スポンサーリンク



人生はいろいろある。

1度結婚して生涯1人の人と子供を一緒に育てる。

死ぬまで離れない。

結婚式を挙げた時には永遠の誓いなんて言葉を聞くのに、いつしかその言葉が薄れていく関係もある。

私も実際に離婚を経験している。

そして、初婚女性と再婚をした。

前の結婚と比較しても今の方が本当に幸せだと思っている。

でも過去の経験は当時の私にとってはとても大切な経験だったと思える。

彼氏彼女で恋愛を楽しむ時と結婚相手を求めるのはまったく別。

これが最近、私が子育てしている環境の中で感じていること。

これまでにもシングルマザーの恋愛や彼氏の悩みをご紹介してきました。

シングルマザー恋愛きっかけ体験記

スポンサーリンク


シングルマザーとの恋愛のきっかけと終焉を迎えた理由体験記

40代同士再婚成功のポイント

40代同士の再婚決断前子持ちシングルマザーの確認ポイントや注意点

40代シングルマザー恋愛

シングルマザーの恋愛に必要な覚悟や諦める前に成功と向き合う重要性

40代貯金と結婚,老後,子供

40代貯金の悩みシングルマザーや子供の数,男女の悩みまとめ

バツイチ子持ちという環境で考える将来は、最初の結婚をしたかった頃とは大きく異なる。

40代バツイチ子持ち男性の特徴|大きく価値観が異なる過去と未来設計図

バツイチ子持ち女性との結婚に後悔防止策

バツイチ子持ち女性と結婚に後悔!男が騙されない見極めポイント

バツイチ子持ち女性と年下彼氏恋愛と結婚

バツイチ子持ち女性と年下彼氏の相性見極め方|幸せのカタチや条件

バツイチ子持ち女性に片思い注意点

バツイチ子持ち女性に片思いから同棲して別れるまでの体験で学んだ事

今回の記事の中では、出会いが欲しいのになかなかチャンスをつかめない。

こんな相談をいただいた時の答えを以下の項目でご紹介しています。

シングルマザーだから彼氏ができない?

シングルマザーで彼氏ができない時の対処

シングルマザーで彼氏ができない時の時間

人生は、人、物、お金、時期、動機という流れで必ず必要な事を経験させてもらっている。

会社の仕事を辞めて次の転職先を探す事も同じ。

全てが未来につながる経験値のために必要な事。

こう考えたら気が楽になるはず。

シンママの女性にもきっと必要な時に出会いが訪れる。

私はこの言葉を自分の再婚体験からも伝えていきたい。


スポンサーリンク






シングルマザーだから彼氏ができない?

シングルマザー彼氏できない

 

原因は何かあるはず。

離婚後数ヶ月で再婚する人もいるのが現実。

  • 子持ちと伝えたら連絡がこない(こなくなった)
  • 既婚者の浮気、不倫相手になっていた
  • 体の関係だけの都合の良い女になっていた
  • 初婚女性と自自分は違う

こんなことばかりを繰り返しているとどうなるのか?

自分に自信が持てない生き方になってしまう。

シングルマザーは恋愛対象外?

バツイチ子持ちは恋愛対象にならないのか?

この答えとして、参考にするべきデータがある。

それは、マッチングアプリの利用者は、8割が気にしている。

では、結婚相談所はどうだろうか?

平成28年厚生労働省の人口動態統計データを参考にする。

対象 割合
夫婦ともに初婚 73.2%
夫が初婚、妻が再婚 7.1%
夫が再婚、妻が初婚 10.0%
夫婦ともに再婚 9.7%

このように、女性が再婚している割合は、16.8%にも達する。

子供がいるかどうかだけでなく、どのような背景になっているのか?

これが非常に大事になっている。

バツイチ子持ちがかわいいという声

私にもバツイチ子持ちを好きになった男性からの相談が近年多くなっている。

バツイチ子持ちがかわいい!独身未婚男性が好きになった時に求められる覚悟

未婚率を考えてみる

生涯未婚率とは、50歳までに一度も結婚をしていない人の割合を示す。

この統計では、男性が20%なのに対し、女性は10%である。

離婚をしたい人の割合は、3組中1組というのが統計データ。

では、「もう無理だ」と諦めるにはまだまだ早い。

 

シングルマザーで彼氏ができない時の対処

シングルマザー彼氏できない時の対処

 

シングルマザーは子供を育てる母親であることが最優先。

仕事も家事も育児も一人でバリバリこなすことが当たり前。

こんな認識が世間にもありますよね。

でもそういう中でも恋愛の話が来る人はどうしているのか?

この答えとしてもっと日常の周りを観察してほしいポイントをご紹介していきます。

生活の中で出会いは突然訪れる

私が以前にバツイチ子持ち女性と同棲をした経験の実話。

この時の出会いは、たまたま近所の散歩をしていた時だった。

正直、お互いが何も出会いなんて期待していない状態。

それが、突然ふとチャンスがやってきた。

この機会を大事にするのかどうか?

これがポイントになります。

付き合いがとかデートがなんてことを正直この段階で考えてはいけない。

問題は、付き合ってというよりも人との付き合いの輪を広げる。

これがスタートラインなわけです。

コロナ禍に求められる条件

正直、デートをしたいと思っても今はしないほうが良い。

コロナ禍になってこれが当たり前になった。

その結果、どうなったのか?

20代30代の多くが孤独を感じる時代になってしまった。

ではどうすればこの状況から抜け出せるのか?

この答えをダメなほうに考えるのではない。

むしろ、時代の流れを利用しようとする人が抜け出す。

具体的には?

マッチングアプリでは求められない事もわかった。

では、出会い系等のサイトならどうだろう?

恋活と婚活は厳密な意味では違っている。

でも結局は、最後には男女が2人で過ごす時間を求めている。

つまりは、出会う前の普通の会話を楽しもうとする人が強い時代になった。

 

シングルマザーで彼氏ができない時の時間

シングルマザー彼氏できない時の行動

時は金なりと言われている。

いつもどんな時にもうまくいく人は少ない。

どちらかと言えば、出会う相手に恵まれないと思うことのほうが普通なのかもしれない。

でもそんな経験もすべて私は失敗と呼ばないようにしている。

全てが素敵な思い出だと。

やはり人は心に傷を背負ってから学ぶ。

真剣な出会いはどこにある?

考えすぎてはいけないのがこの思考。

相手の本音を先に聞き出したいと思っている人は多い。

やはり人は楽をしたいし、失敗をしたくないというのが本音。

でもあっていない期間にこんなことを考えたらどうなる?

出会いがある前提での話ならこの悩みは分かる気がする。

でも誰にも出会えていないのに、一緒にいるべき相手の条件場会rを考える人は上手くいかない。

むしろ、一緒にいる相手に大きいプレッシャーや圧力を与えてしまう

投資というのは間違いである

私も実際にバツイチになってから結婚相談所で有料の会員登録をした経験がある。

バツイチがパートナーを探せる場所なんてない。

こう決めつけていた自分がいる。

さらに、婚活パーティーや街コンとは違うと思っていた。

お金を預けてまで婚活をする人なら、将来は結婚を考えてくれている。

きっとお金も仕事もある程度安定している人たちが登録をしているのだろう。

こう思っていた。

しかし、現実は違った。

「みんな大変なんですよ。」

この答えが最初だった。

6ヶ月から10ヶ月の間でより近くの人との出会いを求める。

これって地方や田舎にとってはかなりハードルが高い。

そもそも情報が不足しているという状況になる。

結果として、諦めや妥協を繰り返す日々になる。

この状況に私はこう思った。

「なぜこんなことまでして相手を探しているのだろうか?」
「これが本当に私がやりたかったことなのか?」

つまりは、いかに効率的に相手を探そうとする時期には失敗する可能性が高い。

こういう事なのだと思う。

何事も自分が環境を作らなければ幸せというゴールにはたどり着けない。

親からは否定の声もあるだろう。

会社の中で相手を見つけたてもその事情がバレることを恐れる人も多い。

職場恋愛|年の差やアプローチから告白された時、別れるリスク等徹底解説

簡単に言えば、出会いがある人やモテる人は何をしているのか?

この答えは、すごくシンプル。

相性とかそういうことよりも厳しい環境の中でも前向きに頑張って生きている。

その上で、結果を出している時に周りからの目や意識が変わる。

努力をしているかもしれない。

でもまだ周りがわかる結果にたどり着いていない。

この場合は、まだ厳しい現実をノリけなければいけない。

これが私が伝えたい言葉です。

 

スポンサーリンク