スポンサーリンク



  • もう仕事に行きたくない
  • もう限界、吐き気やめまいが続いて仕事に行けない
  • 人が足りないのはわかるけどこっちも無理!

従業員から突然退職を申し出ることは可能なのか?

民法では以下のように定められています。

民法第627条

  • 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

  • 期間によって報酬を定めた場合には、使用者からの解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。

  • 六箇月以上の期間によって報酬を定めた場合には、前項の解約の申入れは、三カ月前にしなければならない。

つまりは、解約の申し入れ日から2週間で終了することとなっています。

急に辞める関連記事。

本当に辞める人の退職理由

本当に辞める人の特徴|何も言わないまま突然おとなしい人が去る本音と建て前

おとなしい人が突然辞める理由

スポンサーリンク


おとなしい人がなぜ突然辞める?退職理由や前兆はあるのか?

試用期間

試用期間で辞める人の理由や特徴|メリットデメリット

今回の記事では、急に退職希望を言うのはありか?について以下の目次で解説します。

突然退職を伝えるのはあり?なし?

突然辞めることができる人の特徴

突然辞める時の行動注意点

突然辞める前の準備


スポンサーリンク






突然退職を伝えるのはあり?なし?

突然退職を伝えるのはあり?なし?

結論としては、最短2週間で退職することは民法上で可能になっています。

しかし、社内規定等がある場合は、労働基準監督署などでどのように判断されるのかを確認するようにしましょう。

 

突然辞めることができる人の特徴

突然辞めることができる人の特徴

明日から会社に行きたくない!

このような人にとっては、最短2週間の過ごし方が問題。

有休が残っている人

有休消化

有休が残っている人なら、有休消化の申請を行いましょう。

退職時に有休を消化することについては、企業側が拒否することはできません。

全てを取得することができます。

有休が残っていない人

有給を使う

入社1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月など有給取得前の期間で退職を希望する人は、欠勤になることも覚悟の上、休みを申し出るということも可能

しかし、この場合は、会社側が人手不足等を理由に損害賠償などを請求してくるなんて可能性も考えておきましょう。

上手に自分の辞めるタイミングを見極めましょう。

 

突然辞める時の行動注意点

突然辞める時の行動注意点

上司や会社に相談した方がいいのかな?

この行動には注意が必要です。

ストレスにしかならない

ストレスにしかならない

会社の仕事を辞めたい相談先の選び方!転職を親や上司に言えない時の注意点まとめ

  • 上司
  • 同僚
  • 部下

など相談する相手は誰が良いのか?

この答えとして、上司を含めた会社の人間はおすすめしません。

なぜか?

  • 「辞められては困る」など引き止めがしつこい場合がある
  • 伝えた相手以外の人間に広がる可能性もあります
  • 相手の話に耳を傾けようとしているだけで条件等は緩和しないケースも多い

例え、中小零細企業で数名の社員で成り立つ会社でも不満を伝えたところで改善されるかは不透明。

結果的に自分が何かを話したことを後悔する人も多い。

よくある退職理由

退職理由は嘘も多い

業種、職種を問わず、急に退職したくなる理由は何か?

  • 人間関係
  • 会社の方針が合わない
  • 自分自身の体調不良
  • 親の介護
  • 配偶者の転勤
  • 家業を継ぐ
  • 仕事が合わない
  • オーバーワーク

等があります。

別に、どんな悩みでもすべてを企業に伝える必要はありません。

プライバシーを守る意味で、退職届にも「自己都合」や「一身上の都合により」という表現を用いて提出するのです。

 

突然辞める前の準備

退職準備

  • 踏みとどまってくれるかもしれない
  • あの子ならまだこちらの声に耳を傾けてくれるかもしれない

人柄や性格によっては、企業側も必死に引き止めようとする。

他にも、「即戦力」「仕事ができる」「いなくなっては困る」などと言われている人には、必死に説得するかもしれません。

しかし、あなたが本当に意志が固くなった状態なら、あえて相手と話をしたくないはず。

アフターフォローを期待しない

アフターフォローを期待しない

  • 40代の中間管理職以降は未来がない。
  • 早期退職希望を集める
  • 会社が辞めるように誘導する

こんな動きが加速しています。

仕事も最後は、「人と人」

この関係が崩壊した時点で、相手にどう思われても最後は自分の身を守るほうが重要。

つまり、何かを相手に期待するよりも自分の次の未来を考えることのほうが大切です。

引き継ぎ等は電子化

引き継ぎ等は電子化

原則的には、1ヶ月前に退職の申し出が必要という会社も多いです。

しかし、引き継ぐ人も決まっていない。

こんな状態であれば、とにかくWordやエクセル等で状況をまとめておきましょう。

例えば、営業なら、

  • 顧客ごとの途中経過
  • 現在進行中の仕事のスケジュール管理

など進捗状況をのこしておくことが大切。

返却物の確認

返却物の確認

  • 制服
  • 名札(社員証やカード)
  • 健康保険証
  • 貸出物(携帯電話、ノートパソコン)

何を返却するべきなのかを確認しておきましょう。

誓約書等の書類の確認

誓約書等の書類の確認

会社によっては、個人情報の漏洩などルールを定めているケースもあります。

この場合、誓約書等を記入することもあります。

社会保険の手続き

社会保険加入

退職後に次の仕事が決まっている場合は、失業関連の手続きは不要なこともあります。

しかし、決まっていない場合は、失業給付や国民健康保険などへの切り替えの手続きをしておきましょう。

スポンサーリンク