スポンサーリンク



婚活という響きにどこか臆病になってしまうバツイチという響き。

私は子なしの方での失敗も成功も体験をした。

子持ちの人に対してもアドバイスをしながら無事再婚までたどり着くサポートができた。

近年は、結婚する人よりも離婚をしたいという相談の方が多い時代。

バツイチで再婚を希望する人の方が未婚で初婚を希望する人よりも多いとつくづく感じる。

バツイチ子持ち再婚については、アドバイスしていた経験をもとに以下のような内容もご紹介してきました。

バツイチ子持ち男性と初婚女性の幸せ

バツイチ子持ち男性と初婚女性の成功パターンと辞めておくべきの決定的な違い

バツイチ子持ち男性と結婚の苦労

バツイチ子持ち男性と結婚の苦労はいつ?

40代男性婚活時バツイチはチェック項目?

スポンサーリンク


40代男性バツイチに多い誤解|恋愛に離婚経験を活かす再婚成功法

40代男性婚活離婚経験

40代男性婚活にバツイチの方が印象が良い?体験記

40代恋愛女性バツイチ子持ち

バツイチ子持ち恋愛40代女性はもう遅い?離婚歴を魅力に変える生き方

バツイチ子持ち恋愛デート

バツイチ子持ち恋愛デートに必要な心とカタチ体験記

20代女性バツイチ子持ち恋愛

バツイチ子持ち20代との恋愛を進める男のマナー

バツイチ子持ち恋愛年下

バツイチ子持ち年下の辛い切ない心情を幸せに変える恋愛思考と失敗対策

バツイチ子持ち恋愛別れ

バツイチ子持ち恋愛で別れに女性が向き合う心の整理術

40代男性恋愛バツイチの活用法

40代男性の婚活にバツイチの方が印象が良い?体験記

40代男性バツイチも未婚も独身恋愛

バツイチも40代独身男性は恋愛諦める?意識を続けたこと!再婚成功体験記

バツイチ男性が選ぶ女性

バツイチ男性が好きな女性の特徴

バツイチ男性が選ぶ女性の特徴|30代再婚体験記

バツイチ男性からのアプローチ

バツイチ男性からのアプローチ?女性婚活に多い悩み

バツイチ男性結婚初婚女性

初婚女性がバツイチ男性と結婚した結末|再婚体験記

私はバツイチ子持ちとの恋愛も経験してきた。

男性でも女性でも結局は子連れ子なしなんて最後には関係ないんだと思う。

でも再婚する事で過去の失敗や後悔を忘れようと思って出会いを求めるなら正直お勧めできない。

特に、40代にさしかかる男性女性には、これからの人生の中で30代とは格段に違う差を実感する。

  • 再就職や仕事がないと悩む人の増加する世代への突入
  • 自分たちの老後の心配
  • 親の介護の可能性
  • 身内や親族がどこに住むのかという移動距離や付き合い方の問題

勢いで結婚が出来て体力も伴っていた20代やアラサー,30代に感じたかった幸せと40代になってからの考え方も大きく変わってくる。

恋愛に対する価値観も同様だ。

出会いがないという言葉を使うのは考え方次第。

今の時代の流れから考えれば、機会ではなく、人の心の不安や不信感を払しょくするハードルが格段に上がったと言える。

私自身も初婚の女性との再婚を経験して今は子供を持つ一家の主になった。

こうした現実から実際子持ちの恋愛でも出会いをこれから探す人にも伝えたい内容を以下の項目でご紹介しています。

バツイチ子なし男性婚活成功体験記

バツイチ子なし男性婚活失敗体験記

バツイチ子なし男性婚活と人生設計

今は医師でも弁護士でも公務員でも自分の仕事に満足をしているという人は少ない。

高学歴、高収入、ルックスが良いが男のモテる3要素だったのは昔の話しなのかもしれない。

今はもう結婚という言葉そのものにリスクを考える若者も多い。

こんな時代だからこそ、どう生き抜くべきなのか?をご紹介していきます。


スポンサーリンク






バツイチ子なし男性婚活成功体験記

バツイチ子なし男性婚活

私は再婚までの出逢いをスムーズにこなしてきたわけではありません。

でも実際にバツイチ再婚の婚活は、子なしでなら十分未婚の男性よりも魅力と感じてもらえる。

こう強く実感できた成功体験をご紹介していきます。

バツイチ男性の恋愛の成功の始まり

私は当時、今の妻と出会う前にこんなことを考えていた。

  • 無我夢中になれる対象を持つ。
  • 自分が果たしたい夢を常に抱き続ける(スピリチュアル的な思考)
  • 夢実現ノートを使い潜在意識というキーワードを大切にし続けた。
  • 決めたらとにかく貫くを徹底した。

自分が自分らしくあるためには結局は、アラフォーでもアラサーでもバツイチの再婚婚活という意識以上の何かを見つけ出す必要がある。

ただ単に離婚経験をマイナスやネガティブな要因として自分の中で抱えている間は決して流れが始まる気配すらない。

全てが中途半端になることは避ける

恋愛をしたい。

誰か彼女が欲しい。

誕生日、クリスマス、記念日などのプレゼントを贈るとか楽しめる相手が欲しい。

こういう中途半端に自分が楽しむ相手探しをしている間は正直再婚とか結婚に見合う女性と会うことはない。

なぜか?

何より自分自身にその準備ができていないからだ。

流れに身を任せる。

こんな無計画な交際をしたいだけの出会いを求めるなら、正直この先何年経ってもあなたの理想の相手にはたどり着けない。

全てを自分の思い通りに叶える。

これくらいの欲望があるくらいでなければ男性の魅力は感じてもらえない時代になってきたと思う。

付き合う年齢とかデートなんて考えない

もう20代の恋に憧れを持つ若者とは違う。

一度結婚して失敗してまでまた更に失恋や別れる苦しみを知っているのになぜ未だに再婚をしようとする?

こう思われるとかそんなことを考えている人ほど、形にとらわれすぎている。

あなたはいったい何を離婚から学んだのか?

その学びは結婚の未経験者と何を差別化することができるのか?

これが見えてきた時、意外と初婚の男性たちはある意味軽いし、考え方が甘いと敏感に感じられる事が増える。

純愛とか初恋なんて言葉を忘れ、もっときちんと結婚生活を知るからこそ自分にできることは何か?

この自分の立ち位置を把握すると、ある意味婚活市場はバツイチは初婚よりも簡単に見えてくる瞬間があるのです。

スポンサーリンク



バツイチ子なし男性婚活失敗体験記

バツイチ子なし男性婚活失敗体験記

成功をする前には、友達から紹介なんてしてもらえる状態ではなかった私。

失恋を忘れる事は意外と年齢を重ねると簡単になる。

でも離婚をした後というのは、そう簡単に同じような時間の経過で思い出話にできるような状態ではない。

私の周りでは、バツ二、バツ三、バツ4まで存在するような時代になった。

種違いの子供がいるシンママの恋愛を続ける人もいる。

カップルになって未だに復縁を追い求めながら、恋は辛いという言葉を口にする30代は多い。

こういう中で、付き合うっていったいなんだ?

この答えをあいまいにしたままただ単に恋活の延長で実践する時にはたいてい失敗する。

サイトやパーティー、合コンで玉砕

私は合コンという内容に参加したのはバツイチ後がデビュー戦でした。

でもあまりにもその空間は場違いに感じた。

もうすべてが仮面。

駆け引き以前に何も見せない、悟られたくないの必死の攻防。

こんな場所で知り合った先ですれ違いがあっても当たり前のようにしか感じられないような空気が漂っていた。

なんだか学生時代の恋愛を楽しみたい気持ちがどこまでも抜けない人が多いなぁ。

こんな感覚が最初の時には自分の行動をどこか冷めた感情にさせる要因だった。

いじめ体験から感じる人との距離

私はことごとく学生の時にはいじめを受け続けた。

でもその中でも恋はあって、その人だけいればいいとさえ感じていたときがあった。

でもそれは単なる恋をしたいだけの感情でしかなかったのだ。

恋愛と結婚は全くの別物。

この気持ちを忘れてしまった状態での活動は決して実を結ばない。

その理由は簡単。

離婚経験者が軽いノリで来るとということはそういうノリが離婚の原因になったのでは?と思われるからだ。

 

バツイチ子なし男性婚活と人生設計

バツイチ子なし男性婚活と人生設計

もし男性がこの先本命の女と巡り合うチャンスを望むなら何をしなければいけないのか?

この答えは、初婚の時とは大きく違う。

片思いよりも先に結婚を具体化する

これから何年で自分の仕事や年収はどうなる?

デートを重ねる中でも相手の何を重視する?

結婚観や生活をする時の子どもに対する価値観はどう考える?

相手に合わせる答えなんてもう古い。

デートが数回成功したからって何もメリットを感じさせることはできない。

結局は、最後はより相手の気持ちの冷める前にきちんとカタチを1本のレールの上で見せることが出来るかどうか?

今の女性は結果恋よりもその先を心配している。

これが恋の気持ちで留まっている人と再婚の成功をする人の決定的な差になる。

恋は楽しいよりも切ないを楽しむ

全ての出会いには別れが訪れる。

青春時代の恋と今は何が違う?

この答えには、デートのコツとか会話のテクニックなんてことを考えるのは間違い。

そうではなく、相手の気持ちを本当の意味でどこまで包み込めるか?

自分の思惑なんて事よりもどこまで相手の幸せにこたえられるか?

この気持ちを貫ける人が勝っていく。

切ない気持ちになって、どこまでも相手の事を考えて自分にできることを可能性に限界を考えずにやり切る。

これが本気の恋の在り方であることを知っておくことが大切になる。

離婚のトラウマを恋で隠すな!

過去を忘れる事なんて男にはできない。

だったらどうすればいい?

死別を含めてとにかく全ては受け入れる事が正しいはじまりだと思う。

恋にも苦しみながらもがきながら進むことを楽しむ。

こういうイメージがある人ほど本当の意味で相手に寄り添う感情を持つことが出来る。

どこか駆け引きばかりを優先する人は、ほとんどが外見的イメージから攻略みたいな発想をする。

もう自分の恋をした過去の顔とは違う人に目を向けようとしているなら、バツイチになった後の人生ではすべてを受け入れる。

これが出来ていないのに、新しい人を探そうとするのは失礼なのです。

スポンサーリンク