スポンサーリンク




人間関係で仕事の好き嫌い以上の悩みを抱えて会社を辞めたいと考える人が男性女性を問わず増えている。

会社を辞める退職理由のランキングの中にも必ず入っているのが、職場の人(上司、同僚、部下)とうまくいかないという悩み。

確かに、自分の中で思っている理想と違うことはわかっている。

それにしても、今の上司と同じ職場の中にいること自体が苦痛。

こんな感じに嫌悪感の気持ちすら抱く人の悩みが現実化している。

もう無理!

この言葉をいつになったら口にしていいのか!

他の職場の女性にすら、次の行動が予測できないから本音で気持ちを打ち明ける事も出来ない。

もちろん仕事を辞めたいなんて内容を相談することもできない。

こんな感じで常に辞めたい人が孤独感を抱きながら退職までの時間は精神的にもストレスを受け続けていることも多い。

少しでも自分は何も考えない上で仕事だけを片付けてさっさと帰りたい。

先が見えない今の状況にいつ転職をするべきかを悩む女性に少しでも知ってほしい事があります。

これまでにも仕事を人間関係を理由に辞めたい人の悩みについてご紹介してきました。

彼女仕事人間関係辞めたい最悪の結末

スポンサーリンク


彼女が人間関係で仕事辞めたい最悪の結末の引き金は彼氏!体験記

仕事人間関係辛い辞めたい時やるべき事

仕事を人間関係が辛いから辞めたい人が知るべき対処法

仕事辞めたい上司との人間関係

仕事辞めたい人間関係が上司なら?パワハラ見極め方とやるべき事

仕事辞めたい人間不信状態

仕事辞めたい時人間不信に陥った恐怖体験と救われた経験から学んだ事

今は正直何が悩みの原因なのかなんてことまで気にしている余裕がないほど悩みを深刻化させてしまう人も多い。

うつ病、PTSD、対人恐怖症。

さまざまな職場の心的ストレスを経験した人が社会人生活でその先の未来を奪われるほどボロボロにされることも珍しい事ではない。

少し前の「いい会社にせっかく入社したんだからもったいない」

こんな友人や家族の言葉も正直に言えば、何もその人の辛さを分からない人のある意味給料や見栄のための発言に聞こえてきてしまう事すらあるから怖い。

私のサイトは、40代男性女性が自分の個性を活かし、自分らしく生きるための考え方をご紹介しています。

20代新卒以降30代、アラフォー、40代と時間を経過しても結果的に人は同じようなことで自分の今を気にしていると私は感じている。

仕事、年収、貯金、恋愛、結婚、離婚、ファッション、プレゼント。

誰に関わって、どんな仕事でお金を稼いで、どういう物を贈ったり、手にしてその後の人生を楽しむのか?

そうして、人、モノ、お金、時間の4つのバランスを考えながら自分らしい生き方を探しているのだと思う。

サイト管理人Mr.Dと申します。

今回の記事では、仕事を辞めたい女性が人間関係に悩む時に悔いを残さないための思考と行動について以下の項目でご紹介しています。

仕事辞めたい女の人間関係の悩み実態

仕事辞めたい女の人間関係の思考注意

仕事辞めたい女の人間関係の行動準備

自分が入社以来仕事のやりがいや生きがいは感じられているのに、人間関係のせいでせっかく手に入れた環境を手放すのか?

こんな気持ちになっている人もぜひ何が自分のこの先の人生を考えた時に損や後悔の原因につながりやすいのか?

私が友人に相談された時によく伝えている内容をご紹介していきます。


スポンサーリンク






仕事辞めたい女の人間関係の悩み実態

仕事辞めたい人間関係女の職場

仕事を辞めたいとまで考えるほどの人間関係の問題は女にとっては何をそこまで嫌だと言っているのか?

どうしても男の立場でただ上司と部下になっているだけの関係なら、思わすこんな事を言ってしまう人もいるかもしれない。

しかし、こう言われたなら、もう何も言わなくていい。

家族にも友人にも相談するのが辛いと思う時に、まずは実際に資格を問わず多くの人が言っている内容を人材コーディネーター、人事担当経験者が解説していきます。

仕事辞めたい女の人間関係の悩み1.同性同士

確かに私も女性の多い職場で社会人経験のほとんどを過ごしてきました。

そして、どうしても問題になるのが、上司と部下の対立。

さらに、その原理は非常にかわいそうだと言わせてほしい状態を見てきた。

  • 同性の先輩や上司には絶対に気に入られる必要がある。
  • どうしても服従という文字に近い環境が求められる。
  • 悪い印象を持たれた時点で好きな人との働き方にも扱い方にも差が出ている。

このように、扱い方という言葉が妥当かもしれないほど、相手の心なんて関係ない職場の状況があった。

まるで、「心を空にしてどううまくつきあうのか?」

この言葉がある種働き方になっているような状況だった。

だからこそ、不安や悩んでいる事の対象は誰もが話を聞いてくれても問題の解決までは求められないという内容の話だった。

だから自分がもしこれ以上必要と言われても、誰もがもう精神的に限界という言葉を口にする。

これほどまでに肉体的な内容ではなく、精神的には、日常の業務に支障が出るほどの苦痛を与えられ続けていた様子を目の当たりにしてきた。

仕事辞めたい女の人間関係の悩み1.異性

仕事辞めたい人間関係男の上司

男の上司になったら、少しは違うのか?

この答えは単純だ。

男は自分の好みの女しか大事にしない傾向も顕著。

以下のような行動を先輩や上司という立場になってしまえば、簡単に行うことも多い。

  • 自分に意見をしてくるというだけで聞いてくれないどころかはぶきにする。
  • 部署内で従順に言うことをきく以外の人間は辞めさせる方向で動く。
  • 自分になつこうとしない人は先輩に心象などの意見をきくのみで仕事の評価などは平等に行わない。

このようなことを平気で行っている独裁者のような上司がいる職場を私も嫌というほど見てきた。

力。

この言葉をはき違えている。

自分には何もできないのに、結局は人にやらせた利益だけをうまく自分一人の功績にしようとする。

このような一人の権限だけを振りかざすような人と毎日顔を合わせるのも嫌になるような環境で異動の可能性に怯える人も多いんです。

 

仕事辞めたい女の人間関係の思考注意

仕事辞めたい人間関係対処思考注意点

仕事を辞めたいのが人間関係だと女性が感じた時に、どこかで仕方がないとか、ブラック企業だから!なんてどこか一人で答えを簡潔させようとしている人もいる。

でもこの思考はとても危険だという事を知ってほしい。

仕方ない事なんてどこにもない

企業として人を雇い、一人の従業員としてきちんと目の前にある仕事をしてくれる人間が女子でも男子でも関係ない。

パワハラ。

この言葉をもっと従業員や社員がどんどん上司のやっている事を録音して、人間性を疑う内容を企業の人事だけでなく、労働基準監督署でも各業種の所轄行政機関へ伝えるべきだと私は常に感じる。

自分が面接で伝えられた条件と全く違う。

環境はどんどん悪化している。

女子が多かった職場なのに誰もいなくなった。

このように、企業の社員の変化に伴いどんどん状況が悪くなる者も当然結婚退職や寿退社などがあれば、本当に起こる。

だからこそ、早く自分が第三者に自分が実際にいかにつらい状況に追いやられているのかを給料、有給取得、残業代未払いなど何でも一つでもいいから伝える事が大切。

仕事をやり続けるだけでは解決しない

特に、男性が上司になっている時には、仕事が出来る社員になってしまうことは女子にとって次の悲劇が実際にある。

それは何か?

次は、「辞められない」とか「辞めさせてくれない」というなやみになっていくのが問題点なわけです。

実際にどこの関連の会社にいる社員も企業は人手不足を深刻化させている。

その理由が、環境や条件が悪く、今いる社員に本当に続けて欲しいのか実際には疑問になるような状況が原因になっていることも多いわけです。

だからこそ、給料や休日の不満を口コミで我慢し続けた人が書き続けているわけです。

結局どこにいっても就職してずっと働ける人は純粋な上司のモノとして行動をしているような人でしかないケースもある。

逆らわない。

悪い報告はできるだけ自分で隠せる

上司の行動にも口を出さない

このような純粋に知っても分からないですとずっとしらばっくれる状態を貫けるある意味、イエスマンになりきった人だけが従順さから一緒に仕事ができる。

こういう状況を目にして出ていきたい人たちが、結局社内は少しもやりたいことが出来ないと思うからこそ、自分で仕事をやるって決めて独立してる。

このような現実をもっと見ておく必要がある。

だから、人間関係の対策として業務に集中するなんてことは正直キャリアを築いた後の辞め方まできちんと考えた人しか楽になれない。

この現実も知っておくべきだと私は思ってしまう。

 

仕事辞めたい女の人間関係の行動準備

仕事辞めたい人間関係女性が辞める前

キャリアをやめるポイントにしているなら、正直時間をきちんと考える事が重要。

そして、時間よりももっと簡単にポストや任された内容とこなした実績さえあれば、一人でもきちんとその内容を紹介して面接に対処が可能。

もし辞める事を考える時の対処として自分がもし異動は嫌と思っているならやるべきことをご紹介していきます。

まずは自分以外の社員の募集を相談

最初にやるべきことは、自分への対応が悪く社員の扱い方に差があると思うなら、手っ取り早く自分が辞めやすいように新しい求人を相談する。

この時には以下のような伝えておくことが大切。

  • 自分が忙しいという言葉は絶対に使わない。
  • 上司を助けたいという事を遠回しに伝える。

この2点から、本当に人が入るかどうかを観察するのです。

その依頼にどう周囲が反応するのかも大事。

この時の流れも全て一部始終を毎日録音したり日記に自分で手書きで残すことも非常に大切なんです。

ずっとその時の対応を記憶するのは限界がある。

でもその対応を求めた時の自分の気持ちと相手の言葉から受けたストレスも全て記録する事である意味保険を作ることが可能。

まずは自分の希望を出して、相手の声を含めた対応や事の行き先がどうなるのかを観察する

ある意味、女から意見や報告が入る事が少しでも気に入らない人なら、真っ先に目に就いて嫌がらせの様な事をしてくるかもしれない。

しかし、こうなったらある意味、社内の悪態を早く出してくれたと思ってめっけものだと思う感覚も大事。

単純にもう辞める。

この考え方を前提にやるべき事と思ってることが大切になります。

自分は決まった仕事だけ正確に

単純に子供が通う学校ではテストの成績だけが全て。

この内容にどんな言葉で説明をして頑張ったことを伝えても結果が全て。

やっぱりしっかり出来た成績のよい人はやる事をやっているに決まっている。

これは学校内でも企業内でもある程度同じ事が言えるのです。

結局頭が良いという言葉やミスや失敗が少ないというのは武器になる。

これは手に職を持っている人も同じ。

責任ある行動というのは、別に仕事の量ではありません。

むしろ、欲張って食べ過ぎて残すような状態を見ても悪い印象を与えるのと同じような感覚で物を見ている。

だからこそ、きちんと自分の決まった仕事だけで良いのでわかることだけはきちんと時間内で丁寧に集中してこなす。

この結果がある意味、何かを指摘された時に強い効果を発揮する。

相手は気分。

こっちは実績。

この内容では、いかなる内容を違う部署にお伝えになってもやっぱり見る人からすればわかるし、すぐに仲が悪いことは見つかる。

こんな不満を集中させれば、上司のクビが危険になっていく。

だからこそ、非常に準備というのは、簡単なことの繰り返しになっていく。

ネガティブな事ばかりではない。

むしろ、ある意味相手の弱点を見つける事を楽しく感じるくらいの気持ちで向き合う。

この精神力が問われるかもしれせんが、ある意味以前よりも必ずよい方向にことが動きやすい流れを見つけることが出来るようになっていくのです。

焦ったら負け

あまりやめようという感覚を意識しすぎてはいけない。

こうした時にやる仕事はたいていミスを恐れてる。

だからこそ、何かいつもなら簡単に終われる仕事がなぜか違う行動をしてしまう思わぬトラブルや失敗の原因になることもある。

この時の行動からの反省はこうなる。

「なぜあの時もっと割り切って仕事をできなかったのか?」

これが最もその後にも影響を大きく及ぼす行動であることを知ってほしい。

焦りを後悔してしまったという経験は、恋愛でも仕事でも同じような状況になった時に人はふと思い出してる。

「前のあの時にも同じようなことがあった。」

「同じことを繰り返したくない」

この気持ちがある意味、自分らしさを失わせてしまい、時には絶対に口にしてなかった他人の悪口をきちんと目をみて言える瞬間もあるかもしれない。

しかし、その行動も結果的には自分らしくない行動だったからこそ、一歩前に出たという評価が自分に下せない。

これがある意味、ずっとどこまでもあなたのこれから先続く人生に起こるいろいろな事柄の中でじわじわと自分を締め上げていく事になる。

私はこの経験をまさにバツイチの離婚のときに10年かけてようやく自分を解き放つことが出来た気がした。

ずっと心残りだった言葉。

あの時に衝動で発したセリフ。

一生頭から離れないとずっとある意味自分に対する戒めのように感じていた人間でした。

でもようやく自分のその時のことも理解してくれるし、その行動がやっぱり大切だったという事を教えてくれたのも今の妻。

これだけの時間を必要とした苦しみをあなたが職場という環境で始まりを経験する可能性があると思うと正直とても不安です。

女子は働きに出てるだけが人生ではありません。

恋愛の先には結婚、妊娠、出産、子育てといろいろな条件の変化も出てくる。

独身時代とは違い、守るべきモノのいる生活になっていく。

このような環境になる前に、誰もが何のために働いている?

これは純粋にお金を稼ぐためでしかない。

別に人間関係の修復を必死になることが労働の対価でもない。

上司のために働いているわけではない。

だからこそ、きちんと問題の価値と対応の意味をもう一度言わなければいけないと思う。

人間関係に悩むような会社にいる価値はない。

仕事がないとかそんな問題は時間が経つ間に次の仕事への考え方も変わる。

どこにいっても起こるなんて言葉の方がその経験をしていない状況で先入観を持つのももったいない話。

もっとも解決するべき点は自分自身の心の健康。

この考え方を大切にして生きて行ってください。

スポンサーリンク