スポンサーリンク




結婚が決まった。

婚約指輪も結婚指輪も購入した。

結婚式を控えているけどもうさっそく使いたい。

結婚式の前ってまだ婚約?

挙式のタイミングでつけるべき?

プロポーズをされたら、婚約指輪はつけておくべき?

結婚式の指輪の交換まではリングなんてしないもの?

入籍の時期と挙式や新婚旅行のタイミングが大きく異なるケースも増えている。

休みが取れない。

スケジュールが合わない。

結婚式はいつ?なんて言葉がカップルだけでなく、親族からの声として聞こえてくる事も多い。

実際に私も2度結婚をして、それぞれに結婚指輪や婚約指輪を全く異なるデザインやブランドで購入して準備を整えた。

その中で感じた職場と私用で人がどういう印象を持つのか?

体験からご紹介してきます。

これまでにも結婚までの流れの中で多くの人が疑問に持つ内容を書いてきました。

40代30代アラフォー独身男性実家暮らし

スポンサーリンク


独身男性実家暮らし40代30代アラフォーは何歳が限界?独身女性の婚活恋活に多い悩み

40代同士の結婚と子供

結婚の挨拶順番って男と女はどっちが先?体験記

結婚前男の貯金はいくら

結婚前男は貯金いくら貯めた?女性が選ぶお金と生活のステータス注意点

結婚式当日まで指輪を付けた生活を始めるのを控えたいと思う人も多い。

女性なら、自分の身が独身ではなく、もう相手が決まっているというのを少しでも実感したいと思うけーすもあるはず。

夫婦としての正式な手続きを迎える前の時間でどう対処をするべきかを以下の項目でご紹介していきます。

結婚指輪をつけるタイミング職場編

結婚指輪をつけるタイミング私用編

結婚指輪をつけるタイミングと印象

それぞれ職場の環境や状況によっても条件が異なる事も多い。

少しでもブライダルジュエリーを購入した事を自分の中でも花嫁として実感したいと思う女性も時期としていつがいい?の考え方として参考にしてください。


スポンサーリンク






結婚指輪をつけるタイミング職場編

結婚指輪をつけるタイミング

結婚をしている男性も女性も職場では結婚指輪を身に付けていない職場もある。

ある意味、業務上の問題。

これが問われるような環境なら、いつという時期の問題ではないケースもある。

職場の事情を考慮するのが最優先

万が一女性がもう結婚退職間近という状況でああったとしても、その情報をあえて職場にて形で示す必要もない。

あくまで、場を選ぶ。

これがブライダルジュエリーを身にまとう上でもマナーとなる。

必ず上司や職場の関係者に確認を取る事が重要。

気持ちよりも場をまとめる時間

結婚が決まってふたりで海外や国内の居室探しや着付けなどを行っている時間は多くの人が幸せを実感しているはず。

確かに指輪もカップルでふたりでおそろいのペアリングをしている時とは全く違う感覚になる。

しかし、あくまで結婚生活のスタートよりも職場の方が大切。

多くの関係者が目にする事により、その店舗や会社単位のサービスの質として見られるのも現実。

初めての経験で特別な気持ちをいろいろ味わう機会は多いと思います。

でも場を選び、きちんとその場をまとめることを優先してもらった方が後の人生にもきっと役に立つと思います。

 

結婚指輪をつけるタイミング私用編

結婚指輪をつけるタイミング私用

プライベートな時間になれば、自由な時間がスタートする。

当然、友人にも見せたいとか結婚を決めてくれたという嬉しい報告ができるなどいろいろな事情があるはず。

しかし、セレモニーとなる結婚式や披露宴を控えている人なら、正直その時のお披露目があれば十分なんです。

絆の証を含めた公開の場はいつか?

結婚式を行う事そのものが特別な場。

来訪者をお招きする中には、会社の関係各位から身内や友人などさまざまな人が集う。

この場を借りて、絆を証明して、お披露目することが出来るなら、なにもプライベートでお披露目する必要はない。

あえて、伝えるなら、リスクの方が高いと思った方が良い。

結婚式前につける事でのトラブル

よくあるのが、結婚式の直前にブライダルジュエリーを紛失したというケース。

わざと落としたわけではない。

しかし、結婚式の日取りも決まり、すべての内容がこれからまとまっていく中でせっかく購入した主役がなくなった。

こんなことになったらあなたはどうする?

つい気持ちが高まってしまって!なんて言葉では済まされない事もあるはず。

できるだけもらってからいろいろ思う事があったとしても結婚式が決まっているなら、早めにクリーニングなどが必要ない新品の状態で式場に預けておく。

これが私が友人にもよく伝えている無難な方法。

 

結婚指輪をつけるタイミングと印象

結婚指輪をつけるタイミングと人間関係

結婚をする人たちには愛の証とか絆の証なんて言葉で気持ちが高まる瞬間。

でもその気持ちを友人たちが見つめる目もいろいろあるはず。

これから結婚を控える人にとっては、自分の友人の指輪が高価なものに決めたということに焦りや動揺を持つ事も考えられる。

どこまでも広い気持ちを持つ事が重要

結婚式の引き出物のお返しなども手続きも全て完了した後にもふたりの友人たちがずっといつまでも変わらない関係でいてくれるような配慮。

このように考えるなら、いつのタイミングで身につけるかは結婚式やセレモニーの後がベストだと私は思ってしまう。

その間の期間は花嫁になることが決まっていたとしても婚約指輪はそもそも大切にしまっておくもの。

ある意味結納の証とだけ受け取ればよい対象。

自分たちだけの幸せの証と公開する証の違い

自分たちだけが幸せな環境を作るなら、見せたい時やつけたい時に好きなように扱えば良いと思います。

でも実際に私は結婚をする際には、全ての自分の関係各所に全て話を済ませ、そして式などの内容も終えた後に一般公開の状態にした。

これなら、誰もが指輪の交換や式がない人も入籍の書類上の手続きも済ませたのを確認している状況で何も言わない。

やはり、入籍も会社にいる間は、社の手続きが完了した段階。

これが、大事だと思います。

嫌味になったら後が面倒

自分たちにとっては、みんなが祝福してくれるものだと思い込んでしまう。

少しでも真実であることを伝えたいと思うケースもあるかもしれない。

それでも、人は内心でどう受け取るのかはわからない。

どこかあわただしい準備の進行を話している時なら、大丈夫か?と思われる事もある。

周囲がもう既に結婚している状況の場合は、新鮮さを感じてもらうのもかなり薄いこともある。

ある程度社交辞令的な感覚で、質素にしている人の方が周りに祝福されやすい。

これも一つの特徴だと思います。

今回の体験からのおすすめは以上となります。

最後まで読んでくれてありがとうございまいた。

スポンサーリンク