敏感肌でもおすすめの脱毛サロンの施術方法や注意点

スポンサーリンク
敏感肌でもおすすめの脱毛サロンの施術方法や注意点サロン口コミ
スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • 自分は敏感肌だと思う
  • 敏感肌の人が脱毛したい場合、サロンはどこがおすすめ?
  • 敏感肌の人の脱毛の種類の選び方が知りたい

こんな悩みを解消します。

医療現場で10年以上携わり、自分自身も医療レーザー脱毛で10回以上施術を受けてきたからこそ伝えておきたい内容をご紹介します。

今回の記事では、敏感肌の女性にもおすすめの脱毛サロンの施術方法や注意点について解説します。

スポンサーリンク

敏感肌とは?特徴

敏感肌とは?特徴

敏感肌とは、化粧品や紫外線などの外的要因、外気中のほこりでも皮膚トラブルを起こしやすいような状態です。

多くの人には刺激にならない物質に対し愛知敏感に反応してしまう肌の状態のことをいいます。

不安定肌の特徴

不安定肌の特徴

不安定肌とは、時期的に敏感になりやすい肌のこと。

敏感肌は、慢性的な状態ですが、不安定肌の場合は、調子が良い時もあります。

【不安定肌のセルフチェック】

  • 花粉症の季節になると肌の調子も悪くなる
  • 季節の変わり目に化粧のノリが悪くなる
  • 季節の変わり目に肌がムズムズする
  • チクチクしたりヒリヒリする時がある
  • 化粧水やクリームなのに、しみる時がある
  • マスクによる肌荒れの経験がある

以上のような症状が3個以上ある場合には、不安定肌の可能性があります。

不安定肌の注意点

不安定肌の注意点

不安定肌になりやすいのは、春先です。

花粉やPM2.5などの外的要因により、バリア機能が低下。

異物が侵入することで、肌に炎症を起こしやすい状態になってしまうのです。

バリア機能を高める方法

バリア機能を高める方法

バリア機能を高めるためには、規則正しい生活習慣を身につけることが大切です。

  • 睡眠
  • 運動
  • 便秘防止
  • ストレスコントロール
  • 禁煙

などに注意が必要です。

敏感肌でも脱毛の施術は可能?

敏感肌でも脱毛の施術は可能?

敏感肌の方でも施術をうけることは可能です。

しかし、光にも反応してしまうという経験がある方にはおすすめしません。

敏感肌におすすめの施術方法

敏感肌におすすめの施術方法

レーザー脱毛は、刺激が強いため、敏感肌の方にお勧めしたいのは光脱毛です。

光脱毛をおすすめする理由は、出力が抑えられているからです。

敏感な肌の方でもトラブルを起こしにくくするには、刺激が少ない方法を選ぶことが大切です。

光脱毛には大きく3つの種類があります。

  • IPL脱毛
  • SHR脱毛
  • SSC脱毛

光脱毛の種類については、別の記事でもご紹介しています。

IPL脱毛とは?仕組みや効果【メリットデメリット】

SHR脱毛とは?効果の仕組み【メリットデメリット】

SSC脱毛とは?仕組みの特徴や効果【メリットデメリット】

脱毛の施術を受ける際の注意点

脱毛の施術を受ける際の注意点

脱毛の施術を受ける際には、色素沈着の有無を確認するようにしましょう。

光脱毛と色素沈着の関係

光脱毛と色素沈着の関係

光脱毛は、「黒い色素」に反応する仕組みになっています。

つまり、黒ずみが目立つ肌の場合、ダメージを受けやすくなってしまうのです。

結果的に黒ズミがある部分は、脱毛を避けたほうが良いのです。

ステロイド剤の使用の有無

ステロイド剤の使用の有無

皮膚科等でステロイド剤を処方してもらって毎日使用している場合には必ず注意が必要です。

なぜなら、ステロイドには、自己免疫を低下させる働きが含まれているからです。

結果的に脱毛をしないほうが良いという診断をされないか事前に確認しておくことをおすすめします。

敏感肌の方がLED脱毛を選ぶメリット

敏感肌の方がLED脱毛を選ぶメリット

光脱毛の中でもLED脱毛を選ぶことで少ない回数で効果を得られる可能性があります。

IPLやSHRで効果がない方も期待できる

IPLやSHRで効果がない方も期待できる

従来の光脱毛で使用されていたIPL方式やSHR方式で効果が実感できなかった方も波長が異なるタイプを使用することで効果が期待できるのです。

無料カウンセリングを受ける

無料カウンセリングを受ける

まずは、施術前に無料カウンセリングを受けることが大切です。

お試し体験等を行っているサロンを選ぶとさらに安心かもしれません。

サロンで使用しているジェルでさえ難しいという場合には、皮膚科で相談をすることも大切です。

お試しで、肌の一部だけ依頼をするということも可能なのかを相談しましょう。

自己処理を減らすことでバリア機能を高める

自己処理を減らすことでバリア機能を高める

自己処理を減らすことができれば、当然肌のバリア機能を高めることも可能になります。

シェーバーや毛抜きなどを使用することで肌を傷つけてしまうのを避けることで、春先のトラブルの軽減にもつながります。

自宅でのアフターケア方法を含めて、保湿の習慣を身に付けることで、肌の保湿力が高まる可能性もあります。

綺麗な肌、ツルツルな肌を目指すなら、まずはサロンで自分の肌に合うのかどうかを試してみましょう。

スポンサーリンク

コメント