スポンサーリンク



  • 離婚した理由は何だった?
  • 別れてから時間が経過してから考える
  • 再婚をしたいと思ったのにもう無理と諦めた

バツイチ子持ちのシングルマザーが再婚を諦めてしまう理由をご紹介していきます。

今回の記事では、バツイチが再婚を諦める原因と挑戦する前の注意点を下記の目次でご紹介しています。

再婚を諦める4つの理由

再婚を諦める前の見直し方

再婚を決意するまでの葛藤


スポンサーリンク






再婚を諦める4つの理由

子持ちのシングルマザーなら特にそうですが、わが子をどれだけ大事にしてくれるのかが大切という親は多い。

というか、それが当たり前。

いくら出会いがあったり、知人からの紹介などの縁があったとしてもその先に再婚を決断できなかったパパママは多い。

子持ちに対する嫌悪感

出戻りで地元に戻ってくる女性は多い。

  • 久々の同級生との再会
  • 同級生の子どもと同学年だった
  • 近所の同級生もバツイチになっていた

こんなパターンはよくある話。

住所変更して、新しい住所で新生活になれば、当然仕事も新しい土地で探すことになります。

そうなれば、会社や社会人の中でのつながりも期待できる。

でも相手の価値観が合わない。

原因が子供の有無。

  • デートがしにくい
  • 子どもの用事でドタキャンがある
  • 仕事の都合が合わせにくい
  • 旅行や宿泊の計画は立てられない

こんな理由から、結局付き合うことすらスタートできないというケースは多いのです。

バツイチ子持ち彼女とは結婚しないと告げられたらどうしたらいい?

その場の快楽が中心の恋愛

  • ただ付き合っている。
  • その後の具体的な再婚の可能性が見えない
  • いつか、おちついたら、チャンスがあればみたいな思わせぶりなセリフが多い

こんな言葉が中心になっていつまでもズルズルと一緒に居ようとする男性に巡り合うことで疲れてしまったという声もあります。

40代で結婚しないカップルはあり?

結局都合の良いパートナーでしかなかった。

子供にとっては何もメリットがなかった。

こんな経験があると、その経験がトラウマになってしまっているケースもあります。

発言と行動が一致しない

子供がいるということに対して、「大丈夫」とか「子供は好き」こんな言葉で近づいてくる人も多い。

子供がいることがデメリットと思っているバツイチにとっては、そのセリフは何よりも心強い。

  • 父親がいたほうが
  • 金銭的にも変
  • 将来孤独でいるのも辛いだろう

こんな言葉を口にして近づいてきたのに、結局はその後の行動が一致しない。

男性心理|バツイチ子持ちと付き合う遊びと本気を簡単に見極める方法

理想の父親像と現実のギャップ

1度目の失敗は相手を選ぶ基準を下げ過ぎたせいかもしれない。

次の結婚は、妥協しないで、じっくり相手の条件を見極める。

借金、ギャンブル、浮気、不倫などに悩まされた過去があると、その後の相手選びに慎重になる人は多い。

しかし、結局はいつも仕事が忙しくてなかなか婚活に使う時間もない。

結局、時間が経過。

  • 新学年への進級、進学
  • GW(ゴールデンウイーク)
  • 夏休み
  • ハロウィン
  • クリスマス
  • 年末年始

季節のイベントが終わっていくことで、徐々にそんな理想を高く持っていたら誰もいないのか!と思ってしまう。

でもその条件を妥協するくらいなら、今は諦めるべきだと判断する人もいる。

自信がない、難しいと決めつける

  • 需要がないのでは?
  • 「どうせ自分なんて」
  • また次も失敗したらどうしよう
  • 恋愛対象外なのでは?

こんな気持ちが先になってしまう人は多い。

私も実際20代の頃には同じ悩みを抱えていた。

当時は自分の周りでバツイチが少なかったから余計に自分が他の人とは違うという感覚が強くなっていた気がする。

バツイチ子持ちは恋愛対象外?誤解とあきらめる前にやるべき事

バツイチで再婚したい人が知っておくべき婚活方法における成功のコツ

 

再婚を諦める前の見直し方

  • 子供に自分と同じ思いをさせたくない。
  • 子供にとって一番必要な存在は親である自分だ。
  • 私が子供たちを守らなければいけない

母は強しという言葉の根底は子どもを守る意識の強さ。

これは、独身時代とは明らかに生き方も思考も変わる。

母になった瞬間に女性は女であることをある意味どうでもよしとする部分がある。

再婚に求めるものは何?

シングルマザーとなっても結局は女性。

女性は、なぜ再婚をしたいのか?

その答えは、表面的には経済的な事情や子どもの成長に合わせた悩みなどもあるかもしれない。

でも深層心理で考えるなら、

  • 恋をしたい
  • 愛したい
  • 愛されたい
  • 安心したい

こういう感情が先になる。

女性は恋をするだけで、本当に美しくなるし、キレイにもなる。

幸せを感じることがあれば、家庭の中でも多少辛いことがあっても乗り越える活力になる。

でも頭でわかっていても現実はそううまくいかない。

こう頭の中で不安や葛藤を抱くからこそ結果として行動を起こせない。

つまりは、再婚に対する自分自身の答えが安心であるなら、自分に自信や確信を持つことのほうが大事。

極端な言い方をするなら、「今の私を見てください」とはっきり言えるようになる。

  • 人生を楽しんでます
  • 今の生き方を選んでよかったと思ってます
  • 必死です

人は一生懸命で輝いている人に惹かれる。

反対に、悲しみに包まれているだけの不幸のどん底みたいな人に対して、どう接していいのか分からなくなってしまう。

だったら、まずは自分が幸せになるために行動していることに自信を持つ事が大事。

自分を認めるのが怖い人へ|その人らしく生きるために必要な思考

スポンサーリンク