LED脱毛とは?仕組みやメリットデメリット

スポンサーリンク
LED脱毛とは?仕組みやメリットデメリット業務用脱毛器
スポンサーリンク

LED脱毛とは、エステサロンが扱う光脱毛の一種です。

LEDとは、Light Emitting Diodeの頭文字をとった略語であり、日本語に訳すと光る半導体という意味になります。

1950年代以降に実用化されています。

照明器具として、日本国内でも認知が広がり、家庭用や車など幅広い分野で利用されています。

省エネ効率が高いことも知られており、LEDランプをはじめ、商業施設用照明など屋内のみに限らず、屋外のイベントなどで使用する企業も増えています。

今回の記事では、LED脱毛の特徴やメリットデメリットについて、分かりやすく解説しています。

LEDとは

LEDとは

LED脱毛を知るためには、LEDの仕組みからご紹介してきます。

LEDの特徴

LEDの特徴

LEDとは、Light Emitting Diodeの頭文字をとった略語であり、日本語に訳すと光る半導体という意味になります。

特徴は、5つあります。

  1. 寿命が長い(1日10時間使用でも定格寿命40,000時間の場合、10年使用可能)
  2. 人には見えない紫外線や赤外線を含んでいない
  3. 少ない電力で明るい点灯が可能である
  4. 低温の環境下でも瞬時に点灯が可能。
  5. 環境負荷物質となる水銀や鉛を含まない

などがあります。

LED脱毛とは

LED脱毛とは

LED脱毛機はまだまだ少ないです。

LED脱毛機は、光源を低コストで照射することが可能になりました。

業務用脱毛機で使用されるのは光脱毛が一般的ですので、他社との差別化もしやすい商品となります。

LED脱毛と光脱毛の違い

LED脱毛と光脱毛の違い
脱毛機の種類特徴
光脱毛機キセノンランプというフラッシュ式の脱毛機
メラニン色素の薄い産毛や白髪に反応しにくい
メラニン色素に反応させるため、多少の痛みを伴う
LED脱毛機メラニン色素の薄い産毛や白髪にも使える
介護に向けたVIO脱毛、産毛の多い背中やうなじの脱毛にも使いやすい
メラニン色素に反応させるわけではないため、日焼けした肌や肌の色の濃い人にも使いやすい

LED脱毛の種類

LED脱毛の種類

脱毛には、ダイオード、光、レーザーの3つの種類があります。

医療脱毛では上記の3つすべてを使っています。

LED脱毛の基本的理論は、IPL脱毛やSHR脱毛といった光脱毛と同じ理論です。

【IPL脱毛の強みと弱み】

IPL脱毛とは、「インテンス・パルス・ライト」を使用しています。

メラニン色素に反応する

毛を弱らせて目立たなくさせる

等の特徴があり、脇やVIOなどの濃い太い毛に反応しやすいため、メンズ脱毛やVIO専門サロンにも選ばれています。

しかし、キセノンランプは、メラニン色素に反応しやすいため、産毛や白髪に反応しにくいのが特徴です。

【SHR脱毛の強みと弱み】

波長の短い光を肌に照射して、熱を毛根に蓄積させる方法。

「バルジ領域」にアプローチするのが特徴。

徐々に毛を目立たなくするのが効果となります。

メラニン色素は関係なく、白髪や産毛、肌の色の濃い人にも照射が可能です。

波長が弱いため、痛みが少ないのも選ばれる理由の一つになっています。

しかし、照射パワーは劣るため、照射に必要な時間がかかるのが弱点です。

短時間で施術を完了させたい方には注意が必要です。

LED脱毛のメリットデメリット

LED脱毛のメリットデメリット

LED脱毛のメリット

LED脱毛のメリット

表でわかりやすくまとめました。

差別化ポイント特徴
ランニングコストが安いLEDなので、光源寿命が長くなります
ハンドピースの交換費用の節約
電気代の削減
冷却水の購入費用の削減
メンテナンス費用の削減
送料の削減
等が可能になります。
痛みが少ない瞬間的な熱を照射するわけではないので、痛みを感じにくいです
導入しているサロン、クリニックが少ない光脱毛や医療脱毛を経験済の人でも効果なし、効かないという人に新しい選択肢を用意することが可能です。

LED脱毛のデメリット

LED脱毛のデメリット
弱点注意点
効果の実感はいつから?キセノンランプよりも優しいため、効果を実感するまでに時間がかかります
機器本体代金が高い本体価格が比較的まだ高額となる商品が多いようです。
認知度が低い脱毛を検討する方にまだ知られていない

LED脱毛は効果なし?

LED脱毛は効果なし?

LED脱毛は回数が必要になります。

LED脱毛の回数目安

LED脱毛の回数目安

基幹的な目安であれば、6ヶ月から9ヶ月ほどになります。

施術回数目安:女性は、12~15回、男性は、12~18回ほどの施術が必要といわれています。

通う頻度:2週間以降であれば、肌の状態によって、照射が可能といわれています。

各メーカーによって、照射の間隔についての説明は異なります。

LED脱毛機購入前の比較ポイント

LED脱毛機購入前の比較ポイント

業務用LED脱毛機を購入することを検討している方に比較するべきポイントをご紹介します。

国内のサポート体制

国内のサポート体制

メーカーの数も商品の数もまだまだ少ない状態です。

LED脱毛器を探すと、海外のメーカーの商品も出てきます。

ここで比較したいのが、万が一の故障や交換時の対応力。

  • カスタマーセンターの稼働状況
  • アフターサービスの内容(メンテナンスや保証期間)
  • ランニングコスト(各種パーツの価格設定)

中国や米国など海外の説明書のみで、ほとんどが画面を見て直感操作で対応するような商品もあります。

中には、本体価格以外で輸送費が高額になっている商品もあります。

業務用を選ぶ際にはまずは、国内生産や国内の代理店の対応等を確認するようにしましょう。

LED脱毛器のおすすめはどこ?

LED脱毛器のおすすめはどこ?

業務用LED脱毛機をご検討中なら、株式会社ディファレントが提供している「D-Impact」がおすすめです。

価格帯は、200万円台ですから、光脱毛器よりも安いです。

フォトフェイシャル等の機能も有する「D-Special」も300万円台ですから、脱毛器とエステマシンをセットで検討されている方にとっては、省スペース化も実現できるのでお勧めです。

ディファレント公式ページ

コメント