スポンサーリンク



  • 会社の人間関係で孤立した
  • 仕事だから人間関係は気にしないは無理!
  • 職場の人間関係がストレスにんっている
  • 女性の職場の人間関係のストレスは半端じゃない!
  • いつも人間関係で退職しているのは社会不適合者?

仕事の中身や内容よりも人間関係が辛いと嘆く人は多くなった。

コミュニケーションスキルがない

会話に自信がない

自分に自信がない

等の悩みが多い現代社会にどうしたらよいのかをご紹介していきます。

これまでにも人間関係の悩みについては、以下のような記事を書いてきました。

看護師辞めたい理由人間関係

スポンサーリンク


看護師人間関係が退職理由の人が転職する時に見極める方法|人事担当者が解説

人と話すのが苦手な人の悩み

人と話すのが苦手な人の3つの特徴と会話下手を克服する簡単な実践法

職場の嫌いな人へのあだ名は無駄な行為

職場で嫌いな人にあだ名をつけるのはリスクしかない!

今回の記事では、会社の人間関係がしんどいと思う人に伝えたいことを下記の目次でご紹介しています。

退職理由ナンバーワンの人間関係

職場の人間関係に対する思考注意点

良い人間関係や円満という意識は不要

人間関係が退職理由とする?見極め方

対策も対処もない人が取るべき行動

転職後の人生は明るいとは限らない

退職理由ナンバーワンの人間関係

コロナ禍とか関係ない。

ずっと以前から新卒、第二新卒、中途採用も関係なく、仕事を辞めたい理由としてずっと1位に君臨していたことがあるのが人間関係。

何がそこまでその人を苦しめているのか?

その背景には以下のような特徴があります。

  • 仕事ができない(ミスが多い、注意力がない)
  • 社内の空気が重い(上司のワンマンがひどい)
  • 人の好き嫌いがはっきりしている
  • 媚びる人が生き残る環境にレベルが低いと感じた

等いろいろな声が聞こえてきます。

職場の人間関係に対する思考注意点

確かに、人間関係が良い職場は、多少嫌なことがあったとしても乗り越えることができる。

でも人は贅沢な生き物です。

例えば、人間関係が円満な職場では、以下のような理由で退職する人もいる。

  • 企業の将来性に不安を感じる
  • 成果や結果を出しても報酬として認めてもらえない
  • 休日出勤や時間外等拘束時間が長い
  • 休みが取れない

等の理由から、今の仕事を辞める事も考えているという家kンは多い。

結局は、人間関係が解消しても次の悩みが出てくる。

これは一つの仕事と割り切るきっかけになる。

良い人間関係や円満という意識は不要

正直私は職場の人間関係は何も期待していません。

どういうことか?

つまりは、「自分の仕事をこなして定時で帰る。」

これが職場だと考えているのです。

「余計なストレス」とは、与えられた仕事をこなせていない時に出てくる雑念。

いくら環境が劣悪でも定時出社で定額給料の振込が毎月支給日に振り込まれているなら、別に良いのでは?

生活に困らないようにするために働いている。

こう思うだけで、初めての社会人生活の人も転職を繰り返す人も結局は同じだと思う。

良い人間関係を築くことを目指すから、相手に期待をして裏切られて傷つく。

こう考えたら、現実とのギャップも何もない気がします。

人に期待をするな!

これが私の社会人になってからたどり着いた答え。

人間関係が退職理由とする?見極め方

人間関係を理由に退職する人は男女性別問わず多い。

20代30代40代と年齢を重ねると、中途採用者の退職理由に多くなっているのがよくわかる。

  • 世代ギャップ
  • コミュニケーション不足
  • 価値観が合わない
  • どう接したらいいかわからない

こんなことを考える人は多い気がする。

でもこの時やっても無駄な事も多い。

友人、知人に相談は無駄

親に仕事を辞めると言えない子も多くなってきた。

会社の仕事を辞めたい相談は親に言えない?

結局、他人にはあなたの職場の現実は伝わらない。

愚痴を聞いても素直に辞めれば!とも言えない。

冷静になって考えてみたら、他人に相談しても最終的には、「あなたはどうしたいの?」

これが最後のセリフになっていることが多い。

そんなのわかっていると思うなら、最初からその会話は無駄と考えたほうが時間の無駄を削減できる。

自分の考えは簡単には変わらない

人は生きていく中でようやく少しずつ丸くなっていく。

20代から30代になって急に意識が変わる人は少ない。

むしろ、同じ職場に勤める人なら、無駄な自信や勝手に自分は無敵、最強くらいのことを考える人も出てくる。

結局、そういう人は昔も今もただ勢いで頑張ってきている。

あなたがもし毎回同じ悩みを抱えてきたなら、その生き方を学んだり真似るなんてのは無理なhナシ。

人は思考も実力も行動力も千差万別。

だったら、まずは、「馴染めないのは無理」と割り切る気持ちを固めたほうが速い。

「好きになれないものは好きになれない」

これで良いのです。

mすいろ、その価値観を変えたら、あなたらしさが失われてしまうこともあります。

自分自身に対してまずは自分を認める事から始めましょう。

自分らしく生きるために必要な覚悟

自分を認めるのが怖い人へ

 

対策も対処もない人が取るべき行動

もしあなたが自分自身では対処をすることは困難。

でもこの状況は自分が悪いとは思えない。

職場のモラハラ、パワハラだ。

こう思うなら、一つだけやっておくべき事があります。

辞めるように仕向けられた!パートや派遣におすすめの冷静な対処法

会社から辞めさせるための嫌がらせを受けたらどうする?

おにかく自分ですべての対応策を考えるのは限界があります。

この場合は、以下の窓口へ相談しましょう。

  • 労働基準監督署
  • ハローワーク
  • 無料弁護士相談

とにかく会社の内部には誰も味方はいないと思ったほうが良い。

むしろ、このことを気にしてあなたが心身を病んでしまう事の方が問題。

  • うつ病をはじめとする精神疾患
  • 不眠症などの自律神経系疾患
  • 対人恐怖症なども今は珍しくありません

こうした対象になると、少人数とか大人数という人の規模を問わず社会生活そのものが困難になってしまうこともあります。

ストレスは非常に怖い病の原因になります。

無駄なストレスを背負うことは辞めましょう。

自分のキャパシティーをよく考えて、キャパオーバーになる前にストレス軽減の一環として第三者機関へ報告をすることをおすすめします。

転職後の人生は明るいとは限らない

たとえあなたが今が辞め時だと思ってもその後の人生は必ず明るいとは限らない。

精神的ダメージを和らげるための休息期間

身体的ダメージを回復させるための休養期間

このように考えることは大事です。

失業給付の受け取り方や国民健康保険や国民年金への加入など色々やるべきことは多い。

他にも所得税や人によっては、市県民税の納付も自分自身で行う必要があります。

働かないただの自由人になれると思ってはいけない。むしろ、転職活動を辞めた後におこなうことで、仕事が無いとか見つからないという時の方がもっと金銭的には苦しい状況になる人もいます。

じっくり自分の人生で何を選択するのが、自分が一番納得できるのかを考えてみましょう。

スポンサーリンク