スポンサーリンク



世渡り上手

人づきあいが上手い!

周囲とうまくやっていけるタイプ

仕事でもプライベートでも充実した人生を歩む人の周りにはいつも笑顔がある。

そして、周囲からの反応も決して悪くない。

なぜこんなにうまく人づきあいができるのか?

この特徴を実際に私が社会人生活の中で尊敬できる先輩から学んだ内容をご紹介していきます。

関連記事で人づきあいが上手い人の言い方もご紹介してきました。

伝わらない

スポンサーリンク


人付き合いが上手い人の言い方の特徴|苦手な人との決定的な違い

今回の記事では、人づきあいが上手い人の特徴と下手な人の差について、分かりやすくご紹介していきます。


スポンサーリンク






周囲の人に好かれやすいタイプの特徴

人づきあいが上手い人の特徴

まずは初対面の時に意識している特徴をご紹介していきます。

いつも笑顔を心がけている

  • 基本的に明るい。
  • いつも笑顔だよね。
  • 嫌なことってないのかな?

負のオーラというかネガティブな印象が伝わってこない。

面倒見がいい

後輩思いだよね

良い先輩だよね

困っている人がいると、自然と人助けをしようとしてくれる。

子のやさしさが自然に周囲を安心させてくれる。

威張らない(謙虚)

  • 褒められても調子に乗らない
  • 業績No1なのに天狗にならない
  • 新人の時からずっとイメージが変わらない

とにかく謙虚で前向きな姿勢を見せ続けている。

相談役になれる

  • 面倒なことでも一緒につきあってくれる
  • 的確にアドバイスくれるよね
  • 趣味でもプライベートでも何でも相談できる

周囲の悩みに対して、きちんと向き合ってさらにアドバイスを行える。

年上に可愛がられる

学校でも職場でも先輩や上司、教員等年上の人から大切にされるタイプ。

愛嬌があるとか一生懸命とか真面目、素直等という印象が伝わる。

甘えるのも上手い

自分で何でもできる風なのに、上手に自分の弱みや疲れた時に他人の力を借りるのが上手い。

本能的に人を頼ったり甘えたりすると伝わってしまう人とちょっと違う。

周囲に頼られながらの人の場合、長続きする。

褒めるのも上手い

自分より優秀な成績や成果を出した人に対して、自分の事のように大げさにお祝いムードを演じることができる。

嫉妬や妬み等の感情が見えてこない。

こういう姿を見ると大人だと感じる人が多い。

簡単には怒らない

嫌なことがあったとしても嫌がらせをされても相手の事を認める。

まるでスポンジみたいだと思わせるほどの対応力に嫌がらせをしたほうが疲れてしまう。

このくらいの気力と精神力で相手と接している人は本当に強いし、人が寄ってくる。

 

話しのネタの宝庫と何でも相談所役

人づきあいの上手い人の特徴

話題が豊富&知識と情報の質

とにかく情報量が多い。

スポーツ、経済、芸能、異業種、ライバル店等の情報の引き出しが多い。さらに精度にこだわっているため、信用が高まっていく。

相手の本音を引き出すのが上手い

相手の本心を上手に引き出す。

何をどう質問したらこの人は心を開いてくれるのか?どうしたら信用してもらえるのか?等の会話の流れをコントロールするのが上手い。

専門用語ゼロの子どもとも話せる

自分と知識の差があると思ったら、相手の話がわかるか不安になる。

でもそんな心情を理解して、小学生の子供でも分かりやすく話をしてくれる。だからこそ、聞いている人も楽しくなってくる。

ノンアルで盛り上げ役にもなれる

お酒の力を借りる必要が無い。

素の状態でも忘年会、新年会、飲み会等の席で上手に盛り上げ役になることも可能。

これは人間観察をしていることがポイントです。

 

関係の先読み|信頼関係の軸を徹底

信頼関係の構築

口外しない

どんな内容でも口が堅い。

簡単には周りの情報を口にしない。秘密を守ることができるのは信用を稼ぐ上では重要になる。

マメな性格

とにかくマメな性格。綿密な計画。無理のないプラン。周囲を意識した巻き込む誘い方。

会社でも学校でも積極的にコミュニケーションを取ろうとするのが特徴。

他人を悪く言わない

褒めることは難しいけど、悪口を言うのはとても簡単。

でも人間関係を上手にやっていこうと思っている人はとにかく他人の悪口を言わない。

悪口の同調は結局最終的には信用の裏返しでいつか自分も裏切られると分かっているから。

社会的マナーの徹底

  • 食事の席
  • レストランのテーブルマナー
  • メール送受信
  • 冠婚葬祭

いかなる社交の場でも最低限のルールやマナーを知っている。

そういう姿を見て、周囲から「育ちが良い」と言われることも多い。

 

ストレス社会での息抜き|コロナ禍の生き方

コロナ禍での息抜き

自分の世界を持っている

他人にはあまり多くの自分のプライベートを見せない。

どこか神秘的でプライベートに何をしているのか分からない。

だから、その人のことをもっと知りたいと思わせる。

空気を読むよりも本気で向き合う

マメに連絡をくれる時にもきちんと叱責やダメだしもしてくれる。

常に相手に対して一緒にいて成長できる、気付かせてくれると思わせる表現や言い方ができるからこそ、そこにトラブルが発生しない。

オンとオフが完全に切り替わる

仕事、プライベート、さらに完全に一人になる時間。

3つの顔がある。

家族でお出かけをする時のパパママとしての顔と本当に一人になった時は違う。

休日の趣味の時間もきちんと自分の中で計画している。

完全に切り替えるからこそ、次の仕事をしたいという気持ちになる。

仕事が早い

やるべき事の優先順位と作業の速度が速い。

とにかく口約束でもすべてこなせるように自分の中で時間のコントロールをすることが可能。

トラブル、ちょっとしたイレギュラーなども含めた正確な仕事で周囲を安心させてくれる。

言った言わないのトラブルや口八丁でうまくその場だけをこなしているノリで生きている営業とは大きく違う。

とにかく信用、信頼の段階になるまで完全に気を抜かない。

これができるから、人脈は広がっていく。

スポンサーリンク