スポンサーリンク



  • 仕事があるだけマシと反省したのは一瞬だった。
  • 1ヶ月,3ヶ月,5ヶ月,半年という時間ですぐに仕事に行きたくないと思えてくる。
  • 自分がこのまま20代以降の30代でも40代でも同じような状態になっていたらどうしよう?

新卒や第二新卒の就職難がようやく終わったと思っていたのもつかの間。早速仕事を変えたいと思い始めた最初はいつだろう?こんなことを思い始めていませんか?

2019年から2020年にかけては東京オリンピックで少しずつ景気が良くなっているのか?正直末端の会社に勤める人からしたら何も変化らしいことは実感できない。むしろ、働き方改革などが始まったことで環境はさらに悪化したなんて声も少なくありません。

自分的には何とか今の仕事をやっていこうと思っていたはずだったのに、月日が経つにつれて徐々に辞めたい理由が明確化している人は少なくないのです。

  • こんな上司だとは思っていなかったという人間関係の悩み。
  • 給料が良いと思ったら残業もひどいという劣悪な拘束時間等の条件の実態。
  • 営業で頑張ろうと思っていたら、ありえないノルマと自分で客を探してこいなんていう企業もあります。

同じ職種とか業種なんてイメージで同業他社に転職している人も多いが、結果的に長続きしないのはなぜなのでしょうか?

そもそも20代で長く同じ会社に勤めるべきなのか?こんな事まで考え始めている転職歴を持つ人もいるはず。

この記事では、今の時代の働き方を客観的に40代の目から見て感じることとしてご案内していきます。

仕事が続かない20代男女の特徴

仕事が続かない20代に多い誤解

仕事が続かない20代の人生設計

昔とは違い、今後は本当にどんどん人が減っていく時代になってる。こう聞いていると働く事には困らないだろうと考えている人も少なくないと思います。

しかし、一方では、AIや無人化が進むことでより簡単に人員削減を考えることが可能な時代に入っている。

ではこんな時代にどうすれば生き載れるのか?


スポンサーリンク





仕事が続かない20代男女の特徴

 

若さとかまだ若いなんて言われている時って実際に何が違うんですか?この答えとしてわかりやすい答えをご紹介していきます。

学生時代とのギャップ

  • 社会人になってから簡単に認めてもらえる環境はなくなった。
  • 今の自分のスキルでは働くことができる環境はないと感じ始めた。
  • 自分のことを見てもらえる実感がしない

学生時代とは大きく違いがあるのがやはり自分の存在価値を見出すことの難易度。学生の頃は、大人に相談をして何でも良いからできたと思った時には素直に褒めてもらうことができた。毎日アルバイトで頑張ってきた内容ならできると思って就職した人は多いはず。

しかし、実際に正社員として働いた状況では、アルバイトの時とは雲泥の差

  • 使われる存在。
  • 評価してもらえる人が偏っている。
  • お金もアルバイトの時のほうが時間で簡単に稼げた。

こうした内容を経験した時、「もうやってられない」という気持ちのほうが毎日仕事に行くことができる価値を下げていく。

サービス業に多い話と言えば伝わりやすいと思います。他の仕事でも働き始めて世の中おかしいと言い始めている人はやはり少し環境に慣れるまで時間が必要になる。

新卒時代に悩んだ経験

恋愛でも仕事でも一度辛い経験をした時、トラウマになっている人が増えています。

  • 同じミスをする可能性が高い。
  • 絶対やってやると思って空回りしている自分に悩んでしまう。
  • 早くキャリアアップをしなければいけないと入社してから燃え尽き症候群になってしまう

このように、どんどん自分が歳を重ねるごとに自分が一歩を踏み出す前に過去にやってきたことを思い出してしまう人が増えています。

結果的に、どんどん自分の中で行動を制限してしまい、自分探しができなくなっていくのです。

スポンサーリンク


仕事が続かない20代に多い誤解

 

仕事探しに疲れたと口にしたのは過去の話。次に就職することができたら条件が多少悪くても良いところを見つける様にしよう。

こんな意識が心のどこかにあるのは、ポジティブとは違います。

何社働いても同じ人間の本質的な部分

フリーターとして働いていた時のほうが気が楽という人は多くなっています。それは、嫌いな人間がいたら辞めることが簡単にできたからです。

さらに、正社員に質問もしやすかったからです。ある意味守られていただけという事を今一度あなたの気持ちの中に入れてあげなければいけないのです。

努力が認められるから続くし、やりがいも見いだせる。こう思う事は大切ですが、バイトの頃の生活はあくまでいかに続けてもらうかだけの存在だったのです。

同じことを繰り返しやるだけなら、若い子のほうが使いやすいのです。でも勉強と違って社会人になったら、その後のことをよりよくするために何をするのかを考えなければいけない状況に立たされます。

当然、やる必要のない事をやらされる機会が増えるわけです。この状況の変化にうまく対応していくことが重要になるのです。こう言っておくと、自分が社会で生きていくために何を学ぶべきかを見つけ出すことができるのではないでしょうか?

本当に必要な事は何かを学ぶ

欲社会人になって、こんなことを言っている人を見かける機会が増えました。

「未経験の仕事に就くよりも経験があるほうが楽」この答えは正直昔に比べてかなり状況が変わったと私はよく伝えています。

なぜなのか?

若い頃に比べて実際にタブレットや端末を操作して行っている仕事が明らかに増えていると思いませんか?つまりは、過去の経験がなんであれ、これから勤める場所で実際に行っていく業務の癖が全く違うケースが増えているのです。

感覚が違いすぎると実際に入ってから気付いた時、あなたにスムーズに教えてくれる環境が整っていると思いますか?即戦力として期待されている状態では、よけいに出来て当たり前という認識が広がってしまうのです。

だったら、自分が苦手な分野でもノウハウをゼロから学ぶほうが一つずつ丁寧に教えてもらえる環境を手に入れやすいのです。

 

仕事が続かない20代の人生設計

 

人気の職種や業種、平均の給料が高い会社、一流とか有名企業、実績が公開されている会社など選び方で魅力を感じる内容は数多く存在する。

しかし、これまでに仕事がすぐ嫌になる傾向が強い人はいったんそういう事を全て忘れたほうが無難です。しっかり自分自身が地に足のついた状態で、その道のプロを目指すことができるのはどこなのか?

この答えに最も近い道のりは以下のような点を比較する事が大切です。

自分のプライベートを楽しめる時間

休みの予定なんてかなり前から入れないととても休日を有給で取るなんて将来的に無理かな!こんな言葉を本気で口にしているなら、かなり精神的には危険な状態になってしまうことも考えておくことが大切です。

ブラック企業なんて言葉が浸透していますが、学校を卒業してから1度も転職をしていない人は、その会社が周りからブラックと言われていても「そうかな?」と思っているほどです。

そのくらい認識に差が出てきているのです。自分の働いている時間が大半でプライベートの確保が困難な状況になったらどうなるのかを想像してください。

こんな感じでは、もし結婚したり子供ができた時には世の中の多くの男性が耐えるか理想の職を求めるかの選択に迫られます。

頑張って働くということは、何かに耐えた分、その見返りを受ける環境を合わせて考える必要があります。その場になって行動を考えるしかないのはかなり難しいです。

必ず自分の将来の可能性を意識しながら、逆算して考えていきましょう。

自分の理想と現実の差

人生をうまくやっていこうと思ったら、できるだけ社会人になってからの現実に目を向けることが大切になります。いつまでも理想を胸に抱いていても現実とのギャップは止まりません。

30代40代になればその分背負うものも大きいし、強い圧力が待っています。結果その時になって嫌になっても同じことを悩むようになってしまいます。

あくまであなたがなんの仕事に就くとしても、妥協すべき点を明確にしておくことも大切な心構えの1つと言えるのではないでしょうか?

これが今までの相談を受けてきた中で少しでも長く勤められる会社を探す方法になります。

スポンサーリンク