スポンサーリンク



  • 不倫なんて芸能人や有名人だけかと思った
  • テレビや雑誌で報道されているのを見て「馬鹿だなぁ」と思っていたのに!

まさか、人妻になった自分が不倫したいと思うようになるなんて!

「魔が差した」

「ちょっとした気の緩み」

こんな反省の言葉が聞こえてくる。

でも当事者になる前には想像もできない。

不倫関連記事。

不倫とは

スポンサーリンク


不倫とは?浮気との違い|彼氏や夫に慰謝料請求はできるのか?

職場不倫が成功する男性の特徴

職場不倫を成功させる男性の特徴と対処法

今回の記事では、「人妻が不倫したい時」について、以下の目次で解説します。

女性が不倫したいと思うのはいつ?

不倫したい時の女性の心理


スポンサーリンク






女性が不倫したいと思うのはいつ?

女性が不倫したいと思うのはいつ?

女性が不倫したいと思う時には、何かきっかけがある。

不倫にハマる女性の特徴

不倫にハマる女性の特徴

  • 夫と違うタイプの魅力ある男性が現れた
  • 夫に不満を感じた
  • 夫とのセックスレス
  • 夫に浮気、不倫された(W不倫状態)
  • 自分が女としてどのくらいの価値があるのか確かめたくなった

自分から行動を起こす人は少ない。

どちらかといえば、パートナーに対する不満がきっかけになる。

不倫が多い季節

Google検索で不倫が多いシーズンも調べた結果。

不倫したくなる時

コロナ禍になった2020年から2021年にかけて最も不倫に関心が集まっているのが、7月25日から31日。

ひと夏の恋をしたい人が多い季節?

 

不倫したい時の女性の心理

不倫したい時の女性の心理

不倫したいと思ってしまう時の女性の心理状態について解説します。

心理状況がわかれば、対処法も見つかるはず。

不満解消(ストレス発散)

不満解消

  • 自分に自信がない
  • 女としての魅力がない!
  • 恋人や夫に対する不満
  • 子育てのストレス
  • ママ友との格差

もし仮にこの心理状態であれば、対処法があります。

自己肯定を高める方法|低い人の特徴や悪い習慣の見直し方

欲求を満たす

欲求を満たす

  • セックスレス
  • 性の不一致
  • 行為に対する不満
  • マンネリ化

自分にとって満足ができない、満たしてくれない。

こんな悩みを解消してくれるのは、第三者。

確かに快感や快楽は人を狂わす。

しかし、不倫は、その場の「欲」を満たすことしかできない。

その後には、必ず失望や罪悪感、後悔と続く。

自分自身が何を求めているのか?

本当に必要なのは何か?

その答えは、後ろめたさを感じない環境づくり。

つまりは、夫との話し合いが重要。

もし仮に、

「性欲を満たしてあげられないから、認めることしかできない。」

こんな意見になったら、次を考えるほうが気が楽になる。

愛より恋を選ぶ

愛より恋を選ぶ

愛は、人に与えるもの。許すこと。

恋は、下心。自分を満たしてほしいと願う気持ち。

惹かれてしまうのも下心。

心のどこかに迷いがある。

でも「好き」という感情が勝る。

これは、単に刺激を求めている状態。

でもその刺激は、罪悪感と表裏一体になっている。

これでは何も心は満たされない。

 

不倫のデメリット

不倫のデメリット

もしもあなたがこの先、不倫相手と結婚することになっても心から幸せになるまでにはかなりの時間を要する。

多額の慰謝料請求

不倫相手へ慰謝料請求は可能?

私は前妻の不倫を許した。

それは、自分自身が仕事を優先し、当時の妻の悩みや不安に寄り添う心の余裕がなかったからだ。

だから、相手に対して何も求めなかった。

「幸せになってほしい。」

ただこの気持ちだけが離婚という結末を受け入れる理由になった。

でももし、当時の自分が妻を取り戻したいと思っていたらどうだろう?

  • 相手を恨む、憎む
  • 慰謝料という解決方法を選ぶ

こんな未来は、お互いが不幸になる。

慰謝料数百万円を取られることが問題ではない。

むしろ、その金額で人生をやり直せるなら、払って終わりにしたいという気持ちがあるから。

でも、その結末にたどり着くまでの泥沼の論争のほうが問題。

弁護士を使うというのは、おすすめしない。

人の心の隙や不安に寄り添いながらも相手をつぶすだけ。

結果、誰も幸せになれない。

やり直すのが難しい状態になる

やり直すのが難しい状態になる

不倫相手が職場でも友人でも関係ない。

今まで築き上げてきた人間関係にはさまざまな影響が出る可能性がある。

「不倫する人。」

世間的には、いい意味でとらえる人は少ない。

あくまで、価値観は人それぞれ。

いくら個人の自由や個性を大事にする国が多くなっても不倫は決して良い流れにならない。

  • 孤立
  • 孤独
  • 絶交
  • 絶縁

あなたの周りにいる仲間との信頼関係や絆を壊してまで手に入れる価値がありますか?

「不倫は許しがたい行為である。」

これが国も地域も問わない大多数の意見であることを今一度考えた方が良いのではないでしょうか?

将来の自分の心の傷

将来の自分の心の傷

「不倫をした」

この事実は、ずっと背負うことになります。

「スッキリした」

「あれはあれでよかった」

こうはっきり言える人は、本当の意味で大人なのか?

それって、人を傷つけることに何も感じなくなっている状態と同じ。

傷ついたから、やり返す(仕返しをする)。

これは、何もメリットがない。

むしろ、自分の心の奥底にずっと消えない心の傷をつくることになります。

バツイチ男性心の傷が癒えるまで10年!体験ブログ

 

不倫したい原因を語り合う時間

不倫したい原因を語り合う時間

人は、他人の心の痛みや悲しみ、失望などを軽く考えている時がある。

夫婦においても同じ。

  • 期待をするから不満が生まれる
  • 日常の当たり前よりも刺激を求める

「あなたは、何のために不倫をするの?」

この答えとして、「誰に認められたいの?」

これが重要になる。

夫にふりむいてほしい

夫にふりむいてほしい

不倫は、「道徳に反すること」。

あなたは、道徳に反した人に振り向きますか?

むしろ、危険を感じてその場から立ち去るのではないでしょうか?

向き合う努力とどっちが簡単なのか?

「不倫相手と激しい恋」と答える人は少ないはず。

だったら、まずは夫に話をしてみましょう。

全てを捨ててもあなたは加害者

全てを捨ててもあなたは加害者

不倫して自由になりたい!

誰かに認められたい!

この気持ちの先には、あなた自身が被害者といえない環境が待っている。

あなた自身が行った過去の「過ち」として多くの人の記憶に残る。

自分の人生で、汚点を今からつくりに行く。

この覚悟を持っているなら、思う存分楽しんでみればいい。

スポンサーリンク