スポンサーリンク



私の親友はまさにこのパターンで結婚した。

相手の女性はバツイチでしたので、再婚でした。

この夫婦の出会いは仕事の勤め先が同じだっただけではありません。

新入社員として入った奥さんが上司である知人に一目ぼれ状態になってしまったのです。

「職場の雰囲気を乱すからダメとなるのか?

こんな悩みを新入社員が持つなら、知っておいたほうが良い社内恋愛事情をご紹介していきます。

今回の記事では、新入社員に上司は恋愛対象と言っていいのか?について、以下の項目でご紹介していきます。

新入社員と上司の恋愛対象実話

新入社員と上司の恋愛は要注意

新入社員は上司の恋愛成功テク


スポンサーリンク





新入社員と上司の恋愛対象実話

新入社員と上司が恋愛対象

実際に会社の中で社内恋愛から結婚に至るカップルはたくさん存在する。

ではそういう職場はどういう特徴があるのか?

社内恋愛の有無の見極め方

とても簡単なのが、社員における男女比。

介護や医療の現場を想像すると分かりやすい。

  • 女性が多い職場。
  • 女性の仕事というイメージ

こんな職場においては、当然社内恋愛に発展するケースは多い。

産休育休取得実績掲載

求人などを見ても、男と女の関係になれば、結婚以外にも妊娠、出産などで寿退社という流れがある。

こういう流れを会社が容認している様子があるかないかを考えると、これまでの実績から推測することも可能。

  • 社内で好きな人ができて結婚した人がいる。
  • 付き合っていたとしても仕事に支障がなければ問題ない。

こうした現場の雰囲気があればこそ、社内で恋愛を継続できたともいえる。

でも一方では注意しなければいけないケースもあります。

 

新入社員と上司の恋愛は要注意

新入社員と上司の恋愛対象注意点

次のケースは、彼女が相手を一方的に好きになった。

でも社内的にはそれはちょっとまずいかも!

こんな流れになってしまった事例をご紹介していきます。

全国転勤のある事業所

例えば、先輩を好きになった。

最初の頃は内緒で付き合っていた。

そのうち、デートを誰かに見られるようになってしまった。

こんな流れがあった時、その関係を周囲が面白くないと感じたら?

当然、この時の二人が付き合っていることと本質的には関係ないケースもあります。

能。

  • 気に入らない部下がいる
  • 嫌いな人を辞めさせたい

このように面白くないと思われている理由だけで、何かきっかけを作られてしまう。

こうなると、上司の立場はどうなる?

強制的に他の事業所に転勤の命令を出してる会社もあります。

立場があるということから、多くの同僚や部下に示しがつかないなどと言われてる人もいます。

相手に迷惑をかけないのか?

この点をまず相手の年齢や人気のある人などという立場に注意して観察しておくことが大切。

しかし、このケースは、あくまで彼が昇進や昇格を目指していないとか転職するのも問題ないという場合なら、それも覚悟の上で行動を起こす人もいます。

無難な恋愛にするために必要な情報

まずじっくり以下の点を確認しましょう。

周囲の様子(どんな風に思われてる人なのか?)
年齢と立場と将来性
後輩や同僚にも人気のある人なのか?
モテるタイプなのか?

これらは、女子同士の女の駆け引きになりかねない面倒な問題。

些細な行動1つで因縁をつけられてしまうのももったいない。

別れるとか別れないという問題よりも相手の立場を守るためにチェックをしておくことが大切です。

 

新入社員は上司の恋愛成功テク

新入社員と上司の恋愛成功のコツ

  • 新人は女の子。
  • 若い子だ!
  • 元気ありそうだ!

新入社員が入社する前には、社内でもなぜか学校の転校生が入ってくるかのような雰囲気になる会社もあります。

でもそういう会社ってほとんど離職率高めなのも面白いですよ。

実際に面接の時の雰囲気などを伝えているケースは多い。

ではどうすれば、相手の心をつかむことができるのか?

このテクニックについてご紹介していきます。

こんな女性はモテる

上司がつい付き合いたいとか食事に誘いたくなる女性って共通点があります。

とにかく仕事に必死になっている姿を見せるタイプ。

どうしてなのか?

社内での行動では、若いとか年配なんてことはそんなに関係ない状況になってきた。

しかし、一緒に顔を合わせる環境の中で、ちょっとでもやる気を見せてくれる人がいると、士気も高まりやすい。

一方で、すぐ帰ろうとするとかちょっとでも楽をしようとする。

こういうタイプの人は、男子でも女子でも関係なく、その後のリスクや警戒心の方が先になってしまう。

まずはきっかけを作りたいのであれば、とにかく一番頑張ってると思わせるくらいのほうがちょうどいいのです。

キーワードは秘密主義

社員同士で学生時代の話や友達、知っていることなどを話す機会も出てくる。

しかし、こういうプライベートな話はたいてい女子同士の話しは簡単に一緒に働く人たちに広がっていく。

20代30代が中心の職場は特にその傾向が高まる。

もうプライベートをほとんど話してしまった。

こんな人は正直、社内恋愛には向かない。

なぜか?

「新しく知っていく楽しみがないから」

どんな子?

判断が難しい。

でも一緒に働く上ではとても良い子。

こんな印象を持つ相手なら、本音を聞きたいとか少しでも頼りにしてほしいと思えるようになる。

自分のことはあまり言わない。

これも今回紹介した成功した二人が実践していた内容なので参考にしてください。

期待をしない

上司というのは部下の子と何かあったらなんと言い訳をする?

実際にその言葉を誰が判断する?

もしうまくいかなかった時のことも考えておくのがポイント。

実際にあったのは、こんな事例。

上司である男性が先に男女の関係を迫ったにも関わらず、事実を捻じ曲げて言い寄られたと発言。その言葉を聞いたさらに上の幹部職員は、どこの馬の骨とも知らない女が!ぐらいの勢いで注意をしてきた。

いやいやそんな横暴な対応ありますか?

日常の業務に慣れていない子がいきなりそんなことできる?

客観的に聞いていると耳を疑うような判断を平気で会社は行うこともあります。

頼りにしていたと思っていたら簡単に裏切られた。

こんな言葉をあなた自身が口にしないように注意をしなければいけない。

学生時代とはここが大きく違う。

同世代同士であれば、何とか男女の問題出れば、女性が守られる立場になることもある。

でも会社は違う。

どちらがどう誘い、どのような結末になったとしても守りたいほうを守るのが会社。

その決断が事実と食い違っていたかどうかは問題ではないのです。

悔しい思いをするような結末にならないためにも追わないし、ちょっとでもそういうそぶりを見せないことが重要。

あくまで相手からのアクションを待つ。

これが最終的に幸せになれた人たちのモテるポイントです。

スポンサーリンク