スポンサーリンク



人間関係が続かない

何とかしたいと思っているのにどうしたらいいかわからない!

人間関係の構築が苦手(下手)だという意識を持つ人は増えた。

ではどうすればいいのか?原因と対策の2つをご案内していきます。

これまでにも以下のような記事で人間関係(人づきあい)について書いてきました。

人づきあいが上手い人と苦手(下手)な人の特徴。違いはどこにある?

伝わらない

スポンサーリンク


人付き合いが上手い人の言い方の特徴|苦手な人との決定的な違い

人付き合いが苦手な人向けの仕事

人付き合いが苦手な人向けの仕事・職業|フルリモートおすすめ

人付き合いが苦手

人付き合いが苦手な人の特徴や原因|克服方法は一人になる時間を増やす?

今回の記事では、人間関係が続かない人の原因と対処法を以下の目次でご紹介しています。

人間関係が続かない人の特徴

人間関係が続かない人の付き合い方

人間関係が続かない人の見直しポイント

人間関係が続かない人向けのコミュ力強化方法

人間関係が続かない人向けおすすめの対策方法


スポンサーリンク






人間関係が続かない人の特徴

人間関係が続かない人の特徴

人間関係がうまくいかないと嘆く人の特徴をお伝えしていきます。

親しい友人、親友とも良好な関係が続かない。

いつも何かちょっとした言動が原因でトラブルになる。

すぐ喧嘩になったりギクシャクした関係になってしまう。

この原因は、シンプルなんです。

本音で語り合わない

相手に合わせる対応

相手の欠点やマイナスを探す

性格よりグループ意識を優先

相手のことに関心が無い

順にご紹介していきます。

本音で語り合わない

あなたは家族にも兄妹、姉妹にも結局相手の顔色ばかり見ていませんか?

結局、こんな言葉を相手から言われてしまう。

「何を考えているのか分からない」

これは、相手もあなたに対してどう接すればいいのか分からなくなっているのです。

本音で語り合えない関係は、ただの上辺だけで上手くいっているように見えるのは、脆いから常に神経を遣う。

こんな関係、本当に必要ですか?

私は不要と考えます。

相手に合わせる生き方

自分に合わせていても自分の中では何かが満たされない。

どこか表面的な付き合いだと感じてしまう。

結局付き合いは長いのに、お互いの本心が見えないまま。

こんな関係が続くとしても、唯一の友達と思って付き合いを続ける人はいる。

でも本当は?

こういう関係は、ただ付き合わされているだけで疲れる。

だったら、本当の意味で信頼できる人間を探すほうが人生は充実する。

相手の欠点やマイナスを探す

  • 自分のことが好きになれない
  • 他人のことがうらやましいと思う
  • どうせ自分なんてと卑下する思考が多い。

こういう人は結局誰ともうまくいきません。

職場の上司、同僚、部下との関係も同じ。

家族の中で父親、母親、兄弟、姉妹、親族、親戚等とも常に比較することしかできない。

こういう人は、結局最後にはこうなる。

「本心から相手の幸せを祝福できない。」

「相談された事に対しても真剣に向き合ってあげれない」

結局、あらさがししかできない人は孤立していくのです。

性格よりグループ意識を優先

日本人は、群れるのが好きな人が多いと感じてしまう。

個人がもっと自分らしく生きる事を追求するべきだと思う。

その考え方が足りない、全くない人は結局他人との関係性は質より数で考える。

  • 性格が合わないのも仕方ない
  • 価値観が合わないのも当たり前
  • 感性が真逆の人も頭数の一人

上記のようなタイプからも何か刺激を受けたり、新しい自分の価値観を生み出しているなら価値があります。

でも根底には、「あの人と私は違う」みたいな壁を作っている。

これってはっきり言ってその人にとっても失礼なのです。

お互いの時間を使わせてもらっている。

そんな関係なら、相手を解放してあげたほうがお互いにとってより人生は楽しめる。

相手に関心が無い

結局相手のことを深く知ろうと思っていない。

薄っぺらい関係だと思えるのが、こんな言葉。

金の切れ目が縁の切れ目。

金銭だけで繋がる人間関係は脆い。

他にも、利用しようとする人は、結局お金の力を過信している。

こうなると、以下のような傾向がある。

  • 自分のことを話すことが多い
  • 自分の話が終わると会話を打ち切る
  • 相手の話を聞くときは曖昧な答えしか返さない

上司にも以下のような事例が多い。

部下の悩みの相談などに「まあ」「先輩だから」等とその場しのぎの返事ばかり。

こういう人っていませんか?

これって結局あなたを人材として考えているのです。

 

人間関係が続かない人の付き合い方の特徴

人間関係続かない人の付き合い方

自分に何か原因があるとは思えない。

別に相手に対して何もしていない。

上手くいかない人に多い特徴は以下の3つ。

自分の利益を優先した付き合い方

自己否定を繰り返してつながる関係

なぜ一緒にいるのかわからない関係

順にご紹介していきます。

自分の利益を優先した付き合い方

恋愛は得にわかりやすい。

自分にとって都合の良い相手を探そうとするのが恋です。

つまりは、下心が前提の関係。

分かりやすいのが以下のような考え方。

  • あの子といると自分の行きたいところに行きやすい
  • あの子になら言いたいことを言いやすい
  • あの子よりも自分のほうが良い状況だから虚しくならない

こんな風に相手と比較して自分より下とか見下せることを意識して付き合いを持っている人。

これって結局他人を利用しようとしているだけなんです。

自己否定を繰り返してつながる関係

先ほどの相手に対して、反対に我慢を強いられる相手も悪い。

理由は単純。

目指すべき人ではないと思っている人と共に過ごす時間に何の価値があるのか?

時間は有限です。

1秒、1分、1時間は人生にとっていろいろなことに使われている。

でも自分が生きていて良かったと思えるようになるには、誰とつながるかが重要なのです。

自分にとって学べることがある相手といれば、人として成長できる。

しかし、お互いが利用しようとしている関係の先には破綻しかない。

この現実をもっときちんと自分の中で意識しておくことが大切。

なぜ一緒に居るのか分からない

そもそもあの人と自分の関係は何?

あの人は友達?友人?知り合い?

曖昧な関係なのに、何となく時間を共にしているような人も多い。

これも人生の無駄な時間の過ごし方だと私は考える。

他人と関わるとは、常に何かを吸収し、何か生き方を変えるアイデアを見つけること。

その大きな目的に合わないのはただの他人と同じ。

この思考が欠落しているからこそ、満たされない気持ちがどこかで爆発してしまう。

 

人間関係が続かない人の見直しポイント

人付き合いが続かない人の見直し方

これまでの自分の生き方から脱出したい!

人生をやり直すではないけど人間関係の整理をしたい!

私がこう思ったのが、20歳前後。

友人を選ぶとは何か?

相手との利害関係

この2つを考える必要があります。

友人を選ぶとは何か?

人とつながる事は、必ず人生に学ぶべきことが提供されていると思う。

長続きする人とは、結局はお互いに目標や目的が一致していることが多い。

簡単に言うなら、以下のような事例がある。

  • ビジネスに対する考え方が似ている者同士が一緒に起業する
  • 趣味で共感が多いからこそ、サークルなどを立ち上げる
  • 志を同じくするものが集まって協会などを立ち上げる

このように、自分と相手の関係性の中で感性が共感すると一人では難しいと思っていた事もかなえられるようになる。

結婚もまさに同じだと思う。

この人となら、一生付き合っていける!

こう思っている感覚がズレている人が多いから3組中1組が離婚している時代になっているのです。

相手との利害関係

私は人と付き合う時、基本的に自分のほうが劣っていると思えることが必ず1つ以上存在する人を選ぶ。

その代わりその人に絶対的に負けない何かを用意している。

これがお互いにとって利害関係を成立させるに値するのかが大切。

相手にとって、自分を必要としてくれる理由が明確に存在している。

その延長に私にとっても、相手の知識や経験から学ぶべきことがある。

こういう関係であれば、共通項も生まれてくる。

結果、一人ではできない、気付かないような発想が誕生する。

そうしていくと、そのうちお互いが相性の良い人として深い付き合いをするようになっていく。

 

人間関係が続かない人向けのコミュ力強化方法

人間関係が上手くいかない人のコミュ力強化術

人間関係を円滑にするためには、コミュニケーション能力が必要不可欠。

コミュニケーションとはそもそも何か?

原点を意識すると、効果のあるポイントが見えてくる。

  • 自分自身が等身大で付き合う
  • 相手の事を真剣に考える
  • 自然に笑顔になれる相手
  • 話す時に相手の目を見て言える
  • 多くの共感と刺激を受ける

これが原点になると私は考える。

自分自身が等身大で付き合う

背伸びしないと一緒に居られない。

あの人といる時にはこういう自分を演じていないとはぶかれる!

こんな付き合いを続ける人は虚しい。

ただ利用されるコマとしての存在。

学生時代の「パシリ」や「お使い」みたいな存在になってしまっているのがこのパターン。

こんな存在になってまで、つながる関係に意味がない。

あなたはこの時間の先に何を得る?

答えは、精神と時間を削るだけです。

相手の事を真剣に考える

その人が困っていたら?

  1. 一緒に泣いてあげられますか?
  2. それとも他人のフリをしますか?

当たり前のことですが、1を選べない関係を友達だと思っているなら、それはおこがましい。

相手が傷つくのを見て、自分が無関係だと平気で言えるような関係はただの他人以下です。

人と関わるなら、その人のことを真剣に考える習慣をつける。

こうしないと誰もあなたの事を真剣に考えてくれなくなります。

自然に笑顔になれる相手

顔がひきつってしまう!

不自然な笑い方

またその表情!

こんな事を自分の中でもわかっているのに、その顔が自然に出てくる。

この関係もあなたが一緒に居てメリットがある人ではない。

例え、家族で会ったとしても根本的に考え方や生き方が違うと思っているなら、その関係は微妙になっていく。

例えば、子どもを捨てる親。

産まなければよかったと言い放つ人間。

こんなことを言ってくる人と傍にいても幸せになれない。

だったら、もっとあなたを心から笑顔にしてくれる大人と一緒に居るほうが人生は楽しめる。

話す時に相手の目を見て話せる

会話を始める時に、相手の目を見て話せない人は多い。

思ったことをそのまま自然に口に出せない。

この時点で、あなたはもう拒絶や拒否の感情を抱いているのです。

なぜ自分を飾ろうとする?

なぜ相手の目を見れない?

この答えは、あなたが相手のことを信じてあげていないから。

つまり、相手のことを真剣に考えて受け入れる勇気もないのに、形だけ繋がろうとしている。

こういう関係を見直すことができなければいつまでも同じことを繰り返す。

多くの共感と刺激を受ける

自分に嘘をついて一緒に居る必要はありません。

むしろ、そんな努力をしても誰も評価をしてくれません。

大事なのは、相手から自然に吸収すること。

  • 生き方
  • 話し方
  • 聞き方
  • 受け答え
  • 細かい動き
  • テーブルマナー
  • 手振り身振り

このような細かい行動をしっかり観察してみよう。

この中で、共感と吸収したいことが多い人と一緒に居ることが大切。

 

人間関係が続かない人向けおすすめの対策方法

人付き合いが長続きするコツ

では最後に、どうにかしたい人向けにこれからの自分の人生をどう考えるべきかをお伝えしていきます。

人間関係を築くために必要なことはシンプルなのです。

  1. 本音で語り合う
  2. 相手に対して与える何かを持つ
  3. 趣味等価値観の共有のネタを持つ
  4. 自分が興味を持てる材料を見つける
  5. なりたい自分のイメージを固める
  6. SNSでのやりとりをまめに行う
  7. 自分から積極的にアプローチする
  8. 自分が上であり下でもある場所を見つける

順にご紹介していきます。

本音で語り合う

まずあなたが最初にやらなければならないこと。

それは、体裁ではなく、自分の本音をきちんと伝える覚悟を持つこと。

  • 嫌われたくない
  • 嫌われるのが怖い
  • どう思われるか心配

上記の感情は、簡単に言えば、相手を信じられない恐怖心。

そうではなく、自分から一歩歩み寄る。

この考え方が自分の中に備わっている状態が必要不可欠です。

このステージに達していない間は、本当の意味で人間関係に悩まない人生にたどり着くことはないです。

相手に対して与える何かを持つ

相手に何か自分と関わることでメリットを感じてもらうのです。

何ができる?

自分の長所は?

自分の中にある周りが認める長所を見つけ出すことが重要。

あなたにとっては当たり前のこと。

でも周りからすれば、それはスキルであると認めてもらえる内容。

こういう一面をきちんと理解している事が大切です。

言い方を変えるなら、強みを持つこと。

趣味等価値観の共有ネタを用意する

趣味から自分の価値観に合うような人を探す。

この時、まずは同じ系統の趣味や娯楽があると気持ちが楽です。

具体的には、

  • SNS等でのコミュニティへの参加
  • Twitter等でキーワード検索
  • 関連のYouTubeなどを見ながら個人で活動をしている人にコメントなどでコンタクトを試みる。

こうした自分からいっぽを踏み出す活動をすることが大切です。

学びたい

もっと詳しくなりたい

こういう向上心が感じられるような態度があると、相手は応えてくれる事もあります。

自分が興味を持てる材料を探す

何も話しかけるネタが無い。

こんな人は、自分の今までに経験してこなかった事に目をむける必要があります。

具体的には以下のような感覚が芽生えることが大切。

  • この人いいなぁ。
  • どこか他の人と違う気がする
  • 話しかけてみたい
  • 雰囲気が好き

こういう自分の直感で行動をしたくなるような人を探すことが大切です。

アウトドアとかインドアとか料理、英語教室等は関係ない。

そもそも人に焦点を絞ることがポイントになります。

なりたい自分のイメージを固める

転職や就活をする際にも必ず志望動機とセットで質問される内容がある。

それは、将来自分がどうなりたいのか?

この答えが漠然としている人は、結局飽きた、つまらない等の感情が先になって離職することが心配される。

こうした人と自分は違う。

一時的な感情ではなく、真剣にあなたに向き合う覚悟があります。

こういう雰囲気をアピールポイントにすることが大切。

オンラインが当たり前になった時代。

だからこそ、積極的にリアルなナンパみたいなことをしなくてもいい。

SNSなら、コンタクトが取れる時代。

こういうツールをフル活用することを考えてみましょう。

メールやSNSによる連絡はマメにする

人間関係を築くのが上手い人は、やりとりがマメです。

とにかく、一人ひとり会っていない人にも毎回迅速に対応をしています。

こういう流れがメールやLINEでの連絡をしたいと思わせるきっかけになります。

何気ない行動ですが、そういう生活習慣から見直すことが大切。

朝、夕方の通勤時間を活かす

休憩時間を使って、こまめに周囲の動きをチェック

こういう事を繰り返すことで、少しずつ周囲の行動の特徴や思考を観察することが大切です。

自分から積極的にアプローチする

待ちの姿勢の人は婚活でも恋活でもうまくいきません。

先ほどもお伝えしましたが、時間は有限です。

声をかけて良いのかな?ではなく、声を掛けよう。

どう思っているのかわからないではなく、このチャンスを活かそう

このように、相手に自分をアピールする思考を優先しましょう。

こうしないといつまでも相手は自分に目を向けてくれません。

自分が上であり下でもある場所を選ぶ

自分を成長させたいなら、基本的には自分より下と感じる人たちに囲まれてはいけない。

教える事ばかりで、教わる環境が無い。

こういう人は人間性の成長が止まってしまう。

どこかで自分ができることがある。

反対に学べることもたくさんある。

このような場所で活動をすると、Give&Takeのバランスが成立します。

職場でも徐々に自分が昇進したら何をする?

この時に威張るのではなく、新人の感性から新しいアイデアを思いつく人が長生きするのです。

お互いが良い刺激の相手になること。

これが相手にとっても自分にとっても居心地の良い環境と言えるのです。

スポンサーリンク