条件として取り入れるのを忘れた典型例となる。

ただ単に明るい色のインナーを合わせる事がフォローになっているわけではない。

ダーク系が痩せて見える効果なんてほとんど形にすぎない。

正直、ちょっと空気を読むを先にクールダウンをしなければいけない人が多すぎる気がする。

 

ぽっちゃり男子夏コーデでモテる工夫

ぽっちゃり男子夏コーデ成功法

ぽっちゃり体型をカバーしてくれてさらに爽やかに見える演出として相性抜群のモテるアイテム選びって何?

この答えとして、ベースを考えるコツを具体的にご紹介してきます。

夏コーデぽっちゃり男子のベース

まずは暑い季節の足首や首をきちんと着痩せなんて言葉を考えないで済む選び方として注目するべきはアメカジ。

アメカジの中でも、バカンス系のスポーツアイテムから選ぶ事が大切。

具体的に言えば、ゴルフ系に使われるようなアイテムがスッキリの定番。

例えば、以下のような点に注目。

  • ポロシャツ一枚でラウンドしている中年の男性はダサいのか?
  • ゴルフの時にスラックスのようなストレートタイプを履いてデブに見えるのか?
  • ちょっと見えるソックス(靴下)などでオシャレを出すカッコよさ。
  • ゴルフシューズとトップスまたはベルトという組み合わせ。

こんな形で観察をして合わせるアイテムの特徴をちょっと時間があったらチェックしてみてください。

夏コーデぽっちゃり男子のトップス

まずは秋も意識できる重ね着にも使いやすいアイテムとして選ぶべきはシャツとポロシャツに徹底的にこだわること。

さらに、もっと言えば、以下のようなキーワードで合わせる形が無難コーデ。

  • 無地。
  • 清涼、通気性他機能性にこだわったタイプを選ぶ。
  • 価格が高いものではない、数で使いまわしの頻度を低下させることで素材が痛むのを緩和する。
  • 白、グレー、ネイビーの3色を使い、黒をいったん避ける。

このようにして痩せて見せるのではないキレイを見せるをベースに考える。

襟がある。

たったこれだけで首の印象は女子からは、そのファッションが自分たちにない分デートの時にも男らしさにつながる。

ポロシャツは袖が基本きちんと製法により、よれない状態になっている。

だからこそ、1日使い続けても時間の経過でダサい感じにならない。

こういうライン以外の見せるポイントをきちんと理解しておくことが大切。

夏コーデぽっちゃり男子のパンツ

あなたは足首の色気という言葉を知っていますか?

男も女も異性の足首には色気を感じるのです。

足の太さからキュッと細くなる一部として、靴やパンツから少し見える部分として男らしさも感じるパーツ。

こうしたラインをどう見せる?

このポイントは、単純にデニムを折るような工夫を心がけてみてください。

夏の清潔感は、どこかダメージ系も許される感じになって、ラフと季節感という一体感を求められる。

そんな中でワイシャツの袖を折り曲げる感覚と同じで、デニムをストレートにしながら、何を見せるかと言えば、足首が見えるか見えないか程度の感じで折ります。

たったこれだけで、他人の足と違いを見せることが出来るんです。

簡単でしょ!

夏コーデぽっちゃり男子の靴

とにかく、男にとって夏は靴選びにお金を使ってください。

サンダルも革、ビーチサンダル、カラー。

このようにいろいろなパターンを見て、自分の足に馴染む一足を探す。

そして、スニーカーを含めた色を以下の様に考えます。

  • ブルー、レッドなど遊び心系カラーのアイテム。
  • シックな黒やブラウンなどのビジネスの延長の色。
  • ネイビーや白などちょっと手入れを必要にするようなアイテム。

このように日常的にアイテムに手をかけている事を印象として与える効果を狙っていきます。

私は全体のアイテムを夏前には必ず一度全て手入れをします。

季節外れの秋冬のアイテムも梅雨を過ごした後の通気、換気の入れ替え作業。

革小物への栄養クリームや防水スプレーなどのコーティング。

こうした事を徹底するから、10年以上使っていてもボロボロになるアイテムは1つもありません。

こうした形を女子は見てる。

これがお洒落とブランドかぶれの成金男との決定的な差だと思った方が良いですよ。

スポンサーリンク