スポンサーリンク



人付き合いが苦手な人は多くなった。

加齢に伴い人間関係が苦手になった人も多くなっている。

コミュ障とかコミュ強なんて表現が当たり前になりつつある日本の現代社会。

今の自分を少しでも変えたいと思っていませんか?

まずは自分らしく生きる事を前提に考えたほうが人生は楽しめますよ。

これまでにも人付き合いが苦手な人の悩み関連記事一覧

人付き合いが苦手な人向けの仕事

スポンサーリンク


人付き合いが苦手な人向けの仕事・職業|フルリモートおすすめ

嫌いな人にイライラしない方法と反動

嫌いな人にイライラしない方法実践と結末|たどり着いた次の悩み

今回の記事では、以下のような点に触れていこうと思います。

人間関係のトラブルが多いと感じている人向けの見直すべき生活習慣。

言葉の数。

クッション言葉。

回答をコンパクトにする質問。

依頼や命令口調の活用法。

こうした事が問題の火種になっている点を含めてご紹介していきます。

働く時間とプライベートタイムを問わず、「人付き合いは疲れる」と言っていませんか?

特に職場の人間関係は、うまくやり過ごすことに徹している人も多い。

なのに、気持ちよく仕事ができない。

結果的に、コミュニケーションがうまくいかないことに疲れて辞めたいと思うようになってしまう。

どうすればもっと楽に生きられるのかを考える時に参考にしてください。


スポンサーリンク






人間関係トラブルが多い人の会話

人間関係トラブルが多い人の特徴

誰かと顔を合わせたりするだけでイライラされる。

メールやSNSでのやり取りをした際にもなぜか怒られる!

直接会う事が減少したはずの在宅ワーク、テレワークでも同じ。

デスクワークでも営業でもなぜか相手を怒らせてしまうことが多い人には特徴があります。

実際に相手にめんどくさいと思わせてしまう特徴をご紹介していきます。

発言数が多い

伝わらない

簡単に言うと、聞き手になれず、話し手になってしまっている。

コミュニケーションとしては、自分の意思や意見を伝えることは大切。

でもその表現方法一つで相手を不快にさせてしまう可能性があります。

発言が多い人 余計な言い回しが増える
トラブルの原因 言った言わないが原因になる

このような特徴があります。

結局は、言葉の表現が多いことがかえって相手に伝わらない原因になっているのです。

  • 端的に(簡潔に)
  • シンプルに
  • なるべく少ない口数で

この3つをこにゅにケーションが上手い人は上手です。

話しがわかりやすい人は、言葉選びも上手です。

  • 難しい言葉は使わない
  • 小学生でも伝わるたとえ話
  • 専門用語を一切使わない

こういう部分は、基本的に相手に伝わらない事を意識しているから自然にできているケースも多い。

良いコミュニケーションは、相手に短い時間で要件だけ伝わる。

この意識が欠落している人は要注意。

たくさん話せたからきっと印象に残っただろう!これはいい意味の時もありますが、反対のケースもあります。

会話の始まりでイラっとする

会話のコツ

どんな人に話しかけるにも相手への話しかけ方は非常に重要。

例えば、見知らぬ人に道を尋ねる時、

「あのぉすいません」

「お忙しい所恐れ入りますが」

「突然申し訳ありません」

この3つの中で上手に相手の雰囲気を察しながら、話しかけることができるかどうか?

全く考えない人は?

「すいません、道を教えていただけますでしょうか?」

こちらの事情や状況の確認を全くしない。

これでは、相手のほうもいくら時間に余裕があっても「何?」と驚いてしまう。

あくまで、人にお願いをするためには、前後にクッションを入れるような声掛けが大切になります。

自分がへりくだるくらいの言葉を入れると、相手の受け取り方は変わります。

否定的な発言を控える

否定的な発言

人は、自分の意見に対して真っ向から否定される事を嫌います。

これは、職場であっても友達同士の時間でも同じです。

付き合いが長い関係であったとしてもまずは相手の意見に対して、賛同できる部分を伝える。

「でも」という言葉の代わりに、「いい意見ですね。ただ新しい可能性を考えると、」などとその意見を聞き届けた後の+αの流れを作ることが大切。

否定したい

賛同できない

こういう時には、相手への伝え方を「ワンクッション」と思って一呼吸置くことを練習してみてください。

きっと、相手の反応も改善すると思います。

白か黒か?回答しやすい質問

会話のコツ|選択肢

あなたがもし質問をされた時、次のうちどちらが答えやすいでしょうか?

  1. あなたはどう思う?
  2. あなたはこの意見に賛成?反対?

幅広い意見を聞きたいためにあえて、①の質問をする人もいるかもしれません。

しかし、多くの場合は、2の方が答えやすい。

「どっち?」と「どう?」という2つでは、選択型の質問のほうが回答しやすい。

営業トークにもこんな言葉があります。

「小さなYesの積み重ね」

これは、クローズをする際に質問に対してどんな答えでも誘導しやすくする流れを作るために用意されています。

初心者を脱出して中級者、上級者向けになると複数の質問を同時に行います。

例えば、商品の提案については、

「お客様のお悩みはこれで、今はこういう状況ということでよろしかったでしょうか?」

「はい。」

「ではそのお悩みの詳細を確認させていただきますがよろしいでしょうか?」

「質問の意図が見えない」と思わせない事も大切。

あえて、情報で共有している(知っている)事を先に伝える。

これだけで相手の余分な手間を省いけると感じさせることで質問の答えを受け取りやすくなります。

 

相手が反応に困らない依頼方法

人付き合いが上手い人の言い方

近しい友達を遊びに誘いたい

上司に今日の残りの仕事をお願いしたい

こんな状況になった時にも、焦らないための対処法。

人間関係でトラブルになることを恐れない言い回しスキルを身につける。

自分の伝え方ひとつで相手の反応は変わります。

例えば、残業をお願いするような時、

  1. 明日までに仕上げなければいけない仕事が1つ残ってしまったのですが、今日ちょっと用事があるんですが。
  2. 「助けてください。今日はどうしても外せない用事があってお先に失礼させていただきます。もしよろしければ今度埋め合わせしますので、明日までの急ぎの1件お願いできますでしょうか?」

あなたならどちらの依頼なら受けますか?

結論は、2番をオススメします。

なぜか?

ココでのポイントは、これまでの内容の複合版です。

2番は助けてくださいを最初に入れました。

これがクッション的な役目になります。

さらに、埋め合わせをします。

この言葉によって、甘えさせてもらう上での自分のその後の取り返すチャンスも機会も提示しています。

こういう流れがあれば、そこまでして帰らなければいけない事情があるなら、仕方がないか。と相手も譲歩しやすい。

一方通行にならない。

でも話を長くしない。

この時には、以下のパーツを組み立てます。

  1. クッション表現
  2. 結論
  3. Yesをもらうための質問

このように、組み合わせると、その日多少期限が悪い上司であったとしても次の機会を作れると妥協も可能になります。

あくまで、一方通行にしない。

さらに、譲歩をするアイデアも提示する。

こうすれば、相手との人間関係は円滑になりやすい。

トラブルは小さな火種がキッカケ。

だったら、その小さな火種を作らないようにすればよいだけなのです。

もし、困った時、誰にも相談ができないと思ったら、この流れをイメージしてください。

きっと、相手の不快感を緩和するトークが見つかると思います。

社交辞令は必要?ビジネスと他人

必要以上に相手にどう思われるか気にする人は増えた。

ハッキリ言いたいことがあってもわざと言い換える。

一緒に生活する家族にすら、こういう行動になる人が多くなった。

人づきあいがうまい人はこう言う事はしない。

相手の感情を先読みする。

いつもと何か違う!

話す前に話しかける人間を観察する。

たったこれだけのことで会話に頭を使う必要がなくなる。

複雑に考える必要はありません。

もっとしっかり相手を見よう。

そして、相手を掌で躍らせることをイメージしよう。

これが私が社会人生活から独立するまでに培った生き方です。

最後まで記事をお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク