脱毛サロン,クリニックの詐欺とは?悪質店舗の見極め方【学生向け注意点】

スポンサーリンク
脱毛サロン,クリニックの詐欺とは?悪質店舗の見極め方【学生向け注意点】サロン口コミ
スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • 人気の脱毛サロンなら安心でしょ?
  • 全国にある大手なら怪しい案内はしないはず。
  • 価格がリーズなブルなのは安心の証?

こんな想像をしている人は、騙される可能性がありますので、注意しましょう。

脱毛サロンでも医療脱毛を提供するクリニックでも脱毛におけるトラブルはあります。

今回の記事では、脱毛サロン詐欺にあわないための見極め方をご紹介します。

スポンサーリンク

脱毛サロン詐欺とは?悪質な手口

脱毛サロン詐欺とは?悪質な手口

無料体験コースは要注意!

無料体験コースは要注意!

顔、ワキ、など初めての方にとって需要のある部位を1回無料ではなく、3回など無料体験が可能なサロンは怪しいです。

Instagram,Google,Yahoo,Twitterなどの広告の中身が重要。

「無料体験」があったら、回数を確認しましょう。

痛みの心配なら、1回で十分です。

複数回通わせてから、体験終了時に高額なコースの契約を迫るカウンセリングをするサロンやクリニックもあります。

悪質な計画倒産

悪質な計画倒産

計画倒産とは、企業を計画的に倒産させること。

あらかじめ巧みに資産を個人に移動させたり隠した状態で倒産させたりすることがあります。

全身脱毛を15から18回と最初から長期の契約で結び、サロンを何も予告せずに倒産させるというサロンもありました。

契約する店舗が複数店舗経営していない場合には、倒産時の返金等も確認するようにしましょう。

通い放題の裏側

通い放題の裏側

脱毛サロンの中には、「通い放題プラン」を提供するサロンもあります。

しかし、中身は高金利の分割払いを締結。

毎月数万円のキャッシュバックがあるなど巧みな営業トークで契約していることがあるようです。

脱毛サロンで「複数回のキャッシュバック」という説明を聞いたら、契約せずに帰りましょう。

予約が取れないまま期間終了

予約が取れないまま期間終了

全国に展開する大手の脱毛サロンでも数年前から起こっていた内容です。

予約が取れないという言葉が出てこなかったから安心していませんか?

言葉が出てこないとしても結果てきに全く予約が取れずに終わってしまうこともあります。

特に期間が限定されている場合は要注意です。

カルテが破棄された

カルテが破棄された

クリニックによる医療脱毛も例外ではありません。

期間を定めないで、回数指定で契約。

しかし、カルテの保存期間は、5年間。

妊娠、出産、子育てで回数半ばで通うのを中断した人が再度通う予約を取ろうとしたところ、「カルテを破棄しました」という回答があった。

こんな事例がGoogle口コミで確認できました。

契約書って何?

この言葉の通りですが、泣き寝入りするしかないという人がたくさんいます。

クーリングオフをはじめ、まずは自分で色々な角度から確認するようにしましょう。

サロンやクリニックで騙されないための対策法

サロンやクリニックで騙されないための対策法

契約書すら信用できない

契約書すら信用できない

先ほどのクリニックの事例は2022年の書込みでした。

つまり、過去の契約書すら、相手が破棄している可能性があります。

手元の書面でも相手がまともに話しに付き合わない可能性もあります。

「訴えるなら勝手に訴えれば」

こんな捨てセリフを耳にしたという人もいます。

ですから、契約書すら信用しないことが大切です。

回数のセット契約をしない

回数のセット契約をしない

基本的に今回ご紹介している内容はすべてセット契約やコースの申込事例。

つまり、1回ごとの都度払いのトラブルは少ないのです。

よって、トラブルを避けたい方は、セット契約をしないことも大切です。

口コミサイトは鵜呑みにしない

口コミサイトは鵜呑みにしない

口コミサイトの中には、以下のような設定が組み込まれていることもあります。

  • 店舗がOKを出さない限り公開されない
  • 都合の悪い書込み内容は削除または修正依頼が可能

つまり、不都合な真実はすべて隠蔽されてしまう可能性があります。

口コミ広場やホットペッパービューティーなどよく知られているサイトの中にも上記の条件に当てはまる会社があります。

実際に医療現場で、媒体を利用していたからこそ伝えておきたい実態です。

悪質サロンと関わらない簡単な方法

悪質サロンと関わらない簡単な方法

基本的には、都度払いのみ。

全身脱毛を含めて当日すべての部位を施術可能な店舗で依頼する。

クレジットカード等の支払いも必ず1回又は2回払いで手数料を支払わない。

このように、万が一の時に備えて、無駄なお金を一切払わないことをおすすめします。

スポンサーリンク

コメント