スポンサーリンク



もう今の会社なんていつでも辞めたい。

でも家庭もあるし、仕事を独身の時のように簡単に辞めるわけにもいかない。

先に次の仕事を決めるのが理想。

退職する前に転職活動を済ませてから辞める。

この考え方は、健康保険のブランクなどを作らない意味でも大切なこと。

まして、家族を養う人にとっては、安易に国保などになることも現実的ではないと思っている人も多い。

しかし、そんな簡単に次の就職先が決まるなら多くの人が仕事がないと嘆くようなこともない。

何度も面接を受けたけど、ことごとく失敗に終わったという人も多い。

これまでにも仕事を辞めたい悩みについて、以下のような内容もご紹介してきました。

仕事ができない人の生き方

スポンサーリンク


仕事ができない人の生き方3つの特徴と誰でも簡単にできる脱出方法

仕事できない人辞めさせる

仕事できない人辞めさせる手口典型例に自己防衛は可能!解雇勧奨体験記

40代女性仕事できない

40代女性の仕事ができない悩みの根本の原因と変わる方法

今出ている求人から考えるしかない。

都市部なら思っている以上に多いと思うこともあるかもしれない。

しかし、地方や田舎の場合は、思っていたより今の自分のやりたい仕事がないと感じる人も多いかもしれない。

さまざまな求人サイトに登録を済ませる。

あとは掲載されている中で検索するしかない。

もし転職が簡単にできない時にはどうしたらいいのか?

履歴書、職務経歴書の対策や成功のポイントなどいろいろな事が検索すると出てくる時代。

でもいったい何をやっておくと転職が実現するのか?

この点を私の人事担当経験も活かしながらご紹介していきます。

今回の記事では、仕事を辞めたいのに転職できない悩みを抱えた時の対策と注意点、成功法と3つの項目でご紹介していきます。

あなたが相談する相手がいないと悩む時にも簡単に自分の力で今の環境から採用の内定を決めてもらうためのやり方としてご覧ください。


スポンサーリンク






仕事辞めたいけど転職できない時の注意点

仕事辞めたい転職できない

まずは、今の仕事をやめない社会人生活という環境の中で採用を勝ち取る必要がある。

当然、仕事を探しながら、職種や業種を問わず、条件が合う内容があれば応募をする。

その先に面接という流れがある。

この時、まず注意してほしい内容をご紹介していきます。

条件検索ではなく業種絞り込みを徹底

まずは職種を問わず、あなたがやるべきは、数で勝負をするという思考をやめること。

自分がなぜその会社に決めたのか?

この理由を企業もきちんと説明をしてくれた方が採用を決めやすい。

なぜか?

最近は、労働時間の法改正等の条件が変わったこともあって、期待感を持っている人も多いはず。

だったら、早くいろいろな会社に面接に行って、比較する方が早い。

こんな考え方を持っていませんか?

この時に見落としが多いのが、あなた自身の仕事探しよりも重要なモチベーション。

他の会社も行って断られた。

この現実が、自分自身が心の中にあることで、次の面接に挑む時のモチベーションが下がる。

確かにいろいろな会社に行って話を聞いてみるのは大切なこと。

休みの日数、時間外労働、交通費、昇給や賞与、スキル。

いろいろな事が気になるかもしれない。

でもだったらきちんとまずは自分の中でデータをまとめることが先。

時間がないと思っている人ほど、メリットばかり言われてそのままその気になってしまう事も多い。

内定や入社枠確保を優先しない

転職時期になると、つい時間を使って、採用とか内定と言われてもではいつからと言わない人もいる。

時間がある中で、採用枠だけ確保。

その後にまた違う会社も受けてから考える。

こうした人も最近は多い。

しかし、これって実は入社してから短い期間ですぐに辞める人の入社パターンでもあるのです。

なぜか?

単純に営業でも販売でも専門職でもいろいろな会社に行って採用をしてもらえると返事があった。

これだけで、次の逃げ道を確保したような感覚になっている。

つまり、別の会社に目が行きやすい状態になってしまう。

特に、第二新卒や新卒など働き始めの頃では、他の会社も気になっていたが通勤の距離などがあって会社を決めるというケースも多い。

こうした流れの中で、つい働き始めからどこかで他の会社の情報が頭に残っている。

これから働くのに、こんな状態であれば、その職場のことを心から好きになるのは難しい。

この2つは、いくら働く場所があればあった分だけ手を付けたいと考える人がいてもあまり目を向けすぎないことを私は伝えたい。

こうした内容は正直ベテランの面接官であれば、実際には本当に入りたいと思っていないかどうかも見抜かれる。

だからこそ、落ちる人が多いという事もあるのです。

もしあなたが上記の2つに該当するなら、この気持ちからきちんと整理しないと危険。

単純に採用や内定をもらったらラッキー程度の考え方は甘い。

 

仕事辞めたいけど転職できない時の対策

仕事辞めたい転職できない対策

あなたがもし業界未経験に進みたいとかこれまでのキャリアを無視して環境を変えることを考える。

こうした時、エージェントなどを使っておすすめや案内をもらって就活をしたいと思っているなら1つ大切にしてほしい事がある。

エージェント活用対策が1つの壁

いろいろな人から情報をもらって、企業に人材を売り込む。

これが、エージェントの仕事。

私も実際にこのエージェント側にいた事があるので、当然その働きもお金の流れも把握している。

この時、資格も特にない人でもきちんと相手に同じ年齢の人よりもおすすsめしたいと思ってもらえるのは何か?

この答えが、

私も面接官としての業務を含めて累計500名以上の応募への対応をしてきた。

希望を言ってくる時の状態。

これがまさにどんなに職務経歴書や履歴書に素晴らしいキャリアを書いていたとしても人の印象に残らないかどうかの問題となる。

人材は資格がすべてではない。

問題はその会社に行き、意思をきちんと伝えられるかどうか?

この可能性を考慮して、きちんとその書いてある内容を含めて自信を持って伝えられるのか?

この考えから、結果的に応募する候補者が決まっていく。

事務も営業も不安をチェックされる項目

自分に興味を持ってほしい。

大切なのはもう資格や学歴だけではなくなった。

問題は、個人を見る時の余裕のある対応能力。

  • 落ち着かない。
  • やる気が曖昧。
  • 興味や関心の度合いの強さ。
  • 合わなくてもやりがいを自分で見つけるくらいの根気。

こうした内容を業務内容を問わず、最近は見られているのが傾向として強い。

仕事をしながらの転職活動は時間が合わない事も少なくない。

しかし、どうしてもその会社に行きたいと思っている人ならどう対応する?

今の仕事もある程度。

次の会社を見つけるのも時間を合わせてほしい。

こんな人向けの面接の準備をする企業はなかなか少ない。

きちんと、自分が相手に合わせることなく、納得させるほどの意気込み。

これが本来資格取得等は入社後でも支援があるからこそ、入ってからやりたい事も含めて伝えられるかが問題。

辞めた理由も重要な要素に入ってきた

中途採用は正直、その後の続ける可能性が高い人を採用したい。

資格取得など目標に向けて企業に得のある人材を選ぶ。

そのために入ってから続けて欲しいし、資格も価値を認めるために支援までしている会社が増えてきた。

こんな時代に、大変とか理想と現実のギャップなんて言葉ばかりを考えている人は生き残れない。

経歴が素晴らしいキャリアの流れでもその次の新しいステージはその環境は諦めるという考えなら、どうして?となる。

転職の流れもきちんと自分の中での理想を説明してもらうことが必要。

ただ新しい会社にて充実した人生を求めると言われても本当に働いてもらうことが可能なのかと不安になる。

1年、2年、3年という単位で中途採用は考えられている人材ではない。

10年、20年となる人材を選びたいと企業は選び始める。

これからの少子高齢化対策を含めて、より具体的な将来の実現を果たすには何度目であるとして、その中で一番好きになってほしい。

これが男性女性を問わず、企業が求める人材。

この基本が崩れてしまうような転職をしている人はどうなる?

きちんと自分の過去の経歴が不利になるか心配な人もきちんと有利にする説明が必要なのです。

スポンサーリンク



仕事辞めたいけど転職できない時の成功法

仕事辞めたい転職できない時の成功法

たくさんの会社で面接を行う事そのものが悪いわけではありません。

でも自分の中で最優先順位として1位から順に挑戦するくらいの気持ちで面談を行うことをしないとそれぞれが中途半端になる。

会社に在籍している間に収入という事情をこころのどこかで保険と思っていませんか?

仕事を辞めたいなら辞める時期も決める

有休消化も大変だった昔の流れとこれからは違う。

有給の取得も大きく変わってくる。

こうした時代に少しでも流れにのせてどんどん面接の日程をいれて、自分が新しい職場で働き始める日を決めなければいけない。

だったら具体的に何をすればこれからの人生で充実した日々を過ごすことができるのか?

この基本となる成功の考え方をご紹介していきます。

成功法1.やってみたいが明確に決まった状態

むいてるかむいていないか?

自分にできるかできないか?

こんなことを言えばきりがない。

しかし、こういうことを問題にしている人は多分就職してもやっていけない。

不満が先。

給料と休日のバランスが気になる等マイナスのことを見つけて、辞める準備を始める。

給料が高い会社が良いのか?

webなどの専門の方が年齢を問わずに働いていけるのか?

こんな曖昧な点もどうでもいい。

きちんと、まず自分がこれからやるべきことを明確化しよう。

どんな資格をいつ取得するのか?

そのノウハウを習得して、スキルアップの転職ができるようになるまでどのくらいかかる?

このくらい勢いがなければ人生が変わったとは感じることはできない。

いつ辞めるのかも明確に言う

特に在職期間の時の人生はある意味、サポートされているような環境。

ストレスを感じることがあったとしても仕事を行う事だけはできる。

結局は焦りがフリーターよりは少ないのも事実。

だったら、きちんと自分が今仕事をしているからこそ、フリーターとは違うと明確に伝わる行動を行う事が重要。

そうでないなら、出勤が早い方が結果として答えが出しやすい。

こういうこともきちんと逃げられないために企業が明確に答えをくれる人を待つ背景がある。

逃げたくなったら簡単に辞退すると言ってくる人が増えすぎた。

面接で言っている言葉はいったい何だったのか?

とにかく適当すぎる人が非常に多い。

それでもスカウトが欲しいとか給料のアップは明確に望む。

こんな労働者のわがまますぎるイメージが完全に判断を狂わせるきっかけになってきたと私は危惧している。

やめるならしっかりいつなのかを含めて伝えられる状態で面接に行く。

このちょっとした違いがかなり担当者の目を引き付ける表情の違いになって現れる。

もちろん、いろいろな面接の質問に対して、企業の意向に合うキーワードも重要かもしれない。

しかし、そんなことよりも必ず企業が求めるのは、違いを納得させてくれるだけの個性。

できればとか、教育の仕組みとか色々ネットで掲載されている中で単純に多くの人が検索して情報を見る事にも疲れ始めている。

実態なんて正直、入社する以前にいくら情報収集を行い、雰囲気を知ろうと思っても感覚も性格次第。

だからこそ、きちんと自分の中で大きな軸を作り上げなければいけない。

その答えの1つがいつ辞める?

いつから来れる?

この2つは、どんな大きな会社でも中小企業でも必ず聞かれる。

その答えすら曖昧な状況の中で採用という答えだけ求めるのはそもそもおかしい。

 

仕事辞めたいのに転職できない人の特徴

仕事辞めたい転職できない人の特徴

これまでの内容は、全て調査などをしなくても人事担当として面接官もしてきた中でいろいろな会社で見てきた内容。

そして、今まさに10社以上受けているのにまったくダメ。

どこにも採用の返事をもらえない。

こんなちょっとダメな状況になりがちな人の特徴をご紹介していきます。

休日の過ごし方がちょっと違う

私は実際に面接をして、その後の入社した社員にこんな質問をしたことがあった。

休日は何をしている?

この答えはもちろん何かを聞きたいと思って質問している。

でももう入社しているし、ちょっとダメな人間でもいいと判断する人はこう答える。

疲れて何もやる気が起きない。

こういう人は短い期間でやめている傾向も強かった。

一方でやることをきちんとしっかりこなす人はどうか?

  • 2日、3日の連休でも海外旅行に行ってきた。
  • 今回は自分へのご褒美で時計を買ってきた。

このように、オンオフの違いの中で自分をより高めることをしっかり行っている。

ある意味、非常にアクティブすぎると思わせるほどの行動をサラッと伝えてくる。

完全に二極化している休日の過ごし方。

つまりは、やめたら何をしたい?という感覚と似た質問なんです。

自分がもし限界を感じた時には、どんどん次に向かってのビジョンを明確にしていく。

このような人にはスカウトを使う事も多い。

給与が多少増えても条件的にリスクが高すぎるとはならない。

一方で、曖昧さが残るような人はいくら資格を持つケースでも実際に出勤して今いる社員にどんな影響を与えるのか結果が心配になる。

こうしたことをまずは自分の生活の中から見直すべきと私はアドバイスで言うこともあった。

スポンサーリンク


仕事辞めたいのに転職できない時の思考法

仕事辞めたい転職できない時の思考法

たくさん仕事はある。

そして、当然自分が嫌いと思うジャンルも存在する。

実績ゼロ、資格もなし。

このような状況なら何をすれば自分にやりがいを感じることができる?

こんな質問を受けた時によく私が伝えるメッセージがある。

人生の生きがいは結果で感じる

多くの人が、給料の高い低いや休日の多い少ないなどの表面的な情報にとらわれている。

しかし、私は正直30代になる前に、2ヶ月程度は休みなしで働いて何度か倒れた経験もした。

この時に別に私は嫌とは思わなかった。

むしろ、その分結果が後で返ってきた。

お金を使う時間がない。

このくらいの人生があった方が、少なからず人生にはいろいろ後で楽が待っている。

最初から収入も年収もアップして、年齢の分の楽を望むのはおかしい。

そもそも新卒という人材が存在する時点で、体力的にも負けると決まっている状態の人も多い。

だったら、その分働いて企業に利益を与える。

このくらいの勢いがないと生き残れないのでは?

今回の記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事を読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク