スポンサーリンク



  • 「バツイチ子持ちの恋愛観ってどうなっているの?」
  • これまでにバツイチ子持ちと恋愛したことがない
  • 今回好きになった男性がたまたま子供がいる人だった

でもバツイチで子連れであれば、暗黙の了解というのもある。

  • 子供の優先順位が高い
  • 再婚を考えている人ばかりではない
  • デート代などの金銭的負担が気になる
  • 男性不信になっているケースもある
  • 離婚経験が引け目となっている人もいる

別に子どもがいるからいないからという事だけではない。

実家との問題や子育ての事情などいろいろなことが関係している。

実際に私自身もバツイチ子連れの女性と同棲をした経験があります。

今回の記事では、バツイチ子持ちの女性と恋愛をする際に知っておいてほしい内容を以下の目次でご紹介していきます。

バツイチ子持ち女性の恋愛観

バツイチ子持ち女性との恋愛前の注意点

バツイチ子持ち女性に求められる男性


スポンサーリンク






バツイチ子持ち女性の恋愛観

子持ちの恋愛

子供がいるという状況になれば、シングルファザーでもシングルマザーでも育児が優先される。

これは当たり前のことだと言っても過言ではありません。

子持ちの恋愛対象に必要な覚悟

私が実際にバツイチ子連れの女性と知り合った時、以下のような傾向がありました。

  • 時間が限定されている
  • 急な予定の変更は当たり前
  • 旅行や宿泊の計画は論外
  • 子供が理由でのデートドタキャンもありえる

特に、子供が病気になったり、急な発熱、嘔吐などの体調不良になれば、親はすぐに学校に呼び出されることも多くなった。

こんな時、子供に嫉妬をするような男は正直恋愛のスタートラインにすら立てない。

恋愛や再婚に対して消極的

私が付き合った彼女からも最初から以下のような言葉が聞こえてきた。

「子育てが終わるまでは再婚なんて考えられない」

「でも老後自分一人で生活していくのは孤独に押しつぶされそう」

「今でも子育てのためだけに生きていると思う時に死にたくなるほど寂しい」

確かに、この言葉はシングルファザーでも同じなのかもしれない。

「再婚したい」と全面的に自分の思い通りの人生を歩む覚悟では離婚をしていない。

「子供を守る」ために離婚をした。

これがシングルマザーになった女性に多い共通点と考えるのが自然です。

関連記事:バツイチ子持ちと付き合う覚悟って何?

 

バツイチ子持ち女性との恋愛前の注意点

子持ちとの恋愛注意点

  • 付き合う前のデートは割り勘が当たり前だろ!
  • なぜ男が飲食代で多く出すのか分からない

確かに価値観は人によってそれぞれ異なります。

しかし、子連れの女性にとって、異性とのデートは正直経済的な出費を抑えたい人も多い。

その背景は何か?

教育費や養育費がある人と無い人

離婚したら、女はみんな教育費や養育費などを受け取っているのではないのか?

生活保護や家賃補助、国や市からの補助金などもあったりするのでは?

決して一般の人よりもお金がないなんて思えないんだが?

こんな疑問を口にする男性もいますが、実際にはいろいろな出費がある。

  • 子供の衣類への出費
  • 習い事に伴う出費
  • 進学に伴う入学金などの準備
  • 誕生日などのお祝いにかかる費用

こういう出費を考えたら、毎月の生活費、光熱費の他に自分のファッション、コスメなどの出費は厳しいという人もいるのです。

結局、女性は、デート代まで毎月の固定費に入れるのは難しいという声が圧倒的に多くなる。

経済的な相談はできない

会いたい、寂しい、一緒にいたい、癒されたい、癒したい。

好きな人がいて、その人と過ごす時間を大事にしたいのは男女問いません。

その時間を生み出すために自分にできることとできないことがある。

でもその課題が、金銭問題となると、人は一気に意欲を失う。

  • 恥ずかしい
  • みじめな姿を見せたくない
  • 気を遣わせてしまうのが申し訳ない

このような感情が先になってしまうと、別れを惜しむ前に恋愛そのものに踏み出す一歩を選べない。

離婚後の子持ちに多い恋愛相談

  • 「男なんてもうコリゴリだ」
  • 「離婚を決意した時から一人で生きていくと決めたんだ」

つまりは、離婚=恋愛はしないという宣言をしているようなもの。

こんな状態になる人の大半は、離婚の原因に特徴がある。

  • 元夫の浮気や不倫発覚
  • 離婚後の恋愛で痛い思いをした恋愛経験

今のあなたの相手には、どういう過去があるのか?

これが今興味を持つ男性に必要な条件。

バツイチ子持ち40代の恋愛

バツイチ子持ち女性と年下彼氏の相性見極め方

あなたがもしシングルマザーを好きになった時、自分が年下だと母性本能をくすぐれるとかかわいいと思われるメリットを感じることもあると思う。

でも結局、「男はみんな信用できない」という女性は、警戒していないということはありません。

死別の子持ちとの恋愛

私の親友が30代で末期がんで亡くなりました。

彼には子供も妻もいました。

彼女は1度他の男性とも離婚していました。

つまりは、バツイチ子なしから、死別の子持ちになってしまった。

これだけの人生の辛い経験をした彼女とも今でも連絡を取っています。

そうした中で、やはり彼女たちは魅力的だと感じることは数多くあります。

  • とにかく前向き
  • 母は強い
  • 負けてられないという意識が強い

こんな彼女たちだからこそ、男性から見れば魅力的です。

 

シングルマザーに求められる男性

シングルマザーが好きになる男性の特徴

女性には、男性よりも人を選ぶ上で勘がはたらく。

浮気や不倫を見抜くとか疑うというのは、女の勘としても有名。

そんな女性でも自分一人で人生を歩むには寂しさや孤独を感じることもある。

ではどうすれば彼女たちの心のよりどころになってあげられるのか?

全てを受け入れる覚悟が必須

別に結婚することだけがゴールではない。

恋愛相手として見ていなくても良い。

最初は、都合の良い男がいる程度に思ってもらうことにもストレスを感じない人でなければ付き合っていくのは難しい。

別に、相手の気持ちを引き寄せようなんて下心はいらない。

まずは相手の気持ちを楽にしてあげることだけに徹する。

つまりは、今の生活を送る上でのストレス緩和のアドバイザーになる程度がちょうどよい。

お互いが引き合うポイントがある

いずれ仲良くなる先には、子供たちとの触れ合いが欠かせない時間が訪れる。

私も同棲する前には、ある意味家庭に溶け込めるかどうかが試されたような気がした。

でも子どもが好きだったのでこの点については、私には問題もなければ不安もありませんでした。

  • 毎日の生活の中でお母さんである時間も好きになる
  • 自分が父親として求められる存在になる
  • この生活が毎日続く事でお互いが幸せを感じられるかを全体で考える

こうした環境を日々の中で楽しみながらも感じ合えるかどうか?

これが自然の流れの中でシェアできれば、きっとお互いが幸せになれる。

でもこの問題にしっかり向き合う姿勢を見せないというなら、その関係はやはりマッチングアプリでの遊び目的と同じ事。

全国では、世代を問わずたくさんのカップルが出会い、別れている。

初婚で幸せになる人もいれば、何度別れても前向きな答えにたどり着くことができない人もいます。

でもそれはすべて失敗という事ではありません。

むしろ、それだけ悩んだからこそ、今のあなたがいるはずなのです。

結果的には、人は強いんです。

きっとまだまだこれからも成長するために必要な環境が用意されているのです。

この環境に対して、もっと前向きに経験を楽しみましょう。

私自身も今の幸せをもっと強い安心につなげるために頑張ります。

スポンサーリンク