スポンサーリンク




バツイチ男性を好きになってしまったのかもしれない。

自分がこれまでに経験したことがない相手。

離婚の理由が気になる。

前の女性のことを今でも思っているのか?

でもそんなことよりも相手の男性が好きになってしまった気持ちの方が強い。

こんな女性が、恋愛で考えてしまうのは、こんな一言。

「バツイチ男性が好きになる女性の特徴は?」

人を好きになる経験は、思っている以上にいろいろなパターンがある。

出会いのきっかけも影響するし、その時にどんな自分の心の状態に対して相手と接触したのか?

仕事の事を理解してくれている関係から始まったのか?

いろいろな条件が異なる。

ただ単に、バツイチ男性がみな共通してこんな女性が最初から好かれるという設定条件みたいなものは存在しない。

しかし、居心地が良い!みたいな感覚は当然独身の男性が思っている環境とずれが多いと思う。

実際にリアルに私はバツイチで再婚をした男性の一人。

相手とのつながりを意識した時の事を考えてリアルな感情をご紹介していきます。

これまでにもバツイチ男性の恋愛については、以下のような内容をご紹介してきました。

バツイチ男性結婚決断

スポンサーリンク


バツイチ男性結婚決意体験記|幸せまでの葛藤

バツイチ男性再婚きっかけ

バツイチ男性再婚のきっかけを7年目で振り返る体験記

バツイチ男性結婚願望

バツイチ男性結婚願望体験記|離婚後何年目に再婚?

バツイチ彼氏結婚願望なし

バツイチ彼氏に結婚願望ない発言に要注意!心理や見極め方のコツ

バツイチ子持ち恋愛や出会い

バツイチ恋愛子持ちの出会いや再婚までの悩みまとめ

バツイチ男性恋愛慎重

バツイチ男性恋愛は慎重?再婚成功体験記まとめ

バツイチ結婚後悔原因

バツイチ男との結婚後悔防止思考法|本物の愛とは何だ?

バツイチ男性結婚初婚女性

初婚女性がバツイチ男性と結婚した結末!再婚体験記

バツイチ男性恋愛観女性が見極めるコツ

バツイチ男性恋愛観と女性のストレス|再婚体験記

バツイチ恋愛慎重

バツイチ男性との恋愛|今の彼や好きな気持ち見極め方

バツイチ男性からのアプローチと反応

バツイチ男性からアプローチされたらどうする?女性婚活に多い悩み

バツイチ男性が選ぶ女性

バツイチ男性が選ぶ女性の特徴|30代再婚体験記

40代男性恋愛バツイチの活用法

40代男性バツイチに多い誤解と再婚成功法|恋愛に離婚経験を活かすコツ体験記

バツイチも40代独身男性は恋愛諦める?再婚で意識を続けたこと|成功体験記

40代男性の婚活にバツイチの方が印象が良い?体験記

バツイチ男性結婚と親の面談

バツイチ男性と結婚に親が反対の事情|初婚女性の悩み

バツイチ子持ち彼氏との結婚についてもご紹介しています。

バツイチ彼氏と結婚と養育費

バツイチ彼氏と結婚の養育費の影響力と将来の恐怖

結婚は人生に一生に一度みたいな言葉はもう今の時代には通用しない。

むしろ結婚している人よりも離婚している人の方が多い時代になった。

離婚を経験した時の苦しみや悲しみ、自分の心がボロボロになっていく瞬間。

でもその後の人生にも必ず続きがある。

次こそはという気持ちにたどり着くまでにも相当な心の変化が必要になることも多いはず。

あなたが今回は、バツイチ男性を好きになったなら、ぜひ意識してほしいことをご紹介していきます。

私のサイトは、40代男女が自分らしく個性を活かして生きていくための考え方をリアルな体験を通じて学んだことなどをご紹介しています。

自分の周りでも恋愛では100組以上のカップルを成立したり、離婚などの問題の相談に立ち合ってきた。

恋愛、結婚、ファッション、貯金、仕事。

こうした悩みは、20代30代40代と年齢を問わない仕事をしている人が常に気にしている内容。

相手を好きになって幸せと悩みや葛藤を持つこともある種の幸せみたいな感情もある。

こうした時、自分らしい人生とは何か?

自分らしく生きるには、何を意識していくべきなのか?

この答えとして、今回はバツイチ男性に好かれるという思考について、以下の項目でご紹介しています。

バツイチ男性に好かれる?失敗典型例

バツイチ男性に好かれる?誤解注意点

バツイチ男性に好かれる?自分らしさ

結局は相手に合わせる人生なんて最後は自分が好きになって良かったと言えるような人生にならない。

例え同性で終わったとしても、自分がこんな終わり方もありかな!と笑って言えるような結末を迎えるためにどうしたらいいのか?

リアルに自分がバツイチとなって再婚を毛軒したからこそ伝えたい内容をご紹介していきます。


スポンサーリンク






バツイチ男性に好かれる?失敗典型例

バツイチ男性に好かれる

バツイチ男性に好かれる方法みたいな事をネットで検索しても次から次に毎日いろいろな情報が出てくる。

生活の中でスマホを欠かせない感じの生活をしている時、つい何でも検索をした結果で言われた内容を鵜呑みにしてしまう女性も多い。

ぜひ注意してほしい失敗の典型例をご紹介していきます。

バツイチ男性に好かれる方法と占い

私には自分の身内に占い師がいます。

占星術としては、師範となった立場の人間。

その彼女が占いにおける恋愛というのは、とても悩みの中で流動的な内容だからこそ、慎重なアドバイスが必要。

このように話す。

そして、占いは、毎日の日々の中で意識の中に自然に溶け込まなければ意味がない。

当たる、外れる。

この言葉に意識を集中して、別れを怖がる感情が先になっている人の相談が増えたと感じる。

確かに彼女に何かを占ってもらったことは私自身も何度もある。

しかし、その時の聞く態度もその後に何を刺激されたか?

この内容によってはせっかく次につながる可能性すら自分で本当にダメにしてしまう可能性もある。

それほど占いの結果を見て感じる心の変化は重要になる。

簡単に占いをしてあっているかどうかだけでその先の時間に対して、問題をすり替える事だけは絶対に注意してほしい。

占いを実際に少しも知らない素人の人が紹介してるようなサイトには絶対に関わってはいけない。

 

バツイチ男性に好かれる?誤解注意点

バツイチ男性に好かれる誤解注意点

バツイチの男性は恋愛に臆病なのか?

この答えは確かに私の過去を振り返ってもその通りだと言える。

上手くごまかしてるつもりでも結局は態度として、どこか暗いし、笑っているのに、どこか少し違和感を感じる。

わざとそうしているわけではない。

どうしても心のどこかで奥さんの幸せな顔を思い出す時期が必ず訪れる。

この問題は、一緒に同棲して結婚してからの時間のの中でも全くゼロになるわけではない。

いつしか昔話だと笑って話せて、どうでも良いと思えるようになるのか?

その可能性はほぼないと思う。

妻になってくれたこと

恋をして幸せを感じた時の思い出。

デートで足を運んだ時の情景。

これらは、男性は時間の問題だけでなく、心の傷になっている。

そんな時でも新しい女友達や彼女が欲しいと欲張りになってしまっている時がある。

しっかり今目の前にいある人と付き合っていきたいと思っていても、心がどこかで先を心配して、やっていけるのかを考える。

こうした繰り返しの中で、女性に注意してほしい事がある。

待ちの姿勢か攻めの姿勢か?

バツイチ男性には待ちの姿勢が大事なんて事を書いているサイトもある。

そんなことは全くないと私は真逆の事を言いたい。

今の妻は私からデートの誘いをすることなく、ほぼ連絡をしっかり自分から先にしてくれた相手だった。

この行動は本当にあの当時の私にとってはありがたいことだった。

「自分を必要としてくれている」

たった1回女子とでーとをするというだけでも相手から誘いがあることは本当にうれしい。

自分が付き合ってみたいと思っているだけという置き去りの感情ではない関係の構築。

この言葉が今回の相手が離婚を経験しているという事実があったなら、ぜひ意識してみてほしい。

彼女からアプローチをする心理

当時の妻は、今でもこんな風に過去を話してくれていた。

「ある意味、あなたのような人に会ったことがなかったから、もっといろいろな話を聞きたくなった。」

私はとにかく色々なことを学ぶ事が大好きだった。

哲学、法律、文学、映画、心理学。

とにかくわかることを楽しむ。

そして、いろいろな本を読んで、周りの困っている人に少しでもわかる言葉で助けたい。

こんなことをずっと繰り返してきた。

こうした話を普通に彼女は楽しいと言ってくれたのです。

デートにおける行動なんて些細な事ばかりだった。

ある意味、一緒に居れば、どこも同じ。

こんな言葉を口にできるのが自然な恋愛対象だと思う。

別に大きなイベントがあった時も特別な行動をする必要もない。

lineも頻度は非常に少ない。

でも心の中には常に大切にしたいと思ってあげられる存在。

こんな状態になるのが、年下とか年上、同世代なんて言葉も問わない家族になる前の彼氏彼女の条件なのかな?

こんな気持ちで、相手の過去の辛い結婚生活などを含めてあなたの立ち位置を考えてみてあげて欲しい。

 

バツイチ男性に好かれる?自分らしさ

バツイチ男性に好かれる女子

女性にもいろいろなタイプがいると思う。

告白はきちんと男からの言葉を求めるタイプ。

告白なんて好きなら自分からでもアプローチするタイプ。

若い時と今は違うと年齢から自信を失っているタイプ。

若い子にはまだまだ負ける気がしないと美容にも力を入れているタイプ。

いろいろな人が生活している。

そして、やっぱりどの人にも自分の個性やお金の面を含めて出来る事を考えて行動している。

それが、今の大人の社会での現実ではないでしょうか?

意見を求めるよりも個性を信じる

私は自分がバツイチになった現実を今では感謝している。

やっぱりあの時には別れるという経験が必要だったのだ。

自分があの時だったから乗り越えられた試練を与えてくれたのかもしれない。

こんなことを最近は自分の人生を振り返りながら考えるようにしている。

あなたにも同じことを伝えたい。

男女が恋愛をする時にも、以下のようなキーワードが優先順位のバランスに欠かせない。

人、モノ、お金、時間。

あなたにはどんな人がふさわしい?

どんなプレゼントで物を受け取ったり、与えたりする?

自分の美容やファッションを含めどんなお金の使い方(投資)をする?

人とモノとお金がその後のあなたにどんな幸せを与える?

こういう考え方をしていくと、好意という感情があなたに疲れない環境を用意してくれると私は考えている。

旅行に行く事を決めるのに迷っている。

プレゼントを選ぶことに成功や失敗を悩む。

大事なシーンで伝えられなかったことに後悔する。

このようにカップルがすぎ去った時間に「あの時」と悩むことはたくさんある。

でもその時にはそれしかできなかったのだから仕方がない。

でも今これからはあの時と同じ失敗や後悔をしないように色々考えて、買える事が出来るかもしれない。

もっと自分がどうしたいのか?

周りの目や両親の意見よりも、自分の人生として本当に心から大事にしている答えを見つけよう。

その思いはきっと成功という言葉ではなく、経験という価値であなたに決めた後の達成感を与えてくれると思う。

本気だったら、全力でいこう!

ダメだったらとかアンケートとかそんな周りの声はどうでもいい。

あなたにはあなたにしかできないことがある。

あなたに恋愛で疲れてほしくない

未婚の妻が初婚でずっと私といる人生を選んでくれたことは私は一生感謝していくと思う。

でも別れた妻のこともずっと自分がダメだった経験を含めて忘れてはいけない事だと思っている。

こういう話を私は相手の目を見て、今の妻と最初の時から話をしていた。

あなたに対しても好意という言葉を変に相手に合わせるという事を意識してほしくない。

もちろん元気がない時とか結婚に踏み切れない時の支え方にはコツもあると思う。

でもそれは、恋愛に傷ついた人に対してこういう考え方があると私は伝えている。

やっぱり自分の人生をまずは優先してあげるべきなんです。

あなたが大人の対応みたいなことをで背伸びしても誰もやっぱりうれしいとは思ってくれない。

あなたから出てくる自然な笑顔をみんなは待っていると思う。

スポンサーリンク